ヤリ部屋のレイアウト・インテリアを解説!女性を連れ込むには立地も重要

ヤリ部屋は女性とセックスをするために連れ込む部屋です。ヤリ部屋を作る上でのインテリアのレイアウトのポイントやNG条件、ヤリ部屋を作るメリットとデメリット、ヤリ部屋のマストアイテムからヤリ部屋に適した立地、ヤリ部屋への誘い方までを取り上げました。

ヤリ部屋のレイアウト・インテリアを解説!女性を連れ込むには立地も重要のイメージ

目次

  1. 1 ヤリ部屋とは
  2. 2ヤリ部屋に適したレイアウト
  3. 3ヤリ部屋に適したインテリア
  4. 4ヤリ部屋にあると便利なアイテム
  5. 5ヤリ部屋に女性を連れ込むのには立地が重要?
  6. 6ヤリ部屋への上手な誘い方
  7. 7ヤリ部屋は立地や部屋の導線が何より大事!

ヤリ部屋とは

ヤリ部屋とは遊び人の男性が女性とセックスするために連れ込む部屋です。ヤリ部屋を作る時には必要なノウハウがあります。女性を連れ込んでセックスに導くためにはその目的に適した部屋を作りましょう。女性にその部屋に来たいと思わせ、セックスの後もがっかりさせないような部屋でなければいけません。

女性に来たいと思わせる立地やセックスに上手く持っていけるようなインテリアの配置、ムードを演出する照明やアロマなど、ヤリ部屋の作り方には大切なポイントがいくつもあります。この記事ではヤリ部屋を作る上で必要なノウハウを取り上げます。遊び人の男性にとっては必須とも言えるヤリ部屋の作り方にはこのようなコツがあるのです。

「ヤリ部屋」の意味

ヤリ部屋とは文字通り、男性が女性を連れ込んでセックスを「ヤる」ための部屋です。つまりヤリ部屋は、女性にとってそこに来ても良いと思わせる部屋であり、来て良かったと満足を与える部屋でなければなりません。まずヤリ部屋と言えども、セックス目的だという事を全面に出すのはいけません。まず女性が警戒してしまうヤリ部屋はNGと言えるでしょう。

また女性は特に清潔感を気にするので、部屋の整頓はもちろん、ベッド回りや水回りの綺麗さは大切です。以前連れ込んだ女性の痕跡が残っているのはもってのほかです。インテリアや照明などは女性をリラックスさせて警戒心を取り除くものでなくてはなりません。このようにヤリ部屋は女性とセックスするのに最適な環境でなければなりません。

ヤリ部屋を作るメリット・デメリット

ヤリ部屋を作るに当たってのメリットとデメリットを考えてみましょう。メリットとしては当然、女性をセックスに誘いやすくなる事が挙げられます。ラブホテルはセックスのためだけの施設ですから、そこへ誘うという時点で女性に下心を感じさせてしまいます。

それに対してヤリ部屋であれば、セックス以外の言い訳を用意できて女性の警戒心を薄れさせる事ができるでしょう。また金銭的な問題も大きなメリットになり得ます。ラブホテルの宿泊料がゼロになるので遊び人には嬉しいところです。逆にデメリットは相手に部屋の場所が割れてしまい、後で勝手に押しかけられる可能性がある事です。

違う女性を連れ込んでいる時に押しかけられたら大きなトラブルとなるでしょう。また自室なので一夜限りの女性に物を盗まれる可能性もあります。

ヤリ部屋に適したレイアウト

ヤリ部屋について、まずはレイアウトを考える上での重要点を説明しましょう。女性を安心させてセックスに持ち込むためには、それに適したレイアウトがあります。セックスに持ち込むために重要となるソファやベッドの配置、置かない方が良い家具など、ヤリ部屋でレイアイトを決める上でのテクニックがあります。

ここではヤリ部屋に適したインテリアの配置を説明しましょう。「何もそこまで計算する事は」と思われるかもしれませんが、こういったところにも女性をセックスに上手く導くヒントが隠されています。

レイアウト①ソファとベッドは極力近づける

まずヤリ部屋を探す時の条件として、広すぎる部屋は実はあまり適していません。広くてリッチな空間の方が女性が喜ぶと考えがちですが、広すぎる部屋だと女性と体を密着させるシチュエーションになかなか導く事ができなくなります。まず女性をセックスに導くのにはスキンシップが必要なのでこれは大きなハードルになります。

そして女性とのスキンシップの鍵となるソファとベッドは極力近づけましょう。ソファでイチャイチャにて良いムードになった時にスムーズな流れでベッドに移動するためです。ここで一呼吸置いてしまってはムードが冷める事にもなりかねません。つまり究極はベッドよりも床に布団を敷く方が良いとも言えます。布団の方が段差がないので移動が楽だからです。

レイアウト②収納ボックスは置かない

ヤリ部屋で重要な事は非日常感を演出する事です。女性はムードを重視するので、ヤリ部屋で女性をセックスに導きたいのであれば女性を雰囲気で酔わせてあげましょう。そのためにあってはならないのが収納ボックスです。収納ボックスは女性に最も日常を感じさせるインテリアであり、ムードが台無しになってしまうからです。

収納ボックスが必要なくなるように、ヤリ部屋では不必要なものは極力断捨離するように心がけましょう。ヤリ部屋で重要なのは清潔感です。物が必要以上に多いと必然的に部屋が汚れて見えます。モテる男を目指すのであれば、要らない物は極力部屋に置かないように心がけましょう。

レイアウト③テーブルの側面に物を置く

ソファとベッドを近づけると同時に、テーブルの側面に物を置く事もポイントです。男性の部屋に初めて訪れる時は女性は警戒し緊張しています。そのため最初は極力男性と距離を取って座ろうとします。ソファなど密接して座る環境を避けてテーブルに座ろうとするでしょう。そのため、あらかじめテーブルに座れなくするのです。

物を置く際にもムードの演出が必要です。生活感が出てしまうようなゴミ箱はNGと言えるでしょう。床置きのムーディーな照明器具などがあればベストと言えます。とにかくヤリ部屋で重要な事は、死んだ空間をなくす事です。自然に女性が密着して座る環境を作りましょう。

レイアウト④散らかっている・汚いはNG

ヤリ部屋において最もいけない条件は部屋が散らかっていたり汚かったりする事です。誘われて入った部屋が汚れて汚いとセックスをする気など失せてしまう女性はたくさんいます。逆に男性自体に清潔感があり部屋も綺麗に整頓されていれば、それほどイケメンではなくても女性を部屋に連れ込めるかもしれません。

ヤリ部屋を用意して女性を連れ込もうと考えているのであれば、まずは部屋の整理整頓をしましょう。床に物が散乱して足の踏み場もないような部屋はNGです。服や書類などが無造作に出しっぱなしになっているのも女性に嫌がられます。クローゼットの中にそれらの物を収納できるようにして、要らないものは処分するようにしましょう。

ヤリ部屋に適したインテリア

ヤリ部屋のレイアウトについての重要点を説明しましたが、次に実際に配置するインテリアについての留意点を説明しましょう。ソファやベッドは女性は触れたり寝たりする部分なので、その品選びには注意が必要です。また照明やカーテンなどはセックスに至るムードを作る上で重要と言えましょう。

お香など、五感で女性をリラックスさせる演出を考える事も大切です。ここでは実際にどのようなインテリアを選べば良いのか見ていきましょう。

インテリア①間接照明

ヤリ部屋のインテリアについて、まず照明は間接照明がマストと言えるでしょう。間接照明にするとまず部屋のオシャレ感が演出され女性好みの部屋になるでしょう。セックスをする時にあまりに露骨に体が見えてしまう照明は好まれません。アンニュイな雰囲気を醸し出す間接照明でムーディーな空間を演出しましょう。

天井の照明は暖色にすると部屋全体が柔和な雰囲気にあるのでオススメです。上手く間接照明を利用して部屋の明るさを調節できれば部屋の汚れも多少はごまかす事も可能でしょう。ロマンチックなムードを作るのにはすこし曖昧なダークな雰囲気が必要です。ムードを重視して照明を選びましょう。

インテリア②遮光カーテン

ヤリ部屋のインテリアとして二番目に必要なものは遮光カーテンです。ヤリ部屋はセックスをする空間なのでプライバシーは重要です。外から見えているのではないかという不安感があると女性もセックスどころではなくなってしまうでしょう。また日光を遮って夜の雰囲気を演出する意味でも遮光カーテンは有効と言えます。

やはり昼間よりは夜の方が女性もエッチな気分になりやすいのです。夜は昼に比べると非日常的な空間と言えます。遮光カーテンは、部屋の中を擬似的に夜にする事によって女性を盛り上げる事に役立つのです。

インテリア③大きめのローソファ

ヤリ部屋においてソファは、女性とのスキンシップを取ってベッドに導くためのインテリアとして大変重要なものです。またベッドに誘う事なくそのままソファでセックスという事もよくある事です。ソファのタイプとしては大きめのローソファを選びましょう。ローソファは普通のソファと違って脚が付いていないので、ベッド感覚で使う事ができます。

座った状態よりも寝そべった状態になれるローソファの方が次の展開に持ち込みやすいでしょう。普通のソファだと立ちやすいというデメリットもあります。一度ソファに落ち着いてしまったらまったりして動けなくなる方がセックスに持ち込みやすいのです。サイズは二人が寝そべる事ができるサイズが良いでしょう。

逆に大きすぎるソファを選ばないように注意も必要です。ソファが大きすぎると女性が距離を取れてしまうからです。

インテリア④芳香剤・お香

必要不可欠なインテリアを取り上げてきましたが、嗜好品としては芳香剤やお香もあると良いアイテムです。ヤリ部屋の雰囲気を盛り上げるのには最高のアイテムとなるでしょう。芳香剤やお香などのアロマは女性をリラックスさせる効果があります。女性をセックスに持ち込むのにはまず女性をリラックスさせて不安感を取り除く事が大切です。

リラックスさせると同時にアロマは女性をエッチな気分にさせる媚薬の役割も持っています。女性をセックスに持ち込むのには嗅覚や聴覚によるムード作りも大切なのです。しかしアロマの好みな女性それぞれであり、なかにはアロマ自体をあまり好まない女性もいるかもしれません。できれば事前に女性の好みを聞いてみましょう。

ヤリ部屋にあると便利なアイテム

以上、インテリアとしてヤリ部屋に必要なものを取り上げてきましたが、次にアイテムとしてヤリ部屋に用意するべきものを取り上げてみましょう。ヤリ部屋は女性をセックスに導くための部屋なので、セックスに至るまでのプロセスとしてあった方が良いアイテムもあります。

また女性の立場からすれは予定していなかった誘いとなるので、女性の立場を考えて用意するべきアイテムもあります。ヤリ部屋に用意するべきアイテムにも気を遣い、最後まで女性を満足させられる男性が真のモテ男と言えるでしょう。

アイテム①コンドーム

コンドームはまずセックスに誘う男性の立場として絶対に用意しなければいけないアイテムです。最近ではセックス時に何かと理由を付けコンドーム装着を拒む男性が多いと言いますが、これは男性としては失格です。AV男優の加藤鷹がセックスにおいてコンドームは挨拶と同じくらいに大切だと表現したように、コンドームは男のエチケットと言えるでしょう。

特にナンパからの行きずりのセックスであれば、たとえ妊娠はしなかったとしてもコンドーム抜きでのセックスでは女性は気が気でなくセックスを楽しめないかもしれません。またコンドームは性病を防ぐ役割もあります。エチケットを守り、女性も安心して盛り上がれるセックスを目指しましょう。

アイテム②スキンケア用品

女性の立場を考えてヤリ部屋に用意するべきアイテムとしてはスキンケア用品も挙げられます。女性がヤリ部屋に誘われる場合は予期せぬ突然の場合も多いでしょう。大半の女性は化粧品は持ち合わせていますが、さすがに化粧落としを常に持ち歩いている女性となると少数派と言えるでしょう。

男性からはなかなか想像できないかもしれませんが、化粧を落とさずに寝るというのは、例えれば歯を磨かずに寝るようなものです。時間がたつにつれて化粧には雑菌が繁殖して肌荒れの原因となるのです。化粧落としや美容液は最低限用意しましょう。

アイテム③映画DVD

ヤリ部屋を訪れた女性とのムードを盛り上げるためにあると便利なアイテムが映画DVDです。映画DVDは部屋に誘い入れた女性と良いムードになるためには一番便利なツールと言えるでしょう。DVD鑑賞中は女性との会話にそれほど気を遣わなくても良いというのも男性にとっては楽な点です。DVD鑑賞用の大画面のスクリーンがあるとなお良いでしょう。

好きな映画や映像も女性によってそれぞれなので、いくつかのバリエーションを用意しておいて女性が選べるようにすると良いかもしれません。恋愛映画やコメディー、アニメやお笑いなどさまざまな分野にアンテナを張って事前に用意しましょう。

アイテム④お酒

アルコールも女性のムードを盛り上げるアイテムとして不可欠と言えます。お酒は女性をエッチな気分にさせる媚薬とも言えるでしょう。アルコールにはストレスを消して心をリラックスさせる効果があり、女性を開放的な気分にさせます。またお酒で脳が麻痺する事によって細かい事がどうでも良くなって気が大きくなります。

さらにお酒によってドーパミンが放出され、刺激を求めて興奮状態になるでしょう。血行が良くなる事によってセックスの時の気持ち良さも増大します。何よりも、女性にとってはお酒を飲んだ事がセックスになった時の言い訳にできます。しかしあくまでも紳士的な態度で、女性にお酒を強要するのはやめましょう。

アイテム⑤コンタクト洗浄液

モテる男を目指すのであれば、ヤリ部屋にコンタクト洗浄液を用意するような気遣いは必要かもしれません。女性は男性よりも容姿を気にするので、メガネを嫌ってコンタクトを使っている女性も多いでしょう。ヤリ部屋に誘われるというのは女性にとっても予定外のケースが多いです。

最初からセックスする目的という意識はない場合が多いので、事前にコンタクト洗浄液を買っていくというわけにもいかないでしょう。コンタクト経験者でなければなかなか意識が回りませんがコンタクトを付けたまま寝るのは眼球にとって大きな負担になります。このような気遣いができたら、行きずりの女性でも本気になってしまうかもしれません。

ヤリ部屋に女性を連れ込むのには立地が重要?

ここまでヤリ部屋の内部に必要な条件を見てきましたが、今度はヤリ部屋の立地条件について見てみましょう。ヤリ部屋を作って女性も連れ込むには、立地条件の考慮も重要なポイントとなってきます。ヤリ部屋に女性を連れ込んでセックスをするのにはまず女性も部屋に連れてくるまでが難関なので、立地は最重要条件とも言えます。

ポイントとしては女性が来やすくて一度行ってみたいと思わせるような場所がオススメです。ではヤリ部屋として適している物件の立地を具体的に見てみましょう。

できるだけ繁華街の近くが良い

ヤリ部屋にふさわしい立地と言えば、まずできるだけ繁華街に近い物件を選ぶ事がポイントです。東京で言えば三軒茶屋や恵比寿、中目黒や代々木上原、関西で言えば心斎橋や梅田辺りがベストと言えるでしょう。特に繁華街の近くであれば終電後に女性を誘いやすくなります。

クラブや飲み屋で盛り上がって終電を逃してしまった場合、店からタクシーでワンメーターや徒歩で行ける距離であれば、女性も行っても良いと思うでしょう。たとえば三軒茶屋や恵比寿など高級なイメージの街にヤリ部屋を借りる事ができたら言う事はないでしょう。

アクセスのしやすさが重要

やはり女性が積極的に行きたいと思うヤリ部屋を目指すのであればアクセスの良さが最重要になります。長い距離タクシーを使わなくてはならなかったり、駅から徒歩30分だったりすれば女性も行く気が失せてしまうかもしれません。都心の主要駅の近くという条件に加えて、良く行く店から近いという条件も挙げられます。

おしゃれなお店で飲んで、「うち、この近くなんだけどちょっと寄ってかない?」などと気軽に誘えれば女性を呼び込める確率も格段に上がります。店から駅に向かう道沿いにヤリ部屋があれば、そのまま通りすがりにという手も使えます。入口が綺麗だったり上層階だったりすると女性もより興味を示すでしょう。

ヤリ部屋への上手な誘い方

女性を連れ込んでセックスするためのヤリ部屋を作るに当たって必要な条件をいろいろと見てきましたが、最後にそのヤリ部屋へ上手に女性を誘うコツを紹介しましょう。ヤリ部屋はセックスをするための部屋ですが、それを強調してしまっては女性はなかなか付いてきません。たとえセックスがしたいと思っていたとしてもそれでは女性を警戒させてしまいます。

女性を部屋に誘い込むには、セックスとは別に女性が興味を持つ口実が必要なのです。女性にとっては、セックスとは別の目的で男性の部屋に行き、いろいろと話していたら良い雰囲気になってしまい、その結果セックスに至ってしまったという流れが必要なのです。その流れを作るためにはまず女性が何を求めるのか考えてみましょう。

誘い方①家でゆっくり映画を観る

女性をヤリ部屋に誘い込むためにまず挙げられる方法としては家でゆっくり映画を観るという誘いが有効でしょう。そのために大画面の映画鑑賞システムや迫力のある音響装置などがあるとより女性の興味を惹く事ができるでしょう。もちろん映画のソフトについてのリサーチも事前に必要です。

最近話題になっている映画や通好みの外国映画などの情報にアンテナを張って、できれば女性の好みも事前に聞いておきましょう。映画であれば1時間以上は女性はその場にいる事になりますからその間にさまざまな展開を考える事ができます。スイーツや食事など別のコンテンツと組み合わせても良いでしょう。

誘い方②めずらしいお酒が家にある

女性がお酒好きなのであれば、珍しいお酒が手に入ったという誘い文句も良いかもしれません。女性はおしゃれで未知なるものには興味を示すので、例えばワインでも、珍しい原産国や珍しい銘柄の商品であれば特別な興味も生まれるでしょう。

他にも、例えばメスカル、ランビック、ヴィーニョ・ヴェルデなど名前だけでも異国情緒を感じるお酒が世界にはたくさんあります。事前にそういうお酒をいくつか購入して、多少の専門知識を付けておくと良いでしょう。また少しばかり高級な銘柄の日本酒を用意しておくのも、真のお酒好きの女性には受けるかもしれません。

自宅でシェーカーを用意してカクテルを作る事ができたら、女性を惹きつけるセールスポイントになるでしょう。

誘い方③男性が料理を振る舞う

自分が部屋で料理をつくるからという誘いは、女性をヤリ部屋に誘い入れる方法としては最高の方法と言えるでしょう。ただでさえ料理が上手い男性はモテる傾向にあります。ただし男性が料理を振る舞う際にも注意事項があります。女性の立場を無視した、ただ量が多かったり味付けが濃すぎたりする料理は逆に女性の反感を買ってしまうかもしれません。

たとえ簡単な料理でたってもサッとその場で調理できたら女性の株は上がるでしょう。料理の味だけでなくお皿への盛り付けも女性は厳しく見ています。スパイスに凝ってみたり、珍しい食材を一品でも混ぜてみると女性の好奇心に訴えかけられるかもしれません。事前にスーパーなどに寄って一緒に食材選びをすると楽しいでしょう。

ヤリ部屋は立地や部屋の導線が何より大事!

この記事ではヤリ部屋について、その作り方や必要条件について取り上げてきました。ヤリ部屋はただ適当に物件を探せば良いというわけではなく、その立地から室内のインテリアの配置まで考えて作るべきだと言えるでしょう。そして何よりも重要な事は、その部屋がセックスのためのヤリ部屋であると女性に感じさせない事かもしれません。

ヤリ部屋はまず女性が訪れてみたいという興味を惹き、そこにずっとずっといたいという安心を感じさせる部屋と言えるでしょう。その結果としてセックスという行為があるわけです。男性はまずヤリ部屋を作ろうと計画する前に、そういう気持ちで物件を探してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fujinee
ふじにぃと申します。ジョージア国のトビリシ在住です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ