人生失敗したと思うこと11選!後悔・絶望からやり直しするには?

人生で失敗したと思うことは誰にでもあります。中には仕事は失敗ばかり結婚も手遅れと悲観している人もいるでしょう。実は人生失敗だらけという人には特徴があります。その特徴を分析して対策を立てれば人生のやり直しも可能です。辛い後悔は横に置いて前を向きましょう。

人生失敗したと思うこと11選!後悔・絶望からやり直しするには?のイメージ

目次

  1. 1人生を失敗してしまったと感じることがある?
  2. 2人生を失敗する人の特徴
  3. 3人生を失敗したと思うこと11選
  4. 4失敗ばかりの人生を後悔・絶望からやり直しするには?
  5. 5人生失敗しても良いことはある
  6. 6人生失敗しないよう!他人の経験談集
  7. 7人生を失敗してしまってもまだ大丈夫!

人生を失敗してしまったと感じることがある?

人生に失敗はつきものと言われています。つまり一般論で考える時、人生の中で失敗したことがないという人はいないに等しいと言えるのでしょう。そして一方では、失敗は成功の母であるとか、失敗は成功のもとということわざもあります。そう聞くと、失敗を肯定するようなイメージに感じる人もいるかもしれません。しかし、楽観は禁物です。

仕事で失敗ばかりしていれば評価は下がり信頼も得られません。結婚など人生の転機に失敗したとなると後悔の念は甚大です。ただし、そうは言っても失敗を恐れて手をこまねいていては、それこそ手遅れになります。なにより、ビクビク過ごしていては人生楽しくないでしょう。そこで、この機会に世の中にある失敗について知っておくのは良いことです。

また、すでに人生に失敗したと思っている人にも役立つ情報も集めました。辛いと嘆いているよりも一度、目を通してみて下さい。

人生を失敗する人の特徴

人生で失敗したことのある人を統計的に分析していくと、色々な共通点が見えてきます。失敗そのものの具体例は後述しますので、まずその前に、人生を失敗する人に多い性格や思考パターンなどの特徴を見てみましょう。代表的な5つの特徴を抽出しました。自己分析しながら読み比べてみて下さい。

特徴①将来や未来を考えていない

人生で失敗ばかりする人に多く見られる特徴の1つが、将来や未来についてよく考えていないことです。人によっては、よく考えていないどころか全く考えていないケースもあります。この特徴は、行き当たりばったりと呼ばれている性格です。人生を全くの成り行き任せ、運任せに行動しているのですから、失敗ばかりという結果になるのもうなずけます。

本来、動物と違って知性が備わっている人間の場合、多くの人は先読みをして行動をしているはずです。しかし、将来や未来を考えずに行動している人は、なぜか無意識のうちにその先読みをやめてしまっていることになります。

特徴②将来や未来のことを考え過ぎている

物事のさじ加減というのは難しいものです。将来や未来を考え過ぎてしまっても、失敗したという結果に陥ってしまう傾向が多いことがわかっています。何も考えていないよりもマシだろう、とはならないようです。そして、このケースで多い失敗のパターンは、あれこれ色々と考え過ぎて、まず行動の選択肢を無駄にたくさん用意してしまいます。

その結果、最終的にどう行動するか決めあぐねてしまい、何もせずに終わってしまうという失敗が頻発するのです。何もしないことはチャンスロスであり、成功の可能性をみすみす逃がしていることになります。性格表現としては優柔不断型の人とも言えるでしょう。

特徴③過去を引きずる

過去を引きずるタイプの人の場合も失敗ばかりの人生になりがちのようです。そしてこの場合の過去とは、成功体験、失敗経験どちらも該当します。まず過去に成功や何らかの誇れる体験をしている人の場合です。自分にとっての過去の栄光にすがっているだけで、今は何の努力もしなくなっている人がいます。「昔は良かった」というセリフは老年者のものです。

また、過去の失敗経験が一種のトラウマになって、それを引きずってしまっている人も多くいます。同じような辛い失敗を繰り返したくないということばかり気にしてしまうために、行動全てが慎重です。本来、慎重さは悪いことではありません。しかし、このケースでは慎重過ぎが災いして行動全てがネガティブになってしまい、何も良い結果を生まないのです。

特徴④臆病な性格

人生辛い失敗だらけという人の中には臆病な性格の人も多い傾向があります。この場合、臆病が発端となって2つの失敗ベクトルが発生するようです。まず1つ目は、臆病でおとなしい性格の場合、どうしても自己アピールが苦手になります。また、声の大きい人に引きずられたり、周囲の顔色をうかがってしまいがちです。

その結果、きちんとした自己主張や行動が取れず、失敗に終わってしまうことが多いのでしょう。もう1つは、臆病で気弱な性格の人の場合です。このケースでは、思い切って大胆に行動することを躊躇してしまいます。せっかくのチャンスに消極的な行動しか取れないため、結局、失敗したということになるのです。

特徴⑤他人のせいにする

普段から何か起これば「自分は悪くない」とし、言い訳では全て周囲のせいにする人がいます。このタイプの人も人生で失敗ばかり組です。悪い出来事を他人のせいにするということは、自己責任が取れないということになります。自己責任を取らないということは、何の反省もしません。反省をしていないのですから、同じようなミスや間違いを繰り返します。

その結果、人生失敗ばかりという事態に落ち込むのです。これはもう見てわかる通り、負の連鎖反応です。このタイプを言い換えると、ワガママだったり自分に対して甘い性格の人ということもできるでしょう。

人生を失敗したと思うこと11選

人によって価値観やものの尺度は違います。したがって、ある人は人生で失敗したと思っても、別の人は失敗と思わないということもあり得るでしょう。しかし、その一方で、大勢の人が主観的にも客観的にも失敗と認める結果や基準はあります。その基準をもとに、日本人の大多数が人生における失敗したことと感じるものを11種類、抽出しました。

自分の人生経験や周囲の人の人生と照らし合わせながら読んでみて下さい。

①その時を大切に楽しく過ごせなかった

人生で誰にでも平等にあるもの、それは時間です。そして、最も貴重なものの1つも時間でしょう。だからこそ、過去の様々な瞬間において、その時をどう過ごしていたかが成功と失敗の境い目となります。人生失敗ばかりという人の場合、時間の貴重さを見過ごし、ただ惰性でその時を過ごしてきてしまっていたわけです。

何の目的を持つこともなく、有意義に楽しく過ごすわけでもなく、それこそただボーっと時間を使ってしまったことを最大の人生の失敗と後悔している人の数は、とても多いと言われています。

②周囲の目を気にして失敗ばかり

周囲の目を気にするということを言い換えると、自分の行動についての周囲からの評判や評価を気にするということになります。自分を客観的に見るために周囲の目を気にするなら良かったのですが、これは違うケースです。つまり、自分の中に確固たる芯がありません。大義名分が無い人生という言い方も当てはまるでしょう。

したがって、すぐ周囲の意見に左右されます。軸がしっかりしていないので行動もブレまくりです。その結果、待っているのは失敗ばかりという人生になってしまったのでした。

③学生時代に勉強しておけばよかった

大人になってから学生時代の不勉強さを、人生の失敗だったと嘆く人もたくさんいます。受験勉強ありきの日本の学校教育環境や制度にも疑問点はあるでしょう。しかし、勉強するしないは個人の問題です。一例として挙げれば、大学時代ほど専門性の高い各分野のことを学べるチャンスはありません。

しかし、受験勉強の反動なのか楽しさの追求にばかり走ってしまうことは残念です。また、グローバル化の現代、中学と高校で6年間も英語を学んでいるのに、これほど英語が話せない先進国はあまり例を見ません。しかし、社会に出るまでこのような勉強の重要性に気づけず、人生失敗したと後悔するのです。

④様々な国や土地に行けばよかった

日本国内の色々な地域や、あるいは諸外国などに旅行や渡航経験の多い人を見ると誰でも羨ましく思うでしょう。自分が生まれ育った環境とは異なる文化や習慣に直接触れるということは、確かに人生経験を豊かなものにします。そのような人たちと、そんな経験を持たない自分を比較して人生の失敗と感じているようです。

海外にしろ国内にしろ、様々な地域に行くということは、金銭的なことも伴います。誰でも実現できるものではないかもしれません。しかし、そのような行動を夢見るまでもなく、全く考えてこなかった自分に幻滅し失敗したと考えてしまうのでしょう。

⑤お金を無駄遣いしてしまった

お金を無駄遣いした意識があると、そのことイコール人生失敗したと考える人がほとんどです。これは若い年齢の時には、まだ実感が持てないかもしれません。近年、選挙権の年齢が引き下げられました。しかし、それと合わせて健康保険や年金などの社会保険の仕組みや税金のことなどについて大した周知は行われていません。

つまり、お金の無駄遣いについては国にも責任の一端はあるでしょう。それでも、最後は個人の問題となってしまいます。余裕が無かったわけでもないのに大した貯蓄もせずに年齢を重ねてしまった時、ほとんどの人がこれを後悔し人生の失敗として嘆くのです。

⑥他人の期待に応え過ぎた

人間は何か良くない結果が出た時、その理由を自分以外に求める傾向があります。そして、そのこと自体が失敗だったという発言がある時に多く挙げられるのが、他人の期待に応えようとし過ぎたという言葉です。最も多いケースは親の期待でした。親の期待に負けてしまって自己本位を貫けなかったことが人生の失敗として重くのしかかってくるようです。

また、社会に出てからは仕事において周囲の期待に応えようとしてかえって失敗するというケースも見られます。いいカッコをしようとする虚栄心が根底にあるのかもしれません。それで実力以上のことをやろうとして、失敗ばかりとなってしまうのです。

⑦仕事選びを失敗した

就職した時の仕事選び、職種選びそのものが失敗だったと振り返る人も数多くいます。これはもしかすると、学生時代に不勉強だった人が多くかぶっているかもしれません。すなわち、専門的なことも大して学ばず卒業、就職の時期が来てしまい、仕事や業種のことを深く考えもせず、行き当たりばったりで仕事に就いたのではないでしょうか。

仕事選びに失敗したと思うなら、退職して転職すれば良いではないかと思った人も多いでしょう。しかし転職が気軽に考えられるようになったのは、ここ最近になってからです。一定の年齢以上の人にとっては、おいそれと転職が許されるような社会風潮ではなく、最初の仕事選びの失敗は致命的でした。

⑧結婚を失敗して手遅れになった

結婚を人生の失敗と挙げる人も少なくありません。そうなるのは、結婚を失敗と考える理由の幅広さも一因になっています。離婚に至ってしまうことだけが失敗ではないのです。例えば、結婚をする前に思い描いていた理想と、現実の結婚生活に隔たりがあって失敗したと思う人もいるでしょう。結婚相手の人物像が結婚後、変化してがっかりする場合もあります。

結婚してみたら相性や価値観が合わず、それを失敗と呼ぶ人もいるそうです。このように様々なケースの失敗感があるのが結婚を失敗と考えるケースの特徴になります。そして、最終的に離婚に至った時、人生の手遅れになったとして悲嘆にくれるのです。

⑨他人のアドバイスを聞けばよかった

人生で失敗ばかりの人の傾向の1つに、猪突猛進型があります。自分で思い込んだらそのまま突っ走ってしまう人です。他人のアドバイスや意見には全く聞く耳を持ちません。意志が強いと言えなくもないですが、それよりも視野が狭いというタイプのようです。このタイプの人は、同じ失敗を繰り返すという傾向も持っています。

失敗という結果が出てから、周囲のアドバイスを聞けばよかったと思うのですが、次の機会にはまた同じように突っ走ってしまうのです。そうして気づけば、人生失敗ばかりという状況が待っています。

⑩印象深い恋愛をしておけばよかった

人生失敗ばかりの人には臆病な性格という特徴もありますから、恋愛に関してもあまり勝負せず人生を過ごしてしまってきた人も多くいるようです。

結果的にそれらの人たちは、いわゆる燃えるような恋などとは無縁の人生だったことを後悔して残念がります。もしかすると、このように人生で印象深い恋愛経験に未熟なことも、失敗と思うような結婚につながっているのかもしれません。

⑪夢を叶えることができなかった

夢を叶えられなかったことも人生の失敗と感じてしまう人が多く存在します。ただし、この場合の夢とは空想のような、実現性の可能性がゼロに近いものではなく、もっと現実的なレベルの夢の場合です。また、夢の実現にチャレンジしたものの達成できなかった場合には、失敗とは思わず一定の満足感というか、納得して夢をあきらめていると見受けられます。

つまり、夢を叶えられなかったことを人生の失敗と思っている人とは、その実現にチャレンジもせずにあきらめた人たちのことです。やって後悔するよりも、やらずに後悔する方がはるかに心情は辛いのでしょう。

失敗ばかりの人生を後悔・絶望からやり直しするには?

今まで失敗ばかりの人生だったからといって、ただ嘆いているだけでは意味がありません。それこそ人生が無意味になってしまいます。リトライ、リボーン、再チャレンジ、言葉は色々ありますが、人生やり直しの権利は誰にも平等にあります。そこで、失敗人生を挽回するための具体策を5案提示します。

一つひとつ吟味し、自分で実践できそうなものから思考や行動に取り入れてみて下さい。

①失敗だらけだった人生を認める

まず、人生での失敗を認めましょう。時々聞く論法で、本人が人生を失敗と思わなければ失敗ではない、人生で失敗は発生していないことになるなどというのがあります。

一理あるように感じる人もいるかもしれません。しかし、これは間違いです。誰がどう見ても人生の失敗という状況を失敗と思えないということは、物事を判断する力が無いということになってしまいます。失敗は失敗として受け入れる寛容さを持つことこそ、人生をやり直すにあたっての必要な素養です。

②失敗してしまったこと・辛い気持ちに向き合う

人生の失敗を受け入れることができたら、次はより具体的な対応に移ります。それは自分の失敗した内容・辛い気持ちの分析です。自分の失敗を細かく思い出すことは辛いかもしれません。しかし、ここで分析を怠るとまた同じ失敗を繰り返す人生になりかねません。辛さはグッとこらえて、失敗を全て細かく分析しましょう。

③毎日を大切に過ごす

人生で失敗する人に多い傾向として時間の無駄遣いがあります。言い方を変えれば、毎日を無為に過ごしてしまっているのです。これに当てはまると思う人は、日々の生活の過ごし方を変える工夫をしましょう。具体的には、毎日の日々の時間を大切に過ごすことです。毎日1つ、生活の中に新しい発見をすることを目標にしてみるのがおすすめです。

④成功できるイメージを持つ

自分が人生で成功する姿を頭の中でイメージしましょう。何度でも繰り返しやる方がベターです。これは心理学的にも確立された手法で、とても有効であると言われています。プロスポーツ選手でも実践している人は多いそうです。特に人生で失敗癖がついている人は、その悪印象を払拭するためにも積極的に取り組むことをおすすめします。

⑤力をつけて自立する

失敗ばかりの人生を成功へと変えていくには自律と自立が必要になります。自律とは自分の行動を自分できちんとコントロールすることです。自立とは他者に頼らず独力で物事をなすことになります。どちらにも必要なのは周囲に依存しない精神力です。そのためには色々な意味で自分個人の力をレベルアップさせる必要が出てきます。努力してみましょう。

人生失敗しても良いことはある

ここまでの記事の内容とは視点を変えてみましょう。それは、人生の失敗の中に良いものはないか探っていくことです。果たして失敗から得られるものはあるのかどうか、じっくりと御覧下さい。

①経験が豊富になる

人生で自分の身に起こったこと、それは全て経験です。失敗も成功も経験という意味では同類と言って良いでしょう。前述したように失敗を受け入れ分析することができるなら、失敗こそ人生にとって貴重な経験をしたということにもなります。成功の数だけが経験ではないのです。失敗も経験と捉えることで、自分は貴重な経験の持ち主という自負が持てます。

②成功しやすくなる

失敗をいやというほど経験した人は、自然と失敗の法則のようなものが身に染みてわかってきます。つまり、何か新しいことに取り組んでいる時に、このままの流れでは失敗が待っているという空気がわかるのです。なおかつ、過去の自分の失敗が分析できていれば、失敗とならないための対策を立てられます。

結果として失敗の経験が活きて、成功に向かいやすくなっているはずなのです。

③根気強くなる

人生で失敗の回数が多い人や、より大きな失敗を経験している人が自然に会得したものがあるはずです。それは根気強さだと考えられます。多少のピンチの場面なら、すぐあきらめたりはせず、根気強く継続していけるでしょう。失敗に慣れていない人だったら顔面蒼白になるような時でも、粘り強くしのげる可能性だってあります。

④喜びを感じられる

大した間違いもなく成功する場合と、幾度となく失敗を繰り返しながら成功するのとでは、ことを成し遂げた時の喜びの大きさは段違いです。これは負け惜しみの論理ではありません。失敗という言葉を苦労や努力に置き換えて考えてみて下さい。失敗があってこそ成功の尊さが身に染みてわかるのです。人生でこれほど豊かな経験はありません。

人生失敗しないよう!他人の経験談集

本記事の総ざらいとして最後に、よりリアルな失敗のケースを探してきました。それぞれ特定の個人の本当の経験談になっています。リアル過ぎて少し気持ちがおののく点もあるかもしれませんが、しっかり読んで学んで下さい。

頭がいいけど失敗した話

高学歴の女性Aさんの経験談です。

とにかく学校の成績さえ良ければ勝ち組の人生になると思い込み、学生時代は勉強ばかりしていたそうです。本当に勉強にだけ集中していたので、当然ながら同級生とのオシャレの話題や芸能ゴシップ話などについていけません。気づいたらクラスでも孤立した存在になってしまい、人間関係を築く経験を積めませんでした。

そのせいで、今でも人づき合いは苦手で苦労しているそうです。

喫煙と飲酒で不健康になった話

男性Bさんの経験談です。

高校卒業後、大人になった証とばかりに喫煙と飲酒を始めたそうです。特に飲酒は酔った楽しさが性に合っていたのか毎日浴びるように飲んでいたということでした。そして待っていたのは内臓を壊して入院沙汰になったそうです。さすがにその後、飲酒は控えるようにしたものの、その代わりのようにヘビースモーカーになりました。

すると今度は肺を悪くしてまた入院する羽目になったそうです。最終的にタバコも酒もやめるようなことになるなら、始めからやらなければよかったという後悔しかないと語ってくれました。

幼少期から親に従い過ぎたという話

地方在住の女性Cさんの経験談です。

一人っ子ということもあり、とにかく幼少期から行動の全ては親から指示され監視され干渉されという日々だったそうです。地方在住だと都会と違って、周りも似たり寄ったりという感じだったので、特に親に逆らうことはせず過ごしていました。そして、進学先も就職先も全て親が決め従ったそうですが、なんと結婚相手まで親が決めたそうです。

そして結婚後の現在も親が干渉しようとしてくるため、その対応に苦慮しているということでした。

人生を失敗してしまってもまだ大丈夫!

人生で失敗してしまった瞬間はたしかに落ち込んでしまうでしょう。それは止むを得ません。しかし、命ある限りチャンスの時は必ずやってきます。その時に慌てず焦らず行動できれば良いのです。過去の失敗を人生の糧として活かし、新しいチャンスで成功を狙いましょう。ピンチの後にチャンス有りです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ