入江美樹の現在!夫・小澤征爾や子供は?豪華すぎる親戚やハーフの噂も調査

世界的に有名な指揮者・小澤征爾の妻であるハーフモデル・入江美樹の現在の様子についてまとめました。子供である小澤征悦、甥にあたる小沢健二についてもご紹介します。小澤征爾が江戸京子と離婚した理由についても調べました。入江美樹の昔の写真、画像も必見です。

入江美樹の現在!夫・小澤征爾や子供は?豪華すぎる親戚やハーフの噂も調査のイメージ

目次

  1. 1入江美樹とは【画像】
  2. 2入江美樹の経歴
  3. 3入江美樹はハーフ?
  4. 4入江美樹の夫・小澤征爾との結婚は
  5. 5入江美樹の子供は
  6. 6入江美樹の豪華すぎる親戚とは
  7. 7入江美樹の現在
  8. 8入江美樹の今後の動向に注目!

入江美樹とは【画像】

入江美樹はかつて、絶世の美女として活躍した人気モデルです。注目すべきはその家族構成で、夫は世界を舞台に多くの功績を残してきた指揮者の小澤征爾です。娘や息子も芸能活動をしており、その他の親戚にも有名人がいます。まずはそんな入江美樹のプロフィールについて、画像と併せてご紹介します。

プロフィール

・名前:入江美樹(いりえ みき)
・本名:ヴィラ・ヴィタリエヴナ・イリーナ
・生年月日:1944年8月13日
・現在年齢:74歳
・出身地:神奈川県横浜市
・活動内容:モデル・女優・ファッションデザイナー
・家族構成:夫・小澤征爾(指揮者)、長女・小澤征良(エッセイスト)、長男・小澤征悦(俳優)

入江美樹の経歴

入江美樹は若い頃からモデルとして活躍し、その人並み外れた抜群のスタイルと、日本人離れした顔立ちでたちまち注目されました。入江美樹のその恵まれた容姿のルーツはどこにあるのでしょうか。さらに、またたく間にトップモデルとして有名になった背景には、どんな経歴があったのか見ていきます。

モデルとしてデビュー

入江美樹がモデルになったいきさつは、実は本人の意向ではなかったようです。入江美樹の父親は不動産業を営み、母親は料理研究家です。かなり裕福な家庭で育ち、家にはメイドもいました。そして1958年、入江美樹がまだ14歳の時に、母親とメイドが冗談半分でモデルのオーディションに応募したのです。

応募したのはファッション雑誌『装苑』の募集でした。『装苑』は1936年創刊のかなり歴史のある女性ファッション誌で、80年以上経った現在でも多くの女性に支持されています。当時も絶大な人気だった『装苑』のモデル募集には、2000人もの人が応募しました。その中で入江美樹は見事1位と勝ち取り、モデルデビューを果たしたのです。

入江美樹の美しさは、その当時群を抜いたものだったのでしょう。デビュー後たちまち売れっ子モデルとなり、多くの雑誌の表紙を飾るようになりました。

国際ファッション大会で1位入賞

入江美樹はモデルとなった当時、インターナショナルスクールに通っていましたが、デビュー後に中退しました。すべてをモデル業にささげた結果、6年後の1964年、さらに華々しい功績をあげています。第一回国際ファッション大会で1位入賞を果たしたのです。美しい顔立ちと際立ったスタイルもさることながら、抜群のセンスも合わせ持っていたといえます。

当時の入江美樹の写真を見ると、可愛らしい顔立ちを引き立てる個性あふれるファッションを素敵に着こなしているのがよくわかります。

映画やテレビ出演も

一躍人気モデルとして活躍するようになった入江美樹は、テレビや映画にも出演しています。1963年から1964年に放送された『夢をそだてよう』というバラエティ番組では、坂本九や青島幸男と共演しています。また1966年には『他人の顔』という映画に出演しています。

同作品は病院を舞台にしており、入江美樹は顔にひどい火傷を負った女性の役を演じました。ネット上ではこのときの、ケロイドの特殊メイクを施された入江美樹の写真も見られます。その画像からも、たとえ顔がケロイド状になっていても美しいという、常軌を逸した美貌が伺えます。

入江美樹はハーフ?

ここまでで、たびたび入江美樹の顔立ちの美しさについて触れてきました。昔の写真を見ても、日本人離れしたくっきりとした目鼻立ちで、ハーフなのではと思う方も多いでしょう。では実際入江美樹はハーフなのでしょうか。家族背景についてご紹介していきます。

日本人離れした容姿が話題に

入江美樹はモデルとして輝かしいデビューを果たし、その美しさがたちまち注目されるようになりました。特に日本人離れした容姿が話題になり、すぐにハーフなのではという声も上がりました。当時の写真を見ても、特に目元がぱっちりくっきりとしていて、外国人風の顔立ちであることがわかります。

こちらの画像は特に目の美しさが印象的です。眉毛と目の間が狭いところが日本人離れした印象を与えます。しかし、鼻はさほど高くないところや、輪郭などはアジア人っぽさが漂っています。他の写真を見ても、あどけない表情から日本人的な要素もあります。では実際入江美樹のルーツはどこにあるのでしょう。

ロシアと日本のハーフ

実は入江美樹は、ロシア人と日本人のハーフなのです。父親は白系(はっけい)ロシア人で母親は日本人です。白系ロシア人とは、白人のロシア人という意味ではありません。ロシア革命後、ロシア国外に移り住んだ人々のことを表わします。入江美樹の父親の家族は白系ロシア人の貴族の末裔で、中国に移り住みました。その後、父親は大連で生まれ育ちました。

白系ロシア人には、ウクライナ系やポーランド系、ユダヤ系が多いといわれています。そのため入江美樹のルーツもそのどれかから来ていると考えられます。入江美樹の母親は日本人の料理研究家、入江麻木です。著書の『バーブシカの宝石』の表紙に顔写真が載っていますが、母親もかなりの美人です。入江美樹の美貌はそんな両親からきていたのでした。

現在はハーフタレントが多くなり、外国人風の容姿の有名人も珍しくないですが、当時はまだ少なかったでしょう。ハーフ美女の入江美樹は日本のモデル界に衝撃を与えたのです。

入江美樹の夫・小澤征爾との結婚は

絶世の美女、ハーフモデルとしてファッション業界に躍り出た入江美樹ですが、その結婚も大きな話題を呼びました。世界で活躍している超有名指揮者の小澤征爾と結婚したのです。このビッグカップル誕生に世間も驚きました。モデルとして人気絶頂のさなかでの結婚だったため、「美女と野獣」と言われたりもしたようです。

ではそんな入江美樹の結婚事情について詳しく見ていきましょう。

夫は世界的有名な指揮者・小澤征爾

入江美樹の夫は世界的に有名な指揮者・小澤征爾です。小澤征爾はこれまで、日本人指揮者として異例の数々の名誉ある功績を残してきました。世界へ羽ばたくことになった大きな転換点は、1973年にアメリカ5大オーケストラのひとつであるボストン交響楽団の音楽監督に選ばれたことです。日本人指揮者の演奏が国際的に認められたのも初めてのことでした。

その後もウィーン・フィル管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などのヨーロッパでの活動も増えていきました。そして2002年にはウィーン国立歌劇場音楽監督に就任し、世界レベルのオペラ音楽も手掛けるようになりました。そんな世界的偉人の小澤征爾と入江美樹はどのように出会ったのでしょうか。

出会いのきっかけはあるパーティーだったようです。他にも岡田真澄などの芸能人も出席していたパーティーでした。

世界的に有名な指揮者とはいえ、どうやって人気のある美人ハーフモデルの入江美樹と結婚できたのでしょうか。それにはまず入江美樹の父親と親交を持つようになったようです。その後入江美樹との仲を深めていきました。そして二人は1968年に結婚しました。二人の仲人を務めたのは森英恵夫妻です。

森英恵は「ハナエ・モリ」のブランドを手掛ける有名なファッションデザイナーです。孫にモデルの森泉がいることでも知られています。こうした交友関係もあってか、入江美樹は結婚後デザイナーとして活動を始め、小澤ヴェラという名前を名乗っています。そしてレディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」を立ち上げました。

このように入江美樹と小澤征爾は結婚後も夫婦それぞれ才能を発揮しつつ活動を続けていきました。

小澤征爾は離婚歴あり・前妻は江戸京子

美人ハーフモデル・入江美樹との電撃婚が話題になった小澤征爾ですが、実は離婚歴がありました。最初の結婚ではピアニストの江戸京子を妻に迎えました。前妻・江戸京子の父親は、三井不動産の社長・江戸英雄です。大財閥の娘ということで、現在でいう逆玉の輿結婚でした。

江戸英雄は小澤征爾の音楽家としての才能を高く評価しており、かなり援助していたようです。しかし二人の結婚には「娘は気が強く、個性が強すぎる」といって反対していました。他にも音楽家同士の結婚はうまくいかないという声もありましたが、周囲の反対を押し切って二人は結婚します。

小澤征爾と江戸京子は同じ音楽家として切磋琢磨していこうと考えていたようです。しかし小澤征爾の仕事が忙しくなるにつれて江戸京子が尽くす形になっていきました。

江戸京子は大好きなピアニストとしての仕事をセーブしなくてはなりません。そのうえ、小澤征爾は仕事で音楽漬けのため、家では何も聞かず体を休めたいのでピアノをひくなと言います。仕事も十分できず、家ですら自由に好きなピアノがひけなくて、江戸京子のストレスは膨らんでいったのではないでしょうか。

さらに、小澤征爾と江戸京子の育った家庭環境の違いも、二人のすれ違いを広げる要因になったようです。その結果、周囲の予想通り小澤征爾と江戸京子は離婚することになりました。世間からは財産目当ての結婚だったとかなり非難されました。しかし、江戸京子の父・江戸英雄は引き続き音楽家・小澤征爾として応援していきたいと温かい言葉を送りました。

結局江戸京子との結婚生活は数年で離婚に至りました。しかし離婚と同時に人脈までも失うということがなかったのは、小澤征爾の才能と人柄の賜物でしょう。

二人の間に1女1男をもうけている

小澤征爾と江戸京子の間に子供はいなかったようです。その後再婚した入江美樹との間には二人の子供が誕生しました。1971年に長女が、1974年には長男がアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで生まれています。入江美樹は、アメリカで指揮者として認められ、多忙になってきていた夫・小澤征爾を支えつつ、海外での子育てに励みました。

入江美樹の子供は

入江美樹と小澤征爾の間に生まれた子供は成長し、二人とも有名人になりました。天才指揮者・小澤征爾を父に持ち、美人ハーフモデル・入江美樹を母に持つ、二人の子供はいったいどんな大人になったのでしょう。二人の子供の現在の様子についてご紹介していきます。

小澤征良(エッセイスト)

入江美樹と小澤征爾の長女は小澤征良(せいら)です。征良という名前は、小澤征爾の征と、入江美樹の本名であるヴェラを合わせたものです。小澤征良は現在47歳で、作家またエッセイストとして活動しています。2002年には『終わらない夏』がベストセラーとなり、注目されました。

父の影響もありオペラ音楽を学んでいたこともあるので、繊細で研ぎ澄まされた感性を持ち合わせており、その作品も高い評価を得ています。小澤征良は40歳の時に一般の男性と結婚しており、子供も出産しています。当時小澤征爾ががんを患っていたため、結婚は公表せず極秘で式をあげたようです。

小澤征悦(俳優)

入江美樹と小澤征爾の間に生まれた二人目の子供は、小澤征悦です。現在45歳で、数々のドラマや映画に出演し、コメンテーターやナビゲーターなどマルチな活躍をしている俳優です。幼少期をアメリカで過ごし、大学時代には演劇を学びに留学もしているので英語も堪能です。ハリウッド作品にも出演していました。

そんな人気俳優の小澤征悦は、さまざまな女性との噂がありました。中でも滝川クリステルとは間もなく結婚とまで言われていましたが、結局破局に終わりました。他にも女優の杏とも熱意が報道されましたが、結婚には至りませんでした。小澤征悦はかなり女性にモテるようですが、現在も結婚していません。

小澤征悦も小澤征良も、目元がぱっちりしていて母親の入江美樹に似ています。頬骨のあたりの骨格は父親の小澤征爾譲りであることがわかります。

入江美樹の豪華すぎる親戚とは

入江美樹は、夫が小澤征爾、娘が小澤征良、息子が小澤征悦と家族そろって超有名人ばかりです。しかしそれだけでなく、親戚の仲にも著名人がたくさんいるようです。そんな豪華すぎる入江美樹の親族について見ていきます。

小沢健二(ミュージシャン)

実は、入江美樹の夫・小澤征爾の親族の中には意外な人物がいます。シンガーソングライターの小沢健二です。小沢健二は『カローラ2に乗って』などのヒット曲で有名になり、「オザケン」の愛称で親しまれ人気になりました。小沢健二は、小澤征爾の甥にあたります。小澤征爾のすぐ上の兄の息子なのです。

小沢健二は東大卒の経歴を持つ秀才としても知られています。その小沢健二の父親はドイツ文学者なので、納得の血筋といえるでしょう。小澤征爾には他に、彫刻家の兄とエッセイストの弟がいます。小澤征爾の家系は兄弟そろって才能豊かで優秀な人ばかりなのでした。小沢健二もその血統を継いでおり、一時はカリスマ的存在として人気を得ていました。

小沢健二はそんな人気絶頂の中、突然ニューヨークへ移住し活動を休止しました。しかし2017年には19年ぶりにシングルを発売し、活動を再開させています。

小沢健二と小澤征良、小澤征悦はいとこということになります。年齢は小沢健二の方が二人より少し年上です。もしかしたら幼い頃は、よく遊んでいたのかもしれません。ある番組で小澤征悦がいとこの小沢健二について語ったこともありました。小澤征悦と小沢健二は昔よく親族の新年会で会っていたようです。

そしてそこで小沢健二がギターを披露する場面もあったとのことです。現在ではそれぞれ有名になって活躍していますから、今考えるとかなり豪華な新年会といえます。小澤征悦と小沢健二は、役者とミュージシャンで職種は違いますが、同じ人に伝える仕事なので、お互いに良い刺激を受けているかもしれません。

小澤征爾の父親は満州国創設に携わっていた

小澤征爾の父親は小澤開作です。小澤開作は貧しい農家で育ちましたが、歯医者で働きながら学業に励み歯科医師になります。その後歯科医として働きながら、政治活動に携わるようになります。当時アジアの多くの国はヨーロッパの植民地にされていました。そのため、欧州諸国に立ち向かうにはアジアの各国が協力する必要があるという思想を抱いていました。

そして「満州青年連盟」を結成し、満州国創設に携わりました。そのため小澤征爾も満州で生まれています。そのときの小澤開作の同志である、石原莞爾と板垣征四郎の二人から一文字ずつとって「征爾」という名がつけられました。この二人は満州事変に関わった歴史上の人物として知られています。

世界的な指揮者を生み出した父親も、世界を股にかけて活躍していた人物だったのです。

豪華すぎる親戚は他にも…

入江美樹の親戚の中にはさらにそうそうたる面々がいます。夫・小澤征爾の兄である小澤俊夫は、心理学者の小沢牧子と結婚し、小沢健二が生まれました。この小沢牧子の家系がまた華麗なる一族だったのです。その中には、日本を代表する企業の社長や日本銀行の監事がいます。また第47代内閣総理大臣の芦田均もいます。

さらには、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川、メリー喜多川、藤島ジュリー景子までもが親戚のつながりがあるのです。日本の何分の一かの資産を有しているのではないかというくらい、豪華すぎる家系になっています。

入江美樹の現在

若い頃には皆が憧れるハーフモデルとして活躍し、その後世界的に有名な指揮者・小澤征爾と結婚した入江美樹ですが、現在の様子はどうなのでしょう。現在は74歳という高齢になっています。入江美樹の現在の活動状況について見ていきます。

ファッションデザイナーとして活躍

入江美樹は小澤征爾との結婚後、モデルとしての活動はしなくなり、表舞台から姿を消していました。しかし、すっかり家庭に入って専業主婦になったわけではありません。モデルとしての経験を生かし自身のブランドを立ち上げ、ファッションデザイナーとして活動するようになったのです。

入江美樹が手掛けたのは「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」という高級感ある大人の女性を対象にしたブランドです。モデルとしてファッションリーダーの役割から、今度はファッションを創造し、発信する側になりました。ロシア人とのハーフであることも、センスの独創性にプラスになったかもしれません。

こうして入江美樹は、世界的な指揮者の夫・小澤征爾を支えつつ、海外での子育てにも励みながら、自分自身のビジネスにも果敢に取り組んだのです。

入江美樹の生き方は、現在の働きながら家庭を守っている女性に励みを与えるでしょう。小澤征爾ほどの多忙な夫を持ちながら、自分の人生もしっかりと確立していたのです。これには母親の入江麻木の影響もあるかもしれません。入江麻木は白系ロシアの貴族の家に嫁ぎ、異文化のしきたりに慣れるのに苦労しました。

しかしそこで学んだロシアの家庭料理などから、料理研究家としての人生を切り開いていったのです。入江麻木の料理本は現在でも人気があり、また本人が書いたエッセイからも、強い女性としての生き方に感化される人が多いようです。そんな母親の姿も、入江美樹に大きな影響を与えていたに違いありません。

74歳という年齢になった現在は、芸能活動やデザイナーとしての活動は引退しているようです。

家族写真での仲睦ましい様子も…

入江美樹と小澤征爾は離婚したのではという噂もあったようですが、ネット上では子供たちと一緒に写っている写真が見られるので事実ではないようです。ひとつの写真では、小澤征爾の顔が大きく描かれた壁画の前で夫婦が並び、両脇に子供の小澤征良と小澤征悦、そして小澤征良の娘と思われる子供も写っています。

そうした写真からも、仲睦まじい家族の様子が伺えます。小澤征爾と小澤征悦が番組で共演しているときの写真も見ることができます。ある番組で小澤征爾は、子供たちとは仲が良いことを語っています。子供や孫、家族が集まれることが一番幸せとも述べており、良い父親としての顔をのぞかせています。

そうした温かい家族に囲まれて、入江美樹も穏やかに年齢を重ねている様子が写真からも伺えます。

小澤征爾は息子の小澤征悦とのことについて、仕事の話はあまりしないことも明かしています。しかし、子供の出演している作品は見たいと思っているので、言ってくれないことが少し不満のようです。父親としての子供への愛が感じとれます。また、小澤征悦は家にはよく来るようで、ご飯を食べにだけ来ているとも明かしています。

きっと料理研究家の母親譲りで、入江美樹も料理が上手なのでしょう。こうした家族の微笑ましい光景を垣間見るだけでも、入江美樹の良妻賢母な様子が見て取れます。

入江美樹が出ていた雑誌は今でも根強い人気

入江美樹がモデルとして活躍したのはすでに半世紀も前のことですが、そのときの美しさは今だ人々の心をとらえています。入江美樹が表紙の写真を飾っている昔のファッション雑誌は、オークションで出品されるくらいファンがいるのです。今ではハーフモデルは珍しくはありませんが、ハーフというだけではない魅力が、入江美樹にはあることがわかります。

ツイッターなどSNS上でも、入江美樹の昔の写真や画像が多く見られます。当時の写真は画像も粗く古びてはいますが、それでも入江美樹の美しさを伝えるには十分です。時代を超えて輝く存在であるといえるでしょう。

入江美樹の今後の動向に注目!

入江美樹は、本人の美しいモデル時代の栄光も際立っていますが、豪華な家族や親族の顔ぶれもかなり特別であることがわかりました。血筋をたどればたどるほど、興味深いつながりがあるのを知ることができます。その子供たちがこれだけ活躍しているのも納得のいくことといえます。

しかし、家系というだけでなく家族それぞれが十分に活動できている背景には、入江美樹の良い妻、また母親としての支えがあったからに他なりません。入江美樹自身は表に立つことは少ないかもしれませんが、今後も家族を通しての活躍に注目できるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb奥村夏未の現在!引退した?仮面ライダーなど出演作も紹介【画像】
『仮面ライダーカブト』に出演し理想の妹キャラを演じた奥村夏未は、愛らしい笑顔で活躍していまし...
Thumb奈良岡朋子の現在!今の年齢や病気の噂は?若い頃や出演作・交友関係も調査
この記事では、奈良岡朋子の若い頃の学歴から、朗読『黒い雨』を始めとした出演作の数々、多くの著...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shibata Ayuko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ