ラブホテルのコンドームは安全?危険と噂される理由やラブホのゴム事情とは

ラブホテルのコンドームは安全なのでしょうか。実はラブホのゴムは穴が開いているなどの噂話もあり危険だと言われています。そんなラブホテルのコンドーム事情や危険回避のための対策もレクチャーします。カップルでラブホを使う男女は早速、詳しくチェックしていきましょう。

ラブホテルのコンドームは安全?危険と噂される理由やラブホのゴム事情とはのイメージ

目次

  1. 1ラブホテルのコンドームは安全?
  2. 2ラブホテルのコンドームが危険と噂される理由
  3. 3ラブホテルのコンドームを使用する前にすべきこと
  4. 4ラブホテルのコンドーム実情とは
  5. 5ラブホテルに潜むコンドーム以外の噂とは
  6. 6ラブホテルのコンドームを使う前にしっかり確認しよう

ラブホテルのコンドームは安全?

ラブホテルでエッチをするときに、気にかかることの一つにコンドームの問題があります。ラブホテルに行くと、必ずベッドサイドにさりげなくコンドームが用意されていますが、あのコンドームは使っても大丈夫なのか、安全なのかということです。

自前で用意していったものなら強度面も衛生面でも安心できるのですが、たまたま入ったラブホテルにおいてあるコンドームをどこまで信用して良いのかと考え出すと不安でしょう。もし破れたら、もし穴が開いていたら、など一度疑い出すと色々と想像してしまうこともあるのではないでしょうか。

ラブホのゴムを実際に使う人は少ない

この記事を読んでいる人の中でも、ラブホのゴムは普通に使うという人もいれば、怖いから使ったことがないという人もいるでしょう。何の疑いもなく使ってきた人からすれば、なぜラブホのゴムを使わないのか意味がわからないという人もいると考えられます。

実際のアンケート調査では、ラブホのゴムを使用すると答えた人はわずか3割しかいません。つまり7割の人たちはラブホのゴムを使わないということです。その理由はカップルによって様々のようです。しかし一つ言えることは、何らかの理由でカップルのニーズにあったコンドームではないということでしょう。

ラブホテルのコンドームの特徴は…

ラブホテルのコンドームの特徴は、決して高級品で安全なものではないということです。どちらかというと安価な粗悪品というのがスタンダードのようです。一説によると業務用の非常に安いもので薬局で市販されている物に比べると5~10分の1の値段とも言われます。

しかも分厚いので、薄くて生に近い感覚でエッチを楽しみたいカップルからすると敬遠したいと考えるようです。

ラブホテルのコンドームが危険と噂される理由

ここからは、ラブホテルのコンドームが危険と噂される理由について解説していきましょう。ラブホテルと言っても全国には数多く存在しますし、その価格帯やグレードにも差があります。すべてのラブホテルが同じ事情とは考えられませんが、あくまで可能性があるという前提で具体的に説明していきます。

安物で破けやすい

先ほども述べましたが、ラブホテルのコンドームは安物で破けやすい可能性があります。もし使っている最中に破けてしまえば、そこから漏れてしまって大きな危険を伴います。しかも破けていることに気づかずに散々セックスに興じていて、ことが終わった後で気づいたとしたらその時のショックや気持ちの落差は想像を絶するものがあります。

ラブホテルはカップルにとっては、あくまで楽しい空間であり、共に愛を育むことができる安心の場でもあるはずです。にもかかわらず、ゴムが破けるというのは、決してあってはならない惨事と言えるでしょう。珍しいことかもしれませんが、わずかでも可能性があるとするなら慎重にならなければなりません。

サイズが合わない

ラブホテルのコンドームは、サイズが合わない場合もあるので注意が必要です。サイズの良し悪しは、男性が実際に装着してみなければ分かりません。サイズが小さければ、使っている最中にずれてくるなどの不具合が生じる可能性があります。そしてサイズが大きい場合は、気を付けなければ、隙間から漏れてしまって大変なことにもなりかねません。

エッチをする流れの中でサイズが合っているかどうかを確かめて、もし合わなかったら使わないというのも、途中で中断しなければならない可能性があり、大変勿体ないと言えます。そのような事態を回避するためには、あらかじめ自分の使いやすいゴムを持参しておくに越したことはないでしょう。

穴が開いている可能性がある

ラブホテルのコンドームは、穴が開いている可能性があるので気を付けなければなりません。これは主にイタズラによるものと言われています。前にその部屋を使った客が面白半分でゴムに穴を開けて帰った可能性があるのです。またはそのラブホテルの従業員が憂さ晴らしか嫌がらせの目的で針で穴を開けた可能性もあります。

それを知らないでエッチをしてしまったカップルは、ことが終わった後に穴が開いていることに気づき顔面蒼白になることでしょう。悪質極まりないイタズラと言えますが、犯人を突き止めることはまず不可能ですし、分かったところで責任をとってもらうことも難しいでしょう。あくまでも本人たちが注意して防御するしかありません。

ゴムの臭いがきつい

ラブホテルのコンドームは、ゴムの臭いがきつい場合があります。これはゴムを袋から出した瞬間に分かります。人によってはとても苦手な臭いなので、せっかくのエッチの最中に少し気分を害してしまうこともあるかもしれません。

また一度装着し、エッチが終わった後に女性がフェラをしようとすると、その時に強烈に臭ってしまい、好意が続けられなくなるという例もあるくらいです。その生々しいゴムの臭いを感じながら口にするというのは、体に害はないと分かっていても、決して気持ちの良いものではありません。

使用期限が切れている場合がある

ラブホテルのコンドームは、使用期限が切れている場合もあります。通常コンドームの使用期限はパッケージに印字されていますが、一つ一つの袋にきちんと記載されている例もあります。しかしすべてのラブホテルのコンドームが使用期限が記載されているか定かではなく、中には使用期限が切れている可能性もあります。

そのため使用期限が不明な場合は、できるだけ使用することを控えて持参したゴムを使う方が安全と言えるでしょう。

ラブホテルのコンドームを使用する前にすべきこと

ラブホテルによっては、用意されているコンドームの安全性が疑われるため、それを使用する前にした方が良いことがいくつかあります。おすすめの確認事項を具体的に挙げていきましょう。後悔先に立たずです。面倒だと思っても、念には念を入れて確かめる習慣を付けましょう。

使用期限を過ぎていないか

まず大切な確認事項としては、コンドームの使用期限が切れていないかを確かめることです。ラブホテルという性質上恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、使用期限が定かでない場合は、フロントに連絡してその点を尋ねても良いでしょう。もちろん持参しているコンドームがあればそこまでする必要はありません。

しかしそれがない場合は、ラブホテル備え付けのコンドームを使うほかありませんから、念にのために尋ねてみるのは大切なことと言えます。通常コンドームは使用期限が6年などとメーカー独自で決めて販売されていますから、劣化によって使用中に破けるなどのトラブルに見舞われないように、その期限を守って使用することが大切です。

コンドームの質は良いか

ラブホテルのコンドームは、場合によっては粗悪品であることも考えられるので、質が良いかどうかを確かめることをおすすめします。臭いがきついとか、妙に分厚いなどせっかくの二人の愛のコミュニケーションの邪魔となる要素はできるだけ排除するべきでしょう。そのためにも品質チェックを習慣化することが大切なのです。

サイズが合うか

ラブホテルのコンドームを使用するときには、事前にサイズが合うかを確認することも大切です。コンドームは自分のサイズに合ったものを使用しなければ、エッチの時に不具合が起きる可能性があります。最も危惧されることはサイズが大きすぎて隙間から漏れてしまうことです。

一つ間違えば望まない妊娠となってしまうこともありますし、性感染症の危険性もあります。そしてサイズが小さい場合は、使用中にずれてしまうなどしてエッチに集中できなくなる可能性もあります。

穴が開いていないか

ラブホテルのコンドームを使用するときには、穴が開いていないかを入念に確かめる必要もあります。穴と言っても見てすぐ分かるような大きさではなく、針の穴のような小さなものなので、一度袋から取り出してしっかりと目で確認することが大切です。

たとえわずかな穴でも、それを装着すれば穴は広がりますし、気付かずに使用し続けてしまうとそこから漏れてしまってあわやという惨事につながりかねません。

ラブホテルのコンドーム実情とは

ラブホテルを使い慣れていない人からすれば、個性あるその空間を有意義に使うことも至難の技かもしれません。照明や仕掛け、お風呂の様子など興味津々のラブホテルですが、そこに備えてあるコンドームについては、どのような事情になっているのでしょうか。

他のことに気を取られてつい軽視しがちですが、いざエッチをするとなると見過ごせない大切な部分と言えます。

イタズラ用の道具を持参しない

コンドームに小さな穴を開けようと思えば、基本的には針が必要になると考えられます。カップルで楽しいひとときを過ごすために使用するラブホテルにわざわざそのようなイタズラ用の道具を持参する人がいるかというと、これは考えにくいことと言えるでしょう。確かにカップルで結託してわざと穴を開ける輩もいるかもしれません。

またそのホテルに何らかの恨みがあったり、同業者が足を引っ張ろうとしてわざと道具を持ち込んで穴を開けないとも限りません。しかしそのようなことはまずありえないと考えて良いでしょう。

電話したら交換してくれる

万が一ラブホテルのコンドームに穴が開いていたり、使用期限切れのものがあったり、サイズが合わないものがあれば、フロントに電話をすることで簡単に新しいものと交換してくれます。その点は遠慮せずにお願いすれば部屋まで持ってきてくれるでしょう。不安を抱えながらエッチをするよりは、安心して楽しめる方が断然得と考えられます。

従業員が新品に交換する

ラブホテルとは言え、宿泊施設であることに変わりはありません。そのため清潔を保つための措置は取られていますし、前の客がチェックアウトした後は、きちんと従業員が清掃をします。その際に備品もチェックし、少しでも使用されている物はすべて処分して新品に交換されるのが普通です。もちろんコンドームも例外ではありません。

基本的にはきちんと新しいものが用意されているはずですから、過度の心配は必要ないでしょう。

ラブホテルに潜むコンドーム以外の噂とは

ラブホテルには都市伝説的なものも含めて、コンドーム以外にも色々な噂が取りざたされています。最後にそのラブホテルに潜む噂の数々を紹介しましょう。

噂①備品は使い回し

ラブホテルには、コンドーム以外にも様々な備品があります。歯ブラシや歯磨き粉に始まり、タオル、ドライヤー、玩具にコスプレまで、普通のホテルには置いていないようなものまで数多く取り揃えてあります。その備品が使い回されているのではないかという噂がよく語られることがあります。

それはラブホテルは一般のシティーホテルやビジネスホテルに比べて料金が安いですし、過当競争が激しいため、少しでも経費を浮かすための措置として囁かれるようです。しかしドライヤーや玩具などは別として、歯ブラシや石鹸、タオルなどはすべて新品が使用されますし、シーツなどもきちんと取り替えられています。

ラブホテルとは言え、この辺りが徹底されていないようであればあっという間に淘汰されて経営できなくなるでしょう。

噂②鏡はマジックミラー

ラブホテルの鏡がマジックミラーになっているという噂もよく耳にするかもしれません。理由は、室内でのエッチの様子をのぞき見するために他なりません。これはラブホテルあるあるで良く登場する話ですが、実際の経営者サイドの話では、そのようなスペースがあれば他の用途に使用することを考えるようです。

映画ではそのようなシーンが登場する作品もあるので、そのようなところから発想して噂を流す人もいるようです。

噂③シャンプーは危険

ラブホテルのシャンプーは危険だと噂されることもあります。その理由としては、シャンプーの中にイタズラで精液が混入されることがあるというものです。確かに大きなボトルで不特定多数の客が使用できるタイプは危険です。その際は注意も必要でしょう。

しかし、客がチェックアウトするたびにアメニティーが交換され、使いきりタイプのシャンプーが用意されている場合は、まず心配いりません。もしそれでも不安な場合は、コンビニなどで旅行用のシャンプーを調達しておくと安心かもしれません。

噂④盗撮カメラがある

ラブホテルには盗撮カメラが隠されているという噂は、昔から言い続けられているもっともポピュラーな話かもしれません。これも映画やAVの見過ぎという面が否めないようです。確かにセキュリティーのためにフロントや廊下、出入り口付近にカメラが設置されていることは珍しくありません。

万が一何らかの事件が起きた場合は、その証拠として警察に映像を提供しなけれなりません。しかしこれはあくまでも客室の外の話で合って、室内にはまずありえないと考えるのが一般的のようです。ただし、いたずら目的で盗聴器が仕込まれていることはないとは言えません。

ラブホテルのコンドームを使う前にしっかり確認しよう

ラブホテルを使用する人の中でも、コンドームにまで気が回らなかったという人は結構多いかもしれません。しかし実際にはそこに気を付けなければならない危険な要素があることが分かりました。

楽しいはずのカップルでのデートが、思わぬ惨事につながらないように、ラブホテルのコンドームを使用する際には記事で紹介して内容をしっかり確認するようにしましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ