家に帰りたくない!夫を「家に帰りたくない症候群」にする妻の特徴とは

近年、家に帰りたくない夫が増えていると言われているようです。その理由や心理、また夫を家に帰りたくない症候群にする妻の特徴とはどのようなものなのでしょう。また、家に帰りたくない時の時間の潰し方についても伝授しますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

家に帰りたくない!夫を「家に帰りたくない症候群」にする妻の特徴とはのイメージ

目次

  1. 1家に帰りたくない夫が増えている
  2. 2家に帰りたくない夫の心理や理由
  3. 3夫を「家に帰りたくない症候群」にさせる妻の特徴
  4. 4家に帰りたくない時の時間の潰し方
  5. 5家に帰りたくない人が帰りたくなる家とは
  6. 6家に帰りたくない夫が多いことは妻にも原因があった

家に帰りたくない夫が増えている

近年、家に帰りたくないという夫が増えていると言われます。通常であれば、家には家族がおり、そこに帰ることで男性は安らぎ、明日への活力が湧いてくるものでしょう。そのことからも、早く家に帰りたいと考えるのならわかりますが、家に帰りたくないという夫もいるようです。

果たしてその男性には、一体どのような理由があるのでしょうか。家に帰りたくないという夫の実態や特徴に迫っていきます。

「帰宅恐怖症」「帰宅拒否症」とも

家に帰りたくない夫のことを「帰宅恐怖症」とか「帰宅拒否症」と言います。つまり、外の世界が好きで家庭以外のことに興味を持っているから家に帰りたくないのではなく、家庭そのものが恐怖の対象であるために帰りたくないということを意味しています。

結婚して子供もできて念願のマイホームを手に入れれば、そこにはバラ色の毎日が待っている、とイメージする人もいるのでないでしょうか。しかし、どうやら現実はそんなに甘いケースばかりではないようです。家に帰りたくない夫は、果たして何をそこまで恐れ、おののいているのでしょうか。

家に帰りたくない原因は妻にある?

家に帰りたくないと夫が思う原因は、妻にあると言われることがあります。好きで結婚したはずが、何故その妻の待つ家に帰ることを拒否してしまうのでしょうか。結婚当時のラブラブな関係であれば、少しでも早くに妻に会いたくて一目散に家路を急ぐはずです。

しかし、そうなることができないのであれば、結婚生活が始まり、何らかの理由や経緯があって家に帰ることに恐怖を覚えるようになったとしか考えられません。果たして妻の何がそのように思わせるのでしょうか。

家に帰りたくない夫の心理や理由

外から見れば平和で幸せそうに見える家庭でも、実際はその中に足を踏み入れなければ分からない世界があるものです。夫が家に帰りたくない、と聞くと不可解に思う人もいるかもしれませんが、その実態を知るとなるほどと納得する場合もあるでしょう。早速、家に帰りたくないと思う夫の具体的な心理や理由に迫っていきましょう。

心理や理由①妻と一緒の空間に居たくない

結婚する前と結婚した後では妻の態度が豹変することが少なくありません。慎ましくて明るくて笑顔の可愛い優しかったはずの女性が、思い描いていたような結婚生活でないことから徐々にストレスを抱え出すのです。

すると上から目線になり、夫が帰ってきても厳しい顔で笑顔ひとつ見せずに、次から次へと文句を言い続けることがあります。仕事で疲れてきたところに、マシンガンのように不満のあれこれを浴びせられると、夫もたまったものではありません。

このようなことが何日も続くと、妻とは一緒の空間に居たくないと強く望むようになり、帰宅するのが憂うつになってくるのです。

心理や理由②家に帰っても窮屈に感じる

妻の機嫌が悪くて、終始難しい顔をされていると家庭内の空気はとても重苦しいものになります。一言言っても文句を言われ、ろくに食事も用意しておらず、子供にも叱るばかりという雰囲気であれば、外の空気の方がずっと美味しく感じます。

また、何もかもが自分が悪いというような顔をされると、家の中に居場所がなくなり、帰ってきても窮屈に感じるのです。冗談の一つも言えず、笑いもない家庭は恐怖でしかありません。夫としては結婚するより一人でいた方がよほど気楽だったと考えるのです。

心理や理由③ゆっくり休めない

家というのは夫にとっては癒しの空間であり、仕事の疲れやストレスを解消すべくゆっくりと休めるというのが理想と言えます。しかし、伸び伸びとできる雰囲気ではなく、ストレス解消どころかさらなるストレスの上乗せされるような状況なら、とても喜び勇んで帰宅できる心境ではないでしょう。

本来なら仕事で嫌なことがあっても、家の灯りが見えて家族が待っていると思うと難しい表情が緩むものですが、それが望めないとなれば緩むどころかこわばってしまうことも考えられます。

夫を「家に帰りたくない症候群」にさせる妻の特徴

夫が家に帰りたくないと思う時、そこには少なからず妻の存在が影響していることが分かりました。では具体的に妻のどのような態度や行動が夫にそのように思わせるのでしょうか。夫を「家に帰りたくない症候群」にさせる妻の特徴について掘り下げて見ていきます。

特徴①小言ばかり言う

夫を「家に帰りたくない症候群」にさせる妻の特徴は、小言ばかり言うという点です。うるさいという言葉は漢字では「五月蠅い」と書きます。つまり五月の初夏の頃に一斉に発生する蠅のように、耳元でぶんぶんと音を立ててうっとうしい様子をそのまま表記したものです。

まさにこの蠅のように夫が帰ってくると矢継ぎ早に小言ばかり言い出す妻には、夫は辟易としてしまいます。疲れて帰ってきているのだから笑顔の一つも見せて欲しいし、労をねぎらっても欲しいというのが本音でも、それとは程遠い態度を見せられて疲れが倍増してしまうのです。

その小言は、言えば収まるというものでもなく、酷い場合は同じ小言や文句を何年もずっと言い続けられることもあります。その一言一言が耳の中に染みついてしまうと、とても家に帰ろうという気にはなれなくなるのです。

特徴②夫をATM扱いする

夫のことをお金を運んでくるATMのような存在にしか思っていない妻がいると、夫は「家に帰りたくない症候群」になることがあります。散々苦労してお金を稼いできても、それが夫の務めなのだから当たり前という態度でいられると、気持ちが救われず拗ねたくもなるものです。

また、そこに文句を言えば、妻も毎日大変な家事と子育てを頑張っているということを延々と語り出し、その話し合いはエンドレスになる可能性もあります。食事ができたり、住む家があるのも夫の稼ぎのお蔭なのですが、そのように考えられない厳しい妻がいると家に帰りたくなくなるのです。

特徴③いつも機嫌が悪い

いつも機嫌が悪い妻が家にいると夫は「家に帰りたくない症候群」になります。家に帰るたびに妻の機嫌が良いかをビクビクとした気持ちで探ることは、精神的にも非常に疲れるものです。会社で上司に気を遣い、客の機嫌をとって疲れて帰ってきて、今度は妻の機嫌を伺わなければならないというのは、大きな苦痛を伴います。

そうなると家に帰る前にお酒を飲んだり、気の置けない仲間と楽しく過ごしたいと強く望むようになるでしょう。そして、家に帰る足取りはさらに重くなり、1分でも遅く帰宅したいというのが偽らざる本音ということにもなるのです。

特徴④コミュニケーションがない

家庭の良さというのは、外ではできない話ができたり、夫婦間でしか共有できない話題で盛り上がれるところにあると言えます。ところが、夫を「家に帰りたくない症候群」にさせる妻は、楽しいコミュニケーションをしようという姿勢がまったくありません。

「おかえりなさい」「疲れたでしょう」「お風呂と食事のどちらにしますか」などというごく当たり前に挨拶やねぎらいの言葉すらかけることができないケースがあります。そこに、子供が元気に声を掛けたとしても「静かにしなさい」「早く寝なさい」など厳しい一言で一蹴してしまう始末です。

このような殺伐とした空気が漂う家にはとても帰る気になれないのです。

特徴⑤被害妄想が激しい

被害妄想が激しい妻がいると、夫は「家に帰りたくない症候群」になることがあります。この家に嫁いできたばっかりに、自分はあれも苦労している、これも損していると自分を何かの事件の被害者のように捉え、悲劇のヒロインに陥ってしまうパターンです。

冷静に客観的に考えれば、結婚して得したことや救われたこともあるはずですが、そこには一切気付くことができません。こうなると何を言っても、それは違う、それも間違っていると、夫を否定するばかりでなかなからちが開かなくなるのです。次第に夫の方も、自己否定されるのが辛くて家に帰りたくなくなってしまうのです。

特徴⑥家の中を掃除しない

妻が家の中を掃除せず、散らかったままで落ち着かない場合にも夫が「家に帰りたくない症候群」になることがあります。基本的に掃除をすると気持ちがスッキリしますし、逆に気持ちが満たされていれば掃除も楽しくできるものです。しかし、愚痴や不満が絶えない妻にとっては、掃除や片付けも苦痛でしかありません。

むしろ夫の休みを待って、家を片付けさせようとすらしていることもあります。整理整頓されていない家というのは、居心地も悪く疲れも取れません。それならばお金を払ってでも、カプセルホテルに泊まりたいと思う男性もいることでしょう。

家に帰りたくない時の時間の潰し方

どうしても真っ直ぐ家に帰りたくないと思ったときの、時間の潰し方について紹介していきましょう。仕事帰りですから、あまり遅くなっても怪しまれますし、お金を掛けるわけにもいかないでしょう。それなりの時間で気軽に気分転換ができそうな時間の潰し方を具体的に見ていきましょう。

潰し方①映画を観る

家に帰りたくない時の時間の潰し方として映画を観てから帰るというのはおすすめです。好きな俳優が出ている作品や日常を忘れさせてくれるファンタジーなど、しばしの時間別世界を感じてから気持ちを切り替えて帰宅するのです。ただし映画を観たことは家族には内緒にしなければなりません。

何かの時に思わず映画を観たことを口に出してしまうと、いつ観たのか、誰と観たのか、と思わぬ追及を受けてさらに妻の機嫌を損ねてしまうことになりかねないので気を付けましょう。

潰し方②温泉やマッサージでくつろぐ

もし職場と家の間にスーパー銭湯などがあれば、そこで汗を流し、しばしくつろいで帰ると気分は大きく違うでしょう。本当であれば家に帰ってゆっくりお風呂に浸かり、ぐっすりと休めれば良いのですが、現実はそう甘くありません。それが難しい場合には、家に帰る前に前もって癒されていくことを考えましょう。

もちろんマッサージをしてもらって全身をほぐして帰るのもおすすめです。マメに通えば随分体も楽になりますし、割引サービスが受られるため、金銭的負担も軽くなる場合があります。

潰し方③本屋で立ち読みをする

本屋で立ち読みしてから帰るというのも時間潰しにはおすすめの方法です。特に本好きな人には格好の気分転換になるでしょう。夫婦関係を良くするノウハウや女性の気持ちを満たす方法がかかれたハウツー本なども沢山販売されているので、そのようなものに目を通してから帰るのも良いかもしれません。

一緒に住んでいるからには、一方的に妻だけが悪いということは考えにくいでしょう。自分が変えられる部分がないかを本屋さんで学ぶのもお金がかかりませんし、効果も期待できるため一石二鳥ではないでしょうか。

家に帰りたくない人が帰りたくなる家とは

夫が家に帰りたくないと思う時、そこには思いの外深く複雑な心理が潜んでいることが分かったのではないでしょうか。しかし、どんな人にも帰りたいと思う家はあります。では、どのような家の雰囲気があれば、帰りたくない人が家に帰りたくなるのでしょうか。具体的に掘り下げていきましょう。

家族みんなで家事を分担している

家に帰りたくない人が帰りたくなる家は、家族みんなで家事を分担している特徴があります。どうしても妻にだけ家事の負担が偏っていると、長続きしませんし、いずれ不満が爆発してしまうのは目に見えています。

そこで、ゴミ捨てやお風呂掃除、トイレ掃除は夫がする、子供は自分の部屋の掃除と洗濯物をたたむ等、家事の分担をしっかりと行いましょう。そうすることで家の中の仕事が円滑に回り、帰りたくなる家の雰囲気も漂いやすくなるのです。

家族の時間を大切にしている

一家団欒という言葉がありますが、同じ食事を家族みんなでシェアしながらワイワイと話に花が咲くという時間を設ける家には、夫も帰りたくなることでしょう。そのような習慣がある家庭は笑いが絶えませんし、冗談も飛び交います。

そして誰かが頑張らなければならない局面が来ると、一丸となって協力し、応援もするでしょう。一家の団欒を大切にしていれば、互いへの感謝の気持ちが育まれていくため、夫が疲れて仕事から帰れば、妻を始めとして子供たちも喜んで出迎え、労をねぎらうことにもつながるのです。

料理が美味しい

腹が減っては戦ができぬ、という言葉もありますがお腹が美味しい料理で満たされれば、仕事や勉強なども張りきって頑張れるものです。逆に美味しい料理が味わえない生活は味気ないですし、力も湧かず、覇気もなくなってくるものです。美味しい料理が振る舞われれば自ずと会話も弾みますし、笑い声も絶えなくなります。

先ほど述べた家事の分担ができていれば、頑張って食事を作ってくれた妻や母にはゆっくりしてもらい、後片付けは子供たちがするという流れも習慣化するでしょう。そして、家庭の中に好循環が生まれ、気分よく夫が帰りたくなる家にすることができるのです。

家に帰りたくない夫が多いことは妻にも原因があった

家に帰りたくないと思う夫が増えている原因は、妻の態度や行動に原因があることが良く分かりました。人というものは、他人がしていることや言っていることは良く分かっても自分のことはまったく気づけないことがあるものです。他人に指摘されて初めて気づけたり、人に言われてもそれは違うと認めたくなかたりすることすら珍しくありません。

だからこそ、一番素の自分でいる家の中では気が付かないうちに自分の言いたいことを言い、したいように振る舞ってしまい、相手の気持ちを汲めていないこともあるのです。夫が家に帰りたくなる家にするためには、どちらからでも構いませんので、素直な気持ちや結婚した時を思い出し、できるところから行動を改めてみましょう。

そうすることで、それは巡り巡って自分に返り、帰りたくなる家に繋がるのでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ