范文雀の死因は?結婚した夫・寺尾聡や子供に余貴美子との関係は?

台湾の人気女優、范文雀の死因や出演ドラマ、夫だった寺尾聡との短い結婚生活や離婚の原因などについてまとめています。また、范文雀と余貴美子や荻島真一との気になる関係について、シシドカフカに似ているとの噂についてを画像で検証しています。

范文雀の死因は?結婚した夫・寺尾聡や子供に余貴美子との関係は?のイメージ

目次

  1. 1范文雀のプロフィール
  2. 254歳の若さで亡くなった范文雀の死因とは
  3. 3范文雀と夫の寺尾聡の1年きりの結婚生活
  4. 4范文雀と余貴美子は親戚だった
  5. 5范文雀と荻島真一の関係は?
  6. 6范文雀とシシドカフカが似ている!画像で徹底比較
  7. 7范文雀の多数出演作品は今後も受け継がれる

范文雀のプロフィール

・愛称:不明
・本名:范文雀(はんぶんじゃく)
・生年月日:1948年4月15日
・現在年齢:享年54歳
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:女優
・所属グループ:無し
・事務所:不明
・家族構成:寺尾聡(元夫)

台湾国籍なので中国語はあまり出来ない?

范文雀は1948年生まれで2002年に亡くなった女優です。1968年頃から数々のドラマや映画に出演していました。名前からして日本人では無さそうですが、実際に国籍は中華民国となっています。両親共に台湾国籍ですが、范文雀は日本育ちであるため中国語は苦手だったのだそうです。

生まれは東京都ですが范文雀が5歳の頃に父親が台湾に帰ってしまったため、范文雀と兄と母の3人は祖父母の住んでいる広島へ引っ越しています。その後、父親が日本に帰ってくると家族は東京へ再び引っ越しますが、范文雀だけは祖母の言いつけで広島へ残ることになりました。

身長、体重は公式発表されていない

范文雀の身長、体重については公式に公表されているものはありませんでした。画像を見ると150㎝台ではないか、と言われています。グラビアのような画像もネット上にはありますが、スタイルがとても良いので体重も40㎏台ではないでしょうか。

范文雀の出演作品とは?

范文雀は祖母の言いつけで広島へ1人残りましたが、どうしても祖母に馴染めなかったらしく中学を卒業した後、東京の家族の元へ戻っています。大学に進学しているのですが中退しており、その理由が大学生の頃から端役として女優業をスタートさせたことから、女優として生きていくことを決めたためでした。

范文雀が女優として有名になったのが『サインはV』というテレビドラマです。このドラマでジュン・サンダース役で出演したことで知名度が広まります。続いて『アテンションプリーズ』というスチュワーデスを描いたドラマにも出演し、女優・范文雀の名前が不動のものとなりました。

他にも范文雀が出演した話題のドラマは『女番長、野良猫ロック』などもあります。このドラマはシリーズもので日活の女優たちを売り込むために制作されたドラマなのだそうです。そのため多くの有名女優が出演しています。范文雀は他にも数多くの刑事ドラマにも出演し、脇役としても活躍する女優でした。

54歳の若さで亡くなった范文雀の死因とは

范文雀はドラマや映画などに多数出演し女優として成功していますが、54歳という若さで亡くなっています。その死因や病名について詳しくまとめてみました。女優としてこれからという時に帰らぬ人となってしまった范文雀の死因とは何だったのでしょうか。

1998年に悪性リンパ腫になる

范文雀は1998年に悪性リンパ腫と診断され、半年間治療のために入院しています。悪性リンパ腫が死因で亡くなった俳優さんは他にも高倉健や松方弘樹などが挙げられます。悪性リンパ腫とは血液のガンとも言われており、死亡率が上昇している死因の1つなのだそうです。

死因はリンパ腫からの心不全

半年間入院し、無事に退院した范文雀ですが2002年10月に再び体調を崩して入院しています。その翌月の11月5日に心不全で帰らぬ人となりました。悪性リンパ腫が血液の流れを止めてしまい、心臓に負担がかかってしまったため心不全を起こしたというのが死因でした。54歳という若さでのお別れだったので当時、驚いた人も多かったのではないでしょうか。

范文雀の命日とは?

1998年に悪性リンパ腫であることが判明した范文雀ですが、死因は悪性リンパ腫による心不全です。亡くなったのは2回目の入院中である2002年11月5日なので命日は11月5日となります。入院していた東京都内の病院で亡くなりました。

范文雀と夫の寺尾聡の1年きりの結婚生活

范文雀の元夫は俳優の寺尾聡です。寺尾聡は現在、妻がいますが、26歳の頃に范文雀と結婚していた過去があるのです。元夫である寺尾聡との結婚の馴れ初めやスピード離婚の原因などについて見ていきましょう。

寺尾聡はどんな人?

・愛称:不明
・本名:寺尾聡
・生年月日:1947年5月18日
・現在年齢:72歳
・出身地:神奈川県
・血液型:A型
・身長:176㎝
・体重:不明
・活動内容:ベーシスト、シンガーソングライター、俳優
・所属グループ:無し
・事務所:寺尾音楽事務所
・家族構成:宇野重吉(父)

寺尾聡は名前を聞いたことがある人も多い俳優さんです。1966年にフォーク・グループ「ザ・サベージ」のベーシストとして『いつまでもいつまでも』という曲でレコードデビューしたのが始まりでした。2枚目のレコード発売後にグループを脱退し1968年に俳優デビューしています。

レコード大賞やアカデミー賞で俳優賞を受賞するなど輝かしい経歴の持ち主です。現在でも俳優業と並行してステージでジャズベースをプレイするなど、ベーシストとして活動もしています。

范文雀と寺尾聡の馴れ初め

范文雀と夫の寺尾聡の結婚の馴れ初めはドラマ『2丁目3番地』で共演したことが始まりだったそうです。このドラマは1971年に放送されたドラマで、范文雀は浅丘ルリ子の妹役で出演しており、寺尾聡は范文雀の恋人役として出演していました。テレビドラマでも恋人役を演じ、プライベートでも恋人となった2人は1973年に結婚しています。

1年でスピード離婚した理由

めでたく結婚した范文雀と夫の寺尾聡ですが、僅か1年の結婚生活を経てスピード離婚しています。離婚の理由については発表されていませんが、范文雀が家庭に入ることを拒んだからではないかと言われています。

結婚した後、夫の寺尾聡は范文雀に家庭に入り妻として自分を支えてくれることを望んだそうなのですが、当時范文雀は女優として活躍していたため、それを拒んだのだそうです。2人の意見が合わず僅か1年のスピード離婚に至ったのでしょう。結婚して一時は芸能界を引退した范文雀でしたが離婚後、復帰しました。

気になるのが2人の間に子供がいたのかということですが、結婚生活は僅か1年と短く、お互いに仕事が多忙だったため子供は出来なかったようです。范文雀と夫の寺尾聡の間にもし子供がいれば、2人は別れなかったかもしれません。

元夫の寺尾聡はその後、33歳で10歳年下の女優、星野真弓と再婚しています。馴れ初めは范文雀と同じくテレビドラマでの共演がキッカケだったそうです。現在は星野真弓との間に3人の子供にも恵まれています。

范文雀と余貴美子は親戚だった

范文雀と女優の余貴美子は親戚にあたるのだそうです。余貴美子もこれまで多くのテレビドラマや映画などの作品に出演している女優なので、名前は知らなくても見たことがある人も多いでしょう。余貴美子が芸能界デビューしたキッカケに范文雀が関わっているという情報もあります。2人の関係について詳しく見ていきましょう。

余貴美子はどんな人?

・愛称:不明
・本名:余貴美子(よきみこ)
・生年月日:1956年5月12日
・現在年齢:63歳
・出身地:神奈川県
・血液型:B型
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:女優
・所属グループ:無し
・事務所:アルファエージェンシー
・家族構成:范文雀(従姉妹)

余貴美子は台湾人の父と日本人の母の間に生まれたハーフです。高校卒業後にオンシアター自由劇場に入団しています。劇場で女優として活動した後はテレビドラマや映画などに出演し、活躍の場所を劇場からテレビへと変えています。

范文雀と余貴美子は従姉妹同士

先述のとおり范文雀と余貴美子は従姉妹同士です。親同士が兄弟で范文雀の母親が姉、余貴美子の父親が弟という関係なのだそうです。余貴美子が台湾人と日本人のハーフであることは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。范文雀は両親共に台湾人です。

余貴美子のデビューのきっかけは范文雀?

余貴美子が芸能界デビューした理由が、従姉妹の范文雀が女優として芸能界で活躍しているのを見て、自分も芸能人になりたいと憧れたことがキッカケだったのだそうです。そして范文雀を慕って余貴美子は芸能界入りしました。余貴美子は劇団で活躍していましたが、劇団解散後はテレビドラマや映画の出演に力を入れています。

現在では『おくりびと』や『ディア・ドクター』『あなたへ』『微子の献立』という作品で日本アカデミー最優秀助演女優賞を受賞している実力派の女優です。

范文雀と荻島真一の関係は?

続いて、范文雀と荻島真一の関係についても見ていきましょう。荻島真一は58歳で亡くなった俳優です。范文雀を調べていると荻島真一の名前が出てくるのですが、一体どういった関係だったのでしょうか。男女ということで2人の関係が気になります。

荻島真一はどんな人?

・愛称:不明
・本名:荻島真一
・生年月日:1946年10月7日
・現在年齢:享年58歳
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:170㎝
・体重:不明
・活動内容:俳優、声優
・所属グループ:無し
・事務所:不明
・家族構成:不明

荻島真一は劇団四季に入団し、舞台でデビューしています。NHKの連続テレビ小説「おていちゃん」などにも出演していました。数々のテレビドラマや映画などに2枚目役として出演することが多く、俳優業以外にも司会者やコメンテーターとしても活躍していたマルチタレントでもあります。

荻島真一も58歳という若さで亡くなった俳優ですが、死因は胆管がんだったようです。2003年にがんが発覚し、手術もしたのだそうですが完治せず、2004年11月11日に自宅で息を引き取ったようです。

范文雀と荻島真一はドラマ共演

范文雀と荻島真一はドラマで共演した仲なのだそうです。そのドラマは『愛の嵐』という作品でした。范文雀は荻島真一の愛人役で出演していたそうです。共演したということで范文雀と荻島真一の名前が一緒に出てくるだけのようで、男女の関係というわけではないのでしょうか。

気になる2人のプライベートでの関係を調べてみると、2人は『愛の嵐』で共演した後お付き合いをしていたという情報がありました。交際が判明したのはマスコミや週刊誌によるものではなく、荻島真一が范文雀との交際と同棲していることを自ら告白したことで判明したのだそうです。

范文雀とシシドカフカが似ている!画像で徹底比較

范文雀とシシドカフカが似ているといった噂があります。シシドカフカといえば現在テレビで人気の女優、歌手、モデルです。高身長でかっこいい女性といったイメージで、シシドカフカに憧れる女性も多いのではないでしょうか。どのくらい似ているのか画像で検証してみましょう。

シシドカフカはどんな人?

・愛称:シシド・カフカ
・本名:不明
・生年月日:1985年6月23日
・現在年齢:33歳
・出身地:メキシコ
・血液型:不明
・身長:175㎝
・体重:不明
・活動内容:歌手、ドラマー、女優、モデル
・所属グループ:無し
・事務所:cutting edge
・家族構成:不明

シシドカフカはメキシコ生まれの日本育ちですが、12歳でアルゼンチンに移住しています。14歳の頃に両親からサイレントドラムをプレゼントされたことがキッカケでドラムを始めました。高校時代からバンド活動を始め、19歳からプロドラマーとして活躍し始めます。

デビュー当時は黒髪の美女がドラムを叩きながら歌うパフォーマンスが話題になりました。現在は歌手としてだけでなく、高身長を活かしてモデルや女優としても活躍しています。

シシドカフカと似ていると話題

シシドカフカと范文雀がそっくりであると思っている人は82%もいるというネットでの情報もありました。范文雀もシシドカフカも、確かにスッキリとした美人であることは共通しています。画像で見比べると顔の作りがとても似ていると言われるそうです。

また、シシドカフカは女優としても活躍していますが、その演技の雰囲気なども范文雀にそっくりだという声もありました。范文雀の若い頃の画像はとても美人で、当時の女優の中でも上位の容姿だと言われています。シシドカフカも美人で有名です。2人の画像を実際に見比べてみましょう。

二人の顔を画像で比較

こちらが若い頃の范文雀の画像です。54歳という若さで亡くなってしまったのが本当に惜しいです。生きていれば現在でも美人だったでしょう。目鼻立ちがハッキリとしています。アジア系の美人といった顔立ちでしょう。

こちらがシシドカフカの画像です。こうして画像を比べて見てみると、確かに顔の作りがとても似ています。目や鼻や口などのパーツの形もそっくりです。

シシドカフカは現在、トレードマークの黒髪ロングヘアをばっさりとマッシュヘアにしていますが、そちらの画像を見ても似ています。2人ともエキゾチックな美人です。

范文雀の多数出演作品は今後も受け継がれる

范文雀の死因や出演ドラマ、従姉妹の余貴美子や元夫の寺尾聡についてのまとめでした。悪性リンパ腫による心不全が死因となりこの世を去った范文雀ですが、生前は聡明な人格で女優としてのプライドも高く、最後まで自分を曲げなかった芯の強い女性だったそうです。

そうした范文雀を支持する俳優仲間やファンは現在でも多く、もっと彼女の作品を見たかったと今なお惜しまれています。范文雀が出演したドラマや映画などは現在でも語り継がれており、シシドカフカを見て范文雀を思い出す人が多いのも、それだけ存在感のある美人女優だったことがうかがえます。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ