自分磨き・男磨きの方法17選!外見・内面共に男を磨くとモテる!

自分磨きの方法や男磨きのノウハウを徹底レクチャーしていきます。外見からと内面からの自分磨きのやり方には、体を鍛えたり本を読んだり、趣味を増やしたりとたくさんあります。男を磨くことで、仕事で活躍し、モテたいと思う男性は早速チェックして今からでも始めてみましょう。

自分磨き・男磨きの方法17選!外見・内面共に男を磨くとモテる!のイメージ

目次

  1. 1自分磨きで男性として輝こう
  2. 2自分磨きをするきっかけ
  3. 3自分磨き・男磨きの方法【内面編】
  4. 4自分磨き・男磨きの方法【外見編】
  5. 5間違った自分磨き・男磨きのやり方【失敗例】
  6. 6自分磨きで男を磨くメリット
  7. 7男を磨くには外見と内面を磨く必要がある

自分磨きで男性として輝こう

どうせ生きていくなら、男性として輝いていきたいと思う人は少なくないでしょう。自分磨きをして周囲から一目置いてもらえるようになれば、男としてのプライドも満たされるはずです。しかし自分磨きと一言に言っても、その具体的な意味や方法がはっきりしないのも事実です。

果たして男性はどのように自分磨きをすれば、輝けるのでしょうか。男性の自分磨きについて徹底的に解説していきましょう。

そもそも自分磨きとは

自分磨きとは、外面、内面を含めて人間として魅力的に成長するために自己研さんに取り組むことを意味します。人は年齢や時代によって社会や周囲の人たちから求められるものが変化していきます。特に成人してからは、激変する社会の中でそれなりの立場で活躍していこうと思えば、常に人間として成長していくことが必須条件となるでしょう。

見た目だけでなく、考え方や価値観、感性なども含め、人間としての総合力をバージョンアップしながらセルフプロデュースすることこそが即ち自分磨きなのです。

男磨きをする男性のイメージ

男磨きとは、男性が自分磨きに勤しむことを指します。そして男磨きをする男性は、夢や希望に満ちていて、向上心が強く、少々のことでは満足せずに高みを目指しているというイメージがあります。自分の存在を真の意味で大切にして、より魅力的になって輝いていきたいというやる気に満ちている人物像が浮かび上がってくるとも言えるでしょう。

そして男磨きが見事に成功している場合は、女性にもモテ、仕事でも認められ、それなりのステータスを手中に収めているとも考えられます。

自分磨きをするきっかけ

自分磨きを始める時、多くの男性は何らかのきっかけがあるようです。自分磨きは、根気もいりますし何らかの結果が出るまでには時間もかかります。そのため相当高いモチベーションがなければ続くものではありません。今のままの自分ではいけない、もっとこうなりたいと強烈に思うことがあって初めて、自分磨きを決意するわけです。

その自分磨きをするきっかけになるケースを具体的に紹介していきましょう。

仕事がきっかけ

男性が自分磨きに目覚めるきっかけになるのは、仕事というケースがとても多いようです。仕事はどこまでやっても完璧ということはなく、上には上がいくらでもいるものです。自分では頑張ったつもりでも一向に上司が評価してくれなかったり、自分の力が通用せず自らの甘さを痛感することもあるでしょう。

その悔しさがバネとなって男磨きを思い立つ男性が多いのです。もちろん純粋に仕事上での目標や理想像があり、そこに向かって自己を成長させたいという考えから男を磨きだす人たちも数多く存在します。

恋愛がきっかけ

恋愛がきっかけで、自分磨きに目覚める男性もいます。好きな彼女にもっと尊敬されたいとか、幸せな結婚生活を送れるようになるために男を磨くことを決意するのです。好きな女性が男性に与えるやる気やモチベーションというのは、とてつもなく大きなものがあるのは全世界共通と言って良いでしょう。

また太古の歴史から脈々と続いてきた男女のあるあるとも言えるかもしれません。なかには好きな女性いふられたり、彼女を他の男に奪われたりして、強烈や悔しさとジェラシーから男磨きへのモチベーションが生まれることもあります。「今に見ていろ」と見返してやりたい気持ちが大きな自分磨きの原動力になるのです。

憧れの人がきっかけ

男性が自分磨きを思い立つきっかけは、憧れの人のようになりたいというケースもあります。ミュージシャンや俳優、起業家や恩師など自分から見て燦然と輝く魅力的な人がいて、その人に少しでも近づきたいと強く望むところから男磨きに力を注ぐようになるのです。最初は見よう見まねで始まり、もちろんすぐに憧れの人のようにはなれません。

それでも目標となる具体的な人物像があることで、随分大きな励みとなり、多くの困難を乗り越えて実際に成功を手にすることもあるのです。

夢がきっかけ

将来はこうなりたい、という明確な夢ができたときに、自分磨きに目覚めるケースも非常に多く見られます。その夢が大きくて難しいほど自分磨きにも力が入るでしょう。ライバルが多く存在したり、前例のない夢だったりすると並大抵の自分磨きでは実現しません。

しかし本当に叶えたい夢であれば、歯を食いしばり、涙を流しながらでも根性で自分磨きを続けるのも男の強さと言えます。また、その夢が実現するまで足りない部分を補い続けることが、真の男磨きと言えるかもしれません。

自分磨き・男磨きの方法【内面編】

ここからは、自分磨き、男磨きの具体的な方法について解説していきます。まずは内面編です。目に見える形を変えることはさほど難しくないことが多いですが、人間が内側から自分を磨いていくことは決して容易とは言えません。しかし、本当にそれができれば、確実に人間としても男としても大きく成長できると言えるです。

早速、内面から自分を磨く具体的な方法を見ていきましょう。

方法①感性を磨く

内面の自分磨きの方法として、感性を磨くことはとてもおすすめです。感性はその人の人間性とも密接に関わりますし、感性が豊かであればそこから多くの素敵なものを創造していくこともできます。

また感性が豊かな人は、話していても飽きませんし、大変魅力的です。常に美しい風景や絵画、音楽に触れることを意識して、一流の物や文化について造詣を深めていくことも有効です。五感をフルに活用しながら鍛え上げて磨きをかけることを地道に行っていくと、ある時を境に別人のような感性が宿るのを感じることができるでしょう。

方法②趣味に没頭する

趣味に没頭するのも、内面の自分磨きの方法としておすすめです。どうしても仕事のことばかりに神経を注ぎすぎると、偏りができますし、世界も狭くなりがちです。仕事とはまったく違う分野の趣味を持つことで、そこから広がる知識や知恵、楽しみやスキルは男としての厚みを増してくれるものです。

趣味だからこそ、追究するのも楽しいですし、義務やノルマがないですから長続きもしやすいと言えます。趣味を続けているうちに、それまでになかった新たな感性や価値観が身に付き、人としての魅力が増して行くと期待できるのです。

方法③イライラしない

自分磨きのためには、イライラしないことも大切です。良く人間が丸くなったとか、人としての器が大きいと言われることがありますが、その意味するところは少々のことで腹を立てないということです。すぐに怒って、癇癪を起こし、人にケンカを吹っかけていくようでは、とても男が磨かれているとは言えません。

常に腹を立てないイライラしない自分を意識して、自己を冷静に客観視することが自分磨きの方法として肝要なのです。

方法④素直

自分磨きの方法として、素直になることも大切な要素になります。素直な人は色々な意味で成長するチャンスが訪れるものです。自分だけの狭い考えや枠にとらわれていると新しいものを吸収することが難しくなりますし、人も良い情報を耳に入れてくれなくなります。

自分が正しいと思い込んでいたことでも、間違っていたと気付けば、過去の考え方に固執せずに素直により正しい方を優先し、日々アップデートを繰り返す方が人間的な魅力も増していくのです。常に生き生きとして成長過程にある人は、素直に学ぶ精神に富んでおり、周囲の目にも輝いて映るものと言えるでしょう。

方法⑤ポジティブ

自分磨きの方法として、常にポジティブであることも重要です。物事を後ろ向きに考えて、悲観ばかりしていてもそこからは発展的なものは生まれにくいでしょう。それよりも何が起こっても物事を前向きにチャンスと捉えて、研究したり工夫して人一倍努力することで、それまでとは見違えるように成長できることもあるのです。

ネガティブになりそうな事が起こってきたら、男を磨く絶好の機会と捉えましょう。

方法⑥学ぶ姿勢を忘れない

先ほど自分磨きの方法として素直さが大切と述べましたが、そこの通じる点として、常に学ぶ姿勢を忘れないということも非常に重要です。世の中には知らないことが山ほどあります。そして刻一刻と物事は変化をし続けて、あっという間にあらゆるものが過去となっていくのです。

同じ考えや情報にとらわれていると、知らない間に井の中の蛙となり男を磨くどころか男がくすんでしまいかねません。老若男女あらゆる人から学び吸収する姿勢を持つことで日々成長することが可能になります。

失敗からもポジティブに学び、ニュース、新聞、ネット、書物など溢れる情報ソースの中から自分に必要なものを見極めて貪欲に学んでいきましょう。

方法⑦包容力を持つ

自分磨きの方法として欠かすことができないのが包容力を持つことです。人の器が試される要素として、包容力はビジネスでも恋愛でも子育てでも必ず上位にランクインすると言っても過言ではありません。特に女性は、想定内のことが起こっても動じずに、柔軟に受け入れて対処していく男性の姿に大きな魅力を感じるものです。

人が自分が思ったことと違うことをしたときに、いかにしてそれを認め許していけるかを考え工夫することが、包容力をアップさせるチャンスと理解しましょう。

方法⑧感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ちを忘れないというのも自分磨きの大切な方法です。とかく人というのは色々なことを当たり前と思い、感謝することを忘れてしまうものです。人の支えや思いやり、自然の恵みや命の有り難さなど、つい毎日の生活の中でどれもが有って当然というような錯覚に陥ります。

しかしどんな一日もまったく同じ日は二度となく、今日当たり前と思っていることが、明日もそのままという保証はどこにもありません。感謝の心を持ち、常にそれを周囲の人にも伝えることができると、さらなる恵みを手にして、男を磨くことにつながっていくでしょう。

方法⑨本を読む習慣を付ける

本は知識と知恵と情報の宝庫です。素直に学ぶ姿勢を持つことが自分を磨くうえで大切ということは既に述べましたが、世の中で活躍している人ほど、常に読書を欠かさないものです。知らないことへの探求心をもち、それを満たす作業としての読書は自分を輝かせてくれる原動力になると知りましょう。

方法⑩女心を理解する姿勢を忘れない

女心と秋の空と言われます。それくらいに女性の心というのは微妙に変化し続けるもので、意識しなければなかなか的確にキャッチすることは難しいと言えるでしょう。そもそも男性と女性はまったく考え方が違うものですが、それを男性の常識や枠で捉えようすると必ず齟齬が起こってくるものです。

女性とはどういうものか、を常に理解しようとする姿勢を大切しましょう。すべてが掴みきれなくとも、努力する姿勢に女性は喜びを覚えるものなのです。

方法⑪目標を持つ

目標を持つことも自分磨きをする方法としてはおすすめです。具体的な目標や目指すものを持たずに、ただフラフラと目先で生きていても、なかなか男を磨くのは難しいものです。目標を持てば目の色も意識も変化しますし、そこに魅力的なオーラも宿ってくるものと言えます。

自分磨き・男磨きの方法【外見編】

続いては男磨きの外見編を紹介します。内面はとても大事ですが、いきなりそこに触れることはできません。どんな出会いもまず外見から始まりますし、それによって印象も随分変わってくるものです。自分磨きに不可欠な外見の注意点をしっかりチェックしていきましょう。

方法①ケアされた肌と爪

爪と肌をケアした状態に保つことは男磨きの上でとても大切です。人は顔にも注目しますが、常に動きのある手や指先、特に爪がきちんと手入れされているかは意外に見られているものです。伸び放題になっていたり、汚れていないか気を付けましょう。さらに肌にもシミやしわが多ければ好感度は下がります。

最近はメンズ用のスキンケア用品が豊富に商品化されているので、一通り揃えて常にケアしていくと随分イメージも変わってくるでしょう。

方法②清潔感のある服装

服装や着こなしに清潔感があるかどうかも自分磨きの上では不可欠です。シャツやパンツにしわが目立ったり、シミや汚れが見えると、せっかくのオシャレも台無しになってしまいます。服を着用したら全身を姿見でチェックする習慣を付けましょう。さらに靴が磨かれているか、ハンカチは携帯しているかなど細部にも心配りを忘れないようにしましょう。

方法③メンテナンスされた髪型

男性は、髪の毛が短いので、マメにカットやカラーリングするなどして清潔感を保つことも大切です。髪がパサついていたり、フケや白髪が目立ったり、寝癖で跳ねていたりすると特に女性からすると興ざめです。

シャンプーだけでなくトリートメントをするとか、ワックスやジェルでオシャレ感を出す髪型を研究して、常に趣味のようにしてメンテナンスを怠らないように心掛けましょう。

方法④いい匂い

臭いのケアも自分磨きの上では大切な要素です。特に体臭が強い人は、夏場を中心に汗や臭いのケアをマメに行いましょう。女性は男性に比べて嗅覚が敏感と言われます。自分は気付いていなくても相手は気になっているということが珍しくありません。

平素から香水を使ったり、洗濯物に柔軟剤のいい匂いを含ますなどして良い香りを放って行ける工夫をしていきましょう。

方法⑤鍛えられた体

体を鍛え上げることこそ、外見の自分磨きの象徴とも言えるでしょう。決してマッチョになる必要はありません。しかし、Tシャツ姿になったときなど、体を鍛えているかどうかはひと目見るとすぐに分かるものです。胸筋や上腕二頭筋が引き締まっていると特に女性からの評価はグンとアップします。

腹筋は少し割れるくらいに鍛えれば、メタボとは無縁の「イケてるボディ」を演出することもできるでしょう。根気がいることですが、健康維持というメリットもあるので、コツコツと趣味のように続けてみましょう。

方法⑥姿勢が良い

姿勢が良いことも自分磨きの方法としては大切な要素になります。どんな立派なことを発言しても、どんな高級な服を身につけていても、姿勢が悪いと台無しということがあります。人は思った以上に外見に意識が行くもので、感じ良く見える人が言うことは良く聞こえる心理が働くものです。

座るときの姿勢、立ち姿、歩く姿、挨拶や食事の仕方など、自分の姿勢を客観的に見て矯正していくことは大いに意義があるのです。

間違った自分磨き・男磨きのやり方【失敗例】

張りきって自分磨きをするのは良いのですが、気を付けなければそれが的外れな方向に進んでしまうことがあります。せっかく自分をより魅力的にするために努力をしても、成果が出るどころか裏目に出てしまってはとても残念です。そこで注意すべき間違った自分磨きについて、失敗例を紹介していきましょう。

やり方①外見だけを取り繕う男磨き

外見にだけ無理してお金をかけて、全身ブランド品で固めても、どこかパッとしない雰囲気の男性も少なからずいるものです。口を開けば、どこのブランドの時計かとか、ジャケットや靴を自慢げに披露するのですが、それをすればするほど違和感が増していくというパターンです。それは内面と外見にギャップがありすぎることが原因です。

身の丈に合っていないアンバランスな自分磨きは痛い目に遭います。それよりも「良くお似合いですが、どこで買われたのですか?」と尋ねられるくらいになりましょう。

やり方②自分磨きを経て傲慢になる

自分磨きをするうえで気を付けなければならないのは、謙虚さを忘れないことです。あくまで自分磨きは自分のためにすることです。今の自分ではまだまだ足りない面があることを肝に銘じて、平身低頭な心構えで自分を磨いてこそ、真の輝きが生まれるものです。

それを忘れて、自分は人よりもこれだけ努力しているとか、こんなことも頑張っているという気持ちが強くなると傲慢となり、偉そうな振舞いをしてしまうことがあります。こうなると自分磨きどころか、自分をくすませて価値を落としてしまうことになりかねません。非常に残念なパターンと言えるでしょう。

やり方③動機がモテるだけの男磨き

動機がただ女性にモテたいだけの男磨きも中身が薄いため、非常に表面的で失敗に終わることになるでしょう。ただ表面的な、そして作為的な自分磨きをしても、それなりのレベルの女性にはまったく通用しません。真の意味での男としての魅力に欠けるからです。

高い目的意識を持って、自分磨きをしていれば、自分の知らないところでファンが増え、株が上がっていくというのが現実と知りましょう。

自分磨きで男を磨くメリット

最後に自分磨きをして男を磨くメリットのついて考えていきましょう。自分磨きという行為はゴールがありません。そのためモチベーションが下がったり、目的意識が薄れるといつしか止めてしまう人も多いでしょう。しかし冷静に自分磨きのメリットを理解していけば、コツコツと続けていこうと思えるかもしれません。

「男磨きは一日にして成らず」で、決して楽ではありませんが、やればやっただけ結果は必ず付いてくるものです。

女性からモテだす

女性は魅力ある男性を見つけだす嗅覚に優れている面があります。男性として器を広げ、力をつけていると独特のオーラが放たれ、それを女性たちは見逃しません。そしてイイ男の評判はあっという間に女子の中で広まっていきます。先述したように、女性にモテることを目的とした男磨きは残念な結果が待っているものです。

しかし正当な男磨きをしている人は、ある時期を境にモテ期が到来して急に人気者になったりします。逆に言えば、厳しいですがそこまでしないと真の男磨きができていないという証でもあるかもしれません。

好感度が上がる

自分磨きをして男を磨いていくと、行く先々で好感度が上がるというメリットがあります。一番典型的なのは、仕事場です。ビジネスマナーを完璧に身に着け、姿勢が良く、服装も清潔、肌も爪も綺麗で、知識やスキルもアップしていれば誰でもその人物を認めざるを得なくなるでしょう。

それは決して容易いことではありませんが、今日からでも始めれば、半年も経てば随分変化しているはずです。好きこそものの上手なれとも言います。自分磨きを趣味のようにして楽しんでいけば、面白いほどに結果がついてくると期待できます。

自信がつく

自分磨きをする前は、劣等感の塊だったり、悔しさで満ち満ちていたり、弱気な自分が大嫌いでどうしようもないという状態である人も少なくありません。しかし自分磨きをコツコツと続けることで、ある時から周囲の評価が変わってきたり、出来なかったことができて、違った自分を発見することもあります。

なりたかった自分の理想の姿がリアルに見えてきたり、女性からもモテるようになれば、あの時の落ち込みは何だったのかと思うほどに自信が付いてきます。自分磨きをして救われるのは、まぎれもなく自分自身です。そうなるまでにはある程度の時間が必要ですが、自分磨きほど有意義なものはそう世の中には見つからないでしょう。

自分のことが好きになり、心から笑える時まで、前進あるのみで男を磨き続けてみましょう。

男を磨くには外見と内面を磨く必要がある

男を磨くという行為は、偏りがあっては決して上手くいきません。外見だけでも内面だけでも片手落ちとなるでしょう。内からの自分磨きと外からの自分磨きが相俟ってこそ、真の輝きが生まれてくるのです。自分磨きはやろうと思ったときが、最もモチベーションが高いと言えます。しかし、あまりに目標を高く設定すると長続きしないのも事実です。

あくまでも先で大きな花が咲くように、まずは簡単なところからコツコツと続けることを前提に考えてみましょう。

関連する記事はこちら

Thumb垢抜ける方法15選!垢抜けたい人がやるべきことを徹底解説
垢抜けた女性は可愛く見え素敵に感じるのではないでしょうか。女性なら垢抜ける事は誰にでも可能な...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ