何も考えない方法やコツ!何も考えずに生きる方がうまくいく?

何も考えない方法やコツをご存知でしょうか。人生ではさまざまなことが起こるため、何も考えないでいるのは難しいと感じるかもしれません。けれども、何も考えずに生きる方がうまくいくとも言われています。深く考えないことでのメリットやデメリットについても紹介していきます。

何も考えない方法やコツ!何も考えずに生きる方がうまくいく?のイメージ

目次

  1. 1何も考えない方が人生うまくいく?
  2. 2何も考えない人の特徴
  3. 3何も考えない方法とコツ
  4. 4何も考えない方がいいメリット
  5. 5何も考えない方がいいデメリット
  6. 6何も考えないでゆっくりしよう!

何も考えない方が人生うまくいく?

毎日の生活において、人は意識しなくとも何かしらの思考を繰り返しています。生活を成り立たせるためには最低限の思考は必要ですが、あまりにも様々なことを考えすぎると心身に多大な負荷が掛かってしまいます。そうならないためには、最低限の思考以外は何も考えないでいる方が人生はうまくいくと言えるのかもしれません。

これまでの人生の中で、あれこれ考えて挑戦した物事よりも何も考えないで挑んだ物事の方が素晴らしい結果が出たという経験をしたことはないでしょうか。この現象は実は単なる偶然ではなく、きちんとした理由があると言われています。それは、深く考えない方が実力を存分に発揮することが可能だということです。

何も考えないで挑んだ時には知らず識らずのうちに自分の思うままの気持ちや行動ができており、それが物事に対して上手く作用しているのだそうです。何も考えないでやるというのは、半端な気持ちでやるということではなく自分の好きなようにやるということです。

そのため、その分自分のキャパシティはマックスの状態に引き上げられていると言えるでしょう。何の弊害もなく、自分の気持ちの赴くままにやっているために何事もうまくいくのかもしれません。

何も考えない人の特徴

何事に対しても考えすぎるという人もいれば、反対に楽観的で何も考えないという人も存在します。何も考えない人というのはどのような特徴を持っているのでしょうか。ここからは、何も考えない人の特徴として代表的なものを六つ紹介していきます。

何も考えないということを知るための第一歩ともなりますので、是非ともよく読んで理解を深めていきましょう。

①深く考えないで生きている

何も考えない人の特徴の一つ目として、深く考えないで生きているというものが挙げられます。目の前の事柄に対して直感的に思った通りに行動するだけで、深く考察したりその後のことを考えたりすることは一切ありません。

深く考えないで生きている為に失敗することも多々ありますが、無駄な思考に囚われずに済むのでストレスで雁字搦めになるということはないようです。

②楽な道を選びがち

何も考えない人の特徴の二つ目は、楽な道を選びがちだということです。何も考えない人は事なかれ主義であることも多いため、困難な道よりも楽な道を選んでしまう傾向が強いようです。楽な道ならばその場の流れの把握や最低限の思考さえしておけば物事は進んでいきますので、大きなトラブルに直面する心配もありません。

あれこれと余計な思考をしたくないために、つい楽な道を選んでしまうのでしょう。

③他人を頼る

他人を頼るということも、何も考えない人の特徴の一つとなっています。他人に頼っておけばわざわざ自分で考えなくても道が開けると考えているのです。そのため、何か困ったことがあれば自分で解決する素振りすら見せずに他人に頼り、例え自分が原因の問題であっても人に丸投げして任せっきりにしようとしてしまうようです。

場合によっては他人に頼ることも必要ですが、何も考えない人というのは始めから考えることを放棄しているパターンがほとんどです。それゆえに、周囲の人からしてみれば少々タチが悪い特徴だとも言えるでしょう。

④マイナス思考

誰しもマイナス思考の側面は持ち合わせていますが、何も考えない人というのはその特徴が顕著であることが多くなっています。「自分で考えたところでムダだ」「考えた通りにならなかったらどうしよう」などというように常にマイナス思考に囚われてしまっているのです。

そのため、考えることはムダだという理論が自分の中で確立されてしまい、何も考えないようになってしまったようです。深く考えても意味がないのならば、考えない方がいいというスタンスなのかもしれません。

⑤気分がコロコロ変わる

気分がコロコロ変わるということも、何も考えない人の特徴となっています。その時の気分次第で思考が変化するため、やりたい時にやりたい事をするというような行動パターンとなっています。そのため、昨日はやる気に満ち溢れていたのに今日は気分が乗らないからと物事が中途半端になることもしばしばあるようです。

自分一人ならばどうにでもなりますが、周囲の人にとってはいい迷惑だと言えるでしょう。何事に対してもあまり深く考えないので、気分もコロコロ変わってしまうのです。

⑥ひとつのことに集中する

何も考えない人の特徴の六つ目は、ひとつのことに集中するということが挙げられます。この特徴の場合は、ひとつのことに集中すると他のことを考える余裕がなくなってしまうため、何も考えない人だと思われているパターンだと言えるかもしれません。同時に複数のことを考えることが可能な人もいえれば、ひとつのことで精一杯な人も存在します。

本人的には一生懸命に目の前のことに取り組んだ結果なのですが、周囲にとってはどうしても何も考えない人だと思われてしまいがちなようです。

何も考えない方法とコツ

一口に何も考えずに生きると言っても、一体どうしたらいいのか戸惑うという人も多いことでしょう。ここからは、何も考えない方法とコツについて紹介していきます。どの方法やコツも難しいものは一切なく、簡単にできるものばかりとなっています。何も考えない人に一歩でも近付くために、可能そうな方法から少しずつ実践していきましょう。

方法①瞑想をする

何も考えない方法として、瞑想をすることが効果的であるようです。瞑想は精神統一の一環として様々な所で広まっていますが、実は精神統一をすることはムダな思考を排除する方法として非常にふさわしいとされています。瞑想は道具や心構えなど何も難しいことは必要なく、自分の身体さえあればどこででも行うことが可能となっています。

集中するためには静かな場所の方が好ましいので、まずは自宅の部屋で始めてみると良いでしょう。姿勢を正して座り、目を閉じてゆっくりと呼吸をすることにより深く瞑想することができるはずです。

方法②常に動いている

常に動いているということも、何も考えない方法の一つとなっています。動かないでぼーっとしている時、どうしてもあれこれ余計なことを考えてしまいがちです。そのため、そのようなことをなくすためにも常に動いているというのは良い方法かもしれません。

しかし、ハードスケジュールが続くと心身共に疲れてしまいますので、適度に忙しくすることが上手に何も考えないでいるコツだと言えるでしょう。

方法③好きなことをする

好きなことをしている時には、時間が経つのも忘れて夢中になってしまうという経験をしたことがある人は多いかもしれません。それゆえに、好きなことをするというのは余計なことは何も考えないで済む優れた方法だと言えるでしょう。読書や運動、食事など誰しも一つくらいは好きなことがあるはずです。

いつも考えすぎて疲れてしまうという人は、好きなことをする時間を作るようにするといいかもしれません。

方法④一日の目標を決める

何も考えない方法として、一日の目標を決めるということも有効的となっています。仕事や家事などある程度一日のルーティンをこなした後は、残りの時間をどのように過ごしているでしょうか。時間がある際にはつい他のことにも手を出してしまいがちですが、そうすると考えることをやめることができなくなってしまいます。

一日の目標を決め、それを達成した後は何も考えないで過ごすというのも何も考えないコツとして好ましいようです。

方法⑤睡眠をとる

何も考えないで済む手っ取り早い方法として、睡眠をとるというものがあります。夢を見るから考えているのではと思うかもしれませんが、昼間活動している時ほど脳は活発に思考していません。身体だけでなく脳も休ませるという意味を込めて、睡眠というのは非常に理に適っていると言えるでしょう。

方法⑥湯船に浸かる

温かい湯船に浸かっている時、あれこれ目まぐるしく考え事をしているでしょうか。ほとんどの人は何も考えないでぼーっとリラックスしているはずです。湯船に浸かるという行為は心身に安らぎの効果をもたらしており、人がそれに抗うのはなかなか骨が折れる作業となるでしょう。

そのため、湯船に浸かった時点で小難しく考えることは放棄せざるを得ないと言えるかもしれません。色々考えすぎだなと感じた際には、湯船に浸かるのがコツです。

何も考えない方がいいメリット

何も考えない方がいいことのメリットとは一体何があるのでしょうか。きちんとしたメリットがあるならば、あれこれ考えることを止めて何も考えずに生きるという方法がより魅力的に感じられるかもしれません。普段からさまざまなことを考えすぎて雁字搦めになっているという人は、これからの参考にしてみるといいでしょう。

メリット①好きな生き方ができる

何も考えない方がいいことのメリットとして、好きな生き方ができるという点が挙げられます。体面や沽券を気にしすぎていると、どうしても何かしらの制限を強いられてしまうことがあります。けれども、そのようなことを一切何も考えないようにしたならば、自分の思う通りに好きなように生きることができるのです。

人として最低限の規律は守る必要がありますが、自分を抑えすぎて生きづらいと感じている人は思い切って何も考えないのもありかもしれません。

メリット②何事にもチャレンジする

何も考えないということは、万が一の事も何も考えないで行動することになります。つまり、自分の意思のままに何事にもチャレンジすることができると言えるのではないでしょうか。これは自分自身の成長のためにも大きなメリットであり、それまで殻に籠もっていた人にとっては、またとないチャンスとなるでしょう。

後先考えないでチャレンジするのは勇気が必要なことですが、それによって得られるものは何にも代えがたい貴重なものになるはずです。

メリット③心配しなくていい

日常生活や未来のことなど考える題材は尽きませんが、それらについて考えれば考えるほど不安や心配事は増えていきます。しかし、何も考えないでいるならばこのような懸念事項は一切ありませんので、何も心配する必要はないのです。

とりあえず今日という日をどのように過ごすかだけを考えればいいので、好きなことを好きなようにやることができ、ストレスに押しつぶされることもなくなっていくでしょう。

何も考えない方がいいデメリット

何も考えないということにはメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。何も考えずに生きることを選択しようと考えている人は、メリットと共にデメリットもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。そうすることにより、デメリットの部分を知りつつも納得した形で何も考えずに生きるという道を歩んでいけるかもしれません。

デメリット①突発的な困難がある

突発的な困難があるということは、何も考えないことのデメリットの一つだと言えます。生きていく上で常に順風満帆ということは有り得ないことであり、必ずと言っていいほどに何かしらのトラブルは起こってしまいます。

前もって対策を考えていたならばどうにか回避する手立ても浮かぶかもしれませんが、何も考えないでいたいため咄嗟に対応することは難しいと言えるでしょう。

デメリット②計画性がない

計画性がないことも何も考えないことでのデメリットとなります。何も考えないので行き当たりばったりの行動になりがちで、時間やお金などの大幅なロスがあることも多いでしょう。また、思いつきで取り組んでみたものの予想よりも遙かに困難な事象だったという場合も少なくありません。

事前に計画的な準備や下調べをしておけば避けることが可能なことばかりなだけに、何も考えないことでのデメリットの代表とも言えるでしょう。

デメリット③他人から信頼されない

何も考えないで生活しているので突発的な困難にも対応できない、計画性がないとなれば他人からの信頼を得るのも難しくなってしまいます。特に社会人ともなれば組織で動いているため、一人のミスが致命的な事象に発展してしまうなんてことも珍しくありません。

何も考えないでいる人は責任感がないと捉えられてしまい、周りの人は信頼することをしなくなってしまうようです。円滑なコミュニケーションを取るためには多少なりとも信頼関係が成り立っていないと難しいので、孤立しない程度の常識的な思考は必要なのかもしれません。

何も考えないでゆっくりしよう!

何も考えない方法やコツなどについて詳しく紹介してきましたが、参考になる部分はあったでしょうか。何も考えずに生きると言うと、一見無責任なことのように考えてしまうかもしれませんが決してそうではありません。最低限必要な思考はしつつも、ムダだと思われる思考をしないということなのです。

考えすぎることでイライラしたり、ストレスに押しつぶされそうになったりするくらいならば、何も考えないでいた方が充実した人生を送ることができるはずです。ゆっくりと平穏に過ごしていくためにも、何も考えないというライフスタイルを選んでみてもいいかもしれません。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayys

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ