楽しみがない時にすべきこと11選【人生が楽しくない人必見】

楽しみがない人は、人生を最大限に楽しむことができません。楽しくないと感じてしまうのには、必ず原因が存在しているでしょう。また、いきなり楽しみがなくなった際は、病気が潜んでいることもあります。楽しみがない時にするべきことについて掘り下げていきましょう。

楽しみがない時にすべきこと11選【人生が楽しくない人必見】のイメージ

目次

  1. 1楽しくない人とは
  2. 2楽しみがない時にすべきこと11選
  3. 3楽しみがなくなった原因
  4. 4楽しみがない人の特徴
  5. 5楽しみがある人の特徴
  6. 6楽しみがないと病気になる?
  7. 7楽しみがない時だからこそ人生を豊かにしよう!

楽しくない人とは

普段生活していると、ふと「楽しくない」と感じてしまうことがあります。なぜ人生が楽しくないと感じてしまうのでしょうか。それにはいくつか理由があるようです。そのため、楽しくないと感じる原因を特定することができれば、楽しく人生を生きることができるようになるでしょう。

もしも、楽しみがないと感じてしまっているのなら、楽しくない時にするべきこととして参考にしてみてください。まずは、人生が楽しくないと感じる人や、世の中で楽しみがないと感じている人について掘り下げていきましょう。

人生が楽しくないと感じる人

世の中には、人生が楽しくないと感じてしまう人がいます。初めは趣味がなかったり、人とのコミュニケーションがつまらないと感じるところから始まります。そして、徐々に人生が楽しくないと思い始めてしまうようです。また、生きがいややり甲斐を持っていないことも人生が楽しくないと感じてしまう原因として多いでしょう。

もしも生きがいや、やり甲斐もなく人生が楽しくないと思ってしまっているのなら、楽しくないときにやるべきことに挑戦してみてください。

世の中で楽しみがない人はどのくらいいる?

世の中で楽しみがないと感じている人は、2割から3割いると言われています。年代別で見ても、その割合はほとんど変わりません。ただし、30代と40代では楽しみがないと思っている人は2割に留まっているようです。そのことから、夢や楽しみがあるはずの20代は、楽しみが少ないことが問題視されることも増えてきました。

今は楽しみがないと感じていても、必ず楽しみを見つけることはできます。そのため、諦めずに原因を特定して、人生に楽しみを見つけてみましょう。

楽しみがない時にすべきこと11選

楽しみがないと感じている時は、何もしたくないと思ってしまう人も多いでしょう。もしかすると、何もかも投げ出したくなってしまっているかもしれません。しかし、何もかも投げ出してしまうのはまだ早いはずです。まずは、自分が挑戦できることから行ってみてください。そうすることで、楽しみを見つけることができます。

楽しみがない時、何をしていいのか分からない人もいるでしょう。そのため、下記では楽しみがない時にするべきことについて掘り下げていきます。できそうだと感じたものから取り入れてみてください。

①ポジティブ思考になる

楽しみがない時は、必ずネガティブ思考になってしまっています。ネガティブ思考になっていると、何もかも悪い方向へと考えてしまうようになります。そのため、物事をネガティブに考え始めた時は、ポジティブに考えられるようにしてみましょう。初めはなかなかできないかもしれません。

しかし、常にポジティブさを忘れないようにすることで、徐々に慣れていきます。悪い事が起こったとしても、前向きに捉えることができれば、楽しみを見つけることにも繋がるでしょう。

②一息つく

楽しみがないと感じている時は、心や体が疲れてしまっている可能性があります。そのため、一息ついてみてはどうでしょうか。例えば、心を落ち着かせてくれるジャスミンティーを取り入れてみてください。また、体が疲れていると感じている時は、一日中何もせずに睡眠をとってみてもいいかもしれません。

とにかく、自分が一息つけたと感じるまで、休息をとってみてください。そうすることで、楽しみを見つけるための心と体の準備が整います。

③小さなことからチャレンジする

大きなことにチャレンジしようとして、心が折れてしまう人がいます。心が折れることによって、楽しみがないことに繋がってしまうようです。そのため、大きな目標を持っている人もそうでない人も、小さなことからチャレンジするようにしましょう。小さなことから挑戦することによって、大きな壁も乗り越えることができるはずです。

特に、初めは誰でも達成できるようなことから始めてみてください。そして、目標を達成することができれば、やり過ぎだと思われてしまうくらい、自分のことを褒めてあげましょう。そうすることによって、今後もやる気が持続するはずです。

④飲み会に行き友好関係を築く

楽しみがないと、部屋に引きこもりたくなってしまうはずです。しかし、部屋に引きこもってばかりでは、楽しみを見つけることはできません。そのため、楽しみがない時こそ飲み会に参加してみてください。普段行かない飲み会にも参加することによって、周囲の人と友好関係を築くことができます。

人との代わりを増やすことによって、楽しみが見つかることもあります。もしも、人との関わりを避けてしまっているのであれば、積極的に飲み会に参加しましょう。お酒が飲めない人も、飲み会の場に参加することが効果的なので、ぜひ挑戦してみてください。

⑤掃除や洗濯をする

楽しみがない時は、何もしたくなくなってしまう人がほとんどです。もしかすると、掃除や洗濯もできていない人も多いのではないでしょうか。掃除や洗濯をできなくなってしまうと、余計に精神的に疲れてしまう可能性があります。そのため、楽しみがない時こそ、面倒だと感じてしまう掃除や洗濯を行うようにしましょう。

掃除や洗濯をすることによって、気分をすっきりさせることができます。気分がすっきりすれば、新しい事に挑戦する気力が沸いてくるはずです。

⑥積極的に行動してみる

楽しみがなくてネガティブ思考になっている人は、消極的になってしまうことも多いでしょう。消極的な気持ちは、楽しみがなくなってしまうことにも繋がります。そのため、楽しみがなくて困っている時は、積極的に何かをするようにしてみてください。例えば、上記でご紹介した飲み会にも当てはまります。

その他にも、職場や学校での行事に参加することもおすすめです。普段しないようなことを積極的にすることで、今まで見つからなかった楽しさが見つかるかもしれません。

⑦自分がやりたいことをする

楽しみがない時に、やりたくないことをすると疲れやストレスが溜まってしまいます。そのため、楽しみがない時こそ、自分がやりたいことをしましょう。例えば、今まで挑戦できなかったことや、買いたいと思っていたものを思い切って買うこともおすすめです。自分のやりたいことができれば、明日への活力にもなるはずです。

しかし、中にはやりたくないことをしなければいけないこともあります。そんな時は、やりたくないことを片付けてから、自分のやりたいことをするようにしましょう。そうすることで、やらなければいけないことを気にする必要もなくなります。

⑧外出してみる

楽しみがなくなってしまうと、どうしても部屋に引きこもりがちになってしまいます。部屋に引きこもっていても楽しみがある人もいますが、現状ないのであれば外出するべきです。外出することで、今まで見つけることができなかった楽しみが見つかるはずです。外は変わらない風景だと思っていても、毎日風景が変化していきます。

そのため、楽しい事や新しい事を見つけやすいでしょう。目的があって外出するのもいいのですが、目的無く散歩してみることで、気分転換になることもあります。

⑨趣味を探す

趣味を持っていない人は、楽しみがないと感じやすいと言われています。そのため、人生を楽しいものにしたいと考えているのなら、趣味を探してみましょう。今まで挑戦してこなかったことが、意外にも自分に合った趣味として取り入れることができるかもしれません。そのため、色々な趣味に挑戦してみてください。

しかし、少し挑戦して合わないと感じる物もあります。それが楽しめる趣味ではないと判断したのなら、他の趣味を探すといいでしょう。特に、楽しくないと思っている人は、インドアな趣味ではなく、アウトドアな趣味を探すようにしてみることがおすすめです。

⑩私生活に変化をもたしてみる

どれだけ楽しいことをしていても、毎日同じことの繰り返しでは飽きてしまいます。そして、楽しいはずのことも楽しくないと思ってしまうことでしょう。そんな時は、私生活に変化をもたらしてみてください。例えば、職場や学校から帰る時に、いつもとは違った道から帰るといった変化だけでも大丈夫です。

また、今まで恋人がいなかったり、友達関係が少ないと感じているのなら、新しい人との関わりを見つけてみましょう。一人でカフェや居酒屋に行くだけでも、新しい変化をもたらしてくれる人と出会うこともあります。

⑪体を動かす

大人になると、積極的に運動する機会がなくなってしまい、運動不足に陥ってしまう人がいます。運動不足になってしまうと、体力が低下していく一方なので、積極的に行動することもできなくなってしまうでしょう。そのため、楽しくないと感じている時は、何か運動を取り入れてみてください。

例えば、ランニングやジョギングでもいいですし、得意なスポーツを取り入れてもいいです。また、どうしても外に出たくならない人は、家の中でエクササイズを取り入れてみましょう。

楽しみがなくなった原因

上記では、楽しくないと思ってしまった時にすべきことについて掘り下げました。しかし、上記のことを実践してみても、なかなか楽しくならない人もいます。また、そもそもすべきことに取り組む気力が残っていない人もいるかもしれません。そんな時は、まず自分がなぜ楽しみがなくなってしまったのかを分析してみましょう。

下記では、楽しみがなくなった原因について掘り下げていきます。原因を知ることで、改善方法も見えてくるはずです。

原因①将来に希望が見えない

人生が楽しくなくなってしまう原因として、将来に希望が見えないことが挙げられます。特に、今まで将来について深く考えてこなかった人は、突然将来に希望が見えなくなってしまうようです。そのため、将来に希望が見えないと感じてしまっている人は、日頃から自分が将来どうなりたいのかを考えておくようにしましょう。

また、そのなりたい自分にはどうすれば近づけるのかを考え、努力をするようにしてください。そうすることで、数年後には楽しくないという考えも、将来に対する不安も無くなっているはずです。

原因②人間関係が疲れた

人は生活するにあたって、誰かしらと関わらなければいけません。特に、職場や学校では毎日同じ人と接しなければいけないでしょう。同じ人間関係がずっと続いてしまうと、人間関係に疲れてしまうことがあります。また、職場内で悪口を言う人がいたり、やっかみを言ってくる人がいる場合も同じです。

このように、人間関係に疲れてしまった場合は、一度その人間関係から離れてみてください。距離を摂ることによって、ストレスを軽減でき、人間関係の大切さにも気づくことができるはずです。

原因③孤独感を感じている

楽しみがなくなる原因の1つとして、孤独感を感じていることが挙げられます。人は、日々誰かと関わって生きています。そのため、孤独を感じないと思う人も多いでしょう。しかし、孤独というのは、人と関わっていても感じてしまうようです。例えば、職場で会話をする程度の人がいても、深い話ができない場合は孤独を感じることがあります。

また、友達同士でも3人以上いる時に、自分が知らないことを目の前で話されてしまうと、孤独を感じてしまうことでしょう。

原因④日々の生活がつまらない

人生が楽しくないと感じてしまう人は、大抵日々の生活がつまらないと感じているのではないでしょうか。例えば、就きたいと思ってた職業に就けず、やりたくない仕事をしていると、このように感じてしまいます。また、学校や職場での狭い人間関係にばかり縛られてしまっている人も、日々の生活がつまらないと思っているはずです。

そのためには、日々のつまらなさを解消する必要があります。しかし、価値観や考え方から根本的に変えなければいけないため、少し難しいと感じることも多いでしょう。

原因⑤何も興味がない

何に対しても興味を持つことができる人もいれば、逆に興味を持てない人もいます。何も興味がない人は、人生がつまらなくなりやすいと言われているようです。また、興味を持ちにくい人も、その性格に悩んでしまうことがあります。しかし、あまりそのことを考えすぎてしまうと、余計に精神面が悪化してしまうことがあるでしょう。

そのため、何にも興味を持てない時は、興味が持てるようになるまで待ってみてください。きっと良い方向へと進んでいくはずです。

楽しみがない人の特徴

楽しみがない人には、色々な原因が影響しています。原因を特定することで、その改善方法も見つかりやすくなるでしょう。しかし、それだけでは改善できない場合もあります。そんな時は、根本的な部分から見直す必要があります。そこで、楽しみがない人の特徴を参考にしてみてはどうでしょうか。

楽しみがない人の特徴に当てはまる人は、少し考え方を変える必要があるのかもしれません。では、楽しみがない人の特徴とは、一体どのような内容なのかご紹介します。

①すぐに落ち込みやすい

日々楽しみがないと感じている人は、すぐに落ち込みやすい特徴を持っています。すぐに落ち込みやすい人は、新しい事に挑戦しても、上手くいかなければ途中で投げ出してしまいます。そうすると、何事も長続きせず、せっかく見つけた趣味も楽しくなくなってしまうでしょう。

②口癖は「疲れた」

普段から「疲れた」と発言している人は、精神的にも身体的にも慢性的な疲れが溜まってしまっている可能性が高いです。そのため、口癖が「疲れた」になってしまっている人は、少し注意が必要です。疲れが溜まってしまうと、何もしたくなくなってしまうはずです。そうなる前に、リラックスすることを心がけましょう。

自分の中で限界だと感じた時には、あえて予定をキャンセルすることも必要です。休息を取ることができれば、きっと楽しい事も次々と思いつくはずです。

③他人と自分を比較してしまう

他人と自分を比較してしまう人も、楽しみがない特徴と言えます。他人と自分を比較してしまうと、何をするにしても自分のレベルの低さを気にしてしまうでしょう。そうすると、楽しいと思えるものでも、楽しくなくなってしまいます。また、自分で自分のストレスを高めてしまうことにも繋がると言えます。

もしも、他人と自分を比較していると感じる人は、芯を持つようにしてみてください。芯を持つことで、自分に自信が沸いてくるはずです。自信を持つことができれば、何事も楽しくなるだけでなく、新しい事に挑戦したくなるでしょう。

④休日家にいることが多い

日頃から楽しみがなく、疲れやストレスが溜まっている人は、休日に家でいることが多い特徴があります。インドアな性格の人は、休日に家でいることが多いはずです。しかし、あまりにも家から出ない人は、楽しみがないことに気づき始めることもあるでしょう。そんな時は、あえて外出してみることがおすすめです。

嫌だと思いつつも外出することで、新しい楽しみを見つけることがでいるかもしれません。また、友達と会う予定を立ててみてもいいでしょう。

楽しみがある人の特徴

上記では、楽しみがない人の特徴について掘り下げました。もしも、上記の特徴に当てはまってしまったのであれば、今は楽しみがあってもいずれ無くなってしまう可能性があります。では、楽しみがある人とは、どのような特徴がある人のことを指しているのでしょうか。下記では、その特徴について掘り下げていきます。

また、すでに楽しみがなくなったと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。そうすることで、自分に合った楽しみを見つけることができるはずです。

①いつでも前向き

楽しみがある人は何かで失敗してしまっても、「次に繋げられる」とポジティブに考えることができます。常に前向きな性格をしているため、悪い事が起きても落ち込むことがありません。例えば、自分の得意なことで優秀な人がいたとしても、落ち込むどころか、もっと頑張らなければいけないと考えるようです。

そうすることで、自分の能力をどんどん伸ばしていくことができます。また、新しい世界に飛び込むことに不安がないため、色んな知識も身に着けることができるでしょう。

②仕事もプライベートも全力

仕事もプライベートも全力で取り組むことができる人は、楽しみがある人と言えます。何に対しても全力な人は、例え辛い仕事であったとしても、楽しんで取り組むことができるでしょう。身の回りで起きていることを楽しいと思えるため、自ら楽しさを見つけに行くようなことはしません。

もしも、周囲に楽しみがなくなったと感じている人は、身の回りにある楽しさを見つけるところから始めてみてください。

③趣味を持っている

日々に楽しみを持っている人は、趣味を持っています。持っている趣味は人それぞれですが、共通するのが趣味に集中できるということです。何か1つに集中できる人は、そのことを最大限に楽しむことができます。そのため、趣味がない人は、趣味を見つけることに挑戦してみましょう。初めはなかなか見つけることができないかもしれません。

しかし、色んなことに挑戦することによって、趣味を見つけることができるはずです。時には、友達の趣味に混ざって挑戦させてもらうこともおすすめです。

④良い人間関係を築いている

日々の楽しみを見つけられる人は、その場その場を大切にしている特徴があります。例えば、学校や職場での人間関係を大切にしています。特に、人間関係が原因となって楽しみがなくなった人は、良い人間関係を築けるようにしてみましょう。今まで苦手だと思っていた人に、話しかけてみることもおすすめです。

良い人間関係を築くことができれば、あえて自分から楽しみを見つけに行かなくても、毎日が楽しくて仕方なくなるはずです。

⑤目標を持っている

何も目標を持たずに日々を過ごしていると、楽しみも見つけることができません。逆に、何かに対して目標を持つことができる人は、毎日楽しく過ごすことができるはずです。目標と言っても、何も大きな目標を立てなけばいけないわけではありません。小さな目標であっても、毎日を楽しく過ごすことができるようになります。

そのため、楽しみがある人になりたいと考えている人は、何か目標を持つようにしましょう。例えば、資格を取ることを目標としたり、趣味を見つけることを目標をすることが挙げられます。

楽しみがないと病気になる?

楽しみがないと、病気になりやすいと言われています。これは、趣味が楽しくなくなってしまったり、人間関係で過度なストレスを抱えている人がうつ病になりやすいことが影響しているようです。そのため、楽しみがなくなってしまった人や趣味がなくなってしまった人は、病気に注意してください。

もしも、外出できないほど楽しみがなくなっているのなら、病気の可能性があります。すぐにでも、病院で診断してもらいましょう。

楽しみがない時だからこそ人生を豊かにしよう!

楽しみがない人は、ネガティブな方向へと考えてしまいます。最悪の場合、仕事を突然やめてしまったり、死を考えてしまうこともあるでしょう。ネガティブなことを考える前に、まずは楽しみがない時だからこそ人生を豊かにするような考え方をしてみてください。初めは、考え方を変えることは難しいはずです。

しかし、1つでも楽しみを見つけることができれば、これからの人生を明るく過ごすことができます。ただし、今楽しみがないからいって焦る必要もありません。焦らず、自分のペースで楽しみを見つけてみましょう。きっと見つかるはずです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ