感じやすい人の特徴と感じやすい体になる方法を紹介

感じやすい人には、共通した特徴があると言われています。今までセックスで気持ち良いと感じなかった人も、感じやすい体を手に入れることでセックスへの考え方が変わるはずです。そのため、感じやすい体になる方法や部位だけでなく、感じやすい時期についても掘り下げていきます。

感じやすい人の特徴と感じやすい体になる方法を紹介のイメージ

目次

  1. 1感じやすい人の特徴
  2. 2感じやすい体の部位【男性】
  3. 3感じやすい体の部位【女性】
  4. 4感じやすい体になる方法
  5. 5女性が感じやすい時期っていつ?
  6. 6感じやすい体になってセックスを楽しもう

感じやすい人の特徴

セックスの経験がある人は、感じやすい人と感じにくい人がいると気づくことがあります。また、感じやすい人と何回かセックスをしていると、感じやすい人には共通した特徴があると発見できるはずです。その一方で、感じにくい人はどんな特徴があるのか分からないのではないでしょうか。

セックスは楽しむものですから、感じにくいことが原因で楽しめなくなってしまうことは避けたい人も多いです。そのため、大好きな人とのセックスを楽しむためにも、感じやすい人の特徴を知っておきましょう。そして、これから感じやすくなるために役立ててください。

特徴①セックスの経験が豊富な人

セックスで感じやすい人の特徴として、セックスの経験が豊富な人が挙げられます。初めてセックスをした時、気持ち良いと言うよりも違和感を感じた人も多いのではないでしょうか。特に、女性はセックスの回数を重ねることによって、徐々に性感帯が開発されていきます。その結果、感じやすい体になるようです。

また、セックスの経験が豊富な人は、セックスの楽しみ方も知っています。そのため、感じにくい人が感じやすくなるためには、セックスの経験を増やすことが重要なのかもしれません。

特徴②自分の体を熟知している人

セックスの経験がそれほどない人でも、感じやすい場合があるようです。それが、自分の体を熟知している人です。女性も男性も、ある時期になると自慰行為を行うようになります。この時、何も考えずに気持ち良くなりたい人と自分の体を知ることを目的としている人がいます。

自慰行為の際、自分の体を知ろうとしている人は、セックスでも気持ち良いところをパートナーに教えることができます。そのため、自分の体を熟知していない人よりもセックスを楽しむことができ、感じやすいと言えるのではないでしょうか。

特徴③体の刺激に敏感な人

後天的に感じやすくなる人もいれば、元から体質が感じやすい人がいるようです。体の刺激に敏感な人は、感じやすいと言われています。例えば、脇や首筋などの部位をくすぐられると、くすぐったくてやめてほしいと思う人がいるはずです。このように、体の刺激に敏感な人は感じやすい体質をしていると言えるでしょう。

ただし、このタイプの感じやすい人はきちんと性感帯を開発していないと、ただ単にくすぐったいだけになってしまうこともあります。

特徴④精神的に落ち着いている人

セックスで感じやすい人の特徴では、性格も大きな影響を及ぼしているようです。感じやすい人は、精神的に落ち着いている人が多いと言われています。なぜ精神的に落ち着いている人が感じやすいのかと言うと、セックスは精神面が大きく関係しているからです。例えば、男性は緊張していると勃起しなくなり、女性も濡れにくくなります。

そのことから、精神的に落ち着いている性格の人は、セックスでも緊張せずに楽しむことができると言えるでしょう。

特徴⑤妄想癖がある人

普段から妄想することが好きな人は、セックスで感じやすいようです。想像力はとても大切で、セックスをしている時にも妄想の力を借りて、楽しんでいる人もいるくらいです。「次はどこを触られるんだろう」と妄想することによって、体が普段よりも敏感になっていくことでしょう。

また、自慰行為の際に妄想を使っている人は、セックスの時にも無意識に妄想の力を使っている可能性が高いです。

感じやすい体の部位【男性】

女性の中には、セックスの時に大好きな男性に「もっと気持ち良くなってもらいたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。男性は女性よりも快感が少ないと言われていますが、自分の奉仕によって感じてくれている姿はとても愛おしいものです。そんな時は、感じやすいと言われている体の部位を参考にしてみてください。

特に、今までセックスでは男性が優位に立っていた場合、女性からも積極的になってみましょう。そうすることで、男性はより興奮してくれてセックスも盛り上がること間違いなしです。

部位①耳

男性が感じる体の部位として、耳が挙げられます。耳は音を聞く部分なので、振動にとても弱い性質を持っています。そのため、耳に息を吹きかけるとくすぐったいと感じるはずです。耳を責めることによって、くすぐったいリアクションをされた場合は、男性が感じやすい部位と言えます。

ただし、耳は性感帯として開発していなければ、気持ち良いと感じないようです。もしも、男性に耳で感じてほしいと思っているのであれば、他の部分を責めながら耳を触ってみましょう。

部位②指先

意外と知られていない感じやすい部位として、指先が挙げられます。指先は皮膚がそれほど薄いわけではないため、感じにくいと思われています。しかし、優しく指先に触ってみると分かるように、指先も少しくすぐったさを感じるはずです。くすぐったいと感じる部位は全て性感帯となり得るので、男性を感じさせたい時は指先もおすすめです。

特に、指先を舌で舐めるようにすることで、男性の視覚も同時に刺激することができるでしょう。

部位③乳首

乳首は女性が感じる部位として知られていますが、男性の感じる部位でもあります。そのため、今までセックスをする時に男性の乳首を触ったことがない人は、一度挑戦してみてはどうでしょうか。自分がされて気持ち良いと感じるような触り方をすることによって、今までにはない男性の姿を見ることができるかもしれません。

また、乳首はとても敏感な部分でもありますので、強く触りすぎないようにしましょう。舌で優しく舐める方法もおすすめです。

感じやすい体の部位【女性】

男性は好きな女性が感じている姿を見て、嬉しいと感じることが多いのではないでしょうか。自分のテクニックで気持ち良くなってほしいと思っているはずです。もしも、セックスの時に好きな女性があまり感じてくれないのであれば、女性が感じやすいと言われている体の部位を中心に、責めてみることをおすすめします。

感じやすさには個人差がありますが、ほとんどの女性は似たような部位が感じやすくなっているようです。そのため、好きな女性にもっと感じてほしいと思っている男性も、これからご紹介する感じやすい部位を参考にしてみましょう。

部位①胸

女性は乳首が感じやすい人が多いと言われています。そのため、女性の乳首ばかり触っている男性も多いのではないでしょうか。実際は、乳首だけでなく胸周辺が感じやすい女性も多いようです。しかし、だからといって乱暴に胸を触ってしまうと、女性が痛がってしまう可能性があるので注意してください。

女性の胸を触る時は、優しく指先で軽く触るようにしてみましょう。そうすることで、今までとは違った反応を見ることができるはずです。

部位②背中

セックスをしている時、女性の性感帯しか責めていないという男性も多いはずです。しかし、女性は妄想や感覚といった部分で感じやすいため、背中を責めてみることがおすすめです。背中側に男性が行くことによって、女性はどこを触られるのか分からなくなり、より一層妄想の力が強まる傾向にあります。

また、背中を触る時は胸と同じで、軽く触るようにしてみましょう。初めのうちはくすぐったいと感じるのですが、徐々に背中を触るだけで感じてくれるようになります。

部位③首

女性の感じやすい体の部位として、首が挙げられます。首は意外にも皮膚が薄い部分で、少し触っただけでもくすぐったいと感じる人が多いはずです。くすぐったいと感じる部分は性感帯になりやすく、首もその一つと言えるでしょう。しかし、くすぐったいと思っていては気持ちよくなることはできません。

そのため、女性の首を責めたいと考えているのであれば、手ではなく唇や舌を使ってみましょう。指よりもソフトな快感を与えることができます。

感じやすい体になる方法

セックスをしていると、あまり気持ち良くなくて楽しくなくなってしまう人がいます。また、女性の場合は楽しみたいという気持ちもありつつ、男性に申し訳なさを感じる人も多いでしょう。そんな時、感じやすい体になりたいと一度は考えたことがある人も多いはずです。そんな時は、どうすれば良いのでしょうか。

もしも、一度でも感じやすい体になりたいと考えたことがあるのなら、感じやすい体になる方法を試してみましょう。下記では、その方法について掘り下げていきます。

方法①相手に心を許す

セックスの時に緊張してしまうと、男性は勃起できなくなってしまい、女性は濡れにくくなってしまいます。そうすると、せっかく愛情を確かめる行為なのに、悩みやトラブルの原因となってしまうこともあるでしょう。そんな時は、緊張しないようにする必要があります。例えば、セックスに前にじゃれ合っておくことなどが挙げられます。

また、相手に対して完全に心を許すことによって、感じやすい体になることもできるようです。人に心を許すことは難しいため、ゆっくりと時間をかけていきましょう。

方法②想像力や妄想力を磨く

セックスで感じやすい体になる時は、想像力や妄想力を借りてみてはどうでしょうか。想像力や妄想力があるだけで、同じ人と同じセックスをしていても感じ方が異なっていることに気づくはずです。想像力や妄想力を高めたいのであれば、普段から妄想してみることがおすすめです。

好きな人とキスやハグをする妄想を習慣づけておくことで、感じやすい体になるだけでなく、ストレスが軽減する効果も期待できるでしょう。

方法③恥じらいをなくしていく

セックスをする時に、恥ずかしいと感じる人がいるようです。特に、女性は男性に裸を見られることが恥ずかしいと感じていることでしょう。しかし、恥じらいがあると感じやすい体になることはできません。そのため、徐々に恥じらいを無くしていく努力をしてみてください。恋人の恥じらう姿を見て、愛おしいと感じる人もいます。

ただし、それでは心を完全に許していることにはなりません。また、自分の感じる姿なども、恥ずかしがらずに受け入れてあげるようにしましょう。

方法④全裸になって眠ってみる

好きな人に裸を見られたくないと思っている人は、裸をあえて見せるようにしてみてください。例えば、全裸になって眠ってみることがおすすめです。恋人と一緒に裸になって眠ることで、恥ずかしさが無くなっていくはずです。また、一人で裸になって眠る方法も感じやすい体になるためにおすすめです。

裸で眠ることによって、服の締め付けなどの余計なものがなくなります。そうすることによって、刺激に対する感覚が敏感になっていくはずです。

女性が感じやすい時期っていつ?

女性には感じやすい部位があると説明しましたが、日によっては感じやすい部位でも感じにくくなってしまうことがあります。女性はそのことに気づいているのではないでしょうか。せっかく好きな人とセックスをするのですから、感じやすい日にセックスをしたいと考えているはずです。

女性には感じやすい時期と感じにくい時期があるようです。そのため、セックスをするなら感じやすい時期を狙ってみましょう。では、感じやすい時期とは一体いつなのか掘り下げていきます。自分の生理周期を把握している人は、その時期が分かりやすいです。

生理前後は感じやすい

女性は生理の前後が最も感じやすい時期だと言われています。特に、生理前はモヤモヤした気持ちになってしまう人も多く、そのモヤモヤが逆に感じやすくなっている場合もあるようです。また、生理の前後が感じやすい理由としては、女性ホルモンの影響がとても大きいと言えるのではないでしょうか。

女性のホルモンは変化が激しいため、感じやすい時とそうでない時の差も激しいです。そのため、好きな人とセックスをする機会があるのであれば、楽しむためにも生理の前後を狙ってみてください。

生理中は性欲が強くなる傾向も

上記では生理の前後が感じやすいと述べましたが、女性は生理中に性欲が強まる傾向にあるとも言われています。生理中は膣から血が出てしまっているため、セックスをしない選択をする人も多いはずです。しかし、中には生理中でもセックスをした経験はある人もいるのではないでしょうか。生理中の性欲の影響から、気持ち良いと感じるかもしれません。

ただし生理中のセックスは膣内に雑菌が入りやすく、性病にかかってしまう可能性も否定できません。そのため、性欲が高まっている場合でも、生理中のセックスは控えた方が良さそうです。

感じやすい体になってセックスを楽しもう

セックスとは、好きな人と愛情を確かめ合う行為です。もちろん、愛を確かめられればそれで良いという人もいるでしょう。しかし、せっかくなら自分も最大限に楽しみたいと考える人も多いはずです。そんな時は、感じやすい体になってセックスを楽しめるように工夫してみることが大切です。

ちょっとしたことで感度が高まることもあるため、自分なりに試行錯誤することも必要です。ぜひ、恋人と一緒に模索してみてはどうでしょうか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ