‭気晴らしの意味とは?オススメの気晴らし方法12選

気分転換をしようと思っても、なかなか気晴らしになることが見つからないことがあります。一人でも簡単に気晴らしをする方法や、気晴らしの意味について紹介します。落ち込んでいたり悩みがある人は、気晴らしをして気分転換してみましょう。

‭気晴らしの意味とは?オススメの気晴らし方法12選のイメージ

目次

  1. 1気晴らしで心も体もリフレッシュしたい!
  2. 2オススメの気晴らし方法【お出かけ】
  3. 3オススメの気晴らし方法【家で一人でできること】
  4. 4気晴らしできる場所とは
  5. 5気晴らしをすることのメリット
  6. 6気晴らしになることをしてリフレッシュしよう!

気晴らしで心も体もリフレッシュしたい!

落ち込んでいたり、悩みがあるときに気分転換をしたいと思う人は多いのではないでしょうか。しかし、友達に教えてもらった気晴らしになることをしても、いまいちリフレッシュできないときがあります。気晴らしになる方法を詳しく知って、一人でも簡単にリフレッシュできるようになりましょう。

そもそも「気晴らし」の意味とは

気晴らしとは、落ち込んでいる気持ちを晴らすという意味があります。悲しいことや嫌なことがあって、鬱々とした気持ちやネガティブな気持ちに襲われ、それを消し去りたい気分のときに使います。

「気晴らし」と「気分転換」の違い

「気晴らし」はネガティブな気持ちから、目をそらせるときに使われることが多いです。一方「気分転換」は、ネガティブな気持ち自体を変えてしまうことを指します。

2つの言葉はよく似ていますが、気晴らしは一時的な気持ちの変化を表すことが多いことに対して、気分転換はネガティブな気持ち自体を打ち消して、ポジティブな気持ちに変えてしまうときに使います。

オススメの気晴らし方法【お出かけ】

気晴らしにはお出かけがおすすめです。気晴らしにおすすめなお出かけスポットを紹介します。お金をあまりかけなくても出かけられる場所もあるので、落ち込んでいて気晴らしをしたいときの参考にしてみてください。

方法①美味しいものを食べに行く

美味しいものを食べていると、どんな人でも幸せな気持ちになれます。できれば普段行っているお店や、よく食べている食べ物ではないものを選びましょう。過去の思い出がない初めてのお店に行くことによって、より気晴らしへの効果が高まります。テレビやSNSで話題になっている料理や、新しくオープンしたお店に行ってみましょう。

普段行っているお店だと、過去にそのお店に行ったときの記憶を思い出してしまうことがあります。例えば元カレと行ったことがある、ケンカした友達と仲が良いときに行ったことがあるなど、色々なことを思い出してしまい、うまく気晴らしができない可能性があるので気を付けましょう。

方法②エステやマッサージに行く

エステやマッサージも気晴らしの方法としておすすめです。フェイスエステ、ボディマッサージ、鍼灸やヘッドスパなど、自分がやってみたいと思うお店に行ってみましょう。マッサージなどで体がほぐれていくと、自然と心もリラックスしてほぐれていきます。

落ち込んているときは、他人とのコミュニケーションを避けてしまうことが多いです。エステやマッサージに行ってセラピストの人とコミュニケーションを取っているだけで、リラックス効果を得られることもあります。セラピストの人によっては、話を上手に聞いてくれたり、余計なことを言わないでくれたりします。

会社や家族の人と話すことが面倒に感じられるときでも、セラピストの人とのコミュニケーションは居心地良く感じられる人は多いです。他人にマッサージをしてもらって身も心もリフレッシュしましょう。

方法③ショッピングに行く

気晴らしの方法としてショッピングに行くこともおすすめです。特に欲しい物がなくても、大型のショッピングモールやアウトレットに行くだけで気晴らしになります。かわいい洋服やバッグ、キラキラしたアクセサリーなどを見ているだけで、現実の嫌なことを忘れることができます。

いつもは着ない色の服を買ったり、初めて行くショップに行ってみることも気晴らしになることがあります。自分でコーディネートをせずに、ショップスタッフにコーディネートをしてもらった服を購入するのも気晴らしにおすすめです。

方法④スポーツをする

スポーツを一生懸命にすると、ネガティブな気持ちを忘れることができます。できればマラソンや水泳、バスケットボール、フットサル、テニスなど激しく体を動かすスポーツをしましょう。激しく体を動かしていると、細かいことが気にならなくなります。体が疲れ切ってしまえば、色々考えずにスッキリ眠ることもできます。

方法⑤カフェでまったりする

素敵な音楽が流れていたり、おいしいスイーツや飲み物を食べることができたりするカフェは気晴らしにおすすめの場所です。時間を決めずに、満足できるまでまったり過ごしましょう。まったり過ごすときは、できれば一人で過ごすのがおすすめです。他人に気を使わずに済みます。

方法⑥映画を観に行く

気晴らしの方法として映画やお芝居を観に行くこともおすすめです。非現実的な空間に意識を集中できるので、現実で起こった嫌な出来事を忘れることができます。

できればコメディーやファンタジーなど、観たあとの気分が良くなる作品を選びましょう。サイコホラーやサスペンスなど、後味の悪い作品を見るとうまく気晴らしができないこともあるので気を付けてください。

方法⑦生き物と触れ合う

犬や猫などの生き物と触れ合うことは、高いリラックス効果を得られます。人間が想像も付かない動きをする生き物を見ていると、自然と気晴らしができるのです。猫カフェや動物園、水族館など、自分が好きな生き物がいる場所に行ってみましょう。

ペットを飼って一緒に過ごすことが気晴らしになる人も少なくありません。動物を飼うことが難しいなら、観葉植物を育てたり花を飾るだけでもリフレッシュ効果を感じることができるのでおすすめです。

オススメの気晴らし方法【家で一人でできること】

気晴らしにショッピングや映画に行きたいけれど、落ち込みすぎていると出かけることすら嫌になることがあります。そんなときに家で一人でもできる気晴らしの方法を紹介します。お金をかけずにできることもあるので、気晴らし自体が面倒に感じているときでもチャレンジしてみましょう。

方法①ひたすら寝る

人の脳は睡眠中に、起きているときに感じたストレスを整理するような働きを行ってくれます。眠ることによって、精神力や体力を回復することができます。嫌なことがあって気分転換をしたいなら、ムリに体を動かさずに時間が許す限り眠り続けましょう。

方法②音楽を聴く

音楽を聴くことも気晴らしに効果があります。クラシックやインストルメンタルなど、ボーカルがない音楽の方が気晴らしになると感じる人もいれば、ダウナー系、ハードコア、ポップスなど、人によって気晴らしができる音楽は違います。自分が聴いていてもっとも音楽に集中できる曲を聴くようにしましょう。

明るい曲の方が前向きな気分になれる人もいれば、落ち込んでいるときに明るい曲を聴くとツラく感じてしまう人もいます。自分に合う曲が分からないときは、YouTubeやサブスクリプションのサービスで「明るい曲」「暗い曲」「気晴らしができる曲」などのキーワードやテーマで検索をしてみるのもおすすめです。

方法③お風呂に入る

毎日入るお風呂ですが、少し工夫をすることで気晴らしの効果を高めることができます。防水のスマートフォンやスピーカーを使って浴室内で音楽をかけたり、アロマオイルや入浴剤を使ったりするのもおすすめです。スクラブやパックなどを使って、いつもより時間をかけて顔や体をマッサージをするだけでも、気晴らし効果があります。

方法④アロマを焚く

アロマオイルはディフューザーなどがなくても、オイルさえあれば手軽に楽しむこともできます。ティッシュやハンカチに1~2滴落とすだけでも、リラックス効果を得られます。

特に気晴らしがしたいときには、グレープフルーツやベルガモットなどの柑橘系や、ペパーミントやラベンダーなどのシャープな香り、ゼラニウムやジャスミン、ローズなどの甘く優しい香りがおすすめです。

自分に合った香りが分からないときは「リラックス効果が高い香り」「リフレッシュできる香り」として、複数のオイルが調合されたアイテムもおすすめです。

方法⑤思いの丈をノートに書く

嫌なことがあって落ち込んだり、もやもやした気分のときは自分の感じていることをノートに書きだしてみましょう。自分の頭の中だけで考えていると、思考を整理できないために嫌な事ばかりを繰り返し考えてしまいます。

客観的に何が起きたのか、どういう気持ちになったのか、なぜそんな気持ちになったのか、同じことをしないためにどうすればいいのか、自分の理想の姿はどういう姿なのかなどをノートに書きだしてみましょう。ノートに書くだけでスッキリする人もいますし、ノートに書くことで今まで気付かなかった事実に気付けることもあります。

特にいつも同じような失敗をしてしまう、1度の失敗を何度も思い返してしまうという人におすすめの方法です。

気晴らしできる場所とは

気晴らしをしたいときは、家にいるのでなく特定の場所に行くとスッキリするという意見もあります。多くの人が気晴らしに効果があると感じる場所を4か所紹介します。意見を参考にして自分なりの気晴らしができる場所を見つけてみましょう。

ジム

運動が苦手な人でもジムに行くことは気晴らしになります。ジムに来ている人は、体を鍛えにきている人ばかりです。周囲の雰囲気に影響されて、自然と体を動かそうという気持ちになります。他のことを考えずに体を動かすことにだけ集中できる場所は、悩んでいるときの気晴らしにピッタリです。

温泉

温泉は気晴らしにとても良い場所です。特に観光地の温泉は、非現実的な空間なので、実生活で感じてきたストレスを忘れさせることができます。観光地の温泉に行くのが難しい人は、近くにある銭湯やスパランドでも気晴らしができるでしょう。

フェイシャルエステやボディマッサージのサービスを受けられる温泉もあるので、よりリフレッシュ効果を高められます。知らない人と同じ浴槽に入ることに抵抗がある人は、家族風呂や個室に温泉がある場所がおすすめです。血行促進や肌トラブル、高血圧や腰痛、肩こりへの改善効果を得られる温泉もあるので、気晴らしをしながら健康も手に入れましょう。

大きな公園

緑が多く噴水もある大きな公園は気晴らしにピッタリの場所です。自然の木や花に触れていると、体の緊張がほぐれてリラックスできます。できれば、街の騒音が聞こえにくい場所にある公園を選びましょう。人工的な車などの騒音ではなく、小鳥の声や木のさえずりを聞くことでより高いリフレッシュ効果を得られます。

景色のキレイな場所

海が見えたり、夜景などの景色がキレイな場所も気晴らしにおすすめです。自分だけのお気に入りの場所を見つけましょう。特に山などの自然のグリーンには、目を休めて視力にも良い効果があると言われています。

遠くに行けなくても、高いビルや丘の上に行くだけで今までとは違う景色を見つけることができます。いつも同じ景色ばかりを見ていると、閉塞感を感じやすいので気晴らしがしたいときは景色にもこだわりを持ってみましょう。

気晴らしをすることのメリット

気晴らしをすると、どのようなメリットがあるか知っていますか。落ち込んでいたり、忙しさに追われて疲れていたりするときは、気晴らしになることをするのさえ面倒に感じることがあります。気晴らしをすることのメリットを知って、効果的に気晴らしを行いましょう。

生きがいが見つかる

気晴らしをせずに、ずっと落ち込んだ気分を持ったまま過ごしていると、新しい刺激を受け入れることができません。毎日をなんとなく憂鬱な気分のまま過ごしてしまいます。気晴らしをすると、自分のやりたいことが見つかったり、生きがいを見つけたりできます。

ストレスの原因が見つかる

気晴らしをしていると、ふとしたときにストレスの根本的原因を見つけることができます。落ち込んでいたり、一生懸命になりすぎたりしていると、自分が何にストレスを感じているのかさえ見えなくなっていることがあります。気晴らしをして一時的にでも、いつもと違う時間を過ごすと何が嫌だったのかが見えてくるのです。

穏やかな気持ちになれる

憂鬱な気分になって落ち込んでいるときは、自分の心に余裕がなくなっています。そのため、他人に対して些細なことでイライラしてしまいます。気晴らしが上手にできるようになると、心に余裕ができるようになり、穏やかな気持ちで過ごせるようになります。

視野を広げる事ができる

落ち込んだままでいると、心が固まってしまいます。どんどん視野が狭くなってしまい、変化を嫌うようになります。

いつもと同じ食べ物やメイク、通勤経路に固執するようになり、新しいことをしようという気分になれません。気晴らしをしてリフレッシュできると、新しいことが目に入るようになり、いつもと違うことも自然と受け入れられるようになります。

いつも同じことばかりして、自分の視野が狭くなっていると感じたなら、気晴らしをして視野を広げるようにしてみましょう。

気晴らしになることをしてリフレッシュしよう!

気晴らしになることをうまく見つけて、リフレッシュするようにしましょう。気晴らしになる方法は、人によって違うので、自分が心から楽しいと思える方法や、落ち着ける場所を探してみましょう。気晴らしが上にできるようになると、今まで思いつかなかったアイディアや前向きに生きるためのヒントが見つかるかもしれません。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
清水あおい
役に立てる記事を書けるように頑張ります☆

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ