パイチンとは?パイチンにするメリット・デメリットと女性からの印象は

パイチンとはいったい何のことでしょう。パイチンの意味や男性がパイチンにするメリットとデメリット、またパイパンとの関係について徹底解説していきます。さらにパイチン男性に対する女性の印象やパイチン処理の方法も伝授するので、パイチンに興味のある男性は必見です。

パイチンとは?パイチンにするメリット・デメリットと女性からの印象はのイメージ

目次

  1. 1パイチンとは
  2. 2男性がパイチンにするメリット
  3. 3男性がパイチンにするデメリット
  4. 4パイチンにする男性の女性からの印象
  5. 5パイチンの処理方法
  6. 6パイチンは少数派だが一定数好きな人はいる

パイチンとは

パイチンと聞いても、何のことか良く分からないという人は少なくないでしょう。果たしてパイチンとはどのような意味なのか、また日本だけでなく外国ではパイチンはどのように受け止められているのでしょうか。パイチンをするとメリットがあるのか、デメリットはどうなのかについても詳しく見ていきます。

これを読むことで、パイチンがより近い存在となり、自分がパイチンになるべきかを考える良き判断材料となることでしょう。

パイパンと同じ意味

パイチンとはすなわちパイパンの男性バージョンのことです。つまり男性が陰毛を綺麗に剃ってつるつるにすることを意味します。日本でも若い女性を中心にパイパンにする人が増えていますし、それがスタンダードになりつつあります。つまり女性が陰毛をすべて剃っている状態を見せられても男性側もさほど驚かないということです。

しかし、パイチンは言葉そのものもあまり浸透していませんし、実際にパイチンにする男性も日本ではまだまだマイナーと言えるでしょう。そのため女性がいざセックスをするときに相手男性がパイチンだと物珍しく感じる可能性は大きいと考えられるのです。

欧米ではパイチンは主流

日本ではまだ一部の人しかしていないイメージが強いですが、欧米ではパイチンは決して珍しいものではなく、むしろ主流と言っても過言ではありません。セックスをする女性から見ても、男性がパイチンであるのは驚くことではなく、ごく自然のこととして受け入れる傾向が強いと言えるでしょう。

どちらかと言えば、髭や脇毛を剃るという感覚に近く、慣れている人からすると、伸びているのを放置している方が不自然と考えるくらいです。

男性がパイチンにするメリット

日本人男性にとっては、パイチンはまだハードルが高いと感じるかもしれません。しかし欧米で主流になっていることを考えると、そのメリットは少なからず存在すると考えられます。そこで男性がパイチンにするメリットについて具体的に紹介していきましょう。

そしてこれを読んでパイチンにするメリットを感じたら、早速その準備に取り掛かってみましょう。

メリット①清潔を保てる

まずパイチンにするメリットして第一にあげられることは、清潔を保てるという点です。陰毛があることで少なからず股間は蒸れます。冬場はまだよいとしても梅雨時期や夏の蒸れはかなりの深い感があります。そして蒸れることで汗疹ができたり、水虫の一種であるインキンタムシになるおそれも十分にあります。

一度これらに侵されると癖になることもありますし、強烈な痒みに悩まされる羽目になるのです。もちろん陰毛があることで臭いを発することもあるので不潔感は否めません。その点、パイチンにしておけば、脇毛を剃った脇のようにスッキリとして蒸れる心配や臭うおそれも激減します。すなわちその分、清潔に保てるというわけです。

メリット②陰毛が落ちない

パイチンのメリットとして陰毛が落ちないという点も挙げられます。陰毛は到るところで知らない間に落ちてしまうものです。トイレやお風呂ならまだ良いのですが、部屋や廊下、ベッドの上や何故か机にも乗っているようなことがあります。自分一人なら良いのですが、来客時にそのような珍事があるととても気まずい思いをすることになるでしょう。

その点、パイチンにしておくと余計な心配は無用になります。そして何よりエッチの最中に女性の口に中に陰毛が入ったり、絡まるリスクがなくなる点も嬉しいところと言えます。

メリット③勃起すると大きく見える

パイチンにすることで、勃起するとペニスが大きく見えるのが男性にとっては大切なメリットです。実を言うと女性はさほどペニスの大きさを重要視していません。しかし男性自身には、大きいと思われたいという本能があるのです。大きいことで強さや逞しさを演出できると考えるきらいがあるとも言えるでしょう。

もし女性に「大きい!」と言われようものなら、その喜びはなおさら大きくなります。そのためパイチンにすることで、男性特有の承認欲求が少なからず満たされる効果があるわけです。確かにパイチンにすると、体に特別モジャモジャとした長い体毛がないキリンの首ごとく、ペニスの竿の部分がしっかりと強調されて長く見えることは間違いありません。

自分のペニスが大きいと自信を持つことで、セックスにも自信を持って臨めるというメリットも期待できるのです。

メリット④フェラしやすい

パイチンにすると、女性がフェラしやすくなるというメリットもあります。陰毛が濃い場合は、女性がフェラをしようとすると口に中に陰毛が入ったり、唇や舌に絡みいついたりすることが良くあります。また鼻でダイレクトに臭いを嗅ぐことにもなるので、臭い場合は女性に気の毒な思いをさせることにもなるでしょう。

その点、パイチンにしておけば、すんなりと加えてもらうことができ、余計な心配をせずエッチに集中できるわけです。

メリット⑤セックスの感度が高まる

パイチンにすることで、セックスの感度が高まるというメリットがあります。このメリットがパイチンをする人の意見としては一番多いかもしれません。それまで陰毛があることで触れることのなかった肌や毛根部分が、直接女性の肌と密着することになります。

さらに女性がその周辺を愛撫してくれる時には、舌先の感覚をより敏感にキャッチすることも可能になるのです。そのため感度が高まることで、より中身の濃い充実したセックスが期待できるでしょう。

男性がパイチンにするデメリット

男性がパイチンにする場合にはメリットがある反面デメリットもいくつか存在します。これらのデメリットを認識していないとパイチンにした後で、後悔する可能性があるので気を付けましょう。それでは早速、パイチンにする上でのデメリットについて具体的に見ていきます。

デメリット①定期的な処理が必要になる

パイチンにするデメリットとしては、まず定期的な処理が必要になるという点が挙げられます。パイチンは永久脱毛をしない限りは、髪の毛や髭と同様にすぐに新しい陰毛が生えてきます。つまり定期的に処理をしていかなければパイチン状態を保つことはできないのです。もちろん体毛が多くて濃い人ほど頻繁に処理しなければならないと言えるでしょう。

そのため性格がマメでなければ、パイチンであり続けることに苦痛を覚えるようになるかもしれません。

デメリット②肌荒れを起こす可能性がある

慣れていない男性がいきなりパイチンにしてしまうとカミソリ負けして肌が荒れてしまうことがあるので注意が必要です。後述しますが、正しい処理方法を確認して丁寧に作業するように心掛けましょう。

またそれまで陰毛によって守られていたエリアがいわば無防備な状態になってしまうので、セックスなどで摩擦を起こしたりして激しく刺激するとこれも肌荒れが起きる可能性があるので気を付けましょう。

デメリット③パイチンに抵抗のある女性が多い

自分はそれなりの理由があってパイチンにしたつもりでも、女性によっては抵抗のある人も結構多いので気を付けましょう。冒頭でも述べたように国内ではパイチンはまださほど市民権を得ていないため、実際に目の前にするとリアクションに困る女性が少なくないのです。

それなりのメリットや理由をきちんと説明すれば、納得してもらえるケースも多いのですが、見た目のインパクトが強すぎるため女性のセックスに対するモチベーションが一気に下がって、そこで中断ということも起きかねません。

もし彼女がいる場合は、パイチンにする前にそれとなく相談したり説明をして、賛同を得られるようなら実行してみるというくらいに慎重な方が良いかもしれません。

パイチンにする男性の女性からの印象

冒頭にも述べたように、日本ではパイチンは女性のパイパンに比べて認知度も市民権も低い状態なので、気を付けなければ女性からの評価が大きく分かれる可能性があります。欧米でスタンダードだからと言って受け狙いでパイチンにしてドン引きされるというケースもなくはないので注意しましょう。

そこでパイチンに対する女性の印象を賛成派と反対派に分けて紹介していきましょう。

パイチン賛成派の印象

パイチン賛成派の女性は、どちらかというとセックス上級者に多いようです。一通り色々なセックスを経験していて、さらなるエクスタシーを求めてセックスを楽しみたいという女性からするとパイチンを歓迎する傾向が強いようです。

パイチンにすることで想像以上の密着感が得られるので、微妙なところで感度に開きが出てきて、パイチンでない場合と気持ち良さが違うのです。その良さを分かっている女性からすれば大賛成ということです。さらにフェラをするときもアンダーヘアが口に入ったり、舌に絡むこともなく、臭いの心配もなくなるので女性ウケするようです。

パイチン反対派の印象

パイチン反対派は、まだセックスにあまり慣れていなかったり、どちらかというと古風で真面目な女性に多いようです。そのような女性が彼氏ができて、初めてエッチをするときに相手がパイチンだと開いた口が塞がらないというくらいに衝撃を受けるでしょう。

そして人によっては、そこでエッチモードのテンションが一気に冷めてしまってそれ以上前に進めなくなることも考えられます。この方が気持ちいいからと言ったところで、相手の気持ちがまったく付いてこなくなってしまうおそれがあるのです。もちろんパイチンにする場合に、段階を追いながらきちんと説明すれば理解してくれる場合もあります。

しかしパイチンにするなら相手の性格と自分との関係性を良く考慮する必要がありますし、特に上記のような女性の場合はくれぐれもサプライズ的にはパイチンにしない方が無難と言えるでしょう。

パイチンの処理方法

最後に、いよいよ実際にパイチン処理をしたいと希望する人向けに、その方法を紹介していきましょう。基本的には自宅で自分で処理する方法とプロに依頼する方法があります。もちろんプロにゆだねる場合は、それなりのクオリティが期待できますが有料になるので、その辺りも考慮に入れる必要があります。

脱毛クリーム

手っ取り早く簡単で、それなりに効果も期待できるのが脱毛クリームです。種類がたくさんあるので、自分に合ったタイプを吟味する必要があります。また使用法に従って正しく使わないと効果が出なかったり肌荒れを起こすこともありますから、特に初めての時は注意しましょう。

一度で効果が出ない場合でも、数日空けてからまたトライしていくとうまく抜けてくるはずです。

カミソリ

男性としては、もっとも馴染みがあるのがカミソリでしょう。使い慣れているでしょうし、ある程度失敗しても自分で調整してごまかしやすい利点もあります。すべてを剃ってしまうのに抵抗がある場合は、はさみを使ってすいて薄毛にしてみてもオシャレ感がでます。ただ髭をするのとはわけが違いますので、くれぐれも怪我をしないように気を付けましょう。

ブラジリアンワックス

自分でパイチン処理するのではなく、プロにゆだねるという方法もあります。その際には、人気があるのがブラジリアンワックスです。特に女性で愛用する人が多いのですが、男性にも浸透しつつあります。簡単に説明すると脱毛したい部分に専用のワックスを塗り、シートを張ったらそのまま毛根から一気にはがし取るという方法です。

もちろんそれなりに痛みます。お店によってはシートを使わない方法もあるようですが、いずれにしても見事に陰毛が根こそぎなくなります。ただし、綺麗なまま維持できるのは2~3週間なので、つるつるのままキープしたければ、定期的にお店に通わなければならないので、時間とお金がかかります。

また陰毛を引き抜くには、ある程度伸びてこないとできないという点も知っておく必要があるでしょう。さらにお店で処理をしてくれるのも基本的に女性なので、その点が気にならないという人に限定されます。

永久脱毛

さらにパイチン処理をプロに頼む場合には、永久脱毛という選択肢もあります。こちらはブラジリアンワックスよりも本格的になります。何しろ永久ですから、一度パイチン処理してしまえば将来子供ができようが、孫ができようが、パイチン嫌いの女性が現れようが、パイチンのままとなります。

しかし全くのつるつるでがなく、一部を残すとか、毛量を減らすという形でオーダーもできるので安心です。ただ費用が高額になるのと人によっては痛みを伴うなど注意点もあるので、本格的に行おうと思う場合は、良く説明を聞いてからにするのがおすすめです。

パイチンは少数派だが一定数好きな人はいる

パイチンについて詳しくなかった男性にとっては、パイチンのメリットが意外に多いことに驚いたかもしれません。男性にとって都合がいいだけでなく、それなりに理解してもらえれば、女性にとってのメリットも少なくないのです。

そして日本女性の中にも少数派ですが、パイチン好きもいるようなので、相手に合わせながらパイチンにトライするのも意義があることと言えそうです。あくまで失敗しないように記事を参考にしながら上手く対策していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ