死相が顔に出ている人の特徴!死期が近い人が取る不思議な行動や兆候とは

占い師や霊能者から「死相が見える」と言われたことはあるでしょうか。死期が近い人の顔や手相に出るとされますが、それ以外にも死相が出ている人はある特徴や兆候があるようです。それはどんな行動で、どんな意味があるのでしょうか。死相が出ていたという芸能人も紹介します。

死相が顔に出ている人の特徴!死期が近い人が取る不思議な行動や兆候とはのイメージ

目次

  1. 1死相とは
  2. 2死相が顔に出ている人の特徴【顔編】
  3. 3死相が顔に出ている人の特徴【体編】
  4. 4死期が近い人が取る不思議な行動や兆候
  5. 5手相で分かる死相の見方
  6. 6死相が出ていると言われた時の対処法
  7. 7死相が見える(見えていた)芸能人
  8. 8死相が出ていたら自身の生活や体調に気を配ろう

死相とは

そもそも、死相とは何でしょうか。死相といえば、よく占い師や霊能者といった特殊な能力を持つ人が使うイメージがあるかもしれません。単純にまもなく死ぬ人(死期が近い人)に出るサインか何かだと考える人もいます。どちらであっても見るからに不吉なため、「死相が出ている」と言われて喜ぶ人はあまりいないでしょう。

ただし、死相が出ているからといって必ず近い内に死ぬわけではありません。死相とは、あくまで病気のサインや事故の警告です。死相が出た段階で、適切な対処をすれば難を逃れることも可能なのです。人はいつか必ず死ぬので、寿命であればどうしようもありませんが、そうでないなら死相はそれほど怖いものではありません。

死相が出ている人の特徴や兆候を解説する前に、入門編として正しい知識を覚えましょう。「死相」の定義とそれが体のどこに現れるのかについて解説します。

そもそも「死相」の意味とは

あまり知られていませんが、実は「死相」という言葉には二つの意味があります。辞書的な意味でそれぞれ見ていきましょう。

一つ目は、「死んだ後の顔つき」という意味です。一般的には「死に顔」と呼ばれることが多いですが、「死相」もこれと同じ意味を持ちます。要するに亡くなった人の顔や表情を指しています。たとえば「おばあちゃんの死相は安らかだったね」という風に使われます。

二つ目は、よく言われる「死期が近づいた顔」です。「死相」と言われて、こちらの意味を思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか。基本的に、死期が近い人間に現れる兆候または特徴全般をさす言葉です。よく「死相が出ている」という使われ方をしますが、これは顔などに出る特徴だけではありません。行動や仕草も「死相が出ている」と言います。

死相が出る場所はさまざま

「死相が出ている」というとよく顔にあるイメージがありますが、実は死相が出てくるのは顔だけではありません。体や手相、更には体臭といった目に見えないところに兆候が現れることもあります。これらは病気の症状でもあり、ある意味誰にでも分かる兆候です。何か病気を患っている可能性が高いため、病院で診てもらうべきでしょう。

霊感が強い人は、死相をオーラとして感じ取ることもできるようです。黒い靄のようなものが顔にかかっているという人もいれば、その人の体から黒いオーラが見えるという人もいます。「死相が出ている」というのは、このように超自然的な能力を持つ人だから分かるものもあります。これらの能力を持つ人は、自殺や事故死も察知することができます。

人間は死期が近づくと、亡くなる数日前から体と魂が離れ始めると言われています。魂が抜けていく様が見える人は、どんなに元気でも「あの人は死期が近い」ということが数日前から分かるようです。

死相が顔に出ている人の特徴【顔編】

「死相が出ている」といえば、まず代表的なのが顔に出てくる兆候です。体や手相は分かりづらいですが、顔であれば誰が見ても分かりやすいでしょう。病気の兆候として急激に顔がやせこけるのも死相の一つですが、中にはこれから事故に巻き込まれる暗示が出ることもあるようです。

特徴①顔に影が現れる

顔には元々凹凸があり、それ相応に影ができるものです。しかし「なんだか不自然に真っ黒な影ができている」のであれば、それは死相かもしれません。中でも危険とされているのが、顔の中央に縦まっすぐに黒い影が入っている場合です。左右どちらかの顔半分に真っ黒な影がさしている場合は、死期が迫っているという警告とされています。

最近は、この影が抗がん剤などの薬の副作用ではないかとも言われています。薬で顔自体が黒くなり、影に見えやすくなるようです。とはいえ、医療が進んだ現在でもがんは恐ろしい病気なので、死相だと感じやすいものではあるでしょう。

特徴②おでこに縦線が見える

髪の毛の生え際から眉間にかけてスッと入るおでこの縦線も、死相と言われています。その線もまた、影のようなモノのようです。その線が濃く、より黒ければ黒いほど死ぬ可能性が高く、青っぽかったり薄かったりすると対処すれば助かると言われています。

この影は霊的なものなどではなく、病気やストレスで苦しんでいる人が眉間に寄せたしわの影なのではないかと考える人もいます。苦しければ苦しいほど、そのしわにできる影もより濃くなるでしょう。それが濃ければ濃いほど病死や自殺の可能性は高まります。

特徴③顔がぼんやり見える

顔がぼんやりとぼやけて見えるというのは、その人がこの世とあの世の狭間にいるからと考えられています。これは死期が近づいているからで、存在そのものがぼやけてしまっているのです。限りなく死に近い状態と言っても良いでしょう。その人の姿がなんとなく二重に重なって見えているのも、これと同じ意味を持ちます。

特徴④顔に赤い筋が見える

顔に赤い筋が見えるのは、近い未来その人が事故に遭う暗示と言われています。右の眉から眉間にかけて伸びる筋、鼻を切り裂くかのように斜めに走る筋、目を縦か横に切り裂くような筋は特に危険とされています。

筋が一本入っているだけなら事故に遭っても怪我で済みそうですが、何本も入っていたり他の死相も出ていたりすると亡くなる危険があります。相手の顔に赤い筋が入っていたら、事故に気を付けるように言っておきましょう。

特徴⑤目に生気がない

目がどこか生気がないのも、死期が近づいている証と言われています。ただし、目に生気がないだけでは死期が近いかどうかは判断できません。他の死相も一緒に出ていると、近い内に亡くなる可能性が高いとされています。

他にも黒目が変色している、赤い筋が入っているなどといった不可思議なものが見えた場合も死相ということができるようです。後者の赤い筋は、瞳に筋がかかっていなければ死ぬことはないとも言われています。

死相が顔に出ている人の特徴【体編】

死相が出るのは顔だけではありません。体臭や精気を感じないなど、体全体にも特徴的な変化が色々と出てきます。たとえ健康に問題がなくても、これから近い内に自殺する人や、事故に巻き込まれて亡くなる人にも死相というものは出てきます。特に霊感の強い人は、それらの死相が目に見えるようです。

特徴①急激に体重が落ちる

急激に体重が落ちるのは、一般的に考えても病気の証です。よくテレビなどで病気療養を公表した芸能人が、とてもやせ細っていてびっくりした記憶をお持ちの人も多いでしょう。死相というよりかは、ある意味では病気の兆候があると言った方が良いでしょう。早めに病院に行って対処すれば、それほど危険なものではありません。

特徴②体の臭いが変わる

死期が近い生き物は、体臭も変化すると言われています。臓器の機能低下によって、甘酸っぱいにおいがすることはあるようです。これはケトン臭と呼ばれるもので、主に糖尿病の時等に漂ってくるにおいです。これは危険な病気のサインでもあるため、早めに病院に行きましょう。

こうした体臭の特徴として、死期が近い人は線香のにおいがすると言う人もいます。それもケトン臭の一種なのか、別のものなのかは定かではありません。しかし体臭というのは石鹸などもありますが、多くは体の中にあるものからできるものです。体臭が変化するということは、体で何かが起こっている証拠です。どちらにしろ注意した方が良いでしょう。

特徴③力強さを感じない

死期が近い人は、動き等に力強さや覇気がなくなると言われています。それを確かめる手段として有名なのが、親指に力が入るかどうかというものです。親指に力が入らないと、死期が近いと言われています。他人と握手して親指に力が入っているかどうか確認してもらうのが良いでしょう。

親指に力が入らないのは、病気のサインや体調不良の兆候と言われています。早めに病院に行った方が良いでしょう。特に何か病気をしているわけではないのに、突然生気を感じられなくなるのも死期が近い人の特徴です。

特徴④黒いオーラが出てる

霊感が強い人や超自然的な能力を持つ人の中には、オーラから死期が迫っているのを感じ取ることができる人がいます。病死や老衰も分かるようですが、自殺や事故死などの突発的な死を予見することもできます。多くの場合、死期が迫っている人は体から黒い不吉なオーラが出ているようです。

こうした力は個人差が大きいため、見え方は人によって様々なようです。体全体からまとうように出ていると言う人もいれば、顔を覆っていて表情が見えないと言う人もいます。死神のような黒い影が近くに見えたというエピソードもあるようです。これらを見た瞬間、初めて見た場合でも「あの人はもうすぐ死ぬのだろう」と直感できるそうです。

死期が近い人が取る不思議な行動や兆候

死期が近い人は、ある特徴的な行動や兆候があるようです。今までしたことすらないようなことをしだしたり、昔は考えられないような食べ物が好きになっていたりと周りの人を驚かせます。それから数年経った後にその人の訃報を聞き、「あれは死の兆候だったのか」と後で分かったというエピソードはよくあるものです。

死期が近い人がとる不思議な行動や兆候もまた、死相が出ているということができます。それは一体どのようなものなのでしょうか。

行動や兆候①身辺整理を始める

突然部屋をきれいに片付けたり、大事にしていたものを友人にあげたり、財産や仕事の整理を始めたりするのは死期が近いことの証として有名です。唐突に遺書を書き始めるのもその一つと言えます。こうして身辺整理をするのは、自分が死んだ時に周りの人に迷惑をかけたくないという思いからそのようなことをするのでしょう。

寿命や病気などで、自分がこの先長くないということを無意識にでも悟っている人や、これから命を投げ出そうと考えている人がよくやる行動です。

行動や兆候②食の嗜好が変わる

全ての人がそうとは限りませんが、死期が近い人は好きな食べ物や好みが一変すると言われています。昔はお肉しか食べなかった人が、今では野菜が大好きになっていたり魚が好きになっていたりするのです。それを目の当りにされたら、確かに周りの人は驚くでしょう。病気の経験や年齢で健康志向に変わったのかもしれません。

ちなみにがんなどの病気や、薬の作用などで味覚が変わることもよくあります。昔大好きだったものが今は食べられなくなったということは珍しいことではありません。その後すぐに亡くなったから、「死期が近い人は食べ物の嗜好が変わる」と考えられていたという可能性もあります。

行動や兆候③普段やらないことをする

死期が近いことを悟った人の中には、今の内に色々なことにチャレンジしようと考える人もいます。そのため周りの人から見れば、普段やらないようなことをしているように見えるでしょう。死期が近いからと身近な人や、最近会っていなかった友達にあいさつに回ることもよくあるようです。

また、亡くなる直前に不可思議な行動をする人も中にはいます。犬が嫌いなはずの人が犬の散歩に行ったり、亡くなる数日前に見えない来客と話していたりするというものです。本人が何を感じ、何を見ていたかは分かりません。しかし死を無意識ながらもどこかで察知することで、いつもは絶対にしないような不思議なことをする人は少なくないのです。

行動や兆候④ドッペルゲンガーに会う

死期が近い人の話でとても有名なのが、ドッペルゲンガーと出会うというものです。ドッペルゲンガーとは自分と全く同じ顔の人物のことです。日本では影法師などとも呼ばれます。自分と顔も声も何もかもが同じ人間が、自分の目の前を歩いているという話は世界中で聞かれます。これは古くから「ドッペルゲンガーは死の前兆」と信じられてきたからでしょう。

とはいえ、ドッペルゲンガーに出会ったから死期が近い、ということになるのかどうかは定かではありません。ドッペルゲンガーは幻覚の一種とも、未来の自分がタイムトラベルしてきた姿とも言われています。

もしかしたらドッペルゲンガーは自分の強い念が生み出した生霊のようなもので、死とは直接関係ないのかもしれません。死期が近い人がドッペルゲンガーをよく見るというのは、死期が近いことを悟ったことで、心の底にある「まだ死にたくない」という思いが自分の姿となって現れた可能性もあります。

手相で分かる死相の見方

死相は、手相からでも現れます。手相といえば有名な生命線や運命線と呼ばれるものもあり、死期が近いとこれらに変化が出ます。手相とは意志の強さで濃くなったり薄くなったりもし、時間や運勢と共に変化していくとされています。それとは別に、手のひら自体が黒ずんできているのも死相の一つとされています。

手相①生命線

生命線は、親指と人差し指の間から始まり、手首に向かって弧を描く線です。手相占いでは、この生命線から生命力や行動力などを占います。生命線が途中で薄くなっていたり、途切れていたりする人は死期が近いと言われています。簡単に見つけられることから、手相から判断するには一番分かりやすいでしょう。

手相②頭脳線

頭脳線は生命線の少し上にある線で、横に向かって伸びています。手相占いでは物事の考え方や才能を司るものです。一見死期とは関係なさそうに感じるかもしれませんが、頭脳線が正常でないと病気やけがをしやすいとされています。頭脳線は注意力も関係してくるため、この線に異変があると体の異変に気付けなくなってしまう可能性があるのです。

頭脳線がいつもと違うと感じたら、手相に詳しい人に見てもらうか、病院で一度健康診断を受けた方か良いかもしれません。

手相③運命線

運命線は、中指から手首に向かって伸びていく線です。手相占いでは仕事運やその人の運命を示す線とされています。その運命線に×印のような線が重なっていると死期が近くなっていると言われています。一度病院に検査に行くか、占い師に見てもらった方が良いでしょう。

手相でこれらの生命線、頭脳線、運命線がそれぞれ断ち切られるような線が入っている場合も死期が迫っているとされています。手相だけで必ずしも死相が出ていることにはなりませんが、顔や体など他にも気になる点があったら早めに病院で診てもらうことをオススメします。

死相が出ていると言われた時の対処法

まったく心当たりがないのに「顔や体に死相が見える」と言われたら、誰だって不安になります。先に紹介した手相占いでも、当てはまってしまった人もいるかもしれません。もし死相が出ていると言われてしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

そもそも、信じすぎは禁物です。それに先に説明したように、必ずしも「死相が出ている=死」というわけではありません。死相が出ているからといって、本当に近い将来死ぬわけではないのです。行動次第で迫ってきている死期を回避することだって可能になります。

プラス思考を心がける

まったく心当たりがなく、体調も悪くないのにも関わらず死相が出ていると言われてしまっても、あまり気にせず前向きに生活していくことをオススメします。「病は気から」という言葉があるように、死相が出ていると言われたことを引きずっていると、それこそ何らかの病気になってしまうこともあるのです。この言葉は科学的にも証明されてきています。

落ち込みやすい人や、マイナス思考になりやすい人は特に注意しましょう。そういう時は気にせず笑って生きるのが一番です。

生活習慣を改善する

最近食生活が乱れている、寝不足気味など生活習慣が乱れていると感じているのであれば、それを見直した方が良いかもしれません。生活習慣病はがんや糖尿病など、非常に恐ろしい病気が並びますが、逆に言えば生活習慣を見直すことでそのリスクをかなり下げることが可能です。

また、日頃から何となく体が優れないという人は、単純に寝不足という可能性が高いです。十分に睡眠をとるだけで、人は一気に元気になります。仕事が忙しいと生活習慣が乱れがちですが、今一度確認した方が良いでしょう。生きるために仕事をしているのに、仕事で命を削ってしまっては元も子もありません。

健康診断を受診する

一度健康診断を受けてみるのも良いでしょう。死相が出ていると言われるだけで不安を感じるよりも、病院できちんとした正しい診断をしてもらう方が有意義です。特に最近健康診断を受けていないという人は、これをきっかけに受けてみるのも良いかもしれません。自分の体の状態を知ることは、とても大切なことです。

死相が見える(見えていた)芸能人

テレビで活躍した芸能人の中にも、死相が見えていた人は存在します。黒いオーラのような超自然的なサインではなく、病気で体重が急に減ったことによる死相がほとんどです。昔よりも一気に痩せている姿を見て、死相を感じる人は多いのでしょう。現在は既に亡くなっている人ばかりのため、ご冥福をお祈りしつつ紹介します。

ここで紹介する芸能人以外にも、ユーチューバーやミュージシャンなどで死相が出ていたと話題になる人も多いです。特に事故死した人は生前から黒い影が見えていたなど、不可思議な兆候が出ていた様です。

芸能人①桂歌丸

桂歌丸は初代笑点メンバーの一人であり、有名な落語家でした。戦時中の日本を生き延び、落語に人生を見出した人でもあります。番組の司会業でも大活躍し、終身名誉会長や文部科学大臣賞も受賞しました。

一方で元々ヘビースモーカーとも言われ、病気も多く発症して入退院を繰り返していました。81歳で亡くなる直前は、鼻にチューブを通していました。その頃は体重も落ちてかなり痩せていたことから、テレビでその姿を見て、死相が出ていると感じた人も多かったようです。

芸能人②デヴィッド・ボウイ

イギリスのロック歌手で、世界中の人々から愛されたデヴィッド・ボウイも死相が出ていたと言われています。作曲の技能は天才的とも言われ、生涯現役という人生でした。彼は肝臓がんにより69歳で亡くなりますが、その直前の姿はかなり痩せている上に、生気も感じられません。これを死相と感じるファンも多かったのでしょう。

芸能人③西城秀樹

歌手や俳優などマルチな才能で活躍した西城秀樹も、死相が出ていた芸能人です。63歳の時に急性心不全でこの世を去りました。脳梗塞を複数回発症しながらも、リハビリを続けてコンサートに出演する程に回復した中の出来事でした。最後のコンサートでは目が落ちくぼんでおり、死相が出ていたといいます。

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」でも登場していたため、若い人でも知っている人は多いでしょう。その作者であり西城秀樹のファンでもあったさくらももこも、そのわずか3か月後に亡くなったというのは大変な話題となりました。

死相が出ていたら自身の生活や体調に気を配ろう

死相が出ている人の特徴や兆候について解説しました。たとえ病気であっても突発的な死であっても、人は顔や手相、オーラなど必ずどこかしらに死相がでるとされています。事故の暗示は超自然的な現象となって現れるため難しいかもしれませんが、体調不良による死相は行動次第で回避できることが多いでしょう。死相と死は必ずしも直結しないのです。

もし「死相が出ている」と言われた時、生活習慣が乱れてきていると感じていたなら、今一度生活や体調に気を配った方が良いでしょう。どうしても心配なら病院や人間ドックを受けるのも手です。その一方で、あまり気にし過ぎるのも良くありません。人はいつか必ず死にます。死相は一つのサインと割り切って前向きに生きる方が自分のためになるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb霊障の意味とは!特徴や症状・原因・対策を徹底解説【霊障診断】
突然原因不明の頭痛や眠気、寒気といった症状に襲われたことがあるでしょうか。実はそれ、霊が起こ...
Thumb空亡の意味とは?空亡期の過ごし方8選!結婚や転職してもいい?
空亡が持つ意味や種類についてご存知でしょうか。同じ種類の空亡同士は相性が良いと言われています...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ふにょり
文字書きとお絵描きと猫とゲームが好きです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ