元カノが結婚してしまった!ショックを受け後悔する男性心理と対処法は?

元カノが結婚したという報告を受けると男性はショックを受けます。元彼女に対する未練がだんだん高まり、結婚式に出た友人から話を聞くと改めて後悔します。もし元カノと別れなかったら自分が結婚したのかも知れません。このような男性心理と対処法をまとめてみました。

元カノが結婚してしまった!ショックを受け後悔する男性心理と対処法は?のイメージ

目次

  1. 1【元カノが結婚】ショックを受ける男性の心理
  2. 2【元カノが結婚】ショックから立ち直るための対処法
  3. 3男性が結婚しなかったことを後悔する元カノの特徴
  4. 4元カノの結婚式に招待されたらどうする?
  5. 5元カノが別れた男性に結婚報告をする心理
  6. 6元カノの結婚は素直に祝福しよう

【元カノが結婚】ショックを受ける男性の心理

元カノが結婚した事を知らされた時、動揺しない男性はまずいないと言ってもいいでしょう。元カノの結婚の情報をもたらした目の前の友人には動揺を悟られまいと平常心を装うかも知れません。しかしその心の内は衝撃が走り抜けており、頭は真っ白の状態なのです。そんなデリケートな男性の心理をわかりやすく紹介していきます。

未練が残っている

二人が別れるに至る理由はカップルの数だけ存在します。そのため一概には言えませんが、もし嫌いになって別れた訳ではなく、お互いに色んな事に折り合いがつかなくなり仕方なく別れたとします。すると別れたものの、男性は未だに元カノに思いを寄せており、元カノも自分と同じ気持ちでいてくれるものと思い込んでいたとしたら、衝撃度は計り知れません。

元カノからすれば男性の勝手な妄想としか思えない事ですが、男性は元カノは何時までも自分の事を好きでいてくれると信じていたかったのです。そして、別れた後に他の女性ともお付き合いしてみたものの、やっぱり元カノを超える女性はいないと痛感し始めていた矢先に元カノの結婚を知る事となり、まさに後悔先に立たずの心境なのです。

先を越されて焦る

人生に階段があるのだとしたら、過去を振り切って新しい人生の階段を登りだした元カノが眩しく見えることでしょう。階段を何段も先に行かれたような気さえしてしまいます。自分は結婚には踏み切れなかったのですが、元カノへプロポーズした彼氏は大きな決断を成し遂げることができたのです。

これは自分が越えられなかった壁を越えたカップルへの羨望の念も混じって、複雑な感情になります。もしも自分が元カノとの結婚について、もう少し現実的に考えて行動に踏み切っていたとしたら、今頃二人は結婚出来ていたかも知れないと悔やまれるのです。

元カノの結婚相手が気になる

元カノのことを考え始めると、元カノの隣にかつては自分がいたのだと、過ぎし日々を追憶してしまうかも知れません。想い出が美しいものならなおのこと、元カノの結婚相手はどんな人なのか、仕事は何をしているのか、自分と似ているところがあるのだろうか、元カノは結婚相手のどんなところに惹かれたのだろうか、など男性は気になって仕方ないのです。

他人に奪われたような気持ち

元カノと過ごした時間は人生の一時に過ぎなかったとしても、「一時」と言葉で言うようには心の中は割り切れません。まだ完全に想い出として割り切っていない元カノだとしたら尚更でしょう。自分の大切な物を他人に奪われたような気持ちになり、焦燥感に襲われてしまう事もあるのです。

今となっては元カノは自分の力の及ばないところに行ってしまっているのに、今でも自分のものだという気持ちが強いのです。

幸せな元カノに対して腹が立つ

元カノには幸せになって欲しいと素直に思う反面、男性自身が不幸だったり心に余裕が無い場合もあります。そのような時は、元カノだけが幸せになるなんてずるいと思う気持ちが心の底に沸き起こってきます。男性が元カノに未練があるればあるほど、余計に腹が立つのかも知れません。

【元カノが結婚】ショックから立ち直るための対処法

男性は冷静になって考えてみれば、元カノは結婚してしまったため今更自分ではどうしようもないことに気がつきます。それならば、自分の人生をせめても輝かせるしかありません。そのためにはこのショックから立ち直るのが先決です。その対処法をいくつか紹介します。

元彼女と別れた理由を分析する

まずは、なぜ元カノと別れたのかについて自分で納得する必要があります。そうしないと、単に仲を引き裂かれたような感覚になっていてショックだけが強調されてしまいます。別れたことを納得するためには、別れた理由を冷静になって思い出すことです。すると理不尽に思えていた別離が、実はありふれた展開に思えてくるのです。

つまり二人が別れた理由は、お互いの心のすれ違いによるものだというような理由に思い当たります。そして別れる前の1ヶ月間の出来事を順に振り返っていくと、自分の多数の失敗にも気がつくでしょう。それ相応の後悔をするかも知れませんが、この段階をきちんとクリアしないと立ち直ることは困難になりますので、耐えて乗り切りましょう。

仕事に没頭する

苦しい感情を持っている時には、本来業務に没頭するのが一番です。仕事のことで頭の中をいっぱいにすれば、くよくよした気の迷いが付け入る隙がなくなります。そして有史以来初めてとも思えるくらい仕事を一生懸命にやれば、先輩や上司の目も変わってきます。「お前、やればできるじゃないか」と褒めてもらえれば益々やる気が出て来て頑張れます。

このようにしてしばらくの間は仕事漬けになっていれば、気がついた頃には元カノのことなど小さなことだと思えるようになります。

自分磨きをする

プライベートの時間も前向きに使うようにすれば、次第に目の前が明るくなっていきます。階段を一段ずつ登るような高揚感を得ることができてくればまずは軌道に乗ったといえます。そして身体を鍛えるためにジムへ通ったり、英会話を磨くためにネイティブスピ-カーと会話できるスクールに入ったり、何か仕事の役に立つ資格の勉強を始めたりします。

このような自分を高める活動をして自分磨きをすれば、過去の自分よりも今の自分の方が価値が高まっているという実感が湧き、元カノのことを忘れられます。

新しい出会いを求めて行動する

やはり根本的な解決方法は、新しい彼女を得ることです。ある程度ショックから立ち直り、客観的に見てもダメージが少なくなったと思えるえるようになったなら、新しい出会いを模索しましょう。合コンやパーティーにでかけたり、料理が好きならばクッキング教室などのカルチャースクールに入るのも新しい出会いのきっかけになるはずです。

その気になれば、今は出会いのチャンスはいくらでもあります。必要なのは本人の気持ちが前向きになっていることです。

男性が結婚しなかったことを後悔する元カノの特徴

元カノが結婚すると、ショックを受ける男性は多いです。ところがしばらくして、ショックから立ち直ると元カノと結婚しなかったことに対して、それほどもったいないと思わなくなる場合があります。こういうケースの場合はあくまでも元カノに結婚の先を越された事に対するショックの比重が高かったのだと言えます。

反対に、冷静に思い返せば返すほどもったいないことをしたという念が強まっていく元カノもいます。男性が結婚しなかったことを後悔する元カノの特徴とはどのようなものでしょうか。

包容力があった

男性は思い返してみて、元カノに対してはずいぶんとワガママを言いたい放題だったということに気がつくでしょう。この人になら何を言っても優しく受け入れてくれると思い込んでいたようです。確かにそういう男性のワガママを受け入れるだけの包容力を持った女性ならば、もし結婚しても家庭円満となる可能性は高いです。

ワガママの一言も言えないような結婚生活と比べたら、天と地の開きが出て来るでしょう。もし男性が結局そのような結婚生活に追い込まれてしまったら、元カノと結婚しなかったことを一生後悔します。

自然体でいられた

元カノの隣にいるだけで安らぎを感じられ、素のままでいられたと男性は思い出すかも知れません。そしてこのような自然体でいられるという事が後になってとても大切な事だったと気がつくのです。男性は元カノと波長が合っていたからこそ、一緒に居ると落ち着けたのです。自然体でいられると言うことは結婚生活ではとても大切な事です。

男性は元カノと別れてから色々な経験を通して、これまで当然だと思っていた事が、元カノとの間柄だったからこそ実現していたのだと気がつきます。そして元カノと結婚しなかった事を後悔するようになるのです。

自分の事を一途に思ってくれた

男性はいつものことなので、それほど重要だと思っていなかったかも知れませんが、元カノは男性のことを一途に思ってくれていました。人間は失って初めて気がつくものですが、愛するよりも愛されることの尊さを知るべきです。自分のことを大切に思ってくれていた元カノの深い愛情を思い出せば、後悔に涙してしまうでしょう。

そして元カノと結婚しなかったことをずっと後悔することでしょう。

家事が上手だった

男性がふと一人で部屋に座っていると、元カノが男性の部屋に来てくれた時には、美味しい料理を作ってくれたことを思い出すでしょう。また、乱雑で決して衛生的とは言えない部屋の中をいつも綺麗に掃除をしてくれたことも思い出すはずです。そうです、元カノは家事が抜群にできたのです。

今、荒れ放題になっている部屋の中を見るにつけ、男性は元カノの存在の大きさを再認識して、失ったことを後悔するのです。

元カノの結婚式に招待されたらどうする?

一般的にはありにくいことかも知れませんが、もし元カノの結婚式に招待されたら、どのように対処すべきでしょうか。まずは招待されたことに驚愕するでしょう。次に何か魂胆があるのかと勘ぐりたくなります。そして自分の進退については非常に悩むところです。

欠席する人が多い

一般的には欠席する人が多いです。別に自分が負け犬だと思っているわけではないですが、元カノの方に先を越されて結婚されてしまうと、男性はなんだか自分が惨めに思えてきます。そのような気分ではとても出席は無理だと考えるでしょう。しかし、強がりも含めて負けず嫌いな性格であれば、堂々と出席する人もいます。それもある意味立派な行動です。

ところで、もし相手の親御さんと既に面識があるのでしたら、欠席するのが無難でしょう。

二次会だけ参加

結婚式だと敷居が高いと思われる場合は、二次会だけ参加するという方法があります。確かに二次会であれば、親戚や高齢の方などはあまり出席されず、若手中心なので気持ちの上では楽でしょう。そういう場でなら、気楽に「元カレ」として道化役も演じられるかも知れません。

また、そのように陽気に振る舞ってみせることで、元カノの友達の中で自分に関心を寄せる人と巡り会えるチャンスも作り出せるでしょう。

未練がないなら出席も可だけど…

お互いに今はサバサバしていて未練がないのであれば、気にすることなく出席すれば良いでしょう。変に気を使うことなく、「それはそれ、これはこれ」と割り切ってしまえば問題はありません。つまり、過去はもう切り捨てて、お互い現在と未来を生きようとするのです。ただし、お互いの過去を知る友達や知り合いも多数出席している場合は要注意です。

周囲の人達に無用な気遣いをさせるようなら、迷惑をかけることになるので欠席すべきでしょう。

元カノが別れた男性に結婚報告をする心理

それでは元カノの心理についても見てみましょう。そもそも元カノが別れた男性に結婚したことを報告する心理とはどのようなものなのでしょうか。わざわざ報告しなくてもいいとも言えますが、そこを押して報告しています。元カノの心の中で、結婚するにあたって元カレはどのような位置づけになっているのでしょう。

素直に嬉しいから

元カノは結婚に際して特に深い意味はなく、自分の素直な感情を表現したいだけで報告したのかもしれません。元カノは少なくともこの結婚に対しては喜びの感情を持っているわけですから、その嬉しさを誰彼なく伝えたくて報告しまくったのです。そうして周囲の人達に結婚の喜びを報告する中に元カレも含まれていたのです。

元カレの反応は考慮せずに、まずは自分の結婚の喜びを表明した状態です。

関係にけじめをつけるため

元カレは今でも元カノのことを好きで、機会があればよりを戻したいと思っているかも知れません。実際にそのように思って別れたことを後悔している男性達は多いのです。そして虫のいいことに、元カノも本当は別れたことを後悔しているのではないかくらいのことを真剣に思っている幸せな自分勝手な男性もいます。

そういうズレている男性には、けじめをきちんとつけておいた方が良いと元カノは考えたのでしょう。元カレにはこの際、結婚の事実をしっかりと伝えて、自分の事はきっぱりと忘れて欲しいという決意を込めて、結婚の報告をしたのです。報告とはいえ、だめ押しの絶縁状を送り込んだのと同じです。

別れたことを後悔させたい

元カノが別れる時に「別れたことを後悔させてやるわ」と言ったかどうかはわかりませんが、元カノは男性と別れるときに余程悔しい思いをしたのでしょうか。その時に心に誓ったのかも知れないです。きっと近い将来に男性のことを見返してやるのだと決めたのです。そして元彼女は別れた次の日から結婚の日を目指して毎日努力したのでしょう。

元カノとしては自分の決意と願望達成の勝利の報告なのです。男性はこの報告を聞いて後悔の念に涙することになります。

単に気を引きたいだけの場合も

別れたとはいえ、もともとそれほど底意地の悪い女性ではなかったのならば、お互いに別な道を歩くことになった男性に対して、恋愛感情ではない親近感が残っていたのでしょう。そしてちょっとした、いたずらこころが頭をもたげて男性の気を引いてみたいと思ったのかも知れません。

気を引いたあとの展開などは特に考えていないはずです。男性もこのような茶目っ気を軽く返せるようになれば大人の対応です。

元カノの結婚は素直に祝福しよう

同じ時期に別れた二人としては、片方の元カノの方が先に結婚にゴールインするというのは、敗北感を感じるのが普通の感覚でしょう。勝ちか負けかと言えば、どう見ても男性が負けです。しかも元カノの良さを十分に認識していなかった無能さを悟った今となっては、男性は自分が惨めに思えるでしょう。

さはさりながら、世の中で生きていくというのは後悔の中でも礼儀を忘れてはいけません。勝ち負けだというような低次元の考え方から脱却して、元カノの結婚を心から祝福してあげましょう。他人の幸福を素直に喜ぶことができれば、その余録は巡り巡って自分にも回ってきます。狭い心は捨てて、苦しいかも知れませんが広い心で結婚を祝ってあげましょう。

関連する記事はこちら

Thumb復縁から結婚!?復縁してうまくいく・うまくいかないカップルの特徴とは
一度別れた相手と復縁したいと考えている女性も多いでしょう。結婚に至るようにうまくいくにはどん...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ