吐精の意味とは?ナースが吐精処置をしてくれるのは本当?

吐精の意味や類語について、知らない人は多いはずです。また、病院で精子を採取する際、ナースに吐精処置をしてもらえると思っている人もいるようです。AVの影響が大きいのですが、実際に射精を手伝ってもらうことができるのでしょうか。吐精について掘り下げていきます。

吐精の意味とは?ナースが吐精処置をしてくれるのは本当?のイメージ

目次

  1. 1吐精とは
  2. 2ナースが吐精処置をしてくれるのは本当?
  3. 3ナースが吐精処置をするイメージがついた理由
  4. 4病院で精子を採取するのはどんな時?
  5. 5病院で精子を採取する時にしてはいけないこと
  6. 6ナースが吐精処置をしてくれるは大きな誤解!

吐精とは

病院で行われていると言われる「吐精」について、何かご存知でしょうか。まず、「吐精」とは「とせい」と読みます。あまり聞きなれない言葉なので、その意味を知らない人も多いはずです。意味を知らないで使ってしまうと、特に女性は恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

そのため、この言葉を使う際にはしっかりと意味を理解した上で使うようにしてください。また、吐精の意味だけでなく、病院では本当に吐精が行われているのかについても、注目してみましょう。今までナースから吐精をしてもらえると思っていた男性は、自分の知識が間違っていたことに気付けるかもしれません。

吐精の意味

「吐精(とせい)」とは、主に男性が精子を出すことを意味しています。一般的に吐精とは、女性との性行為や自慰行為で行われていることでしょう。しかし、あることが理由となって、吐精は病院でナースが行う仕事だと言われるようになりました。その真偽については、後に詳しく掘り下げていきます。

吐精という言葉は普段聞かないので、その意味を知らない人も多いのではないでしょうか。そのため、「吐精って何?」と恋人に対して聞いてしまう人もいるかもしれません。正しくは、男性の精子が出ることを意味していますので、あまり恋人や異性に対して「吐精」を連呼しないようにした方が良いかもしれません。

恥ずかしい思いをしてしまう可能性があります。

類語は射精や精通など

男性の精子が出ることを意味する吐精ですが、他にも同じような意味を持った類語が存在しています。例えば、射精や精通などが類語として知られているようです。特に、射精の意味を知らない人は少ないのではないでしょうか。射精も吐精と同じで、男性の性器から精子が出るとの意味があります。

ただし、精通は射精や吐精とは少し違った意味を持っているようです。本来であれば、「~に精通している」と表現されることがあります。これは、何かに対して詳しい人のことを意味しています。しかし、場合によっては、男性が初めて射精した時のことを精通ということもあるので、この言葉を使う時には注意が必要です。

ナースが吐精処置をしてくれるのは本当?

初めに述べたように、吐精は病院で勤務しているナースにしてもらえるとの噂があると言われています。それは本当なのでしょうか。女性に吐精をしてもらいたいと思っている人は、少し気になっているかもしれません。また、怪我や病気で入院している時は、男性の精子が溜まってしまい、欲求も高まる傾向にあります。

そのため、ナースに吐精してもらえれば有り難いと考える人もいるでしょう。しかし、その反面でそんな業務はないと考える人もいるはずです。では、実際にナースが吐精処置をしてくれるのかについて掘り下げていきます。

ナースの仕事に吐精は含まれていない

病院に勤務しているナースの業務内容に、吐精は含まれていないようです。そのため、ナースから吐精してもらえることを楽しみにしていた男性は、少しがっかりしてしまうかもしれません。一般的に考えても、吐精は性欲処理を意味しています。特に、病院で動けない時の吐精は、欲望を解消したいためだけのものになるでしょう。

ナースは病気や怪我をした人のお世話や、そのサポートに徹するものばかりです。性的な欲求を満たす行為は、風俗や性的サービスに分類されてしまうのではないでしょうか。そのことから、ナースの仕事内容に吐精は含まれていないと言えます。

基本は一人で処理をしていると思われる

病院ではナースに吐精してもらえると思われることも多いのですが、実際は1人で吐精処理をするのが一般的です。長期間入院することがあれば、どうしても性的欲求が溜まってしまいます。また、男性は長期間精子を出していないと、体調が悪くなってしまったりすることがあるようです。そのことから、入院中の吐精はとても大切です。

ただし、上記でも述べたようにナースの仕事内容に吐精は含まれていません。そのため、病院内でどうしても吐精処理をしたいと思っているのであれば、1人で処理ができる環境を作りましょう。トイレは病院内で共通となっているので、処理しにくいと感じるかもしれません。なるべく音を立てないようにして、1人で処理をしてみてください。

まれに例外もある…?

ナースの仕事内容に、吐精処置は含まれていないと述べました。しかし、中には例外もあるとの噂があるようです。ナースは仕事が大変だったり、夜勤があったりするため、かなり激務をこなしています。男性にも当てはまりますが、ストレスが溜まってしまうと、性欲が強くなる傾向があるでしょう。

そのことから、ナース=性欲が強いとの印象が持たれるようになりました。また、ネット上では実際にナースとエッチな行為をしたと発言する人がいたことから、例外もあるのではないかと噂されるようになったのではないでしょうか。しかし、実際にナースの性欲が強いのか真偽は不明です。

また、ナースが吐精処置をしてくれる場合は完全に独断となるので、本当にしてもらえるかも分かりません。

ナースが吐精処置をするイメージがついた理由

例外があるかもしれないとの噂はありますが、基本的にナースから吐精処置をしてもらうことはできません。では、なせナースに吐精処置をしてもらえるイメージがついてしまったのでしょうか。それには、いくつか理由があると言われています。下記では、ナースが吐精処置をするイメージがついた理由について掘り下げていきます。

中には、病院内でナースが行っている仕事内容が、理由となって勘違いされてしまうようになった場合もあるようです。そのため、入院する時にナースが必ず吐精処置をしてくれると期待しないようにしてください。

AVでそういう設定があるから

多くの男性からナースは吐精処置をする仕事があると思われるようになった理由として、AV(アダルトビデオ)が挙げられます。AVでは様々なシチュエーションのものが販売されており、病院内でのシチュエーションも多数あるようです。

その中でナースを題材としたAVでは、入院している男性患者に対し、ナースが積極的に吐精処置をする描写が描かれています。また、ナースの性欲が強いという一般的なイメージから、ナースが積極的にエッチな行為をする描写も描かれているようです。そのことから、病院では吐精処置をしてもらえるとのイメージが広まってしまったと言えるでしょう。

お風呂のお手伝いがあるから

怪我や病気で長期間入院しなければいけなくなってしまった時、怪我の度合いによっては1人でお風呂に入れないことがあります。ナースの仕事は患者の生活をサポートすることです。そのため、お風呂に入ることができない時は、お風呂に入る時の手伝いをすることもあるでしょう。

お風呂に入る時は裸なので、お互いに裸を見せ合えると勘違いしてしまう人がいるようです。しかし、ナースは服をしっかりと着ています。ただし、それでも男性が裸になることで、エッチな雰囲気になるのではないか、と期待する人もいるのではないでしょうか。

お風呂の手伝いは多くの人が思っているよりも重労働なため、ナースはエッチなことを考えている暇もないのが現実です。

身体を拭くお手伝いがあるから

病院ではナースからお風呂の手伝いがあるのと同じで、患者の身体を拭くお手伝いをすることもあります。これは、お風呂に入ることができない患者に対して行われるようです。また、自分で体を拭くことができないほど重症の場合に適用されます。

体を拭く場合も裸をナースに見せることになるため、そこからエッチな雰囲気になって、吐精処置をしてもらえると勘違いしてしまう人がいることが理由です。

病院で精子を採取するのはどんな時?

入院をしている際に、ナースから吐精処置をしてもらえないとは分かったはずです。しかし、病院では精子を採取することもあります。吐精処置をしてもらうことはできませんが、精子を病院内で採取する場合はどうなるのでしょうか。下記では、病院で精子を採取するのはどんな時なのかについて掘り下げていきましょう。

また、ナースに手伝ってもらえるのかについても、詳しくご紹介していきます。

不妊治療を行う時

生殖能力は人によって異なります。妊娠しにくい女性がいれば、男性側が妊娠させにくい場合もあるようです。そんな時、人工受精を希望する夫婦も少なくありません。人工受精とは、人工的に受精させることを意味しています。これは、男性の精液から精子を採取し、女性の体内にある卵子に受精させる治療です。

男性の体内から精液を取り出すことはできないため、男性が射精してから行うようです。また、人工授精の他に、体外受精をする際にも精子を採取します。体外受精とは、精子と卵子を体外で受精させる治療と言えるでしょう。男性の場合は知識がないことも影響して、ナースに射精を手伝ってもらえると思うこともあるのではないでしょうか。

精子の状態を調べる時

病院で精子を採取するのは、精子の状態を調べるために行う時もあるのではないでしょうか。世の中には、子供を授かりたいと思っていても、なかなか授かることができない人がいます。場合によっては女性が原因となっている場合もあり、女性が不妊になってしまっている原因を病院で検査数ることも多いようです。

しかし、そこで問題が見つからないこともあります。そうすると、男性側に何か問題があることになります。そのため、精子の状態を調べることによって、どうすれば妊娠しやすくなるのかを知ることができるようです。病院で精子を採取するのですが、その際はエッチな本などが渡されることがほとんどです。

病院で精子を採取する時にしてはいけないこと

上記でご紹介したように、様々な理由から病院で精子を採取することがあります。その中で、精子を採取する際に禁止されていることがあるようです。病院で精子を採取する時にしてはいけないことを知ることで、病院で精子を採取する時にナースに手伝ってもらえない理由が分かるはずです。

そのため、下記では精子を採取する時にしてはいけないことについてご紹介していきましょう。中にはアダルトビデオの影響から、勘違いしてしまっている男性もいます。もしも、ナースから吐精処置をしてもらえると思っていた人は、特にご紹介する注意点を熟知するようにしてください。

フェラをして吐精する

女性に吐精を手伝ってもらう際、フェラをしてもらっている男性も多いのではないでしょうか。フェラとはフェラチオの略称で、女性が口を使って男性の性器を刺激する行為のことを意味しています。ただ単にエッチなことをする場合はいいのですが、医療が絡んでくるとフェラで精子を採取することが禁止されているようです。

フェラでは、女性の唾液が必ず混じってしまうことになります。そうすると、精子の状態を確認する時や人工授精をする際に影響が出てしまうでしょう。きちんとした医療行為をする際には、フェラで精子を採取しないようにしてください。

コンドームをつけて吐精する

病院で精子を採取する際、精液が飛び散ってしまうことを不快に感じる人もいます。そのことから、コンドームを付けて射精すればいいのではないか、と考える男性がいるようです。しかし、コンドームにはジェルが付いているので、そのジェルが精液に交じってしまいます。

そうなると、フェラの時と同じでいらないものが邪魔をして、きちんとした検査をすることができなくなってしまうでしょう。そのため、病院で精子を採取する時には、説明されることを忠実に守って行うようにしてください。

膣内で吐精する

病院で精子を採取する際に、自慰行為だけではなかなか射精できない男性もいるのではないでしょうか。そうすると、膣内で射精してから採取すればいいと考える人もいます。しかし、膣内で射精する場合も、医療行為をする際には禁止されていることです。

女性の膣内には分泌液が出ているため、上記でご紹介したのと同じで、医療行為の邪魔になってしまうでしょう。もしも、自慰行為で射精することができないのであれば、まずはその治療を始めるようにしてみてください。男性の悩みを専門とした病院もありますので、自慰行為で精子を採取できるようにしてから、精子の状態を確認するようにしましょう。

ナースが吐精処置をしてくれるは大きな誤解!

アダルトビデオを見ている男性が多いこともあり、世の中ではナースが吐精処置をしてくれると大きな誤解を生んでしまっています。また、SNSやネット上では事実とは全く違ったことを発信している人もいるでしょう。そのことから、本当に吐精処置をしてもらえると勘違いしてしまっている人も多いようです。

しかし、実際は病院に勤めていますので、きちんと仕事をこなす人ばかりです。そのため、イメージからナースに対して吐精処置を強要したり、エッチな行為をしないようにしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ