LINEを使わない人の理由と周りからの印象は?誘われた時の断り方も紹介

LINEを使わない人が使いたくないと思った理由は一体何なのでしょうか。必要性がないからやってないという人は多いようですが、場合によっては迷惑を掛けているかもしれません。LINEを使わないことでのメリット、デメリットや強要された時に断る方法も紹介していきます。

LINEを使わない人の理由と周りからの印象は?誘われた時の断り方も紹介のイメージ

目次

  1. 1LINEを使わない人の特徴
  2. 2LINEを使わない人の理由
  3. 3LINEを使わない人への周りからの印象
  4. 4LINEを使わない人が誘われた時の断る方法
  5. 5LINEを使わないことでのメリット
  6. 6LINEを使わないことでのデメリット
  7. 7LINEを使いたくない人でも一度使うとハマる?
  8. 8LINEをやってない人と上手に付き合おう!

LINEを使わない人の特徴

LINEは便利な連絡ツールとして広まっており、現代では欠かせないものの一つと言っても過言ではないかもしれません。多くの人が利用しているLINEですが、中にはLINEを使わないという人も一定数存在しているようです。まずは、LINEを使わない人の特徴について見ていきましょう。

①人付き合いが苦手

LINEを使わない人は人付き合いが苦手だという特徴を持っているようです。周囲の人と上手くコミュニケーションを取る自信がないために、LINEのように簡単に連絡を取れるツールを使うことに尻込みしているのです。

②過去にプライバシー問題の被害にあった

過去にLINEや他の連絡ツールなどでプライバシーの問題の被害にあった人も、LINEを使わない傾向にあると言えます。LINEは利用をスタートする際に、必須事項として名前や電話番号などの個人に関わる情報を入力しなければなりません。そのため、再びプライバシー問題の被害にあってしまうかもしれないという危惧が払拭されないのです。

③流行に乗れない

流行に乗れないということも、LINEを使わない人の特徴の一つとして挙げられています。世間の流行にあまり関心が無く、いつも一歩乗り遅れているという人はLINEという存在自体を知らない可能性もあります。そのため、LINEをやってないことが多いようです。

LINEを使わない人の理由

それでは、LINEを使わない人の理由とは一体どのようなものがあるのでしょうか。ここからは、LINEを使わない人の理由として主に挙げられる6つの理由を紹介していきます。

理由①LINEを使用する必要性がない

LINEを使わない人の理由の一つ目としては、LINEを使用する必要性を感じていないことがあるようです。LINEは気軽にコミュニケーションを取るツールとしては便利ですが、LINE以外にもメールや電話、SNS、手紙など連絡を取る方法はたくさんあります。そのため、LINEに拘る必要性がないと思っているようです。

理由②未だにガラケーを使っている

二つ目の理由は、未だにガラケーを使っていることが挙げられます。現代ではスマートフォンが普及し、ガラケーユーザーの方が少ないと言っても良いでしょう。けれども、まだまだガラケーで電話もメールも出来るので、連絡には困りません。上記の理由にもあるようにLINEに必要性を感じていないので、ガラケーのまま使い続けているのでしょう。

理由③返事を強要されていると感じる

返事を強要されていると感じるということも、LINEを使わない人の理由となっているようです。LINEが届くとポップアップで即座に表示されますので、LINEが届いたことに気付かないなんてことはあまりありません。そのため、届いたならばすぐに返事をしなければならないような感覚に陥ってしまい、その点がLINEをやってない人にとっては苦痛なのでしょう。

理由④プライバシーが気になる

LINEは利用をスタートする際にある程度の個人情報を入力しなければなりません。それゆえに、プライバシーが気になるとしてLINEを使いたくないと思う人も多いようです。ユーザーから提供されたプライバシーはアプリ運営側にきちんと保護された上で管理されており、簡単に流出したり悪用されたりという可能性は低いと言えるでしょう。

けれども、どのような体制で管理されているのかについて知る術はありませんので、プライバシーが気になって利用に踏み切れないのです。

理由⑤既読・未読が表示されるのが嫌い

LINEはトーク画面に表示される既読、未読の文字によって相手がメッセージを読んだのかどうかを確認することが可能な仕様になっています。それゆえに、一度目を通して返信を怠った場合には「既読無視」、目を通さずに放置していた場合も「未読無視」として相手に不快な思いをさせてしまうとされています。

このように逐一メッセージを読んだのかどうかが相手に知れ渡る仕様が相当なストレスとなり、LINEを使わないという選択をしているのかもしれません。

理由⑥LINEに対しての信用性

LINEに対しての信用性が薄いということも、LINEを使わない理由として挙げられています。現在は膨大な量のユーザーがいるので個人情報の管理も徹底されているでしょうが、必ずしも安全という保証はありません。LINEに対して心から信用することが出来ないために、LINEをやってないようです。

LINEを使わない人への周りからの印象

現代ではLINEを使っている人が大多数を占めるため、「LINEをやってない」というと周囲の人は非常に驚いた反応をするかもしれません。LINEを使わない人は、一体どのような印象を周囲へ与えているのでしょうか。

①こだわりがありそうで面倒

多くの人が利用しているにも関わらずLINEをやってないということに対し、周囲の人は「LINE以外のトークアプリしか使わない」というような独特のこだわりを持っているのではと感じてしまうようです。そのため、食事や生活の仕方などにもこだわりがありそうで面倒だという印象を抱いているのです。

②信念を貫いてかっこいい

LINEを使わない人への周りからの印象として、信念を貫いてかっこいいということが挙げられています。皆が使っているからと流行に乗っかっているのではなく、自分の意思で連絡ツールも取捨選択している部分がかっこいいと感じられるようです。

③拗らせていそう

LINEをやっている人からするとLINEをやらないという選択肢を選ぶことが信じられず、何か拗らせていそうというマイナスな印象を抱いてしまうようです。上記のこだわりがありそうで面倒だという印象と似ている部分もあるのですが、LINEをやってない人の為だけに連絡ツール変えたり、わざわざ連絡するのは迷惑だと感じていると言えるでしょう。

④彼氏・彼女がいそう

LINEを使わない人に対し、彼氏や彼女がいそうだと感じる人も多いとされています。彼氏や彼女がいるので、連絡先を交換しないための常套句としてLINEをやってないというウソをついているのだろうと考えるようです。

LINEを使わない人が誘われた時の断る方法

LINEを使わない人はその人なりの理由がきちんとあるのですが、中には「LINEしないと不便だよ」「LINE簡単だからやりなよ」という風にLINEを強要する人も存在します。使いたくないものを無理矢理させられない為には、一体どのように断ることが正解なのでしょうか。LINEを使わない人が誘われた時に上手く断る方法を紹介していきます。

断る方法①あえて電話番号を聞く

LINEを断る方法として、あえて電話番号を聞くことが良いとされているようです。「LINEやってないから」と言って断るだけでは相手にしつこく食い下がられてしまう可能性がありますが、一度電話番号を聞いてしまえばすんなり引き下がって貰えるかもしれません。

断る方法②LINE以外のSNSを聞く

LINE以外のSNSを聞くというのも、LINEに誘われた時に断る方法の一つとなっています。ツイッターやフェイスブック、チャットワークなど現代にはLINE以外でも連絡を取ることが出来るツールはたくさん存在しています。「LINEはやってないけど、チャットワークならアカウントがあるから」と言えば連絡は取れるため、何も問題ありません。

断る方法③取引先の人の連絡先がある

LINEを断る時に、取引先の人の連絡先があることを理由にするのも効果的だとされています。社会人ともなれば取引先の人の連絡先が自分の携帯電話の中にあるということも珍しくはありません。また、昨今では個人情報の取り扱いについて厳しく規制している会社も多くなっています。

取引先の人の連絡先が携帯電話の中にあるからLINEは会社で禁じられていることを伝えれば、相手もしょうがないと納得してくれるでしょう。

断る方法④LINE登録をする

LINEに誘われた時には、その場でLINE登録をするということも一つの方法です。最終手段とも言えるかもしれませんが、実際にLINE登録をしてしまえばその後もしつこく強要されることはなくなるでしょう。「この人とならLINEしても良いかな」と思える人に誘われた時に、LINE登録をしてみると良いかもしれません。

LINEを使わないことでのメリット

LINEは便利な連絡ツールとして広く知られていますが、現代における連絡方法は非常に多様化しています。そのため、LINEを使わないからと言って何も困ることはないのです。ここからは、LINEを使わないことでのメリットを挙げていきます。最近LINEに辟易しているという人は、思い切ってLINEを使わないことも視野に入れてみても良いかもしれません。

①頻繁に携帯を触らなくなる

LINEを使わないことでのメリットとして、頻繁に携帯を触らなくなるということが挙げられます。LINEはメッセージが届くと即座に通知が来るため、メッセージを確認したり返信したりと頻繁に携帯を触る必要があります。けれども、LINEを使わないならばメッセージが来ることもありませんので、必要時以外で無駄に携帯を触ることもなくなるでしょう。

②重要な連絡だけくる

重要な連絡だけがくるというのも、LINEを使わないことでのメリットの一つです。LINEは気軽にメッセージの応酬が出来るため、チャットのような感覚で使われがちです。そのため、連絡事項があったとしても雑談に埋もれて見逃してしまうことも多々あるようです。

けれども、LINEをやっていないならば本当に必要な時にしか連絡は来ませんので、重要な連絡だけを受け取ることができるのです。

③体力が保存できる

LINEは気軽に利用可能なアプリとなっていますので、休憩時間にちょっと操作をするつもりがいつの間にか時間が経っていたなんてことも少なくありません。そうすると本来やるべきことが後回しになってしまったり、休憩のつもりが全く休憩できていなかったりするのです。

LINEがなければ休憩時間は己の休憩の為だけに使えますし、体力を無駄に奪われることはなくなっていくでしょう。

LINEを使わないことでのデメリット

LINEを使わないことにはメリットもありますが、それとは反対にデメリットも存在します。LINEを使わないことでのデメリットとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

①緊急連絡が来ない時もある

LINEを使わないことでのデメリットとして、緊急連絡が来ない時もあるというのが挙げられます。現代ではLINEは広く浸透し、何事もLINEで連絡を取り合うことが多くなっています。緊急時には一刻を争う中での早急な連絡伝達が要求されますので、相手側もいつものようにLINEで送信したら一安心し、気が緩んでしまう可能性も否めません。

平常時ならば個別に連絡を送信してくれていた相手も、緊急時ともなればつい忘れてしまって緊急連絡が手元に届かないなんてこともあるようです。

②グループに参加するのが困難

LINEには、複数人でメッセージのやり取りをすることが可能なグループトークという機能が備わっています。同じグループに所属するメンバーはメッセージのやり取りなどで自然と仲が深まっていくのですが、LINEをやってないならば当然そのグループに入ることはできません。

そのため、実際に会った時にも話についていけず、疎外感を感じてしまうなんてこともあるようです。

③写真などが手軽に送れない

写真などが手軽に送れないということも、LINEを使っていないことでのデメリットと言えるでしょう。LINEならばトーク画面で選択するだけで写真を何枚でも簡単に送ることができるのですが、LINE以外となるとそうはいきません。一つ一つ添付する作業が必要ですし、場合によっては容量が大きすぎて一回では送れないなんてこともあるようです。

④他人に迷惑をかける場合もある

現在では多くの人がLINEを連絡ツールとして利用しており、予定の調整や話し合いなどもLINEを通して行われることが多くなっています。けれども、LINEをやってない人がいる場合、その人にだけ別の手段で連絡事項を送信しなければなりません。一度きりならば良いかもしれませんが、毎回個別に送るのは非常に煩わしい手間となります。

このように、他人に迷惑をかける可能性があることもLINEを使わないことでのデメリットだと言えるでしょう。

LINEを使いたくない人でも一度使うとハマる?

LINEを使いたくない理由は人それぞれあるでしょうが、LINEには一度使うとどんどんハマってしまうような魅力も秘めているようです。LINEは無料で誰でも利用可能なアプリとなっており、トーク以外にも電話、ゲーム、マンガ、ニュースなどさまざまな楽しいコンテンツで充実しています。

さらに、企業の公式アカウントと友達になればお得な情報をゲットすることができるのです。ちょっとした暇つぶしやお得情報の収集など、LINEはトーク以外にも利用方法がたくさんあって飽きることがないと言えるでしょう。

LINEをやってない人と上手に付き合おう!

LINEを使いたくない人について詳しく紹介してきましたが、LINEをやってない理由にもさまざまあることが分かりました。LINEを使わないことでのメリットやデメリットなどもあり、一概にLINEが嫌いだからやってないというわけではないようです。

非常に便利なために数多くの人が利用しているLINEですが、現代において連絡を取る方法はLINE以外にもたくさんあります。いくら手軽で楽しいからと言ってもLINEをやってない人には強要することを避け、折り合いをつけながら上手に付き合っていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ