ばれない不倫の方法9選!バレないための工夫・テクニックを解説

若干の後ろめたさを感じながら秘密の不倫をしている人、意外と多いのではないでしょうか。不倫がばれない方法を知りたくありませんか。不倫がバレるきっかけや、ばれない不倫相手の特徴など、ばれないための不倫の方法はこれさえ読めば完璧です。

ばれない不倫の方法9選!バレないための工夫・テクニックを解説のイメージ

目次

  1. 1不倫がバレるきっかけ
  2. 2不倫がバレる人の特徴
  3. 3ばれない不倫の方法9選!
  4. 4秘密を守れる不倫相手の特徴
  5. 5不倫がばれないための工夫
  6. 6不倫がばれないためのテクニック
  7. 7不倫をするならバレないようにしよう

不倫がバレるきっかけ

不倫は秘密の恋愛だからこそ、人にバレたくないものです。ばれないように気を付けている人ばかりでしょうが、ふとしたきっかけで不倫がバレることもあります。ばれないように気を付けるためには、バレるきっかけを知っておくのが先決です。不倫がバレるよくあるきっかけをまずは知っておきましょう。

LINEのメッセージからバレる

スマホは個人のプライベートなものですから、LINEでもメッセージのやり取りもプライベートなものです。しかし夫婦によっては、パートナーのスマホをチェックする人もいますし、チェックするという意識がなくても何気なくパートナーのスマホを見る、または見えてしまうということがあり得ます。

何気なくパートナーのスマホを見たときに、不倫相手からのメッセージが表示されていて不倫がバレるというのは、実はよくあるケースです。芸能界でも、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音とベッキーの不倫がLINEから露呈したのは、多くの人の記憶に残っているのではないでしょうか。

デートを目撃されてバレる

不倫相手とはどこで会っているでしょうか。うかつに外で不倫相手と会うと、そのデートの様子を誰かに目撃される可能性は大いにあります。夫や妻に直接目撃されるケースはまれでも、友人や近所の人、職場の人などに目撃されることはよくあります。その人から配偶者に告げ口されて不倫がバレるというケースはよくある話でしょう。

おしゃれになってバレる

人は男女問わず、結婚してしばらくすると外見に気を遣わなくなる人が多いでしょう。異性からの目を気にしなくなり、おしゃれすることにも興味がなくなっていきます。

しかし不倫を始めると、夫婦関係以外の恋愛が急に始まるので浮かれてしまい、洋服や身なり、メイクなどに急に興味が出て、おしゃれを始める人がよくいます。配偶者以外からの視線が気になるようになるからです。配偶者の勘が鋭い場合、パートナーが急におしゃれを意識し始めれば不倫を疑うでしょう。

レシートでバレる

レシートからパートナーの不倫に気付くというパターンもよくあります。レシートにはたいてい、日時と人数がはっきりと明記されているからです。自分は一緒に行っていないのに、急におしゃれなレストランやカフェのレシートが増えていたり、残業だと言っていた日に誰かと二人で高級レストランに行ったレシートが出てきたりすれば、パートナーに不倫を怪しむでしょう。

また、カードの明細にも気を付けなければいけません。出張だと偽って不倫相手と宿泊を伴うデートをしていた場合、出張では使わないようなホテルの決済をカードでしていると、パートナーがカードの明細を見て不審に思うというケースもよくあります。

不倫がバレる人の特徴

不倫をしている人は、ばれないようにしたいと誰もが思っているでしょう。それでも不倫がバレる人とばれない人がいます。なぜでしょうか。実は不倫がバレる人には特徴があります。もしこの特徴に自分が当てはまっているなら、自分は不倫がバレやすいと自覚し、不倫はやめておく方がいいかもしれません。

特徴①嘘が顔に出るタイプ

人は嘘が顔に出やすい人と出にくい人に分けられます。自分が「最近帰りが遅いね」と配偶者に言われた時に、さらっと嘘をつけるかどうか、考えてみましょう。

配偶者に不倫を疑われた時にうまく隠し通せる人なら問題ありませんが、動揺してしまってオドオドしてしまったり、目がキョロキョロと泳いでしまう人はいませんか。こういった嘘が顔に出やすい人というのは、不倫をしてもすぐにバレる人と言っていいでしょう。

特徴②口が軽くてお喋り

口が軽い人というのは、秘密を自分の中だけに閉まっておけません。それがたとえ不倫であっても、自分だけの秘密にしておけないのです。さすがに配偶者に直接、自分が不倫していることを言いはしないでしょうが、友人などに「実は…」と不倫していることをポロッと言ってしまうのが間違いなのです。

友人だから大丈夫と思ってはいけません。友人から、どこにその話が広まるかなんて分からないのです。あっという間に、配偶者の耳に不倫の事実が届いてしまうかもしれません。そのため、口が軽くてお喋りな人というのは、不倫がすぐにばれてしまいやすいと言えるでしょう。

特徴③スマホに過剰反応

LINEのメッセージから配偶者に不倫がバレるというのはよくあることです。できる限り、スマホの中身は配偶者に見られないように気を付けなくてはなりません。しかしそうは言っても、自宅でスマホが鳴るたびに、配偶者に見られないように露骨に隠したり、ソワソワしたりしていませんか。それでは不倫の疑惑を自分から配偶者にさらしているようなものです。

自宅であまりにスマホを意識していると、相当に鈍感な人でない限り配偶者は不倫を疑います。休日に仕事の連絡が入ることがめったになかった人が、急に休日もスマホを意識しっぱなしでいたら、違和感があります。自宅ではできる限りだ普段通りに生活していないと、パートナーからすぐに不倫を怪しまれてしまうでしょう。

ばれない不倫の方法9選!

上記の不倫がバレる人の特徴に、自分が当てはまっていてどうしようと焦っていませんか。バレてしまったら、それこそ最悪の結末を迎えてしまうかもしれません。

自分が不倫のばれやすい特徴に当てはまっていても、どうしても不倫がやめられない人のために、不倫がばれない方法をまとめました。どうしてもやめられない不倫をしている人は、こっそり読んでください。

ばれない方法①連絡は必要最低限

不倫相手との連絡は必要最低限にとどめておきましょう。不倫相手にのめり込み過ぎて、一日中スマホを握って連絡を取り合っていたら、パートナーにきっと怪しまれます。不倫相手に「愛してるよ」「好きだよ」とLINEで伝えるような人もよくいますが、不倫相手に伝えたい気持ちは二人きりで会っているときに伝えればいいのです。

また、配偶者のいる部屋で平気で不倫相手にLINEを送る人もいますが、無意識のうちに顔がニヤついていてパートナーにバレるということもあります。不倫相手とのスマホでの連絡は、会う日時を決めるなど必要最低限にとどめておき、配偶者にバレるリスクはできる限り減らすべきでしょう。

ばれない方法②履歴は即消去

スマホに残された不倫相手との連絡の履歴は、不倫が原因で離婚となった場合に立派な証拠となります。そのくらい、不倫を疑ったらスマホというのは証拠の温床になるのです。不倫相手と電話をしたら、その通話履歴は即座に消したり、LINEやメールでの連絡も、連絡を取り終わったらその場で消去する癖を付けましょう。

自分の寝ている間に配偶者がスマホを見て、不倫の証拠をばっちり掴むというのはよくある話です。パートナーに履歴の画面の写真を撮られたりすれば、不倫を追及された時にどれだけ言い訳をしても、言い逃れはできません。履歴はとにかくすぐに消す、これは不倫の鉄則と言えるでしょう。

ばれない方法③目撃されるリスクは冒さない

不倫相手と二人きりの時間を楽しんで、手を繋いでホテルから出てきたところで知り合いに遭遇するというのもよくある話です。二人が手を繋いで歩いているところを、配偶者に目撃される可能性もゼロではありません。二人きりの時間を楽しんだ後というのは、心が満たされているせいか、つい気が大きくなりがちです。

「今日は誰にも会わないはず」などと、何の根拠もないのに思ってしまうものです。しかしそんな時に限って、誰か知り合いに会ってしまうでしょう。外で二人で会う時には、決して並んで歩かないくらいの用心をするべきです。

ホテルで会う場合にも二人で一緒にホテルに入るのではなく、不倫相手とは現地集合、現地解散にしましょう。不倫を続けたいのであれば、不倫相手との時間を楽しめるのは完全に二人きりになった空間だけだということを心に留めておく必要があるのではないでしょうか。

ばれない方法④スマホは厳重ロック

スマホには、ほとんどの人が暗証番号を設定してロックをしているでしょう。暗証番号がないとスマホの中身は見ることができないから、配偶者に不倫はばれないと安易に考えていませんか。実は配偶者が自分のスマホの暗証番号を知っていて、自分の気付かないうちにスマホのチェックをしていたなんていう話はよくあります。

スマホをロックするための暗証番号を、簡単なものに設定していませんか。誕生日などを暗証番号にするのは、簡単にパートナーから暗証番号を想定されてしまいおすすめできません。可能であれば、顔認証や指紋認証などのロック機能を取り入れると、パートナーでもロックを解除できずに安心でしょう。

しかし、不倫を始めた途端にロックを強化すると逆に怪しまれることもありますから、不倫を始めるよりも前からスマホのロックは強化しておくといいかもしれません。

ばれない方法⑤普段通りでいる

夫婦間でパートナーの不倫に気付く時に多いのが、相手のちょっとした変化に違和感を感じるということです。例えば不倫をしている女性が、普段はきちんと毎食手作りの食事を出す人だったのに、不倫が始まったら急に市販の総菜を買って食卓に出すようになったというケースがあります。

この女性の夫は、この変化にだんだんと違和感を感じ、妻の不倫を疑うようになるでしょう。逆に、普段料理を全くしなかった人が急に凝った料理をするようになるのも、不倫がバレるきっかけになります。生活上の変化だけでなく、着る洋服のテイストが急に変わるのもパートナーが不倫を疑うきっかけになります。

不倫を始めると気持ちが浮かれたり、パートナーへの申し訳なさからいつもと違うことをしがちですが、普段通りでいる方が不倫はばれないのです。

ばれない方法⑥アリバイを作っておく

不倫相手と会う時には、アリバイを作っておくのが鉄則です。仕事帰りに不倫相手に会う場合は帰宅が遅くなりますから、残業や会社の飲み会など、嘘の理由を作っておかないといけません。パートナーから「まだ飲み会は終わらないのか」と連絡が来た際にLINEで送れるような、飲み会の写真などを用意しておくとベストかもしれません。

可能であれば、アリバイ作りに協力してくれる人がいるとベストです。不倫相手と会っている時間に、協力者と一緒に写っている写真をSNSに乗せるなどすれば、帰りを待つパートナーがSNSをチェックしても安心です。しかしこの協力者に裏切られたらすべて終わりですから、よほど信頼できる人か、弱みを知っているような人を探しましょう。

ばれない方法⑦結婚相手とのセックスは拒まない

不倫相手と楽しんで帰宅した後は、配偶者とセックスする気にはなれないという人もいます。しかしセックスレスに陥っている夫婦でない限り、配偶者とのセックスも拒んではいけません。今までコンスタントにセックスしていたのにそれが急になくなれば、いったいどこで性欲を満たしてきているのかとパートナーは不倫を疑うでしょう。

夫婦間のセックスはただの性欲の処理ではなく、コミュニケーション手段の一つです。自分が不倫相手とのセックスで満たされているとしても、夫婦間でのセックスをおざなりにしてはいけません。

ばれない方法⑧不倫の相談はしない

自分が不倫していることは、不倫相手と自分だけの秘密です。どれだけ信用している友人でも、自分が不倫をしていることを相談してはいけません。「誰にも言わないで」と相談しても、いつ誰にばらされるかは分からないからです。不倫をしていて悩んでも、絶対に誰にも相談をしてはいけないのです。

ばれない方法⑨連絡先の名前は偽名で

スマホに入れている不倫相手の連絡先の登録名に、本当の名前を入れてはいませんか。異性と分かる登録名の人と頻繁にスマホで連絡を取り合っていたら、パートナーは疑いの目を向けるかもしれません。架空の会社名などで登録しておくと、たとえ頻繁に連絡を取っていたとしても仕事の連絡だと嘘をつきやすくなるでしょう。

秘密を守れる不倫相手の特徴

不倫がばれないようにするための方法を9つお伝えしました。しかしどれだけ自分がばれないように気を付けていても、不倫がバレてしまうことがあります。それは不倫相手からバレてしまう可能性です。不倫がばれないためには、秘密を守れる人を不倫相手として選ぶ必要があります。秘密の守れる人の特徴は以下の3つです。

特徴①動揺が顔に出ないタイプ

嘘が顔に出やすい人は不倫がバレやすい人です。どれだけ自分が動揺せずに冷静さを保っていたとしても、不倫相手がすぐに動揺してしまう人だったら、そこから不倫がバレる可能性は高まります。そのため、不倫相手には動揺しづらく嘘が顔に出ない人を選ぶと、不倫の秘密を守ってくれやすいと言えるでしょう。

不倫相手と二人でいる時に知り合いに遭遇してしまったら、慌ててしまうような人は不倫相手としては不安です。平然と「たまたま会って…」とサラッと嘘を言えるくらいの人であれば、大丈夫かもしれません。

特徴②口が堅い

口が堅いかどうかも、不倫相手に求めたいポイントです。おしゃべりな人は、自分の友達などに相談と称して不倫している事実を簡単にしゃべってしまうかもしれません。しかし不倫していることは、不倫相手と自分だけの秘密にすることが鉄則です。誰にも不倫の事実を話すことのなさそうな、口の堅い人を不倫相手に選びましょう。

特徴③やりとりが慎重

不倫相手とは、多くの場合LINEで連絡を取り合うでしょう。そのLINEのやり取りにおいても、慎重さをうかがえる人がベストです。LINEで「好き」とか「愛してる」などと気持ちを伝え合ったりしたがるような人は、不倫がバレるリスクを考えてくれているとは思えません。

LINEでは二人で会う日時を決めるだけにしたり、連絡をするのは家族と一緒にいない時間にするなど、相手のことも考えた上で、ルールを守って慎重にやり取りをしてくれるような人を不倫相手として選びましょう。

不倫がばれないための工夫

すぐに不倫がバレてしまう人から見ると、不倫がばれない人は羨ましく感じるものです。そんな不倫がばれない人たちがやっている工夫があるのを知っていますか。不倫がバレたくない人は、以下のような工夫を今すぐ真似てみましょう。

不倫相手は身近な人以外

不倫相手に選ぶ人は、身近な相手以外であることが望ましいと言えます。会社の同僚やもともとの友人関係の中から不倫相手を選ぶと、不倫がバレるリスクが高まります。本人たちがこれまで通りにしているつもりでも、普段から二人に接している周囲の人たちは、二人の小さな変化に意外と気付きやすいからです。

これから不倫相手を探すのであれば、SNSで出会った人や合コンで出会った人、または飲み屋でナンパした人など、できる限りもともとの知人を避け、全く知らない人の中から選ぶのが望ましいでしょう。

密会は知らない場所を選ぶ

不倫相手と二人で会う時には、室内がベストです。不倫相手が未婚であれば相手の部屋や、相手も既婚者の場合はホテルなど、他の人がいない場所で会うのが基本です。外で不倫相手と会うのは、誰が見ているか分からないので、かなりリスキーです。それでも外で不倫相手と会いたいという場合は、会社の人や知人がいなそうな、遠く離れた場所にしましょう。

それでも、海外などのあまり遠い場所だと泊まりで出掛けなくてはならなくなり、配偶者から不倫を疑われてしまう可能性が高まります。日帰りで行ける程度の自宅や会社から離れた場所で、しかもばったり知人に会わないように観光地でないような場所がおすすめです。

お泊り・朝帰りは厳禁

不倫相手にのめり込んで気持ちが盛り上がってしまうと、ついついお泊りをしたくなることがあります。不倫相手から「帰らないで」なんてお願いされたら、なかなか断れないという人もいるかもしれません。時には不倫相手と旅行に出掛けたいとも考えるでしょう。

しかし不倫がばれないためには、お泊りや朝帰りは厳禁です。お泊りや朝帰りをすれば、配偶者に不倫がバレる可能性が一気に高まるからです。あくまで不倫は不倫とわきまえ、不倫相手と会う時間は短い時間に留めておきましょう。

不倫がばれないためのテクニック

不倫をばれないようにするためにはテクニックも必要です。ここでは3つのテクニックをご紹介します。上記の不倫がばれない方法や工夫と合わせて実践してみましょう。

連絡は電話のみにする

不倫相手との連絡は、LINEやメールを使わずに電話のみにするのが一番おすすめです。LINEやメールは記録としてスマホに残ってしまい、やり取りを消去し忘れると、配偶者に不倫の証拠として見つかる可能性が高いからです。

そのため不倫に慣れている人は、不倫相手とは電話でしか連絡を取り合いません。しかも不倫相手の名前を架空の会社名などで登録しているので、配偶者が誰からの電話か不審に思っても、仕事の電話だと嘘を付けるのです。不倫がバレたくないのであれば、連絡手段は電話のみにする方がいいでしょう。

変装グッズを用意しておく

不倫がばれないためには、不倫相手とはできるだけ外では一緒に歩かない方がいいと言いましたが、それでも時には二人で歩かなくてはならなくことがあるかもしれません。そんな時のために、サングラスや帽子、マスクなどの簡単な変装グッズを用意しておきましょう。もちろん、完全に顔を隠して街を歩いていたら逆に怪しい人に見られてしまいます。

しかし、知り合いに会いそうな場所を不倫相手と二人で歩かなくてはならない場合には、せめてサングラス程度の変装はするべきです。そうしておけば、知人が見かけても自分だと気付かずに通り過ぎてくれるかもしれないからです。いざという時のために、サングラスかマスクをバッグに常に入れておくといいでしょう。

避妊は確実な手段で

不倫相手との恋愛は、どれだけ愛し合っていたとしてもあくまで不倫です。二人の間に子どもができることは絶対に避けましょう。万が一子どもを生むという選択になったとしても、その子どもは可哀そうですし、自分や不倫相手、そして配偶者までも傷付ける結果になってしまうからです。

不倫相手とセックスをするときには、100%確実な避妊方法は存在しませんが、できるだけ確実な避妊方法を採ってください。不倫関係を続けたいのであれば、これは必ず守らなくてはならないマナーと言えるでしょう。

万が一不倫相手との間に子どもができたら、不倫相手と自分の二人で、もしくは配偶者を含めての話し合いが必要になります。特に男性は逃げてはいけません。誠実な対応を取る覚悟が必要です。

不倫をするならバレないようにしよう

恋人同士の一方、もしくは両方が結婚している場合、その恋愛は不倫と呼ばれ、一般的にはタブーとされています。それでも不倫をしてしまう人が世の中にはたくさんいるのも事実です。原則として、不倫にハッピーエンドはありません。不倫をしている人の多くが、最終的に選ぶのは配偶者だからです。

それでもどうしても不倫がやめられないのであれば、せめてばれないようにしなくてはなりません。不倫がバレれば、自分や不倫相手が傷付くだけでなく、周囲の人に迷惑が掛かることもありますし、配偶者の心も深く傷付けてしまうからです。

不倫がばれないための方法や工夫について詳しく解説しました。もし不倫をするのであればこれらのテクニックを駆使し、絶対にばれないように気を付けて不倫を楽しみましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masayodaisy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ