別れの言葉まとめ!恋愛など別れ際の言葉の参考に【恋愛/職場/友達など】

別れの言葉をいくつか覚えていますか。かっこいい別れの言葉や素敵な別れの言葉、心に残る別れの言葉、感動する別れの言葉、忘れられない別れの言葉など、恋愛で彼氏や彼女から直接あるいはメールでもらったものもあるでしょう。今回は別れの言葉で特に印象的なものを紹介します。

別れの言葉まとめ!恋愛など別れ際の言葉の参考に【恋愛/職場/友達など】のイメージ

目次

  1. 1別れの言葉…何をどう言えば良い?
  2. 2心に残る別れの言葉まとめ【恋愛編】
  3. 3感動する別れの言葉まとめ【恋愛編】
  4. 4彼氏から彼女へのかっこいい別れの言葉まとめ【恋愛編】
  5. 5素敵な別れの言葉まとめ【職場編】
  6. 6感動する別れの言葉まとめ【友達編】
  7. 7忘れられない心に残る別れの言葉を贈ろう

別れの言葉…何をどう言えば良い?

ずっと一緒にいられると思っていた人とも、別れなければならない運命の時が訪れることがあります。別れることに抵抗する時期も過ぎて、本当に別れなければならないという段になったら、せめて気の利いた別れの言葉を残したいものです。最後に発した言葉が好印象であれば、二人の思い出は良き思い出として永遠にお互いの心の中に残るでしょう。

難しい別れ際の言葉

いざその時が訪れたら、別れ際に発する短いフレーズをどう言ったらよいか悩みます。めったに使う言葉ではないので、考えたこともないでしょう。しかし、長年付き合った人と別れる時に交わされた言葉は、お互いの心の中にずっと残るものです。たとえこれまでの仲があまり良いものでなかったとしても、終わりよければすべて良しの例えどおりです。

もし、最後のことばが適切でない感情的なものになってしまえば、後味の悪い思いをこれからずっと背負って生きていかなければなりません。せめて最後だけでも感心されるような言葉を残しましょう。

別れの言葉の伝え方はメールでも良い?

メールならば相手に対する自分の感情などを、推敲しながら理路整然と書くことができます。しかしそれを読む相手はメールの文面だけから判断するために、こちらの真意を誤って受け取ってしまう可能性があるのです。それでもメールであれば相手に遮られることなく、自分の思いを一気に述べることが可能です。

その意味でメールでの別れは決して悪いものではありません。ただし、人間というものは感情の生き物なので、直接会って相手の表情を見ながら伝えられたほうが、メールだけよりも納得しやすい傾向があります。すなわちメール一本で終結させようとしても、相手は不完全燃焼で簡単には終わったと思ってくれない危険性が残ります。

もしこのような兆候が見られるのならば、メールだけではなく最終的に会ってきちんと終結を納得してもらう必要があるでしょう。

心に残る別れの言葉まとめ【恋愛編】

それでは実際のケースを見ていきます。最初は心に残る言葉の恋愛編です。そもそも別れの言葉を言わなければならくなる可能性が高いのは、圧倒的に恋愛の場合が多いです。

別れの言葉①「幸せだったよ」

二人で過ごした時間を肯定して、恋愛関係をよき思い出として残したいという気持ちを込めて発した言葉です。だれでも相手のことを好きになって、自分の人生の少なくない時間を費やしたのならば、その時間を無意味なものとは思いたくないものです。その意味で「幸せだったよ」の一言を聞けば、これまでの恋愛に後悔なく終止符を打てるでしょう。

「幸せだったよ」と聞けば、共に過ごした日々は宝石のように光り輝き、幸福の余韻に浸れます。さらに切なさに思わず涙してしまうでしょう。

別れの言葉②「今まで本当にありがとう」

恋愛はお互いの相互作用で維持していくものなので、一方が献身的に支えるものではありません。従って色々な事があったとは言え、お互い様のことが多いです。しかしながら恋愛の最後のお別れの時には、自分が一歩引いて感謝をする立場であるという姿勢を見せると、相手も和みます。「今まで本当にありがとう」というのは、先に言った方がかっこいいです。

この返礼として「私の方こそ、本当にありがとう」と言いたくなるからです。もし返礼まで完結できたら、本当に心に残る別れになります。そして忘れられない別れの言葉になります。

別れの言葉③「また笑って会いたいな」

付き合っていた頃は、何も考えずに笑っていられたのに、今は悲しい表情で別れ話をしているという状況です。ビートルズの『イエスタデイ』ではありませんが、お互いの恋愛関係が良好だった頃がなつかしく思われるくらい今は天と地ほどの境遇の変化が起きてしまいました。「また笑って会いたいな」という言葉は、現在の二つの願望を示しています。

一つ目は複雑になってしまった今のお互いの感情を、一旦ゼロクリアしたいという願望です。二つ目は過去の幸福だった頃のように、できることなら笑って会いたいという願望です。

別れの言葉④「元気でね」

相手の健康を気遣って発した言葉です。最後の別れに際しても、相手に対して優しく思いやりのある言葉を発すれば感動的です。「元気でね」という何気ない言葉の中に、今でも相手を大切に思っているという万感の思いを込めています。きっといつまでも心に残るでしょう。

別れの言葉⑤「またいつかどこかで」

この言葉は、最終的な別れの時の言葉としては、煮え切らない印象を与えます。相手がこれできれいさっぱり別れてしまいたいと考えていたら、「またいつかどこかで」という含みのある言葉は決して嬉しいものではありません。このまま会うこともないだろうと思えばこそ、情けも湧いて来ます。

しかしまた会ってしまう可能性が残っていると思うと警戒感が生じ、その意味で心に残るでしょう。

別れの言葉⑥「後悔しても知らないから」

一見捨て台詞のようにも見えますが、もしかしたらこれから一念発起してカッコイイ、魅力的な人に大変身するのだろうかと推測させます。今はその可能性はあまり感じられないとしても、少しは期待を持たせる言葉です。今後寄りを戻すことはないにしても、2、3年後の相手の姿を見てみたいと思わせる言葉でしょう。

別れの言葉⑦「好きになれてよかった」

別れの言葉として聞かされて不快にならない言葉です。「好きになれてよかった」と言ってくれれば、二人の思い出も無駄なものにならないです。今でも好きなのにという含みを残しているようですが、実際のところは明らかではありません。ともあれ、あくまでも過去を美化する言葉として、後味のよい別れを演出しています。

別れの言葉⑧「早くどっか行っちゃえ」

「早くどっか行っちゃえ」というのはかなり感情的なしかも刺々しい別れの言葉のようです。しかし、この言葉に隠された真意は、泣き顔を見られたくないから自分の目の前から去って欲しいとも考えられます。またもしそうならば、今でも気持ちに踏ん切りをつけるのに苦労しているので、目の前にいられると情が湧いてしまうということでしょう。

一見投げやりに思える別れの言葉ですが、真相を考えると妙に心に残ってしまう言葉です。

別れの言葉⑨「またね」

「またね」というのは今までいつも使っていた挨拶の言葉と同じです。別れの言葉だからと言って特別なことを言うのではなく、さりげなく今までと同じように振る舞うことで、悲しみを抑えています。「またね」と言っても、次はないのですがことさらに悲しむと後味が悪くなるので、軽い雰囲気を出しているところが心憎い気遣いとなっています。

きっと良き思い出と共に心に残るでしょう。

別れの言葉⑩「いつか友達に戻りたいな」

完全に縁を切るのではなく、恋愛関係は解消しても友達として付き合っていきたいという心情の吐露です。恋愛関係がダメになって別れると、全く会わなくなってしまうことが多いのですが、一旦は好き合っていた間柄です。「いつか友達に戻りたいな」というのは、友達同士ということでならまた会ってもいいだろうかという願望および提案となります。

もちろん、当分の間は会うこともできない関係でしょうが、大げんかして別れるのでなければ、いつの日か友達という関係はあり得るかも知れません。

感動する別れの言葉まとめ【恋愛編】

別れの言葉を聞くのは辛いものですが、相手が発した言葉に思わず感動してしまったら、最後に相手を見直してしまうでしょう。いつも別れた時のことを思い出す度に胸を熱くできるのならば、別れたこともいい思い出になるでしょう。

別れの言葉①「一緒に過ごした日々は宝物」

二人の間に新たな歴史は刻まれることはありません。しかし二人で過ごした期間があることは事実としていつまでもお互いの心に残るでしょう。その過ぎ去った日々を「一緒に過ごした日々は宝物」と別れの言葉で言ってくれたならば、思わず感動してしまいます。誰でも自分の関わったことに対して低い評価をつけられるのを望んでいません。

何を言われるのかと身構えていた時に「宝物」とまで言ってくれたのなら、感動して当然です。

別れの言葉②「感謝してもしきれない」

これまでを振り返ると、あまり感謝の言葉を投げかけてくれなかったのかも知れません。それが別れの原因の一つになっている可能性もあります。ところが、別れの言葉で「感謝してもしきれない」とまで言ってくれると、感動してしまいます。「今更遅いです」という気持ちはあるでしょうが、相手からの言葉としては最上級と捉えて素直に感動して良いです。

別れの言葉③「こんな自分を好きになってくれてありがとう」

付き合い始めたころは、自分では気がついていなかったかも知れませんが、今になって冷静に考えると欠点や相手にふさわしくない点を自覚できるようになることがあります。これはある意味相手の愛情で支えてもらっていたことになります。付き合っている間に愛の力でいくらかは成長できたはずです。

今まで自分の劣っていた点について相手と真剣に話さなかったとしても、別れの言葉として「こんな自分を好きになってくれてありがとう」と言えたなら、相手も思いもよらない言葉が聞けて感動するでしょう。
 

別れの言葉④「辛い思いさせてごめん」

相手が別れ話をしたくても、なかなか言い出せなかったことに対し謝罪しています。相手がそのようなことを考えていたことにも気付かずに、二人の関係がずっと続くものと思っていた自分を恥じて発した言葉でもあります。別れの言葉として「辛い思いさせてごめん」と言うのは自虐的なようですが、ここまで割り切って言えれば相手も感動してしまうでしょう。

別れの言葉⑤「風邪引かないようにな」

寒い時期に別れる場合ならば、別れの言葉として「風邪引かないようにな」と言ってくれれば、自分の身体を気遣ってくれたということで感動するでしょう。このような最終局面でも、相手の健康を心配できるというのは、優しい心を持っているからであり思わず感動してしまいます。

別れの言葉⑥「来世は一緒だと嬉しい」

やや大げさな印象を与えますが、少なくともこの世ではもう関わらないということをはっきりさせています。その上でもし叶うならば次に生まれて来た時に出会えれば一緒になりたいという願望を表しています。ロミオとジュリエットを彷彿とさせる別れの言葉ですので、いきなりこれを言われたら驚くのと感動するのと半々ではないでしょうか。

別れの言葉⑦「運命ならまた会えるね」

これは、敢えて自分の意思は主張しないで、次に会える資格ができるのは運命に委ねられているということを言っています。しかしその本心は、自分たちは今は別れるとしても運命の導きによってまた会えると願っていますという意味です。これは、いつの日かまた巡り会いたいという願いと相手に対する心残りがひしひしと伝わる別れの言葉です。

嫌いになって別れるのではなければ、再会を夢見てしまいそうなくらいです。

彼氏から彼女へのかっこいい別れの言葉まとめ【恋愛編】

彼氏が言う別れの言葉は、できれば女々しくないほうがいいです。そして彼女が期待するのはかっこいい別れの言葉でしょう。最後なのであまりみっともない真似をせずに、彼氏は男らしくかっこよく決めゼリフを言えるようになりたいものです。

別れの言葉①「話すほどに辛いからさよならしよう」

別れの原因が彼氏のほうにある場合ならば、最後のデートはできれば彼女を引き止めたい思いでいっぱいでしょう。しかしそれは許されないこととわかっています。そのような場合に潔く身を引くために選んだ言葉が「話すほどに辛いからさよならしよう」です。彼女を見つめて、涙をこらえて冷静に言い終えることができたらかっこいいです。

別れの言葉②「辛いのに伝えてくれてありがとう」

彼女から別れ話を切り出された場合に、彼氏として返す言葉です。彼女はこの別れ話をいつ言おうかとずっと悩んでいたことでしょう。もしかしたら、デートの際にも彼女は憂える表情をしていたはずです。彼氏はうすうす感づいていたので、いつかこのような日が来るかもしれないと覚悟を決めていたかも知れません。

彼女が切り出したときに、別れの言葉として「辛いのに伝えてくれてありがとう」と言えば、男としてかっこいいです。

別れの言葉③「10年後この場所で待ってる」

お互いに今は別れたくないのに、事情が許さなくてやむなく一旦は別れざるを得ない場合に言うとかっこいい言葉です。やむを得ない事情というのは、例えば彼氏が長期の海外出張で長い間会えない場合や、彼女が留学して帰ってくるまで会えないなどの場合があります。志を遂げるのにある程度時間を要すると思われるので10年と言っているのでしょう。

しかし10年は例えで、ずっと彼女のことは忘れませんという強い意志を表していると言えます。

別れの言葉④「俺のことは気にせず幸せになれ」

彼女に新しい恋人ができて、彼氏は身を引かざるを得なくなった場合が当てはまります。下手をするとバトルになりかねない危険な状況ですが、逆に彼氏が潔く身を引いたらかっこいいです。あるいは別のシチュエーションとしては、彼氏が不治の病に冒されて余命幾ばくもない状況で「俺のことは気にせず幸せになれ」というのは感動ものの言葉になります。

別れの言葉⑤「ずっと応援してる」

彼女のことを気遣って、別れた後も忘れないで味方でいますという意思表明です。別れた後に敵方に回ってしまう人も中にはいるかも知れませんが、この彼氏はそのようなことはせずに、「ずっと応援してる」と言ってくれてます。実にかっこいいです。

別れの言葉⑥「幸せにできなくてごめん」

これはこのまま順調に恋愛が発展していけば、もしかしたら結婚にゴールインできたかもしれないという思いがあることを示しています。そのようにはできなかった自分を悔やみ、かつ彼女に対しては今まで付いてきてくれたのに申し訳ないという気持ちを表しています。やむを得ない事情で別れなければならなくなったとすれば、彼氏が言うのはかっこいいです。

別れの言葉⑦「もっといい男に会えよ」

これは、彼女にはまだ新しい恋人がいないケースです。二人は別れざるを得ないという結論に達したわけですが、彼氏は彼女を元気づけるために「もっといい男に会えよ」と言っています。このように言えるということは、彼氏はそこそこイケメンではないでしょうか。醜男の場合はこのようなことはジョークになってしまいます。

その上で、自分に多少なりとも自信のある彼氏が彼女のために言う言葉としてはかっこいいでしょう。

別れの言葉⑧「成長したらまた会おう」

お互いに行き詰まってしまって、別れざるを得なくなったという深刻な状況ですが、未来は暗いままではないということを示しています。つまりお互いの成長する可能性を信じているということです。次にいつ会えるのかは別として、こう言うことによってその場の雰囲気をいくらかでも明るくしようという心遣いがあります。その意味でかっこいいでしょう。

素敵な別れの言葉まとめ【職場編】

職場では定期人事異動や退職などで別れが発生することが多いです。2、3年で転勤をしていく社員もいますが、地元で10年、20年と勤めている人もいます。同じ部署に勤めていた人が去ることになると、同じく一緒に仕事をしてきた人達も寂しくなります。このような場合の素敵な別れの言葉をまとめてみました。

面と向かって言う場合もありますが、メールでも良いでしょう。

別れの言葉①「面倒を見て頂きありがとうございました」

若手社員が上司に対して感謝を込めて言う言葉です。特に新入社員として入って来たのでしたら、手取り足取り大変な労力を費やしたはずです。おかげで他部署に異動できるくらいに実力がついたのです。親身になって公私に亘り指導したり相談に乗ってくれた上司に対して、心からのお礼の別れの言葉を伝えましょう。

別れの言葉②「離れてもずっと応援しています」

自分が転勤で今の職場から遠く離れてしまう時に、現在の職場の人たちに向かってお礼かたがた言う別れの言葉です。職場にいた期間がたとえ短くとも、一緒に苦楽を共にした仲間たちとは離れがたいものです。今後は職場が違っても見守り続け、離れてもずっと応援していますと宣言している言葉でもあります。

この言葉を受け取った人たちも、これからも気持ちの上で繋がっていたいと願うでしょう。

別れの言葉③「〇〇さんへの感謝の気持ちは忘れません」

仕事上様々なことで助けてもらった人への感謝を伝える言葉です。仕事をしていく上で周囲の人達の協力と援助は必須です。そういう中でも、一般的な規則で決まっている以上に助けてくれた人もいるでしょう。そのような助力がなければ、厳しい仕事の数々は達成できなかったかも知れません。お世話になった人に感謝をこめて別れの言葉を言いましょう。

別れの言葉④「その明るさで周囲を笑顔にし続けてください」

結婚や転職などで会社を去って行く人に向けて、はなむけの言葉をかける時に「その明るさで周囲を笑顔にし続けてください」と言います。これは、去って行く人のキャラクターが明るい、朗らかな場合に使います。そして、そんな周囲の人達を思わず笑顔にしてしまうような人が去って行くのは、大変な損失だし残念であるという気持ちを伝えています。

別れの言葉⑤「新天地での幸せを願っています」

転勤や転職で去って行く人に向けて、「新天地での幸せを願っています」と言ってはなむけの言葉にしています。今まで一緒に働いていた人がいなくなってしまうのは、確かに寂しいことです。しかし、去って行く本人は新たな可能性を求めて新しいところへ移って行くのです。送り出す方としては励まし、また幸せを願ってあげることで本人を力づけてあげます。

別れの言葉⑥「あなたのおかげで楽しかった」

これも転勤や転職で今の職場を去って行く人に対する別れの言葉です。単に仕事上の観点だけではなく、公私ともに一緒に生活してきた人ならではの言葉です。会社生活は一緒に仕事をする仲間次第で、楽しくも苦しくもなります。お別れの時に「あなたのおかげで楽しかった」と言われるのは、誇らしいことです。

別れの言葉⑦「あなたならどこでもやれる」

これは去って行く人に対して、上司がはなむけの言葉として投げかけるものです。去る人は、次の職場でうまくやっていけるかと不安になっているでしょう。特に転勤で全く知らない土地へ移るときなどは、仕事以外にも生活全体が変わってしまうので不安も尋常ではありません。

そんな時に上司が「あなたならどこでもやれる」と言ってくれたなら、どんなに心強いことでしょう。

別れの言葉⑧「これからも頑張って」

これも転勤や転職で職場を去る人への励ましの言葉です。この先の道が平坦でないかも知れないと思われる時でも、とにかく前向きに進んで欲しいという気持ちを伝える言葉です。「これからも頑張って」というのは、「これまでも頑張ってくれています」という意味を含んでいます。このような激励の言葉をかけてもらえば、力が湧いてくるでしょう。

別れの言葉⑨「振り向くな」

現在の職場から送り出す時に、未練を断ち切って新しい仕事に集中してもらいたいという心遣いを込めた言葉です。転勤の場合は、今の職場よりも大変そうな場所に異動することも多いです。そういう時に今の職場と比較して新しい職場になじめなかったら大変です。ここは心を鬼にして、「振り向くな」と叱咤激励してあげるのが思いやりになります。

別れの言葉⑩「後は任せた」

これは、上司が職場を去るときに残った人達に言う別れの言葉です。今までは下の人達を時には厳しく指導してきた上司ですが、いざ職場を去る段になったら、信頼感を持っているので安心して去れるということを言っています。「後は任せた」と言い残して去って行く上司を見送りながら、部下たちも感謝の念を募らせていることでしょう。
 

別れの言葉⑪「自信を持て、お前なら大丈夫」

転勤や転職で職場を離れる部下に対して上司が、激励のためにかける言葉です。「自信を持て、お前なら大丈夫」と言われた部下は、元気百倍になって頑張れるでしょう。これまでの厳しい指導は、すべて自分を一人前にするための計画の元に進められていたのだと再確認できます。この言葉はメールで送信しても良いです。

別れの言葉⑫「大丈夫、無理するな」

新しい職場に移る部下に対して、上司が思いやりを込めて発する別れの言葉です。とかく真面目で考えすぎる部下に対して適切に励ますための心強い言葉です。「大丈夫、無理するな」と言われて肩をポンとたたかれたら、背筋が伸びて力が湧き出てきます。または、密かにメールで言ってあげてもよいでしょう。

別れの言葉⑬「今までありがとう、お疲れ様。これからもよろしく」

上司が部下に対して発する言葉です。上司が今の職場を去ることになって、部下達にお礼かたがたねぎらいの言葉をかけています。「今までありがとう、お疲れ様。これからもよろしく」というのは、これからもこの職場に残って頑張ってもらう人達へのねぎらいと激励の言葉になっています。あるいは、特定の人にメールで送信することもよいでしょう。

別れの言葉⑭「やめても関係はこのままね」

会社を辞める部下に対して、上司が温かく投げかける別れの言葉です。とかく会社を辞めてしまうと、疎遠になりがちです。それを気にした上司が、「やめても関係はこのままね」と優しく語りかけています。このように言われれば、やめた後も会社にふらりと立ち寄ることができるでしょう。

感動する別れの言葉まとめ【友達編】

友達同士の間柄でも、訳あって別れなければならないことがあります。長年付き合ってきた気心がしれている友達と別れるのは辛いことです。こんな時に気の利いた別れの言葉を言えたら、素敵なことです。

別れの言葉①「これからもずっと友達」

友達の間柄で一番気にするのは、これからの関係です。色々な事情があるにせよとりあえずは別れなければならないので、今後今までの友情がどうなるのかが心配になります。この心配にズバリ答えるのが「これからもずっと友達」の一言です。これを聞いたら、安心して別れて行けるでしょう。

別れの言葉②「一緒に過ごせて楽しかった、ありがとう」

比較的短期間に出会って親しくなって、期限が来たので別れなければならなくなったようなケースが該当します。このような相手には、もっと以前から出会いたかったと思い、またもっとずっと一緒にいられたらいいのにと後ろ髪を引かれます。このような状況で「一緒に過ごせて楽しかった、ありがとう」と言われたら、感涙にむせんでしまうかも知れません。

別れの言葉③「こんな自分を好きになってくれてありがとう」

友達同士の別れの言葉としてはやや重い表現ですが、相手が自分に至らないところがあると思っている場合や、若干引け目を感じている場合にその気持ちを正直に言っているようです。「こんな自分を好きになってくれてありがとう」と言われたら、友人として驚くかもしれないです。あるいは、照れくさいのでメールで来るかも知れないです。

このような言葉を受け取ったら、少なくとも相手はそこまで友人関係を大切に思ってくれていたのだと感謝したくなります。

別れの言葉④「また会える日を待ってる」

友人同士なら、軽い気持ちで親しみを込めて言える言葉です。これが一時の別れであって欲しいと願っています。恋人同士の別れではないので、きっと「また会える日を待っている」と言う言葉は実現するのではないでしょうか。二人の友情が長く続くようにとの願望もこもっています。

別れの言葉⑤「寂しくなるね」

友達の別れに際しての言葉としては、気持ちを素直に表現したものです。特に仲良しの4人組とかで、そのうちの一人が遠いところへ引っ越さなくてはならなくなったような事態では、「寂しくなるね」と誰もが思い、心から別れを惜しむでしょう。

別れの言葉⑥「振り回してごめん、ありがとう」

かなり活発に動いていたリーダー格の友人が別れなければならなくなった時の言葉です。事実、自分の意に反して振り回されて迷惑を被ったこともあったことでしょう。しかし、それも全て良き思い出です。やはり友人との別れは寂しいものです。最後に友人が「振り回してごめん、ありがとう」とストレートな気持ちを言ってくれたら、驚くでしょう。

なまじ当たっているだけに、正直に言われたら泣けてくるかもしれないです。

別れの言葉⑦「離れてもずっと一緒」

友達の深い絆を確認するよい言葉です。「離れてもずっと一緒」と言えるような間柄であることに感謝するでしょう。そして、実際に会うことは難しくなるにしても、メールなどで連絡を取り合うことを約束します。いつの日にかお互いの都合がついて再会出来る日を楽しみにしましょう。

別れの言葉⑧「こっちも頑張るからそっちも頑張れ」

お互いに問題を抱えていながら、励まし合ってきた友人が離れていく時に発する言葉です。今まで何かと頼りにしてきた友達かもしれませんが、離れてしまうとなかなか会うこともかないません。心細くなっていた時に「こっちも頑張るからそっちも頑張れ」と言われたら、心が温かくなるでしょう。涙で友達の顔が見えにくくなるかも知れません。

面と向かっては言いにくければ、メールでも良いでしょう。

忘れられない心に残る別れの言葉を贈ろう

人生には残念ながら別れは付きものです。いつまでもいっしょにいたいと願っていても、やむを得ず別れなければならなくなることがあります。そういう時には、せめて忘れられない心に残る別れの言葉を贈りましょう。いつでも会えると思っていた時にはそれほど気にしなくても、これでもう一生会えないかも知れないと思う時があります。

そのような時には素敵なお別れの言葉を贈りたいものです。その言葉だけでお互いに残りの人生を気持ちよく過ごせるようになるのです。それほど気の利いた言葉でなくてもいいですから、真心のこもった言葉を贈りましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
古典文学からSF、ミステリ、哲学、ノンフィクションや科学と幅広い読書が好きです。趣味は登山と合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ