性欲が強い男性の特徴7選!付き合うメリットやムラムラする瞬間とは?

男性と女性の性欲の違いやそれぞれの特徴をまとめてみました。性欲が強い男性は四六時中ムラムラしているのか、また性欲の強い男性と付き合うことのメリットやデメリットはあるのかどうかなど、女性の立場からは想像しにくい男性の性欲についてまとめてみました。

性欲が強い男性の特徴7選!付き合うメリットやムラムラする瞬間とは?のイメージ

目次

  1. 1性欲が強い男性は多い?
  2. 2そもそも「男性の性欲」と「女性の性欲」は異なる
  3. 3性欲が強い男性の特徴7選
  4. 4男性がムラムラする瞬間とは
  5. 5性欲が強い男性と付き合うメリット
  6. 6性欲が強い男性と付き合うデメリット
  7. 7性欲が強い男性はエネルギッシュで魅力的

性欲が強い男性は多い?

性欲というと、あまりにもストレートな言葉であり、日本人にとってはあまり良いイメージがない言葉でもあります。日本人女性にとっては性欲が強い男性は身体目当ての男性というようなイメージが強く、敬遠するタイプの男性の上位に位置づけられています。性欲が強い男性とは、本当はどのような男性なのでしょうか。

そもそも「性欲」とは

人間にとっての三大欲とは「睡眠欲」「食欲」「性欲」といわれ、その中で子孫を残そうとする本能として存在するのが性欲です。性欲があること自体は生命体として当然のことというわけです。人間の性欲が他の動物の性欲と違う点は、繁殖のための性欲だけではなく恋愛感情に由来する、いわば愛欲が含まれる点にあります。

相手に対する愛情とセックス自体の気持ち良さが愛欲という形になり、生物が持つ本来の性欲に合わさる形で人間のセックスは成立しているということなのです。子孫を残したいという気持ちだけが人間の性欲ということではありませんし、誰とでも良いからセックスをしたいということが本当の意味での人間の性欲ということでは無いということになります。

草食系男子が増えたというけど…

草食系男子という言葉や絶食系男子という言葉があります。情報入手が簡単になるにつれ、性病についての情報や痴情のもつれによるトラブルなどの情報が入手できてしまい、セックス自体に興味を持てなくなったという説があります。実態はどうでしょうか。草食系男子に性欲は全くなくなったのでしょうか。

勃起不全であれば別ですが、健康な男子であれば性欲は生物の持つ本能なので無くなりはしません。男性の強い性欲と女性の性欲の立ち位置が少しだけ変わってしまっただけで、人間の持つ性欲自体が無くなっているわけではないのです。その証拠に、最近は見た目が草食でも中身は肉食という意味でロールキャベツ系男子という言葉も存在するようになりました。

そもそも「男性の性欲」と「女性の性欲」は異なる

男性と女性の視点は全く一緒ということが多くはありません。身体の仕組みも違う二種類の生物という考え方もあるくらいです。女性にとっては、ガツガツした性欲の塊のような男性には辟易してしまうかもしれません。ところが、それさえも別の観点からすれば「なるほど」と思うことがあるかもしれません。

男性の性欲と女性の性欲とは、異なる部分が多いのです。3歳児くらいまでは、男女の差があまり見られません。その後、成長するにしたがって男性は男性らしく、女性は女性らしくなっていきます。外見だけではなく、考え方なども男女の違いが見られるようになります。そして性欲についても、男女の差が顕著になっていくのです。

一般的に男性の方が性欲は強い

身体で感じるのが男性のセックスで、心で感じるのが女性のセックスなどといわれます。勃起して射精したい気持ちは、それ以外を考えたくない無の境地です。一般に、男性にとっての性欲は、女性の性欲のはるか何倍もの強さがあります。このことは、例えばアダルト市場がほぼ男性向けのもので成立していることから推測できます。

また男性の多くは自慰行為をしますが、女性の場合は多くとは言い切れないことも、男性の性欲が強いことの証明の一つになります。たとえ特定のパートナーがいたとしても、自慰行為は別のものという男性も多く存在します。女性でセックスに取り憑かれているケースは稀でしょう。これらのことからも男性の方が女性よりも性欲が強いといえるわけです。

男性と女性では性欲のピークが異なる

男性は10代から30代で性欲のピークを迎えます。これに対して女性は20代後半から40代でピークを迎えるといわれています。姉さん女房であれば互いの性欲のピークを一致させることもできますが、実態は難しいはずです。一般に互いが20代であれば、女性は男性に身をゆだねることが多く、常に受身となります。

これは男性が性欲ピークを迎えている一つの証拠であり、女性はまだ性欲が開発されていないことを示します。互いが30代になると逆転し、男性は体力的にも衰えを感じるようになります。反して女性はピークを迎えますから、欲求不満を感じることもありえるということです。これらのことから、男女の性欲は異なるということを理解しなければなりません。

男性の性欲にはホルモンが関係する

性欲は男性専用のものではありません。女性にも性欲はあります。ところが、男女の性欲を発生させるホルモンの種類が大きく違うのです。男性ホルモンは身体を成長させるために必要なもので、第一次成長期から大量に分泌されるようになります。このとき、子孫を残そうという本能も強く発達します。これが少年たちのムラムラとした性欲です。

女性の場合は、成長期に分泌されるホルモンは男性の十分の一程度といわれています。まず子供を産むための身体の仕組みを作り上げることにエネルギーが使われるため、性欲を出すのは最後の仕上げというわけです。女性の分泌するホルモンは、男性の挿入したいという欲よりも、愛されたいというような感情面を強く押し出すホルモンといわれます。

思春期の男の子たちがエッチなことばかり考えているのは、成長ホルモンの見せる一つの面であり、生命体としては健全な姿であるということなのです。

性欲が強い男性の特徴7選

下ネタばかりを口にしているからといって、性欲が強いとは限りません。草食系といわれていた男性が実はムッツリスケベで凄かったということもあります。性欲が表す外見的特徴は、存在するのでしょうか。性欲がホルモンの影響ということから考えると、子孫を残そうとしているので積極的に活動している男性が性欲が強いということがいえます。

一般に男らしいという言葉が連想できる男性ならば、性欲は強い傾向が見られます。全て当てはまらないといけないとか、必ず性欲が強いということではありませんが、一つでも当てはまるものがあれば性欲が強い傾向があるのではないかと推測できます。

特徴①食欲旺盛でよく食べる男性

食欲は性欲に近いといわれます。このため食欲旺盛で何でもよく食べる男性は、性欲が強いといわれます。一般に、よく食べる男性の筋骨隆々の体格を見れば、セックスは強いだろうと感じてしまいます。小食で、サラダしか食べないような、顔色の優れないガリガリの男性に性欲を感じることは稀でしょう。

食欲旺盛ということは健康体であるということです。女性の本能としては、優秀な子孫を残したいと思っています。このため女性が健康な男性を求めることは、本能に従っているのです。早寝早起きで規則正しい生活を送っている男性は、人間の三大欲である「睡眠欲」「性欲」「食欲」を正常にコントロールしているわけです。

特徴②リーダーシップをとる男性

性欲は子孫繁栄を望む潜在意識だとすれば、男性が活動的であることが性欲が強い証拠になっています。グループの中でリーダーシップを発揮する男性は、セックスでもぐんぐん押してくるのではないかと簡単に想像できます。反対に何でも言われるがままの男性であれば、性欲が強いということを想像しにくいはずです。

性欲が強い男性であれば、何でも自分から率先して取り組む姿勢を持っているというわけです。女性に見せるために仕事をしているわけではありませんが、動物の世界でオスがメスにアピールすることに通じるものはあるはずです。男性が無意識のうちに出している性欲アピールなのかもしれません。

特徴③体格が良く筋肉質な男性

食欲旺盛だけで太っているのであれば、強い性欲保持者とはいえないかもしれません。普段からジムに通っているたくましい男性であれば、セックスは強いだろうなと簡単に想像できます。体格が良いので、自分の身体を見せることに抵抗がありません。

女性にモテたいから身体を鍛えているという男性も多いことから、体格がよく筋肉質な男性は性欲が強いだろうと推測できるわけです。実際、動物性たんぱく質などをある程度摂取している男性であれば、男性ホルモンの分泌量は多く、ゆえに性欲は強いと判断できます。

特徴④鼻が大きい男性

鼻はペニスを表現しているという言い方があります。立派な大きな鼻の持ち主は、ペニスも立派だという説です。しかも大きな鼻の持ち主は性欲が強く、いわゆる絶倫といわれるようです。これらのことは人相学などでも言われていることです。

すらりとした鼻筋を持っている人は長いペニスを持っている人で、鼻の穴が見える人は太いペニスの持ち主だといわれます。鼻が大きい人は性に対して開放的なので、それが性欲が強いということにつながっているようです。

特徴⑤体毛が濃い男性

体毛が濃いということは、男性ホルモンの分泌量が多いということから生じる身体特徴の一つです。男性ホルモンが多ければ、性欲が強いということにつながるというわけです。欧米の男性などを見ると、たくましい身体に胸毛が立派というのがセックスアピールの高い男性とされています。

このことから、体毛が濃い男性であれば性欲が強い傾向にあるとされているわけです。ただし、近年の流行では男性も脱毛をしているケースがあるので、判断に微妙なことが多々見られます。髭が伸びる早さなどを一つの目安としてみると良いかもしれません。

特徴⑥頭髪が薄い男性

男性ホルモンが多いと性欲が強く、それゆえに男性の身体特徴の一つである体毛が濃くなるとしましたが、さらに男性ホルモンが増えると頭髪が薄くなるという統計があります。遺伝による男性型脱毛も当然考えられるのですが、9割は男性ホルモンによるという研究結果があります。男性ホルモンは体毛を増やす反面、頭髪を減らすということなのです。

男性ホルモンを作る睾丸を除去すると脱毛しないというハミルトンの実験などで、それが証明されています。このことから、頭髪が薄い男性であれば、男性ホルモン分泌は活発であると考えられ、ゆえに性欲は強いという言い方が出来るというわけなのです。

特徴⑦収集癖のある男性

コレクターの心理を考えてみましょう。特にこだわりがあるものに対しては「絶対に手に入れたい」という強い願望があるはずです。そういった人のこだわりの気持ちは、性欲にもつながるという考え方です。

収集しているものへの執着心は、女性に対しての執着心や支配欲にもつながることがあり、セックスの相性が良い女性にめぐり合うと、毎日のように求めてくるときもあります。コレクターまでいかなくても、例えば飲むビールの銘柄はいつも決まっているというような拘りを持っている男性は、一般に性欲が強い傾向にあるとされています。

男性がムラムラする瞬間とは

思春期の頃の少年たちは、頭の中がエッチなことでいっぱいなどと表現されます。男性ホルモンが分泌され始め、理性でコントロールしきれない思春期の少年たちにとっては仕方の無いことです。年齢が上がっていくと、経験値も上がり抑制力も身につくので、簡単に発情することはなくなります。

それでは、男性はどういったシチュエーションになると女性にムラムラとした気持ちを持ってしまうのでしょうか。

女性と密着したとき

女性の身体は男性にとっては、柔らかくて良い匂いがする気持ちの良いものです。このため、女性と密着するとムラムラすることが多いのです。女性の方からハグしてきたり、酔っている女性がしなだれかかってきたりすれば、当然ムラムラしてしまうのが男性の習性です。素肌と素肌が触れ合ってしまえば、男性の性欲が高まってしまうのは当然です。

なぜならば、それらはセックスしている最中を想像できてしまうからです。密着したときの、至近距離からの普段からは想像できない女性の顔や仕草などにも反応してしまうことがあります。これもセックスしている最中の女性の表情とつながってしまい、発情してしまうというわけです。

下着が透けて見えたとき

昔から「チラリズム」という言葉があります。見えそうで見えないということは、男性にとっては性的興奮度が高まってしまうのです。夏になり、薄着の女性で下着が透けて見えてしまうことがあります。さらに夕立にあい、濡れたシャツ越しに下着がくっきりと透けて見えてしまうことがあります。

下着が見えてしまうシチュエーションはアダルトビデオにもよく採用されているくらいですので、下着が見えてしまうのは、多くの男性のムラムラポイントとなっています。大事なことは意図せずという点で、わざと見せ付けられるとムラムラしないケースもあります。

ストレスが溜まったとき

ストレスが溜まって癒されたくなると、無性にムラムラすることがあります。甘えたいという気持ちが大きくなるためでしょうか。仕事や勉強のことで頭がいっぱいになり、逃げ出したくなると女性の胸に顔をうずめたくなるというような気持ちです。

もともと男性には多少なりとも支配欲があり、身近な女性に対して独占したくなる気持ちがわいてしまうことがあります。ストレスで気持ちが押しつぶされそうになったときに、ムラムラとした気持ちになり女性を独り占めしたくなるというわけです。

女性の胸元や脚を見たとき

チラリズムや普段は意識していないもの、というのがキーワードです。つまり、意識して見ていなかった女性の胸元が急に意識してしまえば、当然ムラムラしてしまいます。特に女性の胸は男性にとって性欲を掻き立てる女性の身体のパーツのひとつですから、それがチラリズムしてしまえば否応なしに性欲は高まります。

脚も、普段はストッキングで覆われているのが生脚だったり、普段はパンツスタイルだったのが生脚のミニスカートだったりすると、それを見た男性はほぼムラムラします。その他、女性らしいからだのパーツにムラムラしてしまう男性は多いです。首筋や耳や指や二の腕など、普段は意識しないところに意識が行ってしまうと、ムラムラしてしまうようです。

性欲が強い男性と付き合うメリット

性欲が強い男性と付き合うようになると、どんなことがメリットとしてあるのでしょうか。一般にセックスに対してガツガツしている男性は、女性から見ると子供っぽく見えます。思春期の少年のようにセックスのことしか考えておらず、女性のことは性の対象にしか見えていないと思えてしまいます。

毎日のように身体を求めてくる男性に対して、本当に付き合うメリットなどが存在するのでしょうか。性欲が強い男性と付き合うことで得られるメリットを調べてみました。

メリット①競争心が強く仕事ができる

「英雄、色を好む」という諺があります。精力的に活動する人は、女性にも積極的だということです。性欲が強い男性は、競争心が強いといわれています。目標達成までのひたすらな努力は、セックスに対しての貪欲さや女性に対しての積極的な姿勢などと相通ずるものがあるというわけです。

このため、性欲が強い男性と付き合えば、仕事での面では尊敬できる相手となります。また、結婚ともなれば経済的に安定することは間違いないでしょう。

メリット②頼りがいがある

性欲が強い男性は、牽引力が強いとされています。女性を引っ張ってくれるということは、それだけ頼りがいがあることにもなります。外面も性欲が強い人は筋骨隆々であり、男らしい人が多いのも頼りがいがあります。

年下の男性に甘えられることが好きな女性もいますが、家庭を支えるなど将来的なことを考えると頼りがいのある男性にはメリットがたくさんあります。性欲が強い男性が持つ頼りがいは、女性にとっては得がたいものであるということです。

メリット③セックスレスになる可能性が低い

離婚原因の上位に上げられるのが、性の不一致ということです。特に近年ではセックスレスが問題となっています。婚姻後の夫婦のセックス回数は世界最低基準値です。女性の性欲のピークが30代から40代ということを考えると、性欲の強い旦那様と暮らす事でセックスレスは解消できます。

性欲が強い旦那様と暮らすことで女性ホルモンが盛んに分泌され、肌の調子も良いという声もあります。心理的にも愛されているという実感があるので、女性にとっては性欲の強い男性と一緒にいることはメリットがあると考えられます。

メリット④一途に愛する傾向がある

性欲の強い男性は誠実という面も持ち合わせていることが多く、一度手に入れたものは大事にするという傾向も見られます。家庭を第一に考える男性が多いのも特徴で、浮気の心配は低いといわれます。男性がセックスに対して不満を感じなければ、浮気はまず起こらないということです。

お互いに求め合うことで、心も身体も満足するので、仕事に対して打ち込み家庭を大事にするという理想の旦那様というケースが多々見られます。性欲が強いことが、付き合う女性のメリットになっているということです。

性欲が強い男性と付き合うデメリット

性欲が強いことは悪ではないという趣旨でまとめてきましたが、当然これまで持たれてきた悪いイメージも否定は出来ません。改めて、性欲が強い男性と付き合うことで発生するかもしれないデメリットを考えてみます。

デメリット①浮気する可能性がある

筆頭に上げられるのが、性欲が強い男性だからこそ浮気する可能性を否定できない点です。思春期の少年が、セックスできるのであれば相手は誰でも良いと思ってしまうことと同じレベルであれば、浮気の心配を日常的にしていなければなりません。こうなると女性は疲労困憊してしまい、付き合うメリットなど考えられなくなります。

浮気する可能性を心配することは、付き合っている男性が持っている性欲が常識の範囲内での強さではないことが原因です。極端に言えばセックス依存症である可能性も否定できないので、このタイプの男性とは縁を切ったほうが得策かもしれません。

デメリット②自分の性欲が先行しがち

男性にとっての愛欲が無い、単なる性欲の場合は「勃起して挿入して射精するだけ」の行為です。これが男性は身体でセックスし、女性は心でセックスするという男女の違いです。性欲の強い男性のムラムラ度を最優先すると、レイプまがいの状況にもなります。

性欲の強い男性は、セックスに関しては自己中心的になってしまうことが多いです。それを見越して、嫌なものは嫌といえる関係を構築しておく必要があります。性欲が強い男性は自己中心的なので、セックスを満たしてくれないのは女性が悪いと責めます。こうなると、付き合っているメリットはありません。

デメリット③生活のリズムが合わない場合も

セックスを生活の一部と考えるのであれば、生活ペースがあわないこともありえます。バイタリティーに溢れた性欲の強い男性は、活気があり行動力もあるので慌しく過ごす毎日となりがちです。セックスも、性欲が強いからこそガツガツとしてしまいがちで、自分だけ満足して寝てしまうという漫画のようなことも起こりがちです。

ゆったりとした性格の女性とは、生活ペースの面で波長が合わないということがありえるわけです。こういうケースの場合は、性欲の強い男性と付き合うことにメリットはありません。

性欲が強い男性はエネルギッシュで魅力的

性欲が強い男性というと、セックス依存症でキモイと言われがちでした。また、すぐに下ネタに走ることも多い下品な男性というレッテルも長く貼られてきました。時代は流れ、ムッツリスケベこそ性欲が強いと言われたり、草食系が女性には心地良い存在だともてはやされた時代もありました。

性欲が強いこと自体は、実際は健康であるということです。男性ホルモンが正常に分泌されているということは、生命体として正しい状態であるということです。しかも動物の持つ本来の姿から考えれば、性欲が強いということは生活行動に対してエネルギッシュであり、オスとしてメスを守ろうとする力を備えているとも言えるのです。

男性の性欲が強いことは、男性の魅力の一つです。男女の性欲の違いを理解すれば、二人の関係がさらに良くなれるかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumbむっつりな人の特徴13選!むっつりの意味やむっつり度の診断など
「むっつりな人」とはどのような意味があるのかご存知でしょうか。意外と本当に意味を知らないとい...
Thumbお尻フェチな人の心理と特徴!尻好きが好むプレイ・おしりの形とは?
おしりが大好きなお尻フェチの心理や特徴はどのようなものでしょうか。色々なフェチの中でもお尻フ...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
tm06120712trs
よろしくおねがいいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ