かまってちゃん女の特徴15選!対処法や心理とは【彼女編/職場編】

かまってちゃんという言葉を聞いたことはあるでしょうか。また、かまってちゃん女がどうしてそうなったのか、気になったことはないでしょうか。この記事ではかまってちゃん女の特徴や心理、さらにかまってちゃん女の対処法を彼女編、職場編にわけてご紹介します。

かまってちゃん女の特徴15選!対処法や心理とは【彼女編/職場編】のイメージ

目次

  1. 1かまってちゃん女とは
  2. 2なぜかまってちゃん女になるの?
  3. 3かまってちゃん女の特徴15選
  4. 4【職場編】かまってちゃん女の対処法
  5. 5【彼女編】かまってちゃん女の対処法
  6. 6かまってちゃん女の心理
  7. 7かまってちゃん女と上手に付き合っていく術を学ぼう

かまってちゃん女とは

近年頻繁に耳にするようになった「かまってちゃん」という言葉ですが、どういう女性のことを指すのかご存知でしょうか。最初は可愛く見えることもあるかまってちゃん女ですが、深い付き合いになると重荷になってしまうこともあります。まずはそんなかまってちゃん女について知っていきましょう。

そもそもかまってちゃんとは?

かまってちゃんとは、人に構ってほしくて「とにかく自分を見て!」と人の迷惑を省みずさまざまな行動を取る人のことです。男性にも当てはまる人はいますが、基本的に「かまってちゃん」という敬称の場合は女性に使うことが多いでしょう。ただ、わかりやすく「かまってちゃん女」や「かまってちゃん男」と記載することもあります。

どういった行動を起こすのか詳しくは後述しますが、構ってほしいというアピールにはかわいいと感じられるレベルのものから病的な印象を受けるものまでさまざまです。時には多くの人を巻き込み、振り回すこともあるでしょう。後から迷惑をかけられたと責められたとしても、かまってちゃん女にすれば構ってもらえたので満足ということもあるようです。

かまってちゃん女の定義

単に寂しさを感じたときに「かまってよ」と相手に訴えかけるという女性は、ほとんどの場合かまってちゃん女とは言えません。そういった女性は相手が忙しい場合などは我慢できることがほとんどです。ですが、かまってちゃん女は相手の都合は関係ありません。とにかく自分を構ってほしいという欲求のみを押し付けます。

思うように相手してもらえなかったり常に自分を見てくれているという満足感を得られない場合は、相手に心配をかけてでも自分のことを考えさせようとします。彼女達の行動は納得できるほど相手してもらえない限りエスカレートしていくので、周囲を疲弊させてしまうことも多いのです。

なぜかまってちゃん女になるの?

時には周囲に大迷惑をかけたり振り回して疲弊させるかまってちゃん女ですが、どうしてかまってちゃん女になってしまったのでしょうか。彼女たちがかまってちゃん女になったと考えられる理由を、いくつかご紹介していきます。

生まれ持った性格

一つ目に考えられる理由は、生まれ持った性格…天性のかまってちゃん女というものです。とにかく自分をかまってほしい、相手にしてほしいという気持ちが、「願望」ではなく「性格」として備わっています。このタイプのかまってちゃん女は生まれてからずっとこの性格なので、改善するということも難しいでしょう。

また、本人も周囲から指摘されない限り、自分の性格の難点に気付いていない場合がほとんどです。

幼少期に形成された性格

2歳からだいたい6歳前後の未就学児と呼ばれる幼児期に親や周囲の人から認めてもらうことが少なかった場合も、かまってちゃんの性格が形成されることがあります。幼い頃の記憶が原因で、大人になっても深層心理に承認欲求やかまってほしいという寂しさが付き纏っているのです。

例え家庭内ではたっぷり愛情を注がれてきた場合でも、幼稚園や保育園などであまり人に相手にされなかったことが引き金になっている可能性もあります。我慢し続けた末に弾けてしまった願望という点では、可哀想とも言えるタイプでもあります。

育った家庭環境

中には幼い頃の家庭環境が原因でかまってちゃん女になることもあるようです。愛情をあまり傾けられず育った場合や常に両親が喧嘩している様子を見ていた場合、また親から理不尽な内容で「悪い子は出ていけ」という脅しのような怒られ方をし続けた場合などが挙げられます。

このタイプのかまってちゃん女は「見捨てられたくない」「ちゃんと自分を見てほしい」といった不安や恐怖心から、必死に人を自分に繋ぎとめようという心理が働いてしまうのです。

かまってちゃん女の特徴15選

それでは、ここからは実際にどんな女性が「かまってちゃん女」と称されるのか、特徴をご紹介していきます。気付いていないだけで身近にかまってちゃん女予備軍がいる可能性もありますので、特徴を見ながら周囲の女性にそういったタイプがいないか確認してみましょう。

特徴①体調悪いアピールが多い

まず一つ目は、体調不良を頻繁にアピールする女性です。「ちょっとしんどい」「風邪を引いたかも」と軽度ながら体調が悪いことを訴え、「大丈夫?」と心配されることで満足感や安心感を得ています。このタイプのかまってちゃん女は実際には大した体調不良ではないことも多く、ただ人に心配してほしいという気持ちからの行動であることがほとんどです。

時々であれば気にならないアピールですが、これがかなり頻発してくると心配する気持ちもだんだん薄れてしまうでしょう。

特徴②ネガティブ発言が多い

かまってちゃん女は人に心配されることで、「自分を心配してくれる人がいる」と喜びを感じたりします。また自分を認めてくれる言葉にも、同様の喜びを感じるでしょう。そういった心理から、無意識のうちにネガティブな発言をすることが多いです。「そんなことないよ」「大丈夫だよ」といった言葉から、安心感や満足感を得ています。

ただ、場の雰囲気や空気を読まず唐突に自分を卑下するような発言をすることも多く、周囲は振り回されてしまうようです。

特徴③SNSで意味深発言をする

不特定多数の人の目に留まる可能性があるSNSで、意味深な発言をして注目を集めようとするかまってちゃん女もいるようです。彼女達はハッキリと何があったと書いた投稿はあまりしません。小出し小出しにして心配や同情の目を集めます。

よくある投稿に、「ちょっと辛いことがあった。もう無理」など詳細は書かずに落ち込んでいると投稿して、「どうしたの?」と心配してもらうパターンがあります。このタイプのかまってちゃん女はただ構ってほしかっただけで特に深い内容がないことも多く、「なんでもない」という返しが来ることも多いようです。

時には画像も添えて、視覚的に訴えかけてくるパターンもあります。たとえば文章は書かず病院にいるとわかる写真だけを掲載するなど、周囲に「なにかあった?」と思わせる投稿が挙げられます。

ネガティブな内容以外では、「今日嬉しいことがあった!詳しくはまた今度」と継続して自分のSNSを見てもらうようなものも、かまってちゃん女の可能性が高いでしょう。

特徴④リア充アピールをする

ネガティブな内容も多いかまってちゃん女のSNS投稿ですが、中にはリア充アピールに徹することで「すごーい!」と羨望のまなざしを集めたがるタイプのかまってちゃん女もいます。彼女達は彼氏とのデートの内容や友達と遊んだ内容を、人が羨みそうな画像と共に投稿します。一見するとかまってちゃん女には見えない可能性も高いでしょう。

こういった女性は、人から羨ましがられるコメントや「いいね!」をもらうことが生きがいになっており、次はどういった内容で人の目を引こうかと常に考えているタイプです。

特徴⑤どうでもいいことを報告してくる

かまってちゃん女はどんな場合でも自分にかまってほしい、少しでも自分に時間を割かせたいという心理があります。そのために頻繁に電話やLINEなどで「今日こんなことがあってー」と連絡してきます。相手が反応に困るような些細なことも報告するうえに、相手から反応がないと不貞腐れたり自分を卑下する発言をすることも少なくありません。

特徴⑥既読スルーが許せない

かまってちゃん女は自分から行動したことに対し、リアクションがないことを酷く嫌がります。特にLINEの既読スルーには敏感です。既読がついて数分と経たず返事が来ないことに苛立ちを感じ始め、10分も経っていないのに「なんで返事をくれないの?」と返信を催促するLINEを連投することも珍しくありません。

相手の都合よりも自分への対応を優先させたがるかまってちゃん女のLINE攻撃は、普段まめに連絡を取れるような人であってもげんなりしてしまうことでしょう。

特徴⑦嘘が多い

人にかまってほしくて仕方がないかまってちゃん女は、嘘をつくのにも抵抗がありません。話を盛るだけでなく、いちからねつ造して全く経験したことのないことでもさも事実かのように語ります。聞いていると明らかに嘘だとわかるような内容でも真顔で話し続ける様子には、違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

タチの悪い嘘の中には自身が重病の患者だというものや、血のりなどを用意してリストカットをしたような写真を撮りSNSに投稿するなどがあります。心配して電話したり自宅に駆け付ける人が出るなど、周囲を心配させ奔走させても罪悪感を感じることもありません。

特徴⑧束縛が激しい

かまってちゃん女が彼女の場合、過剰な束縛をされることがあります。「私と付き合っているんだから、私を最優先にしてくれるよね?」という思いからいつしか彼を所有物のように感じてしまい、どんどん束縛が激しくなってしまうようです。

困ったことに、かまってちゃん女の束縛は彼氏だけが対象というわけではないようです。彼女にとって一番仲のいい友達も、束縛する対象になりえます。「私より大切な友達がいるの?」という不安から、常に自分と行動させようと束縛が激しくなってしまうのです。

特徴⑨悲劇のヒロインになりきる

かまってちゃん女は悲劇のヒロインになりきることも多いです。例えばみんなが楽しそうにしているときに少し輪から外れて「私酷い貧血持ちで…今もちょっと貧血で…」と体調が悪いように見せてみたり、そもそも輪に入らず「体が弱いから一緒に楽しめない」と可哀想な自分をアピールします。

ですが、大抵の場合は病名の付かないような症状であることがほとんどです。貧血を訴える場合も健康診断を受けてみると大したことはなく、結果を聞いても「うん、やっぱり酷い貧血だった」と言いながらも結果が書かれたものは絶対に見せようとしないでしょう。

特徴⑩すぐ泣く

かまってちゃん女は人に構ってもらうためなら、まるで女優のように簡単に涙を流します。一人のときに涙を流す人はよくいますが、かまってちゃん女は一人のときには泣きません。人に心配してもらったり可哀想だと慰めてほしいので、彼女達が泣くのは決まって人前です。

特に男性は目の前で女性がはらはらと涙を流しているところを見ると、「慰めてあげなきゃ」という気持ちになる人も多いでしょう。かまってちゃん女はそういった人の優しさに付け込んで構ってもらおうとするのです。

特徴⑪単独行動ができない

かまってちゃん女は一人で行動することを嫌います。本当は一人でも簡単にできることでも、必ず人と一緒に行動したがります。一人でいることが不安で誰かと一緒にいたいと常に考えてしまうので、どんなことでも一人で行動すること自体ができなくなってしまいます。

どうしてそんなに一人が不安になるのかというと、席を外している間に自分のわからない話題になっていて戻ったときに話に入れなかったらどうしようなど、人の輪から自分が外れてしまうのが怖いようです。たとえばトイレなど最終的には一人になるような場合でも、「一緒にトイレ行こうよ」と外までは複数人で行きたがることも少なくありません。

特徴⑫スマホに依存している

かまってちゃん女はとにかく常に誰かと繋がっていないと気が済みません。実際に人と会えない場合でも人との繋がりを感じていたいので、SNSなどをいつでもチェックできるようスマホに依存してしまいます。一人のときはずっとスマホを身に着け、誰かから連絡があればすぐに反応できるよう意識もスマホにばかり向いているでしょう。

特徴⑬自慢話が多い

かまってちゃん女の中には、人から羨ましがられることに重きを置いた女性もいます。そういったかまってちゃん女はとにかく自慢話が多いです。いかに自分は恵まれているのか・どんなにいいことがあったのかを語り、周囲の「いいなー!」という反応を待ってしまいます。

特徴⑭執拗に連絡を要求する

かまってちゃん女はLINEの既読スルーが許せないだけでなく、連絡そのものを頻繁に取りたがります。レスポンスの遅い人には何度も返事を催促する連絡をしたり、直接話そうと着信を何十件も残す場合もあります。

特徴⑮人の話は基本的に聞かない

かまってちゃん女は自分を見てほしい・自分を構ってほしいという心理で行動しているので、基本的に人の話には興味を持ちません。仮に話すネタが見つからず黙っていたとしても、周りの人の話が自分にも経験のあるものであれば話題を奪い取る形で自分の話に切り替えてしまいます。

また、周りの人の話している内容が自分にはわからない話だった場合、不貞腐れたり体調不良を装って話題の中心を自分にすり替えようとすることもあるようです。

【職場編】かまってちゃん女の対処法

身近にいるかまってちゃん女の中でも強制的に接点を持ち続ける必要が出てくるのが、職場にいるかまってちゃん女です。同じプロジェクトで動いている場合など、どうしても避けられないかまってちゃん女へはどういった対処法があるのでしょうか。仕事に支障をきたさず、彼女たちに振り回されることも回避できるであろう対処法をご紹介します。

対処法①距離を置く

一番確実な対処法は距離を置くことです。仕事で関わる必要最低限の時間だけ、必要最低限の内容の会話だけに努め、深く接する時間を減らしておきましょう。

SNSなど不特定多数の人に構ってアピールするかまってちゃん女と違い、職場の人に構ってアピールするかまってちゃん女は基本的にまず交流のある人からターゲットにしていきます。距離を取っておくことで、自分が対象になる前に落ち着く可能性もあります。それ以前に、交流がほとんどないからと対象になることもないかもしれません。

対処法②否定的に接しない

仕事上接する機会があるときには、彼女を否定しないように気を付けましょう。かまってちゃん女は仕事中であってもスイッチが入ればかまってちゃんを発揮してしまいます。否定的な態度を取られるとそれだけで悲しい・寂しい・どうせ私なんてとネガティブモードに入り、構ってアピールを始めてしまう可能性があります。

対処法③SNSはスルーする

職場にいる人だからといって、SNSでも交流を持つ必要はありません。例えばかまってちゃん女がSNSの話をしてきたとしても、「やってないからわからない」と流しておきましょう。同じSNSをやっているとわかると「構って!仲間に入れて!」とSNSというある意味プライベートな空間まで侵入しようとしてきます。

対処法④無理な場合ははっきり言う

かまってちゃん女は無理難題要求してくることが多いですが、無理なときはハッキリと断るようにしましょう。安請け合いした後に無理だったという場合、かまってちゃん女は過剰に「約束を断られた可哀想な私」を周囲にアピールします。

はっきりと断ったときもしばらくは落ち込んだ発言をされるかもしれませんが、それでも落ち着けば「出来ないのはどうしようもない」と諦めてくれるでしょう。

【彼女編】かまってちゃん女の対処法

付き合い始めの頃には気付かなかったけれど、自分の彼女がかまってちゃん女だったと後で気付いた…という男性も少なくないのではないでしょうか。かまってちゃんを発揮しているときは厄介な彼女でも普段は可愛い彼女である場合、別れを切り出したくない男性もいることでしょう。ここからは彼女がかまってちゃん女だった場合の対処法をご紹介します。

対処法①連絡は小まめにする

かまってちゃんな彼女への対処法として、意識してこまめに連絡をすることで「かまってよ!」とアピールしてくる回数を減らせます。たとえば仕事の休憩時間に「今から休憩。食事するから連絡にすぐ反応できない」といった内容を自分からLINEすることで、「私のことを気に掛けてくれているんだ」と彼女も理解してくれます。

慣れるまでは大変さや息苦しさもあるかもしれませんが、こういった積み重ねでかまってちゃんを発揮する回数を減らしていけるのではないでしょうか。

対処法②愛情表現は豊かにする

男性の中には彼女に愛情表現するのは照れくささや恥ずかしさを感じる人もいるでしょう。ですが、かまってちゃん女が彼女という場合には恥ずかしいとは言っていられません。彼女のことを大切に思っているということを、言葉や態度で伝えるようにしてください。

幼児期や家庭環境が原因でかまってちゃん女になったのであれば、彼氏から愛情表現されることで気持ちが安定してかまってちゃんも改善するかもしれません。また、毎回同じような内容では「義務感でやってるんじゃない?」と思われる可能性もありますので、彼女が不安を感じたり疑ってしまわないように気を付けましょう。

対処法③スケジュールを伝えておく

すぐに実践できる対処法には、自分のスケジュールを彼女に伝えておくという方法もあります。仕事の日は何時から何時までか・自由な時間はどこかなど細かく伝えることで、鬼のような着信やLINE攻撃などを回避できるでしょう。

頻繁な着信やLINEは、度が過ぎると好きな気持ちも萎ませてしまいます。彼女からの連絡が負担になる前に対処するといいでしょう。

対処法④常に褒めてあげる

かまってちゃん女で自分に自信を持てない彼女には、いつも褒められるところを探して褒めるようにしましょう。例えば美味しい料理を作ってくれたときに褒められると、かまってちゃん女は「認めてもらえた」と感じて少なくともそのときは構ってアピールする必要性を感じなくなるのです。

なにかをしたときに褒めてもらえないと「私頑張ったよ!」というアピールが始まることもあります。そのアピールが始まる前に褒めることで、彼女は満足して機嫌よく穏やかな気持ちで過ごすことができるでしょう。

かまってちゃん女の心理

かまってちゃん女はどういった心理で構ってアピールをしているのでしょうか。かまってちゃん女の心理がわかることで、身近なかまってちゃん女に対して一番適切な対処法がわかるかもしれません。ここからは、かまってちゃん女の考えられる心理状況をご紹介していきます。

心理①自分に自信がない

かまってちゃん女には自分に自信がなく、「どうせ私は一人ぼっちなんだ」とネガティブな心理が働いている人が多いようです。自分に自信がないせいで「どんなにつらくても誰も心配してくれない」と不安を覚え、人に心配してもらったり構ってもらえるような行動を取ってしまいます。

心理②さびしがり屋

基本的なかまってちゃん女に共通する心理としては「寂しがりや」があります。ネガティブなかまってちゃん女もポジティブなかまってちゃん女も、一人きりと意識してしまうと寂しさに襲われてしまい、人に相手にしてほしい・人の注目を集めたいと考えてしまうのです。

かまってちゃんではない女性にも寂しがり屋な人はいます。普通の女性とかまってちゃん女の違いは、寂しがりっぷりがかなり重度であるという点でしょう。普通であれば寂しいと思ったときに気が紛れる趣味や楽しみを探すところを、かまってちゃん女は人に連絡して話の内容を盛ってみたり嘘をついたりと過剰に構ってほしいと行動に移してしまうのです。

心理③依存心が強い

かまってちゃん女は依存する心理がかなり強いです。身近な人はもちろん、自分を構ってくれるのであればSNSだけでの付き合いの人にも依存します。もちろん、SNSなどで他人と自分を繋げてくれるスマホやネットにも依存してしまうでしょう。

心理④自分が大好き

かまってちゃんの中でも、自慢したりリア充アピールする女性に多い心理として、自分が大好きだというものが挙げられます。自分が大好きで自分を認めてもらえないと気が済まず、自分をよく見せようと躍起になってしまうのです。

心理⑤自分の思い通りにいかないと許せない

ネガティブなかまってちゃん女もそうでないかまってちゃん女にも共通しているのが、自分の思い通りにならないと許せないという心理です。構ってほしいと思っているときに構ってもらえないのが許せず、「どうして構ってくれないの」とどんどん過激な構ってアピールに走ってしまいます。

かまってちゃん女と上手に付き合っていく術を学ぼう

かまってちゃん女と切っても切れない関係にあるなら、上手に付き合っていくほかありません。かまってちゃん女は認めてほしい・構ってほしいという気持ちが強いので、先んじて連絡を取ったりして欲求を満たしてあげることが一番の対処法です。

かまってちゃん女の付き合い方がわからなければ、自分の精神をすり減らしてしまうことも少なくありません。闇雲に接していては相手との関係も煩わしく感じてしまいます。どう接すれば上手く付き合っていけるか、自分に無理なく接していくことができるかを把握することがまずは大事なのではないでしょうか。

関連する記事はこちら

Thumbかまってちゃん男の特徴と心理まとめ!対処法や女性との恋愛傾向は
かまってちゃんは女性だと思っていませんか?実は男性にもかまってちゃんと呼ばれてしまう人がいま...
Thumb甘えん坊な彼女への男性の本音7選!良い甘え方と悪い甘え方の例とは
やたら彼氏にくっつく甘えん坊な彼女を可愛いと感じるのか、あるいはめんどくさいと感じるのかは男...
Thumbキョロ充の意味とは!キョロ充の特徴やあるある11選!
昨今ではキョロ充という言葉を頻繁に聞くようになりましたが、皆さんはその言葉の意味やどのような...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ