【夢占い】泥棒の夢の意味!泥棒が入る・泥棒するなど状況別で診断

泥棒が入る夢を見たことはあるでしょうか。小さな違いにも意味があり、泥棒が入る夢と自分が泥棒する夢でも意味は異なるようです。泥棒に逃げられる夢や泥棒を捕まえる夢、お金を盗まれる夢の意味とはどのようなものなのでしょう。泥棒の夢についてご紹介致します。

【夢占い】泥棒の夢の意味!泥棒が入る・泥棒するなど状況別で診断のイメージ

目次

  1. 1【夢占い】泥棒が入る夢の意味
  2. 2泥棒の夢の意味【盗まれた物編】
  3. 3泥棒の夢の意味【被害編】
  4. 4泥棒の夢の意味【対決編】
  5. 5泥棒の夢の意味【自分が泥棒編】
  6. 6泥棒の夢の意味【番外編】
  7. 7泥棒の夢を見た時は変化するチャンス

【夢占い】泥棒が入る夢の意味

「泥棒」と聞くと、悪い印象を持つ人も多いのではないでしょうか。現実で泥棒に入られた時には、警察に通報したり、何か盗まれた物がないか確認したりします。また、泥棒に逃げられることがあれば、泥棒がどこかに潜んでいないかなど、恐怖心が高まってしまうことでしょう。

そんな泥棒が出てくる夢を見た時、自分の中でどんな心理があるのか気になる人も多いでしょう。下記では、そんな泥棒が出てくる夢の内容についてご紹介します。中には、現実ではあり得ないようなシチュエーションの夢を見る人もいるのではないでしょうか。

不安や恐怖心の表れ

泥棒が入る夢を見た人は、ここ最近で不安や恐怖を感じるような出来事があったのではないでしょうか。人は不安になってしまうと、夢を見る傾向があります。不安や恐怖心といった心理は、夢に大きな影響を与えてしまうようです。そのため、不安に感じていることなどを解消することによって、泥棒が入る夢を見ないようになるかもしれません。

しかし、必ずしも泥棒が入る夢は悪い事を意味しているわけではありません。自分の気持ちが不安定になってしまっているだけのことです。そのため、気持ちを切り替えて行動することで、不安な気持ちを解消できることも多いようです。

奪いたいという欲望の表れ

上記では、泥棒が入る夢は不安や恐怖が影響しているとご紹介しました。しかし、夢占いでは意味は必ずしも1つとは限りません。中には、複数の意味を持っており、状況によって意味が異なる場合もあります。泥棒が入る夢もこれに当てはまっていて、奪いたい欲望が高まっていることを意味しているようです。

何を奪いたいと思っているのかは、人によって異なっているでしょう。もしかすると、友達の恋人が羨ましいと思っているかもしれませんし、同僚の地位を奪いたいと思っているかもしれません。しかし、貪欲な心は周囲の人から嫌われてしまう結果となることも多いため、行動や言動には注意が必要です。

泥棒の夢の意味【盗まれた物編】

泥棒が入る夢を見た際、何かを盗まれてしまったシチュエーションを見た人は多いのではないでしょうか。何を盗まれてしまうのかにもよりますが、知らない人に何かを盗まれるということは現実では起きてほしくないことです。夢占いでは、特に何を盗まれてしまったによって意味が異なるため、盗まれた物について思い出してみてください。

お金を盗まれた夢

お金を盗まれてしまうことは、現実では起きてほしくないことです。その額が大きければ大きいほどショックも大きくなるでしょう。ただし、夢占いではお金を盗まれた夢を見た場合、お金が実際になくなる意味を持っているわけではありません。逆に、お金が手元に舞い込んできてくれる可能性があるようです。

また、盗まれてしまった金額が大きければ、それほど大きな額が手元に舞い込んでくる可能性が高まります。

車を盗まれた夢

車はハンドルで行く方向をコントロールすることから、夢占いでは自分の気持ちをコントロールする意味を持っていると言われています。そんな車が盗まれてしまう夢は、自分の人生を上手くコントロールできるようになることを意味しているようです。

運気が高まる時期ですので、今まで挑戦できなかったことに挑戦してみるといいかもしれません。そうすることによって、これからの人生をもっと豊かにすることができるはずです。努力はキャリアアップにつながることもあるでしょう。

携帯電話・スマホを盗まれた夢

お金も大切ですが、最近では携帯電話やスマートフォンもなくてはならない物になっています。そのため、盗まれてしまうと、とても困ってしまうことでしょう。そんな携帯電話やスマートフォンが盗まれる夢を見た場合、人との関係で何か不安を煽るような問題が起こった可能性があります。

ただし、この夢占いでは不安な気持ちの表れなので、実際に何かトラブルが起きるわけではありません。そのため、携帯電話やスマートフォンを盗まれる夢を見たからと言って、必要上に不安になることはありません。不安な気持ちが高まってしまうと、必要な時に積極的な行動ができなくなってしまいます。

衣類を盗まれた夢

夢占いの中では、服は人間関係を意味していると言われています。その服が泥棒に盗まれると言うことは、人間関係が良くなっていくことを意味しています。もしかすると、今まで人間関係が上手くいってなかったのではないでしょうか。もしも、人間関係でトラブルを抱えていたのであれば、近々そのトラブルが解決するかもしれません。

肌着を盗まれた夢

服と肌着は同じ意味を持っていると思われてしまいがちですが、肌着の場合は意味が異なるようです。夢占いでは、肌着が盗まれる場合、自分の本当の姿を人に見られたくない気持ちが高まっていることを意味しています。誰しも、人に知られたくない秘密があることでしょう。

しかし、時にはその秘密を相手に知ってもらうことで、より深い絆で結ばれることもあるのかもしれません。また、自分から秘密を打ち明けることは、相手の心も開く効果があります。そのため、なかなか仲良くなることができない人に対して、自分の秘密を打ち明けてみるといいかもしれません。

貴金属を盗まれた夢

貴金属類は価値あるものも多いことから、お金を盗まれてしまうのと同じくらいショックです。夢占いで貴金属が盗まれた場合、誰かから認められたい気持ちが高まっているのかもしれません。貴金属は自分の体に身に着けるものなので、もっと自分を認めてほしいと感じていることを意味しているようです。

貴金属を盗まれた夢を見たのであれば、その気持ちが徐々に収まり、自己顕示欲が満たされる出来事が起こるでしょう。

盗まれなかった夢

泥棒が入ったとしても、必ずしも何か盗まれるというわけではありません。中には、何も盗まれなかった夢を見た人もいるでしょう。この夢占いでは、何か自分が幸運と思えるような出来事が舞い込んでくることを意味しています。自分の人生が大きく変わる可能性もある出来事ですので、幸運を逃さないように意識しましょう。

また、何も盗まれなかった夢を見たのであれば、問題を解決できる力を身に着けられるよう努力するといいかもしれません。そうすることで、これから訪れる幸運を手に入れる可能性が高まると言われています。

泥棒の夢の意味【被害編】

泥棒が入る夢では、泥棒が部屋の中にいる状態で自分が帰宅してしまうシチュエーションを見ることもあります。実際に泥棒が家の中にいた場合、かなりの恐怖を感じてしまうことでしょう。そのため、夢占いにおいても何か悪い事を意味していると思われがちです。実際、夢占いにおいてどのような意味があるのかご紹介します。

泥棒に入られる夢

泥棒が登場する夢の中には、自分が部屋にいる状態で泥棒に入られるシチュエーションがあります。自分が部屋にいる状態で泥棒が入る夢は、性的な秘密を抱えていることを意味しているようです。もしかすると、性的欲求が高まっているのかもしれません。その欲求が抑えきれなくなってしまったために、このような夢を見ているのではないでしょうか。

性的欲求を収めたい時には、他の欲求を満たしてあげる必要があります。そのため、食欲や睡眠欲と言った、他の欲求を満たせるよう行動しましょう。

泥棒から暴力を受ける夢

夢の中で泥棒から暴力を受けてしまった場合、現実でも誰かと争いが起こってしまう可能性を意味しているようです。ただし、その争いが悪いものとは言い切れません。争いが起こることによって、今までモヤモヤしていたことが解決する可能性があります。もしも、何か人間関係でトラブルを抱えているのであれば、積極的に自分の意見を言うようにしましょう。

自分の意見を言うことで、解決することもあります。特に、今まで自分の意見を言うことができず、消極的になってしまっていた人におすすめです。

泥棒に殺されてしまう夢

夢の中では泥棒から暴行を受けるだけでなく、殺されてしまうシチュエーションを見ることがあります。夢占いにおいて、自分が死ぬ夢は幸運が舞い込んでくると言われているようです。そのため、泥棒に殺されてしまう夢においても、金運が高まることを意味しています。もしかすると、思ってもいなかったような幸運が訪れるかもしれません。

ただし、金運が高まっているからと言って、お金を使いすぎてしまうことは避けましょう。せっかくラッキーでお金が舞い込んできたとしても、使う額が大きければ意味がありません。もしも、現在お金の使い方が荒いと感じているのであれば、一度お金の使い方を見直してみてください。

スリの被害にあう夢

街中でも泥棒と同じように、スリの被害に遭ってしまうことがあります。そんなスリもまた、夢占いにおいて良いことを意味していると言われています。スリでは財布を盗まれることが多いため、財布にどのくらいお金が入っていたのか思い出しましょう。財布に入っていたお金が多ければ多いほど、幸運と思える出来事の大きさも大きくなっていくようです。

ただし、スリの被害に遭う夢を見た場合、必ずしもお金が舞い込んでくるわけではありません。しかし、幸運が舞い込んでくることには変わりないでしょう。そのため、幸運を受け止められるよう、自分の実力を今のうちに高めるようにしておいてください。

泥棒の夢の意味【対決編】

泥棒と対決することは、本来であればかなり危険なことなのでしない人も多いでしょう。しかし、夢の中ではなぜか泥棒と対決するシチュエーションを見る人もいます。夢占いでは、少しの違いでも意味が異なるため、どのように対決していたのか思い出してみてください。泥棒と対決する夢では、自分の心理がかなり大きく影響しています。

また、これからの行動次第では展開が大きく変わることも多いため、自分の行動や言動に注意するようにしてみてください。では、泥棒と対決した際のシチュエーションの意味をご紹介していきましょう。

泥棒を追いかける夢

勇敢にも泥棒を追いかける夢を見た人は、最近何か無くしてしまったものがあるのではないでしょうか。その無くしてしまったものを、取り戻したい気持ちが高まっているのかもしれません。自分にとって大切なものだったからこそ、取り戻したいはずです。

ただし、大切なものを取り戻せない所まで来てしまっている場合、不安な気持ちを乗り越えようと努力している意味も込められています。不安な気持ちを乗り越えることができれば、前向きな気持ちになることができるのではないでしょうか。

泥棒を捕まえる夢

夢占いの中では、泥棒を捕まえる夢を見る人もいるでしょう。この夢は、無くしてしまったものが手元に戻ってくることを意味しています。無くしてしまったものは物ではない可能性も高いようです。例えば、信用を失ってしまっていた人は、自分の行動次第でその信用を取り戻すことができるかもしれません。

また、信用だけでなく、自分の地位を取り戻すことができる人もいるのではないでしょうか。もしも、最近失ってしまったと思えるものがあるのであれば、それを取り戻すことができるように準備をしておくといいでしょう。

泥棒と戦う夢

夢の中で自分が泥棒と戦っていた場合、自分の中にある体力が有り余っていることを意味しています。もしかすると、何かをやり遂げようと決心しているのではないでしょうか。努力を積み重ねている人は、何かトラブルが起こってしまったとしても乗り越えることができるはずです。適切な判断ができるように、色々な経験を積みましょう。

また、新しい経験を重ねることは、自分の成長にも繋がります。そのため、泥棒と戦う夢を見た人は、これからキャリアアップを目指すことができるかもしれません。仕事を頑張っている人は、きっと周囲の人から評価されるはずです。

泥棒に逃げられる夢

泥棒と対決しようとしていても、逃げられてしまい夢を見る人がいます。もしも、泥棒に逃げられてしまった夢を見た場合、自分の行動で誤った判断を下してしまう可能性があることを意味しているようです。その誤った判断では、何か大切なものを無くしてしまうかもしれません。

そうならないためにも、これからの行動に気を付けてみたり、時には諦める気持ちも大切です。諦める気持ちを持つことができれば、失敗してしまった時でも、気持ちの切り替えをすぐに行うことができるようになります。気持ちの切り替えを瞬時にできるようになれば、周囲からの評価も高まることでしょう。

泥棒の夢の意味【自分が泥棒編】

泥棒が登場する夢では、必ずしも他人が泥棒となっているわけではありません。中には、自分が泥棒として夢に登場することもあります。現実では泥棒をしないような人でも、自分が泥棒になる夢を見ることがあるようです。なぜ、自分が泥棒をする夢を見てしまうのでしょうか。夢占いでは、見た夢がそのままの意味になることは少ないです。

そのため、自分が泥棒になる夢を見たからと言って、何かを盗みたい願望があるというわけではありません。下記では、自分が泥棒になる夢についてご紹介していますので、見たシチュエーションを当てはめてみましょう。

自分が泥棒する夢

自分が泥棒する夢は夢占いにおいて、運気が高まることを意味しています。全体的な運気が高まる時期ですので、何をしても成功しやすくなっていることでしょう。もしも、以前から挑戦したいと思っていることがあったのであれば、この機会に挑戦してみてください。気になる異性がいるのであれば、告白が成功するかもしれません。

ただし、自分が泥棒をして失敗してしまった場合、幸運を手に入れられない可能性があります。それは、自分の努力不足やスキルが不足していることが原因です。

泥棒と一緒に盗みをする夢

自分が泥棒をする夢を見た場合、自分だけでなく他の泥棒と一緒に盗みをするシチュエーションになる可能性もあります。現実で考えると悪い事のように思えますが、夢占いでは良いことを意味しているようです。誰かと一緒に盗みをする夢は、仕事面で何か良いことが舞い込んでくることを意味しているでしょう。

そのため、仕事で新しいことに挑戦したいと考えている人にとっては、やる気がみなぎってくる夢なのではないでしょうか。ただし、泥棒と一緒に盗みをしている時に失敗していた場合、良い出来事が舞い込んできても、自分のものにすることができないことを意味しています。

警察から追われる夢

泥棒をする夢を見た時、警察から追われるシチュエーションを見た人も多いのではないでしょうか。夢占いでは、誰かから追いかけられるシチュエーションを見た場合、何かに追い詰められていることを意味していると言われています。そのため、警察から追われる夢を見た人も精神的に疲れてしまっているのかもしれません。

精神的に疲れてしまっている時は、ミスを犯しやすくなっています。特に、何か重要なプロジェクトに取り組んでいる人は、失敗してしまわないように注意しておきましょう。

警察に逮捕される夢

泥棒をしてバレてしまうと、警察に逮捕されるのが普通です。そのため、夢でも警察に逮捕されるシチュエーションを見る人もいます。もしも、夢の中で警察に逮捕されてしまった場合、気持ちだけでなく体も疲労がたまっていることを意味しているようです。もしかすると、誰かに縛られているような気持ちになっているのではないでしょうか。

追い詰められている人は、失態を犯してしまいやすくなってしまいます。そのため、この夢を見てしまった人は、自分の行動に注意するようにしてください。

刑務所に入る夢

泥棒で警察に掴まってしまった場合、刑務所に入ることも少なくないでしょう。もしも、刑務所に入る夢を見てしまった場合、何か疲れるような出来事が起きていることを意味しています。精神的なストレスが溜まってしまっているため、すぐにでも休息を取るようにしてください。特に、仕事でのストレスが溜まっている人は注意する必要があります。

ストレスが溜まりすぎてしまうと、多くの場合、失敗する可能性が高まることでしょう。また、周囲の人に八つ当たりしてしまうこともあるため、問題が起きてしまう前にストレスを解消しましょう。

泥棒の夢の意味【番外編】

上記では、泥棒と対決する夢や自分が泥棒になる夢についてご紹介しました。しかし、自分が見た夢のシチュエーションが無かった人もいるのではないでしょうか。そのため、下記では泥棒が登場する夢の番外編をご紹介します。番外編でも自分の行動や言動次第で運気が変化することもありますので、自分の言動には注意しましょう。

泥棒から何かを受け取る夢

現実ではほぼあり得ないことですが、夢占いでは泥棒から何かを受け取る夢を見る可能性もあるようです。もしも、この時に泥棒からお金を受け取ってしまった場合、お金の面で苦労してしまう可能性があることを意味しています。

泥棒から受け取る物は、その物事態が無くなる可能性があるようです。そのため、泥棒から受け取ったものを失いたくないと思っている場合は、失わないような努力をする必要があるのではないでしょうか。

泥棒が知り合いだった夢

現実ではあり得ないことなのですが、泥棒が知り合いだった夢を見る人もいます。この夢では、泥棒となっていた知り合いに対して、興味があることを意味しているようです。特に、恋愛面での興味がある場合が多いと言われています。もしかすると、すでにその知り合いと付き合いたいと思っているのではないでしょうか。

ただし、性的な欲求が高まっていることが現認の場合もあるため、本当に相手のことが好きなのか、今一度確認してみてください。

泥棒が武器を持っている夢

泥棒が登場する夢では、泥棒が武器を所持していることもあるでしょう。この時、泥棒が拳銃を持っていたのであれば、現在恐怖を感じる出来事が起きてしまっているのかもしれません。特に、女性が拳銃の夢を見た場合は、性的な部分での恐怖を感じていることを意味しています。

また、泥棒が拳銃ではなく刃物を持っていた場合、夢占いでは恋愛面での悩みを意味しています。もしかすると、1人では解決できない悩みなのかもしれません。しかし、人に頼り過ぎてしまうとトラブルがより大きくなるおそれがあるため、あまりおすすめはできないでしょう。

泥棒から隠れる夢

自分が家にいる時に泥棒が入ってきた場合、ほとんどの人は隠れるのではないでしょうか。夢の中でも泥棒から隠れる夢を見た人もいるはずです。夢占いにおいてこの夢は、周囲に秘密にしている物事への興味が大きくなっていることを暗示しています。例えば、性的な部分に関して関心が高まっている可能性が高いようです。

また、性的な部分で欲求不満になってしまっているのかもしれません。欲求が溜まりすぎてしまうと、他の人に優しくすることができなくなってしまいます。そのため、欲求不満になっていると感じた時には、なるべく早めに欲求を解消するようにしましょう。

泥棒の夢を見た時は変化するチャンス

現実で泥棒をすることは法律でも禁止されています。しかし、夢占いにおいては自分を変化させるチャンスでもあるようです。そのため、泥棒が登場する夢を見た人は、今までの自分を変えてみるといいかもしれません。そうすることで、キャリアアップを目指すことができるでしょう。

また、泥棒が登場する夢では幸運が舞い込んでくる可能性もあります。しかし、その場合でも自分の努力は必要不可欠ですので、今からでも変化を受け入れ、前向きに努力してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ