自己嫌悪の意味とは!自己嫌悪に陥る原因・心理と克服方法7選

多くの人が経験したことがあるであろう自己嫌悪に陥った時、人はどんな心理状態になるものなのでしょうか。自己嫌悪の意味や陥る原因、克服方法なども含め、自己嫌悪に陥ってしまった時にはこれさえ読めばすべてを解決できるよう、徹底解説します。

自己嫌悪の意味とは!自己嫌悪に陥る原因・心理と克服方法7選のイメージ

目次

  1. 1自己嫌悪の意味とは
  2. 2自己嫌悪に陥る原因
  3. 3自己嫌悪に陥る心理
  4. 4自己嫌悪に陥りやすいタイプとは
  5. 5自己嫌悪に陥った時の克服方法7選
  6. 6自己嫌悪に陥っている人への対処法
  7. 7自己嫌悪を克服して自分を好きになろう

自己嫌悪の意味とは

「自己嫌悪」に陥った経験がある人は多いでしょう。誰でも人生で1度くらいは、自分で自分のことが嫌になってしまった経験を持っているのではないでしょうか。多くの人が経験している自己嫌悪ですが、そもそもどういう意味の言葉なのか知っていますか。自己嫌悪という言葉の意味から解説します。

意味①自分で自分を嫌いになる

自己嫌悪とは、自分で自分のことが嫌になってしまった状態です。例えば何か大きな失敗をして周りの人に迷惑をかけてしまった時、迷惑をかけてしまったことに対して申し訳なく思う気持ちが、自分で自分を嫌いになるという気持ちを生み出します。

「なぜ自分はこんな失敗をしてしまったのか」と落ち込み、考えれば考えるほど自分を責め、自分には価値がないのではないかと思い込んでしまう状態、それが自己嫌悪です。

意味②期待していた自分への失望感

何らかの失敗をして自己嫌悪に陥るということは、自分の頭の中に成功するイメージがあったということです。「もっときちんとできたはずなのに」という自分への期待や自信があったのに、結果としてうまくいかなかったために、「なぜできなかったのか」と落ち込み、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

自己嫌悪に陥ると「自分にはどうせできない」という思いが頭を支配してしまいます。するとまた次も失敗して落ち込むという負のスパイラルにはまってしまうことも多いので、注意した方がいいでしょう。

自己嫌悪に陥る原因

自己嫌悪は1度陥ってしまうと、そこからなかなか抜け出すことのできない負のスパイラルにはまってしまいがちです。なぜ人は自己嫌悪に陥ってしまうのでしょうか。自己嫌悪に陥る原因を7つご紹介します。

原因①何かに失敗した

仕事や受験など、大事な場面で何か失敗をしてしまうと、人は自己嫌悪に陥りやすくなります。成功することや合格することを自分の頭の中ではイメージしていたからこそ、思ったような結果が出なかった時に人は落ち込み、自分で自分を否定したい気持ちになってしまうのです。

自己嫌悪に陥る失敗の度合いは人それぞれで、それは何も人生のターニングポイントになるような大きな場面とは限りません。人によっては、日々の生活の中のほんのちょっとした失敗でも、自分を嫌いになってしまうことがあるのです。

原因②人に迷惑をかけた

チームで行う仕事などで、周囲の人に自分のせいで迷惑をかけてしまった時も自己嫌悪に陥りやすい時です。自分のせいで同僚に余計な仕事を増やしてしまったり、自分のせいで仕事全体がうまくいかなくなってしまうと、人は申し訳なく思うものです。

この、周りに不利益を生じさせてしまって申し訳なく思う気持ちは、人を思いやることのできる優しい人ほど持ちやすい感情です。周囲の人に優しい人ほど、自己嫌悪に陥りやすいとも言えるでしょう。

原因③恋愛がうまくいかない

恋人はいるけれど喧嘩ばかりしている時や、恋人ができてもいつも長く続かずにすぐ別れてしまう人など、恋愛が自分の思ったようにうまくいかない時には、人は自己嫌悪に陥りやすくなると言われています。恋愛がうまくいかないということは、自分に女性(または男性)としての魅力がないのではないかと考えてしまうからです。

真面目な人は責任を他人や物に転嫁せず、すべて自分のせいだと思ってしまいがちなので、恋愛がうまくいかないことが自己嫌悪の原因になりやすいと言えるでしょう。

原因④仕事で評価されない

自分では仕事を頑張っているつもりなのに、自分の上司や同僚は全く評価してくれないと感じることも、人が自己嫌悪に陥る原因です。

要領がいい人ばかりが評価され、大きな仕事に抜擢されたり昇進したりすると、「自分だって頑張っているのに」と卑屈に考え、劣等感にさいなまれてしまうのです。コツコツと真面目に仕事ををするけれど目立たない人に多い原因と言えるでしょう。

原因⑤大きなコンプレックス

顔やスタイルといった見た目だけでなく、学歴や家庭環境、職業など、人は大きさの差こそあれ、何らかのコンプレックスを持っているものです。多くの人はそうした多少のコンプレックスを持ちながら、普段はそれを表には出さずに生きています。

しかしこのコンプレックスが大きい人は、気持ちの中に常に他人を羨ましいと思う劣等感が存在し、どんどん自分を否定してしまいます。内容はどんなことであれ、自分にとって大きなコンプレックスというのは自己嫌悪の原因になってしまうのです。

原因⑥周りの環境

田舎の学校で学校一かわいいと言われ続けたような女の子が、大学進学で都会で一人暮らしを始めたとします。田舎では「かわいい」と常に周りからチヤホヤされて育ってきた彼女が、都会に出てきた途端にもっとかわいい子がいくらでもいることを知り、自分がまったくチヤホヤされなくなったことから自己嫌悪に陥るということがあります。

人はどうしても周りの人間と自分を比べて生きてしまいがちです。その比較の基準は、自分の置かれている環境によってでき上がります。そんな狭い世界の中で人と自分を比較するなんて馬鹿げているように思えますが、多くの人は周囲の環境に基準を大きく左右されてしまうものなのです。

原因⑦理想とかけ離れた現実

人は仕事でも家庭でも、理想とする自分の姿を持っているものでしょう。「仕事をバリバリこなすかっこいい自分」や「いつも笑顔の優しいお母さんの自分」など、こうありたいと思う姿があるはずです。人は思い描いている理想に近付こうと努力を繰り返しますが、なかなかうまくいかずに現実の自分とのギャップに苦しむことがあります。

そのギャップが大きければ大きいほど、なぜ思い描いたようにできないのかと、できない自分を責めてしまうのです。自分の描いた理想の姿と現実の自分の姿のギャップが大きいことは、自己嫌悪に陥る大きな要因と言えるでしょう。

自己嫌悪に陥る心理

生きていれば誰でも1度くらい自己嫌悪に陥ったことがあるでしょう。陥ってしまった自己嫌悪からすぐに抜け出して次に進める人はいいのですが、なかなか抜け出せない人もいます。

自己嫌悪に陥っている人の心理状態を把握しておくと、自分の気持ちを客観視できるので、自己嫌悪から少しでも早く抜け出すのに役立ちます。自己嫌悪に陥る心理を紐解いてみましょう。

心理①劣等感を感じている

自己嫌悪に陥っている人の多くは、自分を周りの他人と比較して落ち込んでいます。自分がどれだけ努力したかだけを見ていればいいのですが、人はついつい周囲の人間と自分を比較しがちです。他人と比較して自分がどれだけダメなのかを感じてしまうと、「自分なんて…」という感情が心を支配してまい、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

心理②ネガティブ思考

自己嫌悪に陥っている人は、思考がネガティブに偏ります。「どうせ自分なんて…」と自分に否定的に考えるので、様々なことにチャレンジをすることを恐れてしまいます。そして何もやらない自分を見て、さらに自己嫌悪に陥るという負のスパイラルにはまってしまうのです。

心理③理想が高い

自己嫌悪に陥る人に多いのが、自分の理想とする姿を常に頭に描いている人です。しかもその理想がかなり高く、現実との差が大きいことが特徴として挙げられます。高い理想を掲げているのは悪いことではありませんが、現実の自分との差が大きすぎると、理想に到達できない自分に嫌気がさして自己嫌悪に陥ります。

理想を持つことは自信を向上させるのに必要不可欠ですが、まずは到達できそうな理想を掲げてみると、達成感を感じながら少しずつ自分を向上させることができるのではないでしょうか。

心理④人の言葉や感情に敏感

人の目を気にせずに生きることのできる人はあまり自己嫌悪に陥りません。自己嫌悪に陥っている人は、周りの人の言葉や感情を敏感に感じ取り、過剰に気にしてしまいます。常に周りの人の顔色を窺って生きているような人は、自己嫌悪に陥りやすいと言ってもいいかもしれません。

人の言葉や感情に敏感な人は、常に自分よりも周りの人を優先して行動しがちで、そのことが余計に自己嫌悪の感情を深めてしまうこともあるでしょう。

心理⑤承認欲求が強い

自己嫌悪に陥っている人は、自分への評価がとても気になります。自分を認めて欲しいという承認欲求が必要以上に強くなってしまうのです。

会社での自分の仕事が評価されるかどうかも気になりますし、InstagramやTwitterなどのSNSで、自分の投稿にコメントやイイねがどれだけ付くかを非常に気にしてしまうでしょう。そして承認欲求が満たされないと、さらに自分をダメな人間と感じてしまうのです。

心理⑥失敗した過去を引きずる

自己嫌悪に陥った人に多いのが、過去の自分の失敗をいつまでも覚えているということです。もう何年も前の失敗でも、自分が恥ずかしい思いをした過去や、周囲の人に迷惑を掛けてしまった過去などをいつまでも気にしてしまいます。

もう誰も気にしていないような過去でも、自分だけ忘れられずにいつまでも引きずってしまうのも、自己嫌悪に陥った人の特徴的な心理と言えるでしょう。

心理⑦競争心が強い

競争心の強い人は自分に厳しく、いつまでも自分で定めた高すぎる理想を追いかけがちなので、それがなかなか叶わずに自己嫌悪に陥りやすくなるでしょう。人に負けたくないという競争心は、自分の能力を伸ばすのに非常に効果的です。しかし時として、その強すぎる競争心は自己否定の気持ちを生み、自己嫌悪という状態になってしまうこともあるのです。

自己嫌悪に陥りやすいタイプとは

自己嫌悪に陥った経験は多くの人にあるでしょうが、やはり陥りやすい人とそうでない人がいます。自己嫌悪に陥りやすい人は、マイナスのスパイラルにはまって抜け出せなくなりやすいので、特に注意が必要です。自己嫌悪に陥りやすい人のタイプをご紹介します。当てはまるものが多い人は、自己嫌悪に陥りやすい人と言えるでしょう。

他人の目を気にする人

周囲の人の目を気にする人、人の顔色をうかがう人は自己嫌悪に陥りやすいタイプです。常に周りの人のことを気にしているために自分と他人を比較して劣等感を感じやすく、自分はダメな人間なんだと思い込みがちだからです。

少しでも「人は人、自分は自分」と考えられるように、時には人の目を気にせずに自分の思うように自由にやってみることも必要かもしれません。

完璧主義の人

完璧主義の人は、理想とする自分のイメージが高いために、なかなかその理想に自分を到達させることができません。なかなか叶わない理想と現実の自分とのギャップから、自己嫌悪に陥りやすくなります。

さらに、完璧主義の人は自分にだけでなく周囲の人にも完璧を求めがちになるため、周りの人から敬遠されてしまう恐れもあり、孤立しやすいとも考えられるでしょう。何にでも完璧を求めるのではなく、自分なりの妥協点を見つけるよう意識するといいかもしれません。

考えすぎてしまう人

様々なことに対して考え込んでしまいがちな人は、自己嫌悪に陥りやすい人です。些細な失敗を気にして頭の中でいつまでも考え込んでしまう人がいます。しかし人の頭には、深く考える時にはたいていネガティブな発想しか生まれません。そのため、考えれば考えるほど人は自分のことが嫌いになってしまいます。

ありもしないような最悪な結果を想像して考えている時間は無駄だということに早く気付きましょう。それよりも、気持ちを切り替えて次の行動を始めた方が物事はスムーズに進むはずです。

プライドが高い人

プライドの高い人というのは、自分の意見は絶対的に正しいと考えているため、意見を曲げることができずに他人の意見に耳を傾けようとしません。時には心のどこかで他人の意見の方が正しいと気付くこともありますが、プライドの高さが邪魔をして、気付いてもそれを口に出して認めることができないのです。

こういう人は人と口論になりやすく、口論したことで一人になってから落ち込み、自己嫌悪に陥りやすくなります。さらにプライドの高い人というのは負けず嫌いでもあるので、人に負けた時にその事実を表向きは認めません。しかし頭では負けたことは分かっているので、一人になった時に落ち込み、自分のことが嫌になってしまうこともあるでしょう。

記憶力が良い人

記憶力の良い人は、自分の過去の失敗をいつまでも心に留めておきがちです。他の人がとっくに忘れてしまっているような些細な失敗についていつまでも悩んでしまうために、事実よりも大きな失敗だったように感じてしまいます。自分の失敗をいつまでも自分で責め続けてしまうため、記憶力の良い人は自己嫌悪に陥りやすいと言えるでしょう。

自己嫌悪に陥った時の克服方法7選

自己嫌悪に陥りやすい人は、そこからなかなか抜け出せずにいつまでも苦しみがちです。しかし常にそうした心理状態が続くと、人は自信を向上させることもできなくなりますし、周囲の人とうまくやっていくことすら難しくなるかもしれません。

自分が自己嫌悪に陥っていると気付いたら、少しでも早くそこから抜け出す努力をするべきでしょう。自己嫌悪に陥ってしまった時の克服方法を7つご紹介します。

克服方法①今の自分を容認する

自己嫌悪に陥ってしまったら、まずは今のありのままの自分を容認するように心掛けましょう。「自分を認める」と聞くと、よく意味が分からず難しく感じるかもしれませんが、毎日小さなことで構わないので自分を褒めてあげる習慣を身に着ければいいのです。

「今日はご飯が美味しく作れた」「同僚に笑顔で対応できた」など、当たり前のようなことでも構いません。自分を褒める習慣がつくと、自分をダメだと思わなくなるため、自己嫌悪からきっと抜け出せるでしょう。

克服方法②完璧主義を捨てる

完璧主義者ほど自己嫌悪に陥りやすいと言われています。完璧主義者は理想が高く、現実の自分が理想に届いていないために自分を嫌いになってしまうことが多いからです。完璧主義は、仕事などを進行する上でプラスなことに感じるかもしれませんが、融通が利かないために時にはマイナスに働くこともあります。

完璧主義を捨て、自分が許せる妥協点を見つけると、「完璧でなくてもいい」と思えるようになり、自己嫌悪には陥りにくくなるでしょう。

克服方法③考え過ぎない

自己嫌悪に陥っている人は、自分の失敗をいつまでも深く考え込んでしまう傾向にあります。人は一人で考え込むと、たいてい悪い方向にばかり考えてしまいます。そのため、失敗についていつまでも考え込むのを止めるだけでも、自己嫌悪から抜け出せるかもしれません。

そうはいっても、考え込むことが癖になってしまっている人にはなかなか難しいでしょう。そういう時には、不安や心配を紙に書き出してみたり、信頼できる人に話してみましょう。一人で考え込むのを止めるだけでも、自己嫌悪から抜け出しやすくなるでしょう。

克服方法④物事の捉え方を変える

自己嫌悪に陥っていると、どんなことでも負の方向に捉えがちです。物事のダメな部分、マイナスの部分にばかり目が行ってしまうのです。こうした物事の捉え方を止め、どんなことでも良い部分、プラスの部分を見つける努力をしましょう。そうすれば自分の周りのものや人が良い存在になるため、物事はどんどんうまくいくようになるでしょう。

自己嫌悪に陥っている自分すら、ダメだと思ってはいけません。自己嫌悪に陥っているということは、それだけ自分はもっとできると思っているのだ、向上心があるのだとプラスに考えるのです。そうすればきっと、いつの間にか自己嫌悪から抜け出せているのではないでしょうか。

克服方法⑤後悔ではなく反省をする

自己嫌悪に陥った時、人は失敗に対して後悔ばかりを繰り返します。しかし後悔は自分の未来に役には立ちません。過去を悔やんでいるだけだからです。失敗に対する捉え方を変え、後悔ではなく反省として次に生かしてみるのはどうでしょう。

反省とは、失敗してしまった原因を解明し、次はうまくできるようにと新しい方法を考えることです。少しでも自身の未来に役立つように考え方を変えるだけで、自己嫌悪に陥る回数はグッと減らせるかもしれません。

克服方法⑥人と比較をしない

人と自分を比較していいことはあまりありません。できていない自分が不安になるだけです。他人との比較は強い劣等感を生み、自己嫌悪に陥る原因になってしまうかもしれません。自分がどれだけできたのか、自分がどれだけ頑張ったのかに照準を合わせて生きてみると、自己嫌悪に陥りにくくなるでしょう。

克服方法⑦体を動かしてみる

自己嫌悪に陥って悶々としているのなら、とりあえず体を動かしてみるというのもおすすめです。自己嫌悪に陥っている人にはストレスの溜まっている人が多いので、ストレス発散という意味でも、軽いスポーツは最適です。

体を動かしている間は、深く考え込むことを止められます。考え込んでいる自分に気付いたら、軽いジョギングに出掛けるのを習慣にしてみましょう。外の空気を吸うだけでも、悶々とした気持ちは少しずつ晴れやかになるはずです。

自己嫌悪に陥っている人への対処法

友達や同僚が自己嫌悪に陥っていることに気付いたら、人はどのような対応を取ったらいいのでしょうか。少しでも早くそこから抜け出せる手助けをしたいと思うのなら、こんな方法を試してみましょう。

肯定的な言葉をかける

自己嫌悪に陥った時、人は自分で自分のことを責めています。そんな人に周りの人間が否定的な言葉を投げかけたら、その人はうつ病にもなりかねません。友人が自己嫌悪に陥っていたら、常に肯定的な言葉をかけ続けましょう。その人の良いところを言葉にして伝えてあげてください。きっと友人は自己嫌悪から少しずつ抜け出すことができるでしょう。

正しい自分の姿を認識させる

自己嫌悪に陥っている人は、理想とする自分と現実の自分との差に落ち込んでいます。そういう人には、理想の姿ではない、自分の姿を認識させてあげましょう。現実のその人の良い部分に本人が気付けるように、そんな高い理想なんていらないものなのだと気付けるように、ちょっとしたアドバイスを送ってあげるのです。

「今の姿も十分に素敵」ということが伝われば、その人は自分の良いところを認識でき、自己嫌悪を止めることができるかもしれません。

環境を変える

今いる周囲の環境がその人の自己嫌悪を引き起こしているのなら、思い切って違う環境に連れ出してあげるのも一つの方法です。転職して職場を変えたり、転校して学校を変えるなど、簡単なことではないかもしれません。それでも環境が変われば、その人のネガティブな感情を一新できるかもしれないのです。

もしそこまで大きく環境を変えてあげるのが難しければ、旅行に連れ出してみるのもいいでしょう。非日常な環境に置いてあげることで、一時でもネガティブな感情を忘れることができ、新しい何かを発見できるかもしれません。

自己嫌悪を克服して自分を好きになろう

自己嫌悪は、自分で自分を嫌いになってしまう状態で、人にプラスの作用をもたらすことはありません。ネガティブな心理は時として、自分ばかりか周囲の人にさえ悪影響を及ぼしてしまうことすらあり得ます。そんな自己嫌悪は、一度はまってしまうとなかなか抜け出すことが難しいのかもしれません。

それでも何とかそこから抜け出すことができれば、きっと未来は明るくなります。自己嫌悪に陥っている自分に気付いたら、少しでも早くそこから抜け出す努力をして、少しずつ自分を好きになってみませんか。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masayodaisy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ