一色紗英の若い頃から現在!事件や関東連合との噂?旦那や子供は?【画像】

一色紗英は1990年代に活躍しましたが、結婚後は姿が見られません。旦那のサーフェン智とどんな生活をしていて、子供はいるのでしょうか。関東連合との関係や数々の事件が囁かれ、劣化したとの噂もあります。画像を交えながら噂を検証し、一色紗英の若い頃から現在に迫ります。

一色紗英の若い頃から現在!事件や関東連合との噂?旦那や子供は?【画像】のイメージ

目次

  1. 1一色紗英とは【画像】
  2. 2一色紗英の若い頃
  3. 3一色紗英の結婚や子供とは
  4. 4一色紗英にまつわる事件・噂とは
  5. 5一色紗英の現在
  6. 6一色紗英は海外で充実した生活を送っている

一色紗英とは【画像】

一色紗英は1990年代に人気が高かった美人女優で、ドラマやCMにも多数出演していました。しかし現在ではあまり姿を見られなくなっています。一色紗英は様々な噂も取り沙汰されていますが、現在はどのような生活をしているのでしょうか。まず、一色紗英のプロフィールを紹介します。

一色紗英のプロフィール

・愛称:紗英ちゃん
・本名:サーフェン紗英(旧姓:畠山)
・生年月日:1977年4月29日
・現在年齢:42歳
・出身地:東京都杉並区
・血液型:O型
・身長:167cm
・活動内容:女優、ファッションブランド「archi」ディレクター
・事務所:ボックスコーポレーション
・家族構成:サーフェン智(元モデル)

一色紗英は、ロシア人と日本人のハーフである母親と、日本人の父親を持つクォーターです。東海大学付属望星高等学校を卒業後、イギリスやアメリカに留学しました。一色紗英は幼少期からクラシックバレエを習っており、これを特技としています。ボックスコーポレーションのプロフィールによれば、趣味は子育てと旅と服作りだそうです。

独身時代には、一番安い往復の航空チケットだけを買って海外に旅行し、現地でホテルを探すなど、予定を決めない旅行を楽しんだといいます。おおらかで細かいことにこだわらず、活動的な一色紗英の姿が伺えます。

女優としてCMやドラマに多数出演

一色紗英は1991年13歳(高校生)の時に女優としてデビューし、1992年には『その時、ハートは盗まれた』で初主演を務めました。『その時、ハートは盗まれた』は、内田有紀のドラマデビュー作でもあり、一色紗英が演じる主人公が恋心を抱く女子学生を演じています。木村拓哉の本格的な連続ドラマデビュー作でもあり、主人公の憧れの先輩を演じました。

デビュー当時は清純派女優でしたが、1990年から1993年まで放送されたバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』にレギュラー出演したのが転機となります。番組で一色紗英が見せる天然な一面が評価され、コミカルな役柄も演じるようになったのです。日産サニーのCMもコミカルなキャラクターを前面に出したものでした。

一色紗英は1995年公開の映画『藏』でスクリーンデビューを飾り、ヒロインである田乃内烈を演じました。もともと烈役は宮沢りえに決定していましたが、浅野ゆう子と宮沢りえの間にトップの座を巡るいざこざが生じ、クランクイン直前に宮沢りえが降板したため、一色紗英に白羽の矢が立ったのです。

烈は病気で視力を失います。一色紗英はこの難しい役どころで「日本アカデミー賞」新人俳優賞をはじめ数々の賞を受賞しています。主演は浅野ゆう子で、共演者に松方弘樹、西島秀俊らがいました。松方弘樹は製作総指揮も務めています。また1998年にはNHK大河ドラマ『徳川慶喜』にも出演し、慶喜に仕える側近の村田新三郎の恋人役を演じました。
 

一色紗英の現在は旦那と子供とアメリカ生活?一色紗英まとめ

一色紗英の若い頃

一色紗英は若い頃、その爽やかな可愛らしさで、ドラマや映画やCMに引っ張りだこの人気を誇っていました。一色紗英の若い頃の主な出演作品を紹介していきましょう。

ドラマ『学校へ行こう』でデビュー

一色紗英は1991年4月8日から6月24日に放送されたフジテレビ系のテレビドラマ『学校へ行こう!LET'S GO TO SCHOOL 』で女優デビューをしています。一色紗英は当時高校生で、この放送中に14歳になりました。

『学校へ行こう!』は東京都にある私立井之頭高校を舞台に、美人英語教師の臼井幸が奮闘する姿を描いた学園ドラマです。主人公の臼井幸を浅野ゆう子が演じました。生徒役には萩原聖人、喜多嶋舞、島崎和歌子、中居正広、稲垣吾郎などが顔を揃えています。一色紗英は萩原聖人演じる松岡嵐に想いを寄せるバスケ部のマネージャー役を演じました。

『三井のリハウス』5代目リハウスガール

一色紗英は、1991年から1992年(14歳の時)に三井不動産販売『三井のリハウス』5代目リハウスガールとしても活躍しました。『三井のリハウス』のCMは思春期の娘がいる一家が、娘の成長を機に住み替えるという設定です。この一家の娘であり主人公を務めるのがリハウスガールで、初代は宮沢りえ、10代目に蒼井優らがいます。

『ポカリスエット』のCMが話題に

1992年(15歳の時)には大塚製薬の『ポカリスエット』のCMに抜擢され、話題となりました。CM曲はDEENの『瞳そらさないで』で、この曲も大ヒットを記録しています。

ポカリスエットのCMは『有名女優の登竜門』と呼ばれ、歴代イメージガールには森高千里、宮沢りえ、中山エミリらがいます。その中でも可愛さナンバーワンとして一色紗英の名を挙げる人が多いと言われるほど、印象的で魅力的なCMでした。

サーフェン智(一色紗英の旦那)の噂!自宅や子供は?事件など黒い噂も?

一色紗英の結婚や子供とは

このように超人気女優だった一色紗英ですが、結婚後はテレビで姿を見なくなりました。一色紗英はどのような家庭を築いているのでしょうか。旦那がどんな人なのか、子供がいるかどうかについても気になるところです。

旦那は元モデルのサーフェン智

一色紗英は2002年に、元モデルのサーフェン智と結婚しました。サーフェン智はアメリカ人の父親と日本人の母親との間のハーフで、身長185cmの濃いめの顔のイケメンです。上智大学を卒業後、ファッション雑誌『メンズ・ノンノ』などでモデルをしていました。

二人の馴れ初めは、モデルの現場で出会ったことだそうです。一色紗英はおしゃべりな男性は嫌いで、特に食事中によくしゃべる人は嫌いだとしているので、旦那のサーフェン智は無口なタイプかもしれません。約5年の交際期間を経て、一色紗英が妊娠したことで結婚しました。一色紗英はこれを機に芸能界からは遠のいています。

サーフェン智は映画監督の経験もあり、『remholic』という作品を手掛けています。『remholic』はオムニバス映画『監督感染』に収録されている5本のショートストーリーのうちの1本です。5本の中にはお笑いコンビ品川庄司の品川祐が監督を務めた作品もありました。

現在のサーフェン智は実業家として活躍しており、映像やグラフィック関連のデザイン会社を経営しています。仕事ができる男性で高収入だとの評判です。

子供は娘2人息子1人

一色紗英は2002年に長女のソラナを、2004年に次女アロナを、2006年に長男ヒノデを出産し、3人の子供の母親となっています。三人とも自然分娩で出産し、完全母乳で子育てをしたそうです。一色紗英のInstagramには子供たちの姿も時々登場しており、3人とも美男美女であると評判です。

3人はそれぞれ特技があり、長女ソラナはギターに、次女アロナはダンスに、長男ヒノデはサッカーに夢中だといいます。一色紗英はミシンを使って子供服を作ってあげることもあるそうで、ものづくりは自身のストレス解消にもなっているそうです。Instagramからは子供たちの成長を温かく見守る様子が伝わってきます。

豪邸がSNSで話題に

一色紗英のInstagramには子供たちの姿と共に、ロサンゼルスの自宅の様子も投稿されており、その豪邸ぶりがSNSで話題となっています。暖炉のある広い家で、緑がいっぱいの広い庭があり、セレブな生活を送っている様子が伺えます。

しかし一色紗英は自宅では、スウェットやジャージのようなラフな格好を好きだといいます。毎日宅配される有機農法の野菜を注文しており、自身や家族の健康にも気を使っているそうです。

一色紗英にまつわる事件・噂とは

可愛くて爽やかな印象が強い一色紗英ですが、若い頃の彼女にまつわる事件や噂が数多く存在し、中には黒い噂もありました。今までどのような事件を起こし、どのような噂があるのか、探ってみました。

事件・噂①交通違反で免停になる

一色紗英は交通違反で免停になった過去があるといいます。一色紗英は2008年に、東京都渋谷区の路上で乗用車を運転中に携帯電話を使用したことで取り締まりを受けました。

その際に過去の交通違反歴を照会すると、なんと少なくとも過去3年の間に10件もの交通違反を犯し、2回も運転免許停止処分を受けていたというのです。違反の内容は、駐車違反やスピード違反やシートベルト着用義務違反などでした。逮捕された事実はありません。

事件・噂②兄が事故死?

一色紗英には美容室で働く兄とアパレル関係の仕事をしている弟がおり、兄弟の仲が良いことは知られていました。その一色紗英の兄が事故死したという噂があります。2016年に東京都杉並区阿佐谷南で、映画『パイレーツオブカリビアン』のジャックスパロウのコスプレをした人物が乗用車にはねられて死亡しました。

事故死したのは「高円寺ジャックスパロウ」、別名「カズジャック」と呼ばれ、本名は堀川和夫というタレントでした。堀川和夫は物まね芸人としてジャックスパロウになりきっており、番組『人生のバイセンTV』に紹介されたこともありました。高円寺ジャックスパロウは高円寺周辺で知らない人と仲良くなってはお酒を奢ってもらっていたそうです。

一方、一色紗英の兄も、高円寺にある美容室「+~ing」で店長を務めており、ジャックスパロウのコスプレをしてブログに公開したことがあります。そのため、一色紗英の兄は高円寺ジャックスパロウ(堀川和夫)と混同され、事故死したのではないかとの噂につながってしまったようです。

事件・噂③木村拓哉に口説かれた過去

一色紗英は若い頃、木村拓哉に口説かれたという噂があります。木村拓哉といえば元SMAPのメンバーで、抱かれたい男ナンバーワンの超人気アイドルです。二人は1992年に『その時、ハートは盗まれた』で共演しています。

木村拓哉は当時15歳の一色紗英に、「二十歳になったら結婚しよう」と言ったというのです。暴露したのは一色紗英自身で、2012年に放送された『さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマススペシャル』で久しぶりにテレビ出演した時のことです。

「昔のことでただの冗談なのだから構わないだろう」と思ったのかもしれませんが、相手が木村拓哉だということで話題となり、ちょっとした事件になったことは間違いありません。この件について木村拓哉は、「当時めっちゃ可愛かったから、みんなが言いたかった台詞だろうと思って言っただけ」と弁解したそうです。

事件・噂④顔の劣化が話題に

また、『さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマススペシャル』への出演は、2000年代中頃から表舞台に出なくなった一色紗英にとって久しぶりで、当時35歳になっていました。その際、「顔の劣化が酷い」「やせ細った」「エジプト出身外国人タレントのフィフィに似てきた」などの声が上がり、話題になりました。

当時は「覚せい剤の副作用のせいではないか」との疑惑まで飛び交いましたが、これは単なる噂に過ぎません。一色紗英はナチュラリストで化粧やアンチエイジングをほとんどしないため、年齢的な変化がストレートに表に出たのだと言われています。

また、白人女性は日本人に比べて老けるのが早いといわれており、ロシア人のクォーターである一色紗英はその影響を受けているという見方もあります。

いずれにせよ、顔が劣化したという噂は、若い頃の可愛らしいイメージが強く残っていたためにギャップが大きく、すぐには変化を受け入れられない人が多かっただけのようです。実際には、自然な美しさを大切にする一色紗英の姿を賞賛する声も少なくありません。

事件・噂⑤関東連合との気になる関係

一色紗英は関東連合との関係も取り沙汰されています。関東連合とは、東京都世田谷区と杉並区を拠点とする暴走族の連合組織で、2010年に起こった「市川海老蔵殴打事件」で一般にも知られるようになりました。

一色紗英が所属する芸能事務所「プラチナムプロダクション」は、関東連合の元リーダーである川名毅が創設したもので、関東連合と芸能界との関係は薄くありません。関東連合の幹部たちのいきつけのクラブには、多くの芸能人が出入りしていたそうです。一色紗英もその一人だったという話がありました。

クラブ内で一色紗英が薬を使用している姿を目撃したとの噂や、連合幹部と一色紗英が交際しているとの噂もあったのです。

これらの噂が流出したのは、関東連合が出した暴露本『いびつな絆 関東連合の真実』の中に、一色紗英を思わせる人物の記述があったためと言われています。また、このような噂が立った時期と、交通違反を繰り返した時期が重なったため、交友関係や素行を心配する声に拍車がかかったようです。

しかし、真実だと決定づける証拠はなく、あくまでも噂に過ぎません。

一色紗英の現在

女優として活躍しながらも、その生活を捨て、家族とともに幸せに暮らしている一色紗英は、現在どのような生活を送っているのでしょうか。今度は一色紗英の現在に迫ります。

現在はロサンゼルス在住

一色紗英は2012年に、旦那のサーフェン智と3人の子供たちと一緒に、アメリカのロサンゼルスに移住し、現在もロサンゼルスに住んでいます。しかも、ロサンゼルスの中でもセレブが多く住んでいるビバリーヒルズの高台に居を構えているそうです。一色紗英は住み慣れた東京や仕事を離れて移住したことについて、未練や迷いはなかったといいます。

一色紗英がロサンゼルスへの移住を決意したのは、海があり、大地を感じられて、空が抜けているという点に惹かれたからだということです。東京にいた頃のように追われるような感じがすることもなく、自分と向き合ったり、大切な家族と時間を過ごしたりできるようになり、今の方が満たされていると語っています。

アパレルブランドを立ち上げる

一色紗英は1999年に、旅先で出会った伝統美を服に取り入れたアパレルブランド『archi(アーキ)』を立ち上げています。「archi」はギリシャ語で「起源」を意味します。1997年に婦人画報社『メンズクラブ』のベストドレッサー賞にも輝いている一色紗英ですからセンスは抜群です。instsgramには展示会の準備をする様子も投稿されています。

一色紗英は海外で充実した生活を送っている

一色紗英は現在、芸能活動はほとんどしていませんが、芸能事務所にはまだ所属しています。Instagramからはアメリカのロサンゼルスの豪邸で家族とともに、充実した生活を送っている様子が伝わってくると評判です。一色紗英は育児の傍ら、アパレルブランド『archi』のディレクターを務め、エコ活動やチャリティー活動にも積極的に参加しています。

自然の美しさを大切にし、仕事にも育児にも自分に対しても自然体で取り組んでいる一色紗英の姿は魅力的です。一色紗英は今後もナチュラルに自分の生き方を貫いていくことでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
jitsu
一児の母です。自然が好きで、放置竹林伐採ボランティアに参加したり、切った竹や木の実を使ってものづくりを楽しんでいます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ