【夢占い】着物の夢の意味!色・柄や帯で意味が変わる!

着物の夢占いで自分の運気を解説していきます。夢の中で着物を着た人は男性か女性か他人か、また色や柄、帯の様子によっても夢占いの内容は全く異なるのです。着るだけでなく、たたむとか選ぶ等、行動別の夢占いも見ていきます。着物の夢が気になる人はチェックしていきましょう。

【夢占い】着物の夢の意味!色・柄や帯で意味が変わる!のイメージ

目次

  1. 1着物の夢の基本的な意味
  2. 2着物の夢の意味とは【着物を着た人編】
  3. 3着物の夢の意味とは【着物の色編】
  4. 4着物の夢の意味とは【着物の種類・状態編】
  5. 5着物の夢の意味とは【帯の状態編】
  6. 6着物の夢の意味とは【行動編】
  7. 7着物の柄や色・シチュエーションで占ってみよう

着物の夢の基本的な意味

着物の夢を見たとしたら、日常の風景というよりは珍しいと感じる人の方が多いかもしれません。日常生活で着物を着用するのは、冠婚葬祭くらいではないでしょうか。あとは七五三を迎える子供たちや成人式を迎える若者くらいかもしれません。着物の夢と言っても、必ずしも自分が着用しているとは限りません。

他人が着ていたり、恋人が着ていたり、またその着物の色や柄、華やかか地味かなどその種類によっても夢占いの意味は違ってきます。さらに帯の様子や着物を着たときの姿によっても夢占いは違ってくるのです。

自分の新たな一面を暗示している

着物の夢を見る時は、夢占いでは自分の新たな一面を暗示していることが考えられます。まさに新しいことに挑戦しようと考えていたり、今まで興味のなかった分野が気になって勉強したくなるかもしれません。また、旅行に興味がなかった人でも、急に海外に興味が湧いて旅行に行きたくなるかもしれません。

さらに周囲から新たな才能を見いだしてもらい、チャンスが到来することもありえます。とにかく今までになかった自分と出会える兆しなので、これからが楽しみと言えるでしょう。

周囲からの評価を暗示している

着物に関する夢は、夢占いでは周囲からの評価を暗示していることもあります。例えば晴れ着を着て周囲から祝福されていたり、綺麗な着物を着こなして笑顔にあふれている夢なら周囲の評判は上々で、良い運気にあると言えるでしょう。

しかし、あまりぱっとしない着物や破れたり汚れている着物に袖を通していたとするなら、周囲から厳しい目を見けられたいたり、批判にさらさせる可能性もあるので注意が必要です。

社会的な立場や状況を暗示している

着物の夢を見る時は、夢占いでは社会的な立場や状況を暗示している場合もあります。もし綺麗な着物を着ていたなら、これから会社での立場が変化したり、より質の高い仕事を任されるかもしれません。またプライベートでもモテ期が到来する可能性もあります。

逆に地味で見た目が良くない着物を着ている場合は、会社でも降格されえたり、あらぬ疑いをかけられて責任を取らされるようなことも起こりえるでしょう。またプライベートでも自分の何気ない一言や振舞いから恋人を怒らせてしまい、別れ話にすらつながっていくこともあります。何かとゴタゴタした問題が起きやすいので十分な注意が必要な時です。

着物の夢の意味とは【着物を着た人編】

ここからは具体的な夢占いに移っていきます。まずは「着物を着た人編」です。誰が着物を着て夢に登場したかによって夢占いは異なってくるのです。早速、具体的に解説していきましょう。

自分が着物を着ている夢

自分が着物を着ている夢を見る時は、家の伝統に従うとか、仕事でも保守的な考えたかを重んじる気持ちが強くなっていることを暗示しています。これは決して悪いことではありません。時代の変化とともに価値観ややり方も変化していくものですが、ただ新しければ良いとも限りません。

日本的な良さとか物事の基本を忘れないという姿勢が物事を良い方向へと誘っていくことがありそうなので、今のまま考えがぶれないように気を付けましょう。

男性が着物を着ている夢

男性が着物を着ている姿を夢で見る時は、夢占いでは男性に対して男らしくしてほしいと望んでいることを意味しています。彼氏や職場の男性などに、着物を着る日本男児のようにたくましく強く振る舞って欲しいと思うことがあるのかもしれません。

例えば彼氏に早くプロポーズして欲しいのに、煮え切らない態度にイライラしているとか、責任逃れしようとしている男性の上司に幻滅している人もいることも考えられます。あまりに望みすぎて自分が女性らしさを失わないように気を付けましょう。

女性が着物を着ている夢

着物を着ている女性を夢で見る時は、夢占いでは自分に女性らしさが足りないことを気にしている暗示があります。別に人から指摘されたわけではないのですが、身近に素敵な女性がいて、その人と比較すると自分が女性として未熟と感じるのかもしれません。そこで落ち込んでしまうのは良くないのですが、目標とする女性像があるのは悪くありません。

そこに一歩でも近づける努力をしていきましょう。

他人が着物を着ている夢

他人が着物を着ている夢は、自分があの人のようになりたいと憧れている人がいたり、その人の比べて悲観する気持ちが起きることも暗示しています。その人が夢の中で美しく輝いて見えたなら、自分を磨く向上心を高めていくように心掛けましょう。

また夢の中の人物が醜く見えたなら、その人のようになりたくない、と思う人が周囲に入ることも暗示しています。

子供が着物を着ている夢

子供が着物を着ている夢は、夢占いでは未熟さの暗示を意味します。自分が思ったほど成長できてないことがわかり、ガッカリするようなことがあるかもしれません。しかし失敗は成功の母とも言います。ほろ苦い体験があってこそ、次に向けてステップアップができるものです。

自分ばかりが未熟で子供っぽいと劣等感を強く持たないようにして、その気持ちを前に進むやる気に転換していきましょう。

恋人が着物を着ている夢

恋人が着物を着ている夢を見る時は、夢占いでは恋愛が順調にいっていることを暗示する吉夢です。今の恋人のことも大好きで満足しているのですが、珍しく着物を着ていたということは、さらに相手の新しい一面を見ていきたいという希望や、恋愛をさらに楽しく充実したものにしていきたいなど、ポジティブな気持ちをあらわしているとも言えます。

もちろんそれは恋人にしても同じで、こちらの新たな一面を見てみたいと期待しているかもしれません。そのためメイクや髪型をいっそう相手好みにしてみるとか、心遣いにも一段と磨きをかけていく工夫もしてみると良いでしょう。

着物の夢の意味とは【着物の色編】

続いては、着物の夢占いの「着物の色編」です。着物と言ってもその用途やデザインによって使われる色はまったく違ってきます。そして色が違えば当然として印象にも違いが出てきます。着物の色によって夢占いにはどのような意味の違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。

ピンク色の着物の夢

ピンク色の着物の夢は、恋愛運アップの暗示があります。ピンクと言えば、日本では桜を連想する人も多く、気持ちがウキウキとする春の訪れがイメージされます。恋愛でもまさに我が世の春が到来すると期待できるのです。いつ素敵な出会いが訪れても良いように準備を整えておきましょう。

紫色の着物の夢

紫の着物の夢を見る時は、気持ちの高まりを意味します。異性に対して高い理想を掲げて、このような人と付き合いたいとか、結婚するならこんな人、という思いが強く働き始めるかもしれません。

またそれに伴い性的欲求も強くなるので、これを自己の向上につなげるようにしましょう。しかし、自分のレベルを考えずに理想の異性ばかりを求めるとつまづきのもとになるので、気を付ける必要があります。

金色の着物の夢

金色の着物の夢を見る時は、願いが叶うことを暗示する、超吉夢です。これ以上はないというくらい最高ランクの夢と言えるでしょう。学業や仕事などで思った以上の成果が上がり、大きな夢がかなう前兆かもしれませんし、意中の人から愛の告白もあるかもしれません。

また赤ちゃんが欲しかったという人はとても良い子が宿り、家族が増えることも考えられます。縁起が良い夢なので独り占めしないで、このことかなと感じたら大げさなくらい喜んで、周囲にもその喜びが伝播していくように心掛けましょう。

白色の着物の夢

白い着物の夢を見る時は、運気が上昇していることをあわらす吉夢です。物事に真っ直ぐにピュアな気持ちで取り組める証とも言えます。「初心忘るべからず」という気持ちを大切にして、仕事や人間関係、習い事など素直に謙虚な姿勢で取り組んでいくことで高評価をもらえたり、成果につながることが起こってくるかもしれません。

黒色の着物の夢

黒い着物の夢を見る時は、運気が下降していることを示す凶夢です。そもそも黒そのものが夢占いでは不吉な意味を持つので、今の時期は注意が必要です。調子が良いように思えても突然流れや事態が変化することも考えられるので、何事も無理をし過ぎたり、いい気になって自分を大きく見せるようなことは慎みましょう。

一見良さそうな話が持ち掛けられても、今は控えめに行動することで吉となることを覚えておく必要があります。

緑色の着物の夢

緑色の着物の夢を見る時は、肉体的にも精神的にも非常に良い状態にあることを示す吉夢です。今の気持ちは日光が照り映えて清々しい涼風が吹いている森林にいるような心持といえます。この元気さがあれば、少々大変な仕事や対人関係もしっかりと切り抜けていけるでしょう。

また人にも優しくできるポテンシャルがたくさんあるので、周囲の人たちを大切にして良い人間関係を築いていきましょう。

着物の夢の意味とは【着物の種類・状態編】

続いては着物の夢占いの「着物の種類・状態編」です。同じ着物を着るとしたら、やはり新しくて綺麗な物を選ぶのが普通でしょう。しかし夢の中では必ずしもそうとは限らないのです。自分で絶対に選ばないようなありえない着物を着ているかもしれませんし、なぜそのシチュエーションなのか到底理解できないこともあるかもしれません。

しかし着物を着ている夢には、それなりの意味があるのです。その意味を具体的に見ていきましょう。

綺麗な着物を着る夢

綺麗な着物を着る姿は、想像するだけでもワクワクするものかもしれません。この夢を見る時は、特に恋愛運とレジャー運の上昇を暗示しています。もし気になる人がいるなら、思い切ってドライブやキャンプなどに誘ってみるのも良いかもしれません。一緒に出掛けることで意気投合して、二人の関係が一気に恋愛モードにシフトチェンジすると期待できます。

綺麗な着物に袖を通したようなワクワク感が二人の間にもリアルに訪れるかもしれません。

派手な着物を着る夢

派手ない物を着る夢を見る時は、エネルギーに満ち溢れていることを暗示する吉夢です。パワフルでやる気に満ちているので、何をするにしても勢いである程度良いところまで行けるものがあります。少々難しい問題があったり、身近にネガティブな人がいてもそれを凌駕するくらいの運気を持っているのでひるまずに前進していきましょう。

地味な着物を着る夢

地味な着物を着ている夢は、運気が低迷していることを暗示する凶夢です。何かと物事がうまく運びにくい時なので、いちいち落ち込まないように割り切って過ごしましょう。そして気持ちが暗くなって実生活でも地味な洋服を選びがちになるかもしれませんが、あえて明るく華やかなものを身につけるように心掛けると良いでしょう。

また人間関係で余分な問題を増やさないためにも周囲への気遣いや配慮は丁寧にしていくことを意識するのも運気上昇に良いようです。

打ち掛けを着る夢

打ち掛けを着る夢を見る時は、まさに自分が花嫁になって嫁いでいきたいという結婚願望が高まってくることを暗示しています。もし実際に付き合っている相手がいるなら結婚話が具体的に持ちあがってくるかもしれません。もし現在恋愛をしていなくても、誰かから結婚を前提としたお付き合いを申し込まれたり、お見合い相手を紹介されるかもしれません。

結婚は思いつきでできるものではありません。それ相応の準備が必要であるため、夢ばかり抱いていないで結婚生活をしていけるだけの力が自分にあるのかどうかを冷静に見つめていきましょう。そして課題が見つかれば早急にそれをクリアーするための行動を起こしましょう。

料理の腕を磨くとか、貯金をするなど結婚生活をリアルに想像しながら前向きに頑張る時です。

晴れ着を着る夢

晴れ着を着る夢を見る時は、自分の中に隠れている思いや人に知らていない才能をもっと表に出してアピールしたいという願望夢です。また近々そのような内に秘めたものを披露する機会も訪れるかもしれません。その時は、今の自分から一歩脱皮していくチャンスなので尻込みせずに積極的に頑張ってみましょう。

また恋愛に対する古風な考え方が表に出てくる時でもあります。例えば恋人から同棲を持ち掛けられても、結婚するまではしたくないという強いポリシーがそれを邪魔するかもしれません。しかしこれは悪いことではないので、上手に自分の想いを伝える努力をしましょう。

めずらしい着物を着る夢

めずらしい着物を着る夢を見る時は、自分に注目を集めたいという願望夢です。誰かと同じ自分ではなく、また今までと同じ自分でもなく、もっと成長したかったり、個性を発揮したいと願う気持ちが高まる時です。これは前向きな気持ちのあらわれなので、色々なことに積極的に挑戦してみましょう。

ただし目立ちたいだけの欲求で動いても、その場限りのことで終わってしまい、かえって評価を下げる可能性もあるので、地に足をつけながら打ち上げ花火で終わらないように真剣に頑張りましょう。

新しい着物を着る夢

新しい着物を着る夢は、新たに何かが始まるか、新しく始めたいと思っていることがあることを暗示しています。色々な物事の流れが一段落して次の新たな流れに移っていくときかもしれません。もう始まると決まっていることなら過去は振り向かず、しっかり前を向いて心機一転頑張っていきましょう。為せば成る、の精神で前進あるのみです。

破れた着物を着る夢

破れた着物を着る夢を見る時は、何らかのトラブルに巻き込まれることを暗示している警告夢です。破れ方があまりひどくなければ問題もそれなりに無難に済みそうです。しかし着物全体が破れていて手の施しようがない場合は、かなり厄介な問題が持ち上がりそうなので、腰を据えてしっかり対処しなけれななりません。

着物の夢の意味とは【帯の状態編】

続いては、着物の夢占いで「帯の状態編」です。着物はどのような帯を巻くかによってまったく印象が違ってきます。シックな色目か、派手で明るいものかによって人の見方も違ってくるでしょう。またきちんと綺麗に巻かれていれば見た目も良いですが、ゆるんでいると興ざめされてしまうものです。

帯の状態で夢占いではどのようなことが分かるのか、早速具体的に見ていきましょう。

帯がきちんと締まっている夢

帯がきちんと締まっている夢は、今の状態が前向きで気合も十分整っていることを意味しています。仕事や恋愛、習い事など自分が望んでいたシチュエーションが目の前にあるのかもしれませんし、ライバルの登場で負けなくない気持ちが高まっているのかもしれません。

いずれにしろ程よい緊張感があって向上心にも溢れている状態のようですから、この気持ちが長く持続するように努めましょう。

帯がだらしない夢

着物の帯がだらしない状態の夢は、気持ちが緩んで気が抜けている状態をあらわします。ストレートに言うとふぬけ状態です。何をやっても気が乗らないため、まともな成果も出ず続きもしないのです。人には誰でもこのような時があるので、仕方がないとも言えます。

しかしここらで一度自分の状態を見直して気合を入れないと、ミスやトラブルが起きかねないという警告の意味もあるので注意しましょう。

帯が豪華な夢

帯が豪華な夢を見る時は、恋愛運アップを意味します。いままでパッとしなかった人もあっと驚くような嬉しい出来事があるかもしれません。モテ期が到来する人もいるでしょう。何かと異性から注目される時のようですから、姿勢よく、笑顔で気合を入れて帯を締め直す気持ちで過ごしていきましょう。

着物の夢の意味とは【行動編】

最後は着物の夢占いの「行動編」をお送りします。今までは着物を着た人やその色などに注目してきましたが、最後は着物をめぐる行動に着目します。

着物を選ぶ夢

複数の着物の中からどれにしようかと選ぶ夢は、複数の異性からアプローチされることを暗示しています。そしてどの人にしようかと迷っている状態なのです。もし夢の中で、どの着物にするか決めかねていたのなら、現実でもどの人にするか決め手に欠け選ぶことができないということです。

それを無理して一人に絞ってもあまり良い結果にはならないようなので今回は見送った方が良いかもしれません。

着物をたたむ夢

着物をたたむ夢を見る時は、物事の整理が必要なことを暗示しています。普段の生活でも着物をたたむという経験はあまりないかもしれません。しかしこの夢を見るということは、仕事が山積みで何から手を付けて良いのか混乱している状態です。また人間関係でも誰を優先したらよいか分からず困惑気味になっていることも考えられます。

一度にあれもこれもと上手く片付けようとしても難しいようです。まず目の前のできるところから一つ一つゆっくりと心と頭を整理しながら進めていきましょう。そしてしかるべき人に相談したり、助けを乞うことも大切です。

着物をもらう夢

着物をもらう夢は、相手が異性の場合は、こちらが恋愛感情があることを暗示しています。もし全く意識していない相手なら、これから恋に落ちる可能性が高いと言えます。また欲しくもないのに着物をもらったり、押し付けられたような夢ならば、現実でも嫌な話を聞かされたり、依頼されるかもしれないので注意が必要でしょう。

そして自分に出来そうもないことなら、安請け合いせずきっぱりと断る勇気も持ちましょう。

着物を人にあげる夢

着物を人にあげる夢は、自分が今まで築き上げてきたことやポジションなどを人に譲っていく時期が近づいていることを暗示します。仕事や家庭での役割、またそれ以外でも何らかの立場を次の人へバトンタッチしていくときのようです。そのことを寂しく思うのではなく、前向きに捉えていきましょう。

また自分の生き方や考え方、価値観を支持してくれる人がいて、その人が教えを乞いに来ることもあるかもしれません。その際にも気持ちよく教えてあげるように心掛けましょう。

着物を上手に着れない夢

着物を上手に着れない夢を見る時は、人間関係で息詰まって迷いがあることを暗示している凶夢です。着物は着慣れない人にとっては自分で美しく着こなすのは、かなりハードルが高いと言えます。マニュアル通りに着ているつもりが、きちんと揃っていなかったり、しわが寄ったり、帯が緩んでいたりするものです。

そのように自分では思い通りにしたくても、相手の都合や性格もあってなかなか人間関係がスムースに運ばずに戸惑っているのかもしれません。このような時はもがけばもがくほど泥沼化することもあるので、早めに信頼できる人に相談して気持ちを切り替えてみましょう。

誰かに着付けをする夢

誰かに着付けをする夢を見る時は、新しいことに向けた準備に取り掛かっていたり、その心づもりができている暗示があります。仕事でもプライベートでも心機一転、今までとは違うことを始めようという心が芽生えているのかもしれません。着物の気付けは、順を追って正しく行わなければ一からのやり直しになります。

新しいことを手掛ける際も、一つ一つ焦らず進めていくように心掛けましょう。

着物の柄や色・シチュエーションで占ってみよう

着物は普段着用する機会が少ないので、あまり注目することがないかもしれません。そのためもし夢に着物が登場すると余計に印象的かもしれません。そしてその着物を誰が着ていたのか、また色や柄、さらにはシチュエーションによって夢占いの内容は異なってきます。

自分が見た夢から今の自分の状態を客観的に把握して、より良い運気で生活できるように夢占いをうまく活用していきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb【夢占い】靴に関する夢の意味!靴の色や買う・もらうなど状況別で診断
夢の中で靴が出てきたことはありますか。下駄箱の夢、靴をもらう、探す、なくす、壊れるなどによっ...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ