話しかけるなオーラが出ている人の特徴!出し方・消し方やデメリットは

話しかけるなオーラは無意識にのうちに出てしまうこともあるようです。しかし、時には話かけてほしくないこともあるでしょう。そんなときの意図的な出し方や、逆に話しかけるなオーラの消し方を知りたい人のために、その方法やデメリットについてご紹介していきます。

話しかけるなオーラが出ている人の特徴!出し方・消し方やデメリットはのイメージ

目次

  1. 1話しかけるなオーラとは
  2. 2話しかけるなオーラの出ている人の特徴
  3. 3逆に話しかけるなオーラの出し方は
  4. 4話しかけるなオーラの消し方
  5. 5話しかけるなオーラが出てる人のデメリット
  6. 6話しかけるなオーラが出てる人に話しかけるコツ
  7. 7話しかけづらいオーラをなくして人付き合いを楽しもう!

話しかけるなオーラとは

「話しかけるなオーラ」とは、一体どのようなオーラのことを意味しているのかご存知でしょうか。話しかけるなオーラを無意識のうちに出してしまう人もいれば、逆に話しかけるなオーラを意図的に出したいと考えている人もいると言われています。後に詳しくご紹介しますので、まずは話しかけるなオーラの意味や周囲からの印象をご紹介します。

話しかけるなというオーラが自然に出てしまう

話しかけるなオーラは、話しかけるなというオーラが自然と出てしまうことを意味しています。人は時には人に話しかけてほしくないと思ってしまうことがあるでしょう。例えば、恋人に振られてしまって気分が落ち込んでいる時や、相手のことをうざいと思ってしまった時などが挙げられます。

話しかけれ来られても、邪険に扱ってしまうことがほとんどです。それならば、相手との関係を悪くしたいためにも、話しかけてほしくない気持ちが強くなってしまうのではないでしょうか。

話しかけるなオーラが出ている人は嫌われる傾向

話しかけられたくない時、無意識のうちに出てしまう話しかけるなオーラですが、これは周囲から嫌われてしまう可能性があります。本人は相手との関係を悪くしないために、話しかけるなオーラを出していることもあるでしょう。しかし、周囲からは感じの悪い人だと思われてしまうようです。

特に、話しかけるなオーラを出している人の心情を知らなければ、ただ人を寄せ付けない人に見えてしまいます。

話しかけるなオーラの出ている人の特徴

話しかけるなオーラを出してしまう人は、嫌われる傾向にあるとご紹介しました。では、どのような特徴のある人が嫌われてしまうのでしょうか。下記では、話しかけるなオーラの出ている人に共通している特徴を、いくつかご紹介していきます。もしも、自分の話しかけるなオーラを改善したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

特徴①目を合わせない

話しかけるなオーラの出ている人は、誰とも目を合わせない特徴があります。目を合わせることはアイコンタクトと言い、それだけでも相手と気持ちを通じ合うことができます。ただし、人と話したくない時は目を合わせないようにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

常にうつむきになってしまったり、人と目が合ってもすぐに逸らしてしまうことが多いようです。

特徴②自覚がない

初めにもご紹介したように、話しかけるなオーラを出している人の中には、無意識のうちに話しかけるなオーラを出してしまっている人もいます。この場合は自覚がないため、周囲から嫌われていることにも気づきにくい傾向にあるでしょう。もしも、嫌われていることに気付いたとしても、なぜ嫌われているのか分からないはずです。

特徴③挨拶などをしない

誰からも話しかけられたくないと思っている人は、自分から積極的に話しかけることはしないでしょう。そのため、話しかけるなオーラを出している人は、挨拶すらしないこともあるようです。挨拶はコミュニケーションの一環なので、学校や職場では必須な言動とも言えます。

また、挨拶をしない人は、周囲から感じが悪い人だと思われてしまう可能性があります。もしも、一時期話しかけたくない心理から話しかけるなオーラを出していたとしても、その後に感じが悪い印象を払拭できなくなってしまうことも多いようなので注意してください。

特徴④話をしっかりと聞かない

話しかけるなオーラを出している人は、誰かから話しかけられても、その会話が頭に入らなくなってしまいます。そのため、人の話をしっかりと聞かない特徴があると言えます。話を聞かないことによって、相手から離れていってほしい気持ちが出てしまっているようです。

無意識のうちに話しかけるなオーラを出してしまっている人の場合は、聞かないと言うよりも聞けない方に当てはまるのかもしれません。

特徴⑤笑顔がない

話しかけるなオーラは、話しかけてほしくない心理を表しているものです。これは、あまり良い感情とは言えないでしょう。そのため、話しかけるなオーラを出している人は、笑顔になることがありません。例え話に乗ってきてくれたとしても、笑顔が一切見えず、話していても楽しそうには見えないでしょう。

逆に話しかけるなオーラの出し方は

話しかけるなオーラを出す人には2種類のタイプがいます。それは、無意識のうちに話しかけるなオーラを出す人と、意図的に話しかけるなオーラを出す人です。感情が落ち込んでしまっているため話しかけてほしくない人や、その人のことが嫌いで話しかけてほしくない人がいるのではないでしょうか。

状況はどうであれ、誰しも話しかけられたくない時はあるでしょう。そんな時は、話しかけるなオーラを意図的に出してみてることがおすすめです。下記では、話しかけるなオーラの出し方をご紹介します。

出し方①目を合わせない

人はコミュニケーションを取る時、相手の目を見ることで感情を察しようとしています。そのため、誰かと目を合わせてしまうと、話しかけられる可能性が高まるでしょう。そんな時は、誰とも目を合わせないようにしてみてください。俯きがちになることで、人と目を合わせなくて済みます。

もしも、話しかけられてしまった場合でも、相手の目を見るのではなく、手元などを見るようにしてみてください。

出し方②姿勢はうつむき加減に

上記でもご紹介したように、姿勢はうつむきがちにしてみてください。姿勢が綺麗に伸びている人は、自信があって明るいイメージがあります。逆に、姿勢がうつむきがちになっている人は、自信がなく何か悩んでいるのではないかと思われることが多いでしょう。ただし、いつも元気な人がうつむいていると、「どうしたの?」と聞いてくる人もいます。

そんな時は「ちょっと…」や「今は話す気になれなくて」と話を濁すことで、今後話しかけられることはなくなります。

出し方③できるだけ存在感を消す

話しかけるなオーラを出したいのであれば、できるだけ自分の存在感を消すようにしましょう。先ほどご紹介したように、目線や視線だけでも十分に存在感を消すことができます。しかし、それに加えて音を立てないようにしたり、人の視界に入らないようにすることで、より存在感を消すことができるはずです。

話しかけるなオーラの消し方

何度も言うように、話しかけるなオーラは嫌われてしまう原因になることはがあります。その時だけ話しかけられたくない人はまだしも、無意識のうちに話しかけるなオーラを出している人は悩みの種にもなってしまうでしょう。

そんな時は、話しかけるなオーラを消せるように努力することがおすすめです。では、話しかけるなオーラの消し方とは、一体どのような行動をするといいのでしょうか。

消し方①やわらかい表情を心がけてみる

話しかけるなオーラが出ている人は、無表情になっている特徴が挙げられます。そのため、自分の表情を化が見てみて、表情を確認してみましょう。笑顔どころか暗い印象を与えてしまう顔をしているのならば、なるべくやわらかい表情を心がけてみてください。笑顔を作るのは難しいので、口角だけを少し上げてみることがおすすめです。

消し方②しっかり話を聞く

誰かに話しかけている時、相手から話を聞かれていないととても悲しい気持ちになってしまいます。そのため、話したくないと思っていても、会話をしている時は相手の話をしっかり聞くようにしてください。例えば、「そうなんだね」や「その後はどうなったの?」など、相槌を入れるだけで話を聞いているように思わせることができます。

消し方③周囲に関心があることを示してみる

話しかけるなオーラが出てしまっている人は、周囲に対して興味がないことが原因なのかもしれません。内心では興味があると思っていても、自分から積極的になれなければ、興味がない事と同じに見えてしまいます。そのため、話しかけるなオーラの消し方としては、周囲に対して関心があることを示してみるようにしましょう。

例えば、ネイルやヘアスタイルを変えてきた人がいるのならチャンスです。「変えたよね?」と話しかけてみてください。それだけで、人との距離をぐっと縮めることができます。

消し方④下を向いてうつかない

誰からも話しかけられたくないと思ってしまうと、人は無意識のうちに下を向いてしまう傾向があります。しかし、話しかけるなオーラを消したいのであれば、下を向くことはやめてください。下を向いてうつむかないようにするだけでも、存在感を出すことができるでしょう。また、上を向くことで気持ちも晴れやかになるはずです。

消し方⑤自分からも話しかける

話しかけるなオーラが出ている人は、積極性に欠けているのではないでしょうか。人とのコミュニケーションを取りたいのであれば、待っているだけではダメです。自分からも積極的に話しかけるようにしてみてください。初めは抵抗感があるかもしれませんが、慣れればもっと人と話したいと思ってしまうはずです。

話しかけるなオーラが出てる人のデメリット

何度も言うように、話しかけるなオーラが出てしまっている人は嫌われる傾向にあります。これも大きなデメリットと言えるのですが、その他にもたくさんのデメリットがあるようです。そのため、下記では話しかけるなオーラが出てる人に共通するデメリットをご紹介していきましょう。

中には、仕事や恋愛面でも損をしてしまう可能性もあります。これから有意義な生活を送っていきたいと思っている人にとって、ご紹介するデメリットは不必要なものとなるでしょう。

デメリット①態度が悪いと思われる

話しかけるなオーラが出ている人は、うつむきがちで目を合わせない特徴があります。何度もご紹介しているように、人とのコミュニケーションは会話だけでなく目線でも行うものです。そのため、話しかけるなオーラが出ている人が上司や先輩などに目を合わせないで会話をしていると、態度が悪いと思われてしまうことがあるようです。

話しかけるなオーラが出ていると、特に目上の人に対する評価が低くなってしまいます。そうすると、どれだけ優秀な人材であったとしても、評価されにくくなります。

デメリット②接しにくい人という印象になる

普段から暗い印象を持たれてしまっている話しかけるなオーラは、人との会話でも積極的に参加することはないでしょう。相手と打ち解けたいと思う人は、積極的に会話をする傾向にあります。そのため、あまり会話をしない話しかけるなオーラは、接しにくい人という印象を持たれるようです。

デメリット③新しい出会いが訪れにくい

いつも話しかけるなオーラが出てしまっている人は、仕事だけでなく、プライベートでも支障をきたしてしまうことがあります。代表として挙げられるのが恋愛で、新しい出会いが訪れにくくなるようです。誰しも恋愛では素敵な人を見つけたいと思っているでしょう。そんな時、話しかけるなオーラに会ったとしても、恋愛対象にはならないはずです。

話しかけるなオーラが出てる人に話しかけるコツ

上記では、話しかけるなオーラが出ている人の悩みに着目してきました。しかし、中には話しかけるなオーラを出している人に話しかけたい、と思っている人もいるはずです。その場合は、どのように接するといいのでしょうか。下記では、話しかけるなオーラが出ている人に話しかけるコツをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

笑顔で気軽に質問をする

話しかけるなオーラを出している人の中には、話しかけたくても話しかけられない人もいます。そのため、話しかける時には気軽に話しかけることが重要です。また、こちらは悪い印象を持っていないことを知ってもらうためにも、笑顔で接することを心がけてください。相手が答えやすいように、質問形式にすることも忘れないようにしましょう。

お互いの共通話題を探す

普段会話をしていない人にとって、いきなり知らない話をすることは避けた方が良いです。そのため、相手との共通点を見つけることに集中しましょう。共通の話題を見つけるためには、相手に何が好きなのかを聞くことがおすすめです。全く同じ共通点がない可能性も高いのですが、似たような共通点があれば打ち解けやすくなるのではないでしょうか。

相手の話を引き出し褒める

話しかけるなオーラを出してしまっている人は、あまり人に自分のことを話さない特徴があります。なぜ自分のことを話さないのかは人それぞれですが、その多くは人に認めてもらえないかもしれない、という気持ちがあるからです。そのため、話しかけるなオーラを出している人に話しかける時は、相手を褒めることを忘れないようにしましょう。

自分の話をするのではなく、聞き役に徹して、相手の話を引き出してください。そうすることで、話しかけるなオーラを出している人でも、心を開いてくれるかもしれません。

話しかけづらいオーラをなくして人付き合いを楽しもう!

話しかけるなオーラは、周囲に対して壁を作ってしまうものです。そのため、人とコミュニケーションを取るためには、話しかけるなオーラを消す必要があるでしょう。無意識のうちに話しかけるなオーラを出してしまっている人も、自分が周囲となじめていないことで、少しは気づいているのではないでしょうか。

話しかけづらいオーラを消すことで、相手から話しかけてくれることも多くなります。人との会話を楽しめるようになれば、きっと人付き合いも好きになってくるはずです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ