コウカズヤ(上原多香子の旦那)って誰?現在や今までの経歴は【画像】

上原多香子と結婚したコウカズヤの仕事や経歴、現在の年収はどのくらいあるのでしょうか。また、コウカズヤと上原多香子の出会いとなった舞台や、他にもコウカズヤと結婚する前の上原多香子の元夫で自殺したTENNの遺書や不倫を噂されていた阿部力との関係の真相に迫りました。

コウカズヤ(上原多香子の旦那)って誰?現在や今までの経歴は【画像】のイメージ

目次

  1. 1コウカズヤとは【画像】
  2. 2上原多香子とは
  3. 3コウカズヤと上原多香子の結婚とは
  4. 4コウカズヤの経歴とは
  5. 5コウカズヤの現在とは
  6. 6コウカズヤの今後の活躍に期待

コウカズヤとは【画像】

コウカズヤとは元お笑い芸人であり、近年では脚本家や演出家、映画監督として活動しています。なお、コウカズヤは脚本・演出家として活動する時の芸名で、芸人時代は別の芸名で活動していました。

舞台業界で活動し様々な脚本や演出を手掛け、お笑い芸人を辞めても活動の場を広げていたコウカズヤですが、炎上するような発言で世間からのイメージが一気にダウンしてしまいました。コウカズヤの現在の仕事の様子やプライベートに迫っていきます。

コウカズヤのプロフィール

・愛称:DORAGONカズヤ・コウカズヤ
・本名:高山和也
・生年月日:1977年6月10日
・現在年齢:41歳
・出身地:大阪府大阪市
・血液型:A型
・身長:185cm
・活動内容:元お笑い芸人・脚本家・演出家・役者
・所属グループ:元超新塾
・家族構成:嫁(上原多香子)・息子

上原多香子の旦那

コウカズヤは元「SPEED」の上原多香子の再婚相手です。上原多香子が世間で騒がれていた元夫の自殺や、不倫騒動から間もなく2人は結婚を発表しています。2人の馴れ初めや結婚についても紹介していきます。

上原多香子とは

上原多香子は1983年1月14日生まれの36歳です。上原多香子は現在女優として舞台などで活動しています。タレント業もこなしバラエティー番組に出演する事もありました。全盛期の頃に比べるとメディア露出は激減してしまいましたが、デビュー当初から変わらず整った目鼻立ちでファンを魅了し続けています。

1999年3月には河村隆一のプロデュースでソロデビューもしています。CMモデルや声優としての実績もあり、20年以上芸能界で活躍しています。

SPEEDとして活躍

上原多香子は沖縄出身で1996年8月に「SPEED」のメンバーとしてメジャーデビューしています。「SPEED」は4人組のダンスヴォーカルユニットで、上原多香子の他に島袋寛子、今井絵理子、新垣仁絵がいます。2000年3月に解散しましたが、期間限定の再結成を経て2008年に復活しました。「SPEED」での活動で、上原多香子は主にコーラスを担当しています。

しかし、現在は個々の活動や今井絵理子の議員活動などもあり、「SPEED」としての活動はほとんどありません。メンバーの新垣仁絵が事務所を退所したことも判明し、事実上解散のような扱いになっています。さらに今井絵理子も議員同士での不倫騒動があり、今後「SPEED」メンバーが4人揃っての活動は不可能ではないでしょうか。

ET-KINGのTENNと結婚

上原多香子は2012年3月に「ET-KING」のTENNと婚約し、同年の8月に結婚を発表しました。2011年6月に神戸で行われた東日本大震災復興支援イベントに2人はそれぞれのグループで参加しており、そのイベントがきっかけで2人は知り合います。

イベントの最中、2人は実際に会話することはなかったそうですが、TENNがSNSで上原多香子に対してメッセージを送ったことをきっかけに2人は知り合います。

その後TENNからのアプローチで付き合いがスタートし、TENNが活動拠点を大阪に移すタイミングでプロポーズがあり2人は結婚しました。大阪へ一緒に来てほしいというTENNの言葉に対して、あっさり上原多香子は前向きな返事を返したそうで、その場でTENNは嬉しさのあまり号泣したと言われています。

TENNが遺書を残し自殺

2012年8月に結婚を発表した上原多香子とTENNは2014年に結婚記念日と題し、お互いブログに写真を載せるなど仲睦まじい様子が伺えましたが、その後9月にTENNが車の中で自殺をします。発見者は上原多香子でTENNは遺書を残して自殺したそうです。

特に変わった様子はなく、突然の死で上原多香子を始め「ET-KING」のメンバーや親族、そして世間に衝撃を与えました。なぜ自殺をしてしまったのか当初は詳しい報道はありませんでした。上原多香子との収入格差などが原因と言われていました。

また、自殺する何日か前にTENNが自宅マンションの下でぼーっと立っているところを近所の人が目撃していたそうで、うつ病だったのではないかとも言われています。SNSではこれからの仕事に対する意気込みなども書かれており、当時は自殺原因として様々な憶測が飛び交っていました。

自殺理由は阿部力との不倫だった

TENNの自殺からしばらくしてTENNの親族が週刊誌に遺書や上原多香子の不倫について話したことがきっかけで、世間に遺書の内容や上原多香子の不倫が明るみになりました。遺書にはTENNが子供を作れない体であることや、上原多香子が俳優の阿部力と不倫しているということが書かれていたそうです。

阿部力との不倫に関しては上原多香子と阿部力のLINEのやり取りまで流出し、不倫が事実である可能性が高いことがわかりました。この報道で上原多香子へ対する世間からのバッシングが集まり、当時報道されていたコウカズヤとの交際も炎上となりました。

TENNの自殺の原因は実際のところ上原多香子の不倫が原因だと言われています。TENNの携帯には上原多香子と阿部力のLINEやキス写真など、TENNの携帯で上原多香子の携帯から撮影したと思われるデータが残っていたそうです。親族だけで留めていた不倫の事実ですが、不倫していた阿部力ではない男との報道で、親族の怒りを買ってしまったのでしょう。

世間ではTENNが自殺したことで、上原多香子への同情の声やこれからの生活に対して応援するような温かい言葉もたくさんありました。しかし、この不倫報道で一気に上原多香子に対するイメージが下がってしまい、幻滅する声や、ショックを受けるファンも多かったそうです。

コウカズヤと上原多香子の結婚とは

2018年10月にコウカズヤと上原多香子は結婚を発表しました。上原多香子の元夫であるTENNの自殺から4年後のことです。コウカズヤと上原多香子の結婚に至るまでの馴れ初めや子供について解説します。

馴れ初めは舞台観覧

2人の馴れ初めは上原多香子がコウカズヤの舞台を観劇したことがきっかけのようです。この時、コウカズヤと上原多香子の間で舞台への出演約束をしていたそうで、数ヶ月後に上原多香子がコウカズヤの舞台に出演することが決まりました。このことがきっかけとなって2人の交際がスタートします。

上原多香子の主演舞台で親密に

コウカズヤと上原多香子の約束の舞台とは、上原多香子が主演を務め、コウカズヤが脚本・演出を手掛けた『光と影からの恵み』です。この舞台に上原多香子が出演したことがきっかけで2人は交際に発展しています。舞台の最中から交際がスタートしたという噂です。元々、コウカズヤが上原多香子のファンだったのではないかとも言われています。

2人の交際は週刊誌で報道され、仲良く手を繋いで歩く姿や自転車を押して歩く姿が掲載されました。この報道が発端となりTENNの親族が動き上原多香子の不倫が発覚しました。

妊娠入籍発表

コウカズヤと上原多香子は2018年9月に入籍します。結婚したことを発表した時期は入籍から1ヶ月経った10月です。この時、上原多香子のお腹にコウカズヤとの子供を授かっていることを、ブログなどを通して発表しています。上原多香子にとって念願の子供となりました。

TENNの親族のリークにより明るみとなった上原多香子の不倫報道があったため、一部のファンを除いて世間では祝福ムードとはなりませんでした。TENNとの結婚の間に阿部力と不倫をしており、その当時、阿部力との子供が欲しいなどのLINEのやり取りが流出していたため、上原多香子への攻撃が更に強まった報道となりました。

長男が誕生

2018年10月に結婚と妊娠を発表したコウカズヤと上原多香子の子供は同年の12月に生まれました。上原多香子にとって待望の第一子です。性別も男の子と明かされています。上原多香子へのバッシングは変わらずですが、コウカズヤは上原多香子も子供も守るということをSNSでつぶやいていました。

コウカズヤの経歴とは

コウカズヤは脚本家や演出家として活動していますが、元々は芸人でした。コウカズヤの芸人時代なども含めて経歴について調べました。現在の活動内容について紹介していきます。

お笑い芸人の「超新塾」のメンバー

コウカズヤは元々はお笑い芸人であり、グループで活動していました。大阪NSCの16期生であり、「超新塾」の元メンバーです。「超新塾」は2001年に5人で結成され、吉本興業での活動を経て事務所を移籍した後にワタナベエンターテイメント所属として活動していました。「超新塾」時代の芸名はDORAGONタカヤマです。

「超新塾」はお笑い芸人の他にロックバンドとしても活動していました。10年間、「超新塾」として活動し2011年にコウカズヤは脱退しました。コウカズヤが脱退したあと、「超新塾」には2人の新メンバーが加入されました。

脚本家・演出家として活動

コウカズヤはお笑い芸人時代に「超新塾」のメンバーとして活動する裏で、舞台役者としても活動していました。「超新塾」を脱退後。DORAGONタカヤマから芸名をコウカズヤに変更し、脚本家・演出家として活動を始めます。また、コウカズヤ自身も役者として舞台に出演することもあるそうです。

演劇グループを結成

2013年にコウカズヤは演劇ユニット「TEAM BUZZ」を結成し活動を始め、2015年に劇団「BuzzFestTheater」を作り、本格的に脚本・演出家として始動しました。舞台はハートフルコメディが多く、元々笑い芸人であったコウカズヤらしい脚本と演出が人気だったようです。目立つような作品はありませんが、それなりに支持されておりました。

しかし2019年5月にコウカズヤはSNS上で不適切な発言をし、「BuzzFestTheater」を退団処分とされます。

コウカズヤの現在とは

お笑い芸人「超新塾」を脱退後、脚本家や演出家の道を志したコウカズヤは劇団「BuzzFestTheater」を結成し、脚本・演出家として活動していました。しかし、コウカズヤはSNSでの発言が問題となり退団処分を受けました。退団処分を受けてしまったコウカズヤは現在どうしているのでしょうか。

また、退団処分のきっかけとなったSNSでの発言は一体どのような内容だったのでしょうか。現在のコウカズヤと炎上の内容について解説します。

仕事が減っている?

コウカズヤは「超新塾」を脱退後、舞台業界で活動してきました。近年では劇団「BuzzFestTheater」を結成しメンバーの一員として活動し脚本、演出を手掛けていました。コンスタントに公演もありましたが、仕事量としてはそこまで多くなかったようで、「超新塾」時代に比べるとそこまで仕事はなかったのではないかという噂もあります。

近年では生活水準が下がっているという情報もあるので、仕事が減ってしまっているという噂は真実という可能性が高いです。

twitterがネットで炎上

コウカズヤが「BuzzFestTheater」を退団処分となったきっかけがTwitterでの発言です。コウカズヤはTwitter上で自殺してしまった上原多香子の元夫であるTENNを批判するような発言をし、炎上しました。「自殺をするような子になったら親の責任」やTENNの自殺を小ばかにするようなツイートは一気に拡散され、問題となりました。

この発言でコウカズヤに対しての批判が殺到しました。ネット上の反応は、TENNやTENNの家族を想って怒りを露わにする人がほとんどで、このツイートで上原多香子へのバッシングも更に増えました。

夫婦そろってクズという意見もあり、コウカズヤは非常識なツイートでたくさんの人を傷つけ不快にさせました。この騒動でコウカズヤは劇団を退団処分となりました。

気になる年収は?

コウカズヤは以前、オートロックマンションで家賃も高そうな2LDKマンションに住んでいたそうで、上原多香子もそこで一緒に生活していたと言われています。しかし、最近ではオートロックは付いていない普通のマンションに越したという情報があります。

他にも車ではなく自転車での移動が度々目撃されており、やはり収入がそこまでないのではないかと言われています。脚本家や演出家としてそれなりに活躍はしていましたが、お笑い芸人時代と比べると一気に収入は減っているようです。

コウカズヤの今後の活躍に期待

上原多香子との結婚や自身の発言で世間を敵に回してしまったコウカズヤですが、コウカズヤが手掛けた舞台はハートフルコメディものが多く、脚本や演出家としては良い舞台を創り上げていました。今回のTwitterでの騒動は非常識であり、今後の仕事に響くことは間違いないでしょう。

現在は活動を自粛しているようですが、しっかり反省しパワーアップして帰ってくることに期待しましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
小岩

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ