イチローが不倫?スキャンダル・女性問題がフライデーで露わに

先日、現役を引退し大きな話題となったイチローには、福島弓子という妻がいます。しかし実は過去に、人妻や留学生との不倫スキャンダルがフライデーされたことがありました。そんなイチローの不倫から葉月里緒奈との噂まで、イチローの女性問題を徹底リサーチします。

イチローが不倫?スキャンダル・女性問題がフライデーで露わにのイメージ

目次

  1. 1イチローとは
  2. 2イチローの経歴
  3. 3あのイチローに不倫スキャンダル!女性問題がフライデーされた
  4. 4イチローを虜にした元彼女は誰?どんな人?
  5. 5あのイチローも不倫をする普通の男だった!

イチローとは

日本のプロ野球だけでなく、長年アメリカのメジャーリーグでも大活躍し、先日の引退が日本でも大きな話題となったイチローは、国内のみならず世界的に有名で人気のある野球選手でした。まずはそんなイチローの詳しいプロフィールから見てみましょう。

プロフィール

・愛称:イチロー
・本名:鈴木一朗
・生年月日:1973年10月22日
・現在年齢:45歳
・出身地:愛知県西春日井郡
・血液型:B型
・身長:180.3㎝
・体重:79.4㎏
・活動内容:野球選手
・所属グループ:オリックス(1992年~2000年)→シアトルマリナーズ(2000年~2012年)→ニューヨークヤンキース(2012年~2014年)→マイアミマーリンズ(2015年~2018年)→シアトルマリナーズ(2018年~2019年)
・家族構成:妻(元TBSアナウンサーの福島弓子)

1999年結婚!妻は元アナウンサーの福島弓子

・鈴木弓子(旧姓:福島)
・生年月日:1965年12月10日
・現在年齢:53歳
・出身地:島根県松江市
・血液型:O型
・身長:163㎝
・活動内容:アナウンサー、実業家
・所属会社:TBS(1989年~1999年)
・家族構成:夫(元プロ野球選手の鈴木一朗)

イチローの経歴

イチローは日本国内のみならず、世界中で有名な元プロ野球選手です。イチローの長い野球人生はどのようなものだったのでしょうか。イチローの輝かしい経歴について、日本での活躍とアメリカでの活躍を合わせてご紹介します。

ドラフト会議でオリックスへの入団が決定

愛知県出身のイチローは高校卒業後、幼少期からのファンであった中日ドラゴンズへの入団を希望していました。しかしドラフト会議で、イチローを4位指名したオリックス・ブルーウェーブに入団が決まりました。オリックス・ブルーウェーブでの背番号は「51」、独特の振り子打法で驚異的な高打率を叩き出し、大活躍しました。

日本のプロ野球史上初となるシーズン200安打やプロ野球史上最年少MVP、打率3割8分5厘で首位打者になるなど、イチローはオリックス在籍中に数々のタイトルを獲得しました。阪神・淡路大震災のあった1995年には、チームをリーグ優勝へも導いたのです。

2000年10月メジャーへの移籍を表明!

2000年10月12日、イチローは日本人初となるポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦を記者会見で表明しました。同年11月10日にシアトル・マリナーズが独占交渉権を1300万ドルで獲得し、11月19日に3年契約で合意、11月30日に3年1400万ドルで正式に契約となりました。ここからイチローのメジャーリーグでの活躍が始まったのです。

当時、日本人野手がメジャーリーグで果たして通用するのかとの声が、日本でもアメリカでも多く沸き起こりました。しかしイチローはそんな声をものともせず、メジャー挑戦1年目から快挙を成し遂げたのです。

3つのメジャーリーグで活躍

2000年末にシアトル・マリナーズと契約したイチローは契約当初、世間からはあまり期待をされてはいませんでした。しかしイチローは1年目から、新人王やMVP、首位打者や盗塁王など数々のタイトルを総なめにし、大活躍を見せたのです。

何度かの契約更新をしながらシアトル・マリナーズに12年間在籍したイチローは、2012年にはニューヨーク・ヤンキースへ移籍、2015年にはマイアミ・マーリンズへと移籍しました。2016年にはメジャーリーグ史上30人目かつ、アジア人初のMLB通算3000安打を記録するなどの活躍を見せました。

再び「シアトル・マリナーズ」に戻ってくる

2018年には、メジャーリーグ挑戦1年目から12年間在籍した古巣のシアトル・マリナーズと1年の再契約を結びました。開幕戦では、多くのファンからスタンディングオベーションで第一打席を迎えられるなど、シアトルのファンからとても愛されていたことが分かります。

2019年に東京ドームで行われたアスレチックス戦出場後、45歳のイチローはプロ野球選手引退を発表しました。イチローが2016年に樹立した日米通算4257安打という記録は、最多安打の記録としてギネス世界記録にも認定されています。

他にも数々のタイトルを獲得し記録を樹立してきたイチローは、日本国内のみならず、世界で人気の野球選手として大活躍しました。

あのイチローに不倫スキャンダル!女性問題がフライデーされた

長い間、魅力的なオールラウンドプレイヤーとして多くの野球ファンを魅了し続けてきたイチローですが、実は不倫スキャンダルをフライデーされたこともありました。野球に対してストイックに真面目に取り組む姿が印象的なイチローに女性問題のイメージはないかもしれませんが、いったいどんなスキャンダルだったのでしょうか。

実は2度不倫をしていた?

イチローは過去に2度も不倫をフライデーされています。1度目のスキャンダルは結婚前、2度目のスキャンダルは元アナウンサーの福島弓子との結婚後の話です。イチローの不倫スキャンダルの相手や詳細を調べてみました。

1度目は30歳の人妻と不倫

イチローの1度目の女性スキャンダルは、福島弓子と結婚する前の話です。イチローには、1995年に出会って交際していた女性がいました。イチローの結婚する前の話ですから、何の問題もないように思えます。しかし、この相手の女性が他の男性と入籍した後、つまり人妻となった後も、イチローが福島弓子と結婚するまで関係が続いていたというのです。

イチローは後に、女性が結婚したことを知らなかったと話していますが、2人の不倫関係を知った女性の夫は賠償金を請求し、イチローが自身の結婚前に1250万円の賠償金の支払って示談となりました。しかしこの不倫スキャンダルが表に出たのは示談の成立後です。

示談後に相手の女性が週刊誌にイチローとの話を告白したことで表沙汰になったため、イチローは口外した女性に対して憤りを感じていると話しています。

2度目は20歳の留学生と不倫

2度目の女性スキャンダルはイチローがシアトル・マリナーズに入団して1年目のことです。ということは、福島弓子と結婚してまだ1~2年しか経っていない時期ということになります。当時20歳の留学生との会話テープがマスコミに渡り、不倫スキャンダルが報じられたのです。

イチローがそんな会話テープをマスコミに渡す可能性はまずないでしょうから、テープをマスコミに渡したのは、イチローに本気になってしまった留学生本人かそのルームメイトではないかとの見方が濃厚です。しかしわざわざ会話を録音しているということから、いわゆるハニートラップにイチローが引っかかっただけなのではないかという見方もあります。

イチローを虜にした元彼女は誰?どんな人?

イチローは福島弓子と結婚する前にも、関係が噂になった女優がいます。世界的な人気プロ野球選手だったイチローの元彼女と噂される女優とはいったい誰なのでしょうか。

女優の「葉月里緒奈」

・本名:山田麻衣
・生年月日:1975年7月11日
・現在年齢:43歳
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:166㎝
・活動内容:女優
・事務所:フライングボックス
・家族構成:夫(3度目の結婚)、長女(2004年11月生)

「魔性の女」と呼ばれていた

1996年に23歳のイチローが交際報道されたのが、女優の葉月里緒奈です。イチローがオフを利用してアメリカへ行っていた際に、葉月里緒奈も追いかけるようにしてアメリカへ行き、ホテルで密会していたと報道されたのです。マスコミに直撃されたイチローは葉月里緒奈のことを、「一緒に居て楽しい、大切な人」と答えました。

結局2人が付き合っていたのかは定かではありません。しかし真田広之との不倫報道で世間から大バッシングを受けたり、芸人の岡村隆史と交際報道されるなど、当時の葉月里緒奈は数多くの男性と噂となり、「魔性の女」と呼ばれていました。

あのイチローも不倫をする普通の男だった!

イチローは数々の記録を樹立し、名実ともに素晴らしいプロ野球選手でした。打っても良し、走っても良しのオールラウンドプレイヤーとして、45歳まで現役を続けたイチローには「すごい」と言わざるを得ません。しかしイチローにも実は、2度の不倫報道や女優との交際報道など、数々の女性スキャンダルがありました。

一般的に、スポーツ選手というのは普通の男性よりもテストステロンという男性ホルモンの分泌が多いために、性欲が強いと言われています。イチロー自身も、「男は性欲には勝てない」と発言したこともあるそうです。そう考えると、ものすごい記録を打ち出し続けたプロ野球選手のイチローも、不倫をする普通の男だったと言えるのかもしれません。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masayodaisy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ