父性本能とは?父性本能のくすぐり方や父性本能が強い男性の長所とは

母性本能ならぬ父性本能を御存知ですか。女性が持つとされる母性本能と類似するものが男性にもあって、その呼び名が父性本能です。この父性本能が強い男性には、どんな特徴や長所があるのか、また、男女関係にも影響を及ぼす父性本能のくすぐり方などについて解明していきます。

父性本能とは?父性本能のくすぐり方や父性本能が強い男性の長所とはのイメージ

目次

  1. 1父性本能とは
  2. 2男性が父性本能を感じる瞬間
  3. 3父性本能のくすぐり方【セリフ編】
  4. 4父性本能のくすぐり方【行動編】
  5. 5父性本能の強い男性の長所
  6. 6父性本能をくすぐって男性を振り向かせよう

父性本能とは

父性本能は近年になって男性に対し言われるようになってきた言葉なので、広く世間に認識されていないかもしれません。また、女性の場合の母性本能と同様に父性本能は正式な医学用語などではなく、通俗的に語られているものです。それゆえに定義が曖昧で、父性本能という言葉を知っていても、人によって解釈がバラバラかもしれません。

まずは、一般的な父性本能の正確な意味合いを知りましょう。

父性本能の読み方・意味

父性本能は「ふせいほんのう」と読みます。女性における母性本能の男性版として、いつしか巷で語られるようになりました。いつ誰が最初に言ったものなのかといったあたりも定かでありません。そのため、このような経緯がある父性本能を指して、造語であるという定義もまかり通っています。

そして父性本能の意味ですが、男性が誰かに対して支えてあげよう、サポートしてあげよう、守ってあげようなどといった感情が湧くことをいいます。

母性本能との違い

女性の場合の母性本能は、狭義では母が子に持つ感情や感性とされ、広義では母子関係に限定されず、その対象が主として自分よりも年齢が低いもの、または自分よりも弱い存在に向けて抱くものとされています。一方、男性の父性本能ではその対象が自分よりも、か弱いと感じられる存在となっており、根本が親子関係とはされていません。

また、母性本能の場合には人間に限らず哺乳類の動物の雌であれば、人間の女性と類似した性質を発揮しているように思える行動が見られるといいます。しかし、動物の雄の場合には人間の男性の父性本能が見られるようなことはありません。なぜなら、父性本能の場合は、人間特有の知性や理性があるからこそ抱く感情だからです。

男性が父性本能を感じる瞬間

男性が父性本能を感じてしまう瞬間とは一体どういう場面なのか、このあと具体的に見ていきましょう。いずれにしても透けて見えてくるのは、男性の父性本能は家族以外の身近な女性に対して発動するもののようだということです。

①女性の一生懸命な姿を見た時

男性は、仕事であれプライベートであれ女性が一生懸命に何かをしている姿に弱いようです。いわゆるキュンときてしまうという他に例えようの無い感情に支配され、何か自分ができることをサポートしてあげたいという気持ちになります。特に女性がやっている何かが、本人があまり得意でないことだったりすると、胸キュン度は高まる傾向です。

②風邪などで弱っている時

女性が風邪などの病気で弱っていたりすると、男性の父性本能は大いに発動します。病気の知人に対して心配する気持ちを持つのは半ば当たり前のことです。しかし、父性本能が生じた状態の男性の場合には、その女性を心配する気持ちに加えて、助けてあげよう、守ってあげよう、傍についていてあげようという感情が湧き起こります。

③精神的に元気がない時

例えば女性が仕事でミスをしてしまったあとや、何か悩みを抱えている時など普段と違って元気がない様子を見せると、男性の父性本能はムクムクと動き出します。病気のように体力的に弱っている時と同様に、精神的に弱ってしまっている女性に対しても男性の父性本能は、自分がその女性を守ってあげたいという思いを強く抱くのです。

④女性が甘えてきた時

女性の甘える仕草や言動に対しても男性の父性本能は活発化します。類似する反応に「鼻の下を長くする」と呼ばれるものがありますが、それとは似て非なるのが父性本能です。

「鼻の下を長くする」を一言で表現するならデレデレするが適当でしょう。しかし父性本能の場合は、甘える女性に対して普段以上の愛しさを感じる精神状態となります。詳しく比べれば両者の差は歴然です。

⑤ドジな姿を見た時

アニメなどでも人気があり描かれることが多いのがドジっ子キャラですが、そのモチーフとなる女性たちは現実にも存在しています。そして、そのドジな姿は男性の父性本能を虜にします。

アニメでは誇張された表現が使われますが、現実の女性の場合も男性側から見ると、不意を突かれるようなタイミングでドジさが発揮されます。その意表さに刺激を受けてしまう男性は多いようです。

父性本能のくすぐり方【セリフ編】

男性の父性本能発動メカニズムがわかったところで、今度はその父性本能にこちらから意識して働きかける具体的な父性本能のくすぐり方をレクチャーします。まずは、どんなセリフが男性の父性本能に有効なのか見ていきましょう。セリフと共に有効なシチュエーションも探ります。

①「〇〇君といると安心する」

男性と2人でのんびりとくつろいでいるような状況の時、有効なセリフが「あなた(または男性の名前=〇〇君)といると安心する」です。

このセリフの意味合いは、その男性と一緒にいることで守られている感じがあり、リラックスして過ごすことができるという感情の表明です。このセリフによって男性の父性本能はくすぐられ、ますます刺激を受け、より守ってあげよう意識が上がっていきます。

②「一緒に〇〇してくれる?」

仕事でもプライベートでも、とにかく男性と2人で共同作業や行動をするような場面では、迷うことなくセリフの頭に「一緒に」を付けて男性に声を掛けましょう。

この「一緒に○○してくれる?」は、父性本能発動条件の1つである女性が甘えてきた時に該当します。その上「一緒に」には、2人だけの特別な親密性のアピールにもなり、父性本能をくすぐる相乗効果があります。

③「相談がある」

「相談がある」というセリフの意味合いは、「今、困っている」状況を表し、つまりは女性が「精神的に元気がない」状態だと伝えることになります。

女性が精神的に元気がない状態は、男性の父性本能発動条件を100%満たします。なおかつ、相談事が寄せられるというのは、その男性を頼りにしていることになりますから、男性の父性本能をダブルでくすぐり働き掛ける作用があります。

④「ストーカーに遭ってるかも」

ストーカー的行為は以前よりも発生件数が増えたと言われています。女性が「ストーカーに遭ってるかも」という訴えを男性にすれば、心配でたまらない気持ちになるでしょう。そして、迷惑であり悪の象徴的行為から女性を守るのは男の使命、とばかりに父性本能は燃え上がるでしょう。

なお、実際のストーカーの程度によっては最終的に警察に相談することを検討して下さい。

父性本能のくすぐり方【行動編】

セリフ編に続いては、どんな行動が男性の父性本能をくすぐることができるか考えてみましょう。

基本的には、男性が女性に父性本能を感じる瞬間になぞらえた内容になります。そして、自分の素の性格でできそうなものから、少し意識しておかないと行動に表せないようなものまで幅広く抽出しました。自分の苦手な行動は、頭の中でシミュレーションすると行動しやすくなるはずです。

①一生懸命な姿を見せる

男性の視界に自分が入っているとわかったら、その時にやっている行動をもっと、より集中して続けてみましょう。

一生懸命、一心不乱に何かに打ち込んでいる姿は、男性の父性本能発動の5大条件の1つです。一生懸命な姿は男性のハートをキュンとさせるだけでなく、女性のきまじめさのアピールになり、それが好感度にもつながります。父性本能に対して相互作用効果がある行動なのです。

②頼る・甘える

男性に対し甘え上手な行動を意識し実践してみましょう。あからさまに甘える行動は取りづらいという人の場合は、男性を頼りとする行動を取ってみましょう。この2つの行動は、どちらも共通して男性の父性本能をくすぐる5大条件のうちの1つを満たすものです。

なお、頼ったり甘える行動の内容は、重大なものよりも身近で些細な簡単に男性がこなせるものの方が良いです。重大なものだと引き受ける方も覚悟が必要になるため構えてしまいます。この場合には、達成できないかもしれないリスクがあるのは適切なお願い事ではありません。

③危なっかしい面を見せる

自分の危なっかしい面を見せるのも男性の父性本能をくすぐるのに非常に有効です。これは男性の父性本能発動5大条件のうちの1つ、ドジな姿を見せることを念頭に置いています。見ている男性側がヒヤヒヤしてしまい、もう見てられないと思わせられれば作戦成功です。その時点で父性本能は湧き上がっている状態です。

④少し頭の悪い面を見せる

少し頭の悪い面を見せるのもドジな姿を見せることに通ずる、男性の父性本能をくすぐる良い手段です。ただし、この行動の場合には注意点が2つあります。

まず1つは、あまりにも簡単なことを知らないように見せてしまうと、自分がバカなように見えてしまいます。もう1つは、例えば自分が知らない何かを男性に尋ねるような場合、その男性が得意なジャンルについて聞くようにしましょう。もし仮に男性が問いに答えられなかったら父性本能どころの話ではありません。

⑤わざと背伸びして大人の女性ぶる

わざと背伸びして大人の女性ぶる行動も男性の父性本能を刺激できます。この行動のポイントは2つです。まず大切なのは「わざと」背伸びしている雰囲気が男性に伝わることです。この部分には、男性が父性本能を発動させる5大条件のうちの2つである、女性の一生懸命な姿とドジな姿を掛け合わせたような効果があります。

もう1つのポイントは、大人の女性とはインテリジェンスな意味ではなく、お色気面で普段よりもセクシーさを出す工夫をすることです。そこに男性は必ずドッキリさと共に愛しさを感じて父性本能を発動させることでしょう。

⑥恥ずかしがる

恥ずかしがる行動も男性の父性本能を大いにくすぐります。ただ、一般的に突然恥ずかしがるという行動はやりづらいでしょう。

その場合、ここまでに挙げた上記の5つの行動に組み合わせてみるとスムーズに恥ずかしがれるはずです。例えば、わざと背伸びしてセクシーな服装を身に着けた時などは、合わせて恥ずかしがるのに打ってつけです。男性の父性本能をくすぐる効果も倍増するでしょう。

⑦上目遣いで見詰める

是が非でも練習してでも試してもらいたいのが、男性を上目遣いで見詰める行動です。男性の父性本能発動の5大条件全てに少しずつ通ずる鉄板的行動といえるでしょう。

受け取り方は男性側の感性次第ですが、人によっては一生懸命に見えたり甘えて見えたり、別な人によっては弱って見えたりドジっ子に見えたりします。どう見えても父性本能をくすぐるのに損が無いのが上目遣いなのです。

父性本能の強い男性の長所

ここまで男性の父性本能をくすぐる方策にこだわったのは理由があります。それは、父性本能の強い男性には、女性から見て望ましい長所をたくさん持っている傾向が強いからです。父性本能の強い男性には一体どんな長所があるのか具体的に見ていきましょう。

長所①深い愛情がある

父性本能が強い男性ほど、女性に対して支えよう、守ろうという意識が強いことになります。これは言い方を変えれば、女性に対し深い愛情を持って接しているということに他なりません。父性本能が強い男性は愛情深き人なのです。

長所②浮気しない

父性本能の強い男性が持つ愛情深さとは、その女性を可愛く愛しく大切に思っているということです。それゆえに、他の女性になど目もくれませんし、2人の関係を壊してしまう浮気など眼中にも胸中にもありません。

長所③積極的に子育てする

父性本能の強い男性は子育てにも積極的な傾向を持っています。この記事では恋愛対象者への父性本能に焦点を絞ってきましたが、元来、父性本能には自分よりも弱い存在のものを守ろうとする感情があります。その観点からすれば子供は守るべき存在であり、何の躊躇も無く子育てを分担してくれるのが、父性本能の強い男性です。

長所④家事が得意で家庭的

父性本能が強い男性は面倒見が良く、また何でもテキパキとこなせる人が多いようです。そのため、自然と家事全般をこなせるようになっていきます。また面倒見の良さは家族に対しても発揮されますから、こちらも自然と家庭的な行動を取れる夫、父親として二重丸の存在です。

長所⑤女性を正しく諭すことができる

基本的に女性を守る存在として振る舞うのが父性本能の強い男性です。したがって、女性に対し感情的にムキになって接することはまず無いといえるでしょう。女性が何か間違ったことを言ったりやったりしても、優しく諭すように話をするはずです。

長所⑥嫁姑関係を円滑に保てる

人間関係のバランス感覚が優れているのも父性本能が強い男性の特徴です。それは仕事などの社会生活にも活かされますが、家庭生活においても重要な機能を果たしてくれます。嫁と姑の間に入って絶妙なさじ加減で両者が円滑な関係になるよう動いてくれます。

長所⑦ケンカが少ない

女性を正しく諭すことができるのが父性本能の強い男性ですから、当然、恋人間、夫婦間でケンカというのも起こりにくいタイプです。例え女性がカッカしてしまったとしても、それに同調することなく優しく諭しなだめることで、ケンカに発展せず事なきを得るでしょう。

長所⑧サポートが上手

父性本能そのものの1つに女性をサポートしてあげようと思う精神があります。よって、父性本能が強い男性ほど、そのサポート精神は旺盛です。好きこそ物の上手なれということわざがありますが、父性本能の強い男性はサポート上手な人です。仕事でもプライベートでも遺憾なくその特徴を発揮してくれます。

父性本能をくすぐって男性を振り向かせよう

父性本能の強い男性ほど女性にとって理想的な性格の持ち主であることがわかったはずです。そして、父性本能が強いということは、本記事で述べたようなくすぐり方が良く効くということです。記事の内容そのままでも、自分なりにアレンジを加えても構いません。積極的に男性の父性本能をくすぐり、こちらに振り向かせてみましょう。

関連する記事はこちら

Thumb母性本能の意味とは!母性本能を感じる瞬間・強い人の特徴は【男女別】
多くの女性が持っているとされる母性本能ですが、母性本能がないと感じている人もいれば、特に強い...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kohadayone

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ