楽観的な人の特徴30選!楽観的な人になる方法や長所・短所とは

同じ出来事に直面しても、楽観的な人と悲観的な人とでは大きく判断が異なることがあります。ポジティブで楽観的な人にはどんな特徴があり、どんな性格や心理があるのでしょうか。楽観的という言葉の意味から、楽観的な人の長所や短所まで、楽観的な人がもつ秘密を探ります。

楽観的な人の特徴30選!楽観的な人になる方法や長所・短所とはのイメージ

目次

  1. 1楽観的とは
  2. 2楽観的な人の特徴30選
  3. 3楽観的な人の長所とは
  4. 4楽観的な人の短所とは
  5. 5楽観的な人の心理
  6. 6楽観的な人になるための方法
  7. 7楽観的な人について理解して人生を充実させよう!

楽観的とは

楽観的な人といえば、いつもポジティブでイキイキとしている姿をイメージする人も多いのではないでしょうか。そんな楽観的な人の特徴に注目していきます。そもそも「楽観的」とはどういう意味なのでしょうか。楽観的な人の特徴を探るにあたり、まずは「楽観的」という言葉の意味を調べてみることにしましょう。

楽観的の意味

「楽観的」という言葉の意味を調べてみると「物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもつさま」(大辞林)という説明がありました。つまり、前向きなチャレンジ精神を持っているという意味合いがあるようです。「前向きなチャレンジ精神」とは、まさに楽観的な人の長所とも言えます。では「楽観的」の反対語は何でしょうか。

悲観的の対義語

「楽観的」の反対語を調べてみると、「悲観的」が対義語とされているようです。大辞林で「悲観的」は「悲観するさま。悲観する傾向にあるさま」とあります。そこで今度は「悲観」を調べると「悪い結果を予想して気を落とすこと」とありました。

その反対を意味する言葉が「楽観的」なので、楽観的とは「悪い結果を予想して、気を落とすような傾向がない」と言うことができそうです。

楽観的な人と悲観的な人の比較

では、楽観的な人と悲観的な人にはどんな違いがあるのでしょうか。上で紹介した言葉の意味から判断すると、「物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもつ」人なのか、あるいは「悪い結果を予想して気を落とす」人なのかという違いがわかります。

つまり楽観的な人と悲観的な人には「前向き」か「後ろ向き」かという点において、大きな差異があるということがわかります。それでは、この言葉の意味をふまえた上で、楽観的な人の特徴を見ていくことにしましょう。

楽観的な人の特徴30選

楽観的な人の特徴にはどんな点があるか、詳しく調べてみました。楽観的な人にはどんな特徴があり、どんな性格をしていて、どんな長所や短所があるのでしょうか。いろいろ調べてみたところ、楽観的な人の特徴として30のポイントが見つかりました。順番にご紹介します。

特徴①深く考えない

楽観的な人の特徴の1つ目は「深く考えない」性格であるということです。これは長所であり、また短所でもあると言えます。長所として見た場合、深く考えないからこそ雑事にまどわされないという側面があります。余計な悩みでくよくよしたりしないということです。

また一方で、深く考えないことは熟慮を欠いた行動につながりがちです。しっかりと考える前に行動することで、余計な遠回りをすることも考えられます。しかし熟慮するあまり行動できないという人のことを考えれば、「深く考えない」は長所としてとらえることも可能な要素だと言うことができます。

特徴②人と比較しない

楽観的な人の2番目の特徴としてあげられるのは「人と比較しない」ということです。これは楽観的な人の長所とも言えるもので、他人と比較して一喜一憂しないという特徴があります。他人と比較をするのではなく、過去の自分と比較する傾向があるようで、過去と現在とを比べた時の自分自身の成長の度合いに目を向けるのだそうです。

世の中には優秀な人がたくさんいます。上を見ればキリがありません。他人と比較すれば、ついつい自分のダメさ加減に目が行ってしまいます。しかし自分の成長度合いに目を向ければ、少しずつでも前進している自分に気づくことができます。自然とポジティブな性格になっていくのではないでしょうか。

特徴③怒らない

楽観的な人の3番目の特徴は「怒らない」ということです。その心理には何があるのでしょうか。怒るべき時に怒らないなんて、意味がわからないと感じる人もいるでしょう。もちろん全く怒らないということではなく、普通の人が怒るような場面であっても、すぐには怒らないケースが多いという意味です。すぐには怒らないのはなぜか、これは後ほど説明をしていきます。

特徴④ポジティブ

楽観的な人の特徴といえば、とにかくポジティブな性格の人物をイメージする人は多いのではないでしょうか。どんなことでも前向きにとらえようとする姿勢があるのです。同じことでもポジティブな見方ができるということです。

例えば、約束をしていた相手が遅れてくることがわかれば「おかげでミーティングで伝えるべきことが事前に整理できる!」と感謝したり、晴れを期待していたのに大雨に見舞われたら「雨の時に遊べることはなんだろう?」と考えたりと、そういう思考の習慣付けができている人が多いようです。

特徴⑤悩み事が少ない

楽観的な人には悩み事が少ないと言われています。なぜならば、どんなに困難なことに直面しようとも、またどんなにつらい局面に出会おうとも、心のどこかで「なんとかなるさ」という思いがあるからです。また現実をしっかり受け止めて、「なんとかしてみせる!」という克己心があるからだとも言われてます。

楽観的だから悩み事が少なくなるという側面ですが、逆に悩み事が少ないからこそ楽観的になれるという側面もあるのかもしれません。悩み事が少ないという点が、楽観的な人がもつ5番目の特徴です。

特徴⑥チャレンジ好き

楽観的な人にはチャレンジ好きな性格の人が多いことも、よく知られています。楽観的な人は失敗を恐れない傾向にあるためです。「きっとうまくいくはず!」という思いから、自然とチャレンジを繰り返すようになります。

もちろん失敗することもあるでしょう。しかしチャレンジを繰り返すことで物事を習熟することができます。繰り返すうちにうまくなり、うまくなるからこそ、やがて成功するようになっていきます。こうしてさらにチャレンジすることが好きになっていくのです。

特徴⑦人と関わることが好き

楽観的な人は、人と関わることが好きなケースが多いと言われています。もちろん人と関わる中では、良いこともあれば悪いこともあります。人付き合いが増えることで、いい話が増えるという可能性もありますが、逆に悪いことに直面するケースも増えていきます。

しかし楽観的な人が人と関わることを好むのは、人との出会いに未来を感じるからではないでしょうか。いい出会いを招くか、悪い出会いを招くかは人それぞれです。しかし楽観的な人は、悪い出会いを心配するよりも、良い出会いに着目してアクションする傾向が強いようです。楽観的な人ならではの長所とも言えます。

特徴⑧楽しんだもん勝ち

楽観的な人には「楽しんだもん勝ち!」というポジティブな特徴を持つ人が多いようです。同じ出来事を経験した人でも、ある人からすれば「つらい経験だった」ことでも、また別の人からすれば「勉強になる経験だった」と感じることもあります。

そのため、物事はどんなことでも自分のとらえ方次第だという見方もあります。どんなことに直面しようと、楽観的な人は「楽しんだもん勝ち!」とポジティブに考える傾向があるようです。

特徴⑨笑わせることが好き

楽観的な人には「笑わせることが好き」という性格をもつ人が多くいます。笑いは人生を豊かにします。フランスの哲学者アランは、その著書「幸福論」の中において、「幸せだから笑っているのではない。むしろ僕は、笑うから幸せなのだ」と述べています。

楽しいから笑うという側面もありますが、笑うから楽しくなるという経験をしたことのある人は多いはずです。楽観的な人は自分も幸せですが、周りの人も幸せにしたいと考えます。そのため率先して周囲を笑わせようとするのです。

特徴⑩自信家

すべてがすべてというわけではありませんが、楽観的な人には「自信家」が多いとされています。ただこれは「楽観的な人は能力が高い」ということを意味するわけではないようです。

その背景を探っていくと、楽観的な人の心理として「きっと、うまくいくさ!」という想いをもっていることが影響していることがわかりました。だからこそ周りから見れば「自信家に見える」ということなのでしょう。

特徴⑪諦めが早い

楽観的な人は「諦めが早い」ことでも知られています。すぐにあきらめてしまうというのは短所とも言えますが、これにはどんな心理があるのでしょうか。楽観的な人は「きっと、うまくいくさ」というスタンスの人が多いため、一見すると「諦めが早い」と反する性格にも見えます。

楽観的な人があきらめるのが早いということは、逆に言えば、どんどん新たなチャレンジをしたがると見ることもできます。あきらめが早いと言うと短所に見えますが、どんどん挑戦したいという意味で見ることで、長所として見ることができるのではないでしょうか。

特徴⑫余裕がある

楽観的な人の特徴をたずねると「余裕がある」という回答も多いようです。これも今まで述べた特徴と関連しますが「きっと、うまくいく!」という思いがあるため、「失敗するのではないか」という恐れが普通の人に比べると薄いようです。

失敗を恐れて何もしないのではなく、うまくいくと信じているからどんどんチャレンジしたくなるのです。余裕があると見えても不思議ではありません。

特徴⑬褒め上手

楽観的な人は「褒め上手」とも言われます。楽観的な人は常に明るく前向きなので、他人を見ている時もポジティブな面に目が行くからのようです。ポジティブな面に注目するため、他人の良いところがたくさん見えてきます。だから、あえて言葉をつくらなくても、自然と口から褒め言葉が出てしまうのかもしれません。

特徴⑭優しい

楽観的な人と言えば「優しい性格」が指摘されることも多いようです。これには「特徴⑫余裕がある」とも関連しますが、余裕があるからこそ人に優しくなれます。余裕のない人は自分のことだけで精一杯になります。他人に優しくするだけの余裕はありません。

それに対して楽観的な人には余裕があります。周りに気を使うことができるだけでなく、周りを楽しませようとする傾向もあるようです。これが楽観的な人は優しいと言われるゆえんでしょう。

特徴⑮マイペース

楽観的な人は「マイペース」であることも知られています。短所のようにも見えますが、これは人に流されないという意味でもあります。誰かが「失敗するぞ」とか「もっと考えなさい」とか言ってきたとしても、それでいちいち滅入るようなことがありません。「きっとうまくいくはず!」という自分のペースを守って、着々とチャレンジを続けていくのです。

特徴⑯多趣味

楽観的な人の特徴の16番目は「多趣味」であるということです。多趣味というと「飽きっぽい」というイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、飽きっぽいということは、逆に言えばそれだけ様々なことに興味をもつということでもあります。

一つのことに集中できないという欠点としてとらえられることもありますが、より多くのことに興味をもつことができるというのも一つの才能だと言えます。

特徴⑰明るい

楽観的な人はとにかく明るい性格をしています。これに異論のある人はいないのではないでしょうか。明るい性格は「特徴④ポジティブ」ともつながるところで、楽観的な人の長所とされています。明るいということは、ただそれだけでも多くの人を引きつけるようになるものです。

特徴⑱自分に甘い

「自分に甘い」というのも楽観的な人の特徴とされています。「自分に甘い」というと「他人に厳しい」というイメージをもつ人もいるでしょうが、必ずしも「他人に厳しい」とセットであるとは限りません。少なくとも自分に対しては甘い傾向があるということです。

しかしだからこそ、何かに失敗してもめげること無く、また新たなチャレンジを続けていくことができるのでしょう。

特徴⑲心が広い

楽観的な人は「心が広い」と言われます。今まであげてきた特徴を見ればわかる通り、楽観的な人には余裕があり、ポジティブで、失敗してもチャレンジを続けるだけの気概があります。また再度のチャレンジをすればいいからです。

いちいち悩んだりせず、とにかくチャレンジして、うまくいくまで続ければいいと考えます。だから他人の失敗を責め立てるようなことはせず、いかにしてその人の将来に向けたアドバイスができるかを考えます。楽観的な人は、心が広いのです。

特徴⑳行動が早い

「楽観的な人」というと「行動が早い」というイメージもあるようです。すでに述べたように、あれこれ考え悩むくらいなら、いっそのことチャレンジしてしまおうと考える傾向にあるのが楽観的な人の特徴です。

「思慮が足りない」という意味では短所と見ることもできますが、どんどんアクションするから経験を積むことができます。また経験を積むからこそだんだん習熟していきます。失敗を乗り越え、成功に近づけていけるのです。そういう意味では「行動が早い」という特徴は、楽観的な人ならではのポジティブな長所だと言うことができます。

特徴㉑助けを求めることを拒まない

楽観的な人は「助けを求めることを拒まない」と言われています。何でも自分だけでやりこなそうとはしません。どういうことかというと、何事もみんなの支え合いで今があることを知っているからです。自分の力だけで何かを成し遂げるなんて、逆におこがましいことだと考える傾向にあるようです。

だからこそ、他人に助けを求めることを恥ずかしいと思わないのと同時に、どんどん他人を助けようとするのが楽観的な人に見られる特徴だとされています。助け合うことで仲間も増えていきます。こうして楽観的な人には多くの人が集まってくるのです。

特徴㉒嫌なことは忘れる

楽観的な人は、嫌なことを忘れることが得意だと言われています。こうした性格は、ともすれば欠点とも見なされがちですが、なぜ嫌なことを忘れるかを調べたところ、くよくよ感じて立ち止まるのは時間がもったいないと考える傾向にあるようです。立ち止まっている時間があるなら、早く次のチャレンジをしたいと考えています。

その意味でいくと「嫌なことは忘れる」という楽観的な人に共通する特徴は、決して短所ではなくポジティブな意味を持つ長所だと見ることができそうです。

特徴㉓協調性がある

楽観的な人には「協調性がある」と言われています。常に前向きで余裕もあり、人当たりが良いからです。多くの人とうまくやっていくことができます。苦手意識を感じるような人がいたとしても、「きっとうまくいくはず!」と信じる人もいるようです。実際に成功体験を重ねるうちに、楽観的な人の協調性は、さらに磨かれていくのです。

特徴㉔周囲を元気づける

楽観的な人には、周囲を元気づける力があることで知られています。どんなに悲嘆に暮れる知人がいたとしても、また立ち直るのが困難と見られるような悲劇的な惨状に見舞われた人がいたとしても、楽観的な人はあきらめることなく励ましたり元気づけようとしたりします。

その励まし方は様々ですが、普通の人ならあきらめてしまいがちな状況でも、楽観的な人はいろいろな方法を駆使して元気づけようとします。「特徴④ポジティブ」という点ともつながりますが、楽観的な人は簡単にあきらめないことで知られています。

どんな事態であっても元気づけようとする姿勢は、まさに楽観的な人ならではの長所と言えるのではないでしょうか。

特徴㉕怖気づかない

楽観的な人は、なかなか怖気づかないとされています。その理由は「きっと、うまくいくはず!」と楽観的な考え方をもっていて、失敗を恐れない傾向があるためだと言われています。うまくいかないことがあっても、チャレンジを続けることができるのです。

失敗をおそれて何もできないという人がいるのも世の中の現実です。そうした意味では「怖気づかない」という楽観的な人の性格は、まさに成功するために欠かすことのできない長所だと言えるのではないでしょうか。

特徴㉖ひらめき力が高い

楽観的な人には「鋭いひらめき」があるとされています。楽観的なことと「ひらめき」にはどんな関係があるのでしょうか。ひらめき力が高いことと楽観的なことに直接的な関係は無いようです。では、なぜひらめき力が高いと言われるのでしょうか。

楽観的な人は失敗を恐れずチャレンジをやめない傾向があるとご紹介しました。何度も何度もチャレンジするうちに経験を積んでいくのです。実際に行動を通じて学んでいくということは、体を通じて習熟するということです。だからこそ、頭で考えるだけではわからないようなことがわかってしまう=ひらめきが来るということなのではないでしょうか。

特徴㉗未来に興味がある

楽観的な人は、未来に興味があると言われています。たしかに過去から学ぶことも大事ですが、楽観的な人が未来に関心を寄せる理由は、過去の失敗で悩むくらいなら未来の可能性に向けて行動したいと考えるからのようです。

まさにポジティブな性格ならではの特徴と言えますが、未来に興味があるからこそ、新たなやり方や方法でのチャレンジがしたくなるという側面もありそうです。

特徴㉘細かいことは気にしない

楽観的な人の特徴として「細かいことは気にしない」という特徴もあります。これは短所にも見えますが、楽観的な人が細かいことを気にしないのは、「それで立ち止まるくらいなら前進したい」というスタンスがあるためです。

何か嫌な出来事があっても責めたり目くじらを立てたりすることなく、ひたすら前を向いて前進していくのが楽観的な人の特徴とされています。ひたすたに前を向く人々にとって、細かいことを気にしている暇はもったいないと感じるのかもしれません。

特徴㉙やりたいことだけやる

楽観的な人の特徴には「やりたいことだけやる」というものも挙げられます。やりたいことしかやらないとなると、短所や欠点のようにも聞こえてきます。しかし、よくよく調べてみると安易に他人の指示や命令に流されないというのが実態のようです。

「それではうまくいかないから、こうしろ」とか「もっとこのようにすべきだ」と忠告を受けても、自分が信じた道を進みます。なぜなら自分は自分のやりたいことにこそ情熱を注げることを知っているからです。また過去の経験から判断し、その方がうまくいくと、考えてもいるからです。まずは自分の信じる道を進み、もし失敗したら考え直すという方法がおすすめです。

特徴㉚ムードメーカー

楽観的な人はムードメーカーだと言われます。楽観的な人の長所として言われる点ですが、前向きでポジティブ、余裕もあって人付き合いが好き、みんなと支え合いながら前進していこうと考える人に、人が寄ってこないはずがありません。楽観的な人には自然と人が集まります。

何か特別な準備をして「こういうムードをつくるぞ!」と意気込まなくても、自然と楽観的な人を中心とする輪ができてしまいます。ムードメーカーだと言われるのは、そうした背景がありそうです。

楽観的な人の長所とは

ここまで、楽観的とはどういうことなのかという意味とその特徴を見てきました。では、楽観的な人の長所を考えてみた時に、どんな点が言えるでしょうか。ここでは3つの長所を見ていきます。

交友関係が広がる

楽観的な人の長所の1つは、交友関係が広がるということです。楽観的な人は、明るく前向きな特徴を持っています。どんなことにもポジティブな心理があるのです。そういう人は多くの人を引きつけます。なぜなら一緒にいて楽しく感じる人が多いからです。こうして楽観的な人には、自然と交友関係が広がっていくのです。

ストレスフリーな生活

また、楽観的な人の長所として「ストレスフリーな生活 」という点があげられます。楽観的な人は細かいことを気にしません。ちょっとうまくいかないことがあったり、残念な出来事に出会ったとしても「きっと何とかなるさ」「何とかしてみせる」という思いがあるようです。

例えば、待ち合わせの相手が遅れてきたからといって、怒りの気持ちでいっぱいになったり、何も手がつけられなくなったりするようなことはありません。その分、他のことができるからラッキーだと考える人もいるようで、まさにストレスフリーな生き方だと言えます。

今までより人生が楽しい

楽観的な人の長所として最後にご紹介するのは「今までより人生が楽しい」ということです。ポジティブな性格をもつ楽観的な人ならではの特徴とも言えます。楽観的な人の多くは、今まで生きてきた過去よりも、今現在の方が人生が楽しいと考える人が多いようです。そしてさらなる未来を志向します。

楽観的な人の短所とは

ここまで楽観的な人がもつ3つの長所を見てきましたが、逆に楽観的な人の短所としてはどのような点があるのでしょうか。ここでは楽観的な人にありがちな短所を見ていきます

無責任な行動や性格が目立つ時もある

楽観的な人の短所として挙げられるのは、無責任な行動や性格が目立つ時があるという点です。しかし本人からすれば、無責任な行動や性格を見せているという自覚は無いことが多いようです。

楽観的な人は「きっとうまくいくはず!」という心理があるとされています。そしてもしうまくいかなかったとしても、「きっと何とかやり直せるはず!」と考えるのです。

一方で、思慮深い人や、行動の前はじっくり考えて準備したいという人もいます。そうした人たちからすれば、楽観的な人の行動や性格が無責任なものに見えてしまうというのは無理もありません。

適当な発言や行動になりがち

また、適当な発言や行動になりがちだという点も、楽観的な人の短所として挙げられることです。楽観的な人には、考えるよりは行動を重視する傾向があります。「まずは、やってみよう!」という心理があるのです。確かにやってみないとわからないこともありますが、そのせいで発言や行動が軽々しく見えてしまうという部分もあります。

また、楽観的な人は、小さなことで悩んだりしないという性格です。細かいことまで気になる人からすれば、楽観的な人のおおらかな姿勢に直面して「意味がわからない」と困惑するような場面もあるはずです。しかし「まずはやってみよう!」という心理があると理解すれば、その行動スタイルに少しは共感できるようになるのではないでしょうか。

失敗が多い

失敗が多いという点も、楽観的な人の短所と言われることが多くあります。なぜ失敗が多いかというと、事態を楽観的にとらえるあまり、入念な準備をすることなく見切り発車をしてしまったり、しっかりと計算しないうちに甘い見込みでスタートしてしまったりするためです。

しかし楽観的な人が強いのは、失敗をしなければ前進できないということ、失敗からしか学べない貴重な教訓もあるということを理解できていることです。人は失敗を重ねて生きていきますが、逆に言えば失敗を通じてしか大きな学びは無いとも言えます。

楽観的な人になりすぎては駄目

こうして楽観的な人の短所を考えてみるとわかるのは、楽観的な人になりすぎては駄目だということです。楽観的であることにはメリットもあればデメリットもあります。それはすでにご紹介してきた通りですが、何事も行き過ぎは良くない事態を招きます。

楽観的であることの長所だけでなく、楽観的であることの短所にも目を向けるべきではないでしょうか。バランスが大事だという意味です。

楽観的な人の心理

楽観的な人の長所と短所を見てきましたが、楽観的な人はなぜそこまでポジティブに考えることができるのでしょうか。楽観的な人には、どのような心理があるのか気になります。調べてみると、楽観的な人に共通する3つの心理があることがわかりました。ここにご紹介します。

自分も周囲も幸せにしたい

楽観的な人に共通する心理として指摘されるのは、まず第一に「自分も周囲も幸せにしたい」という想いが強いということです。「楽観的とはどうつながるの?」と思う人もいるかも知れません。

しかし楽観的な人の心理を考えてみると、いつも楽しくポジティブな考え方をしていることがわかります。自然と毎日を楽しめるのが楽観的な人の特徴です。自分が幸せを感じているのであれば、周りも幸せにしたくなるというのは、ある意味で自然なことだと言えるのではないでしょうか。

過去を振り返るなら未来に目を向けたい

「過去を振り返るなら、未来に目を向けたい」というのも、楽観的な人に共通する心理として指摘されることです。過去は変えられませんが、未来は変えることができます。

「過去がダメだったから未来もダメだ」とは考えません。楽観的な人は、たとえどんな状況であっても、必ずどこかに突破口の糸口があるはずだと考えます。自分の努力によって事態を改善しようと考えるのです。まさにポジティブな心理と言えます。

考える前に行動をしたい

楽観的な人の心理を考える時、「考える前に行動をしたい」という特徴は大きなポイントです。考える前に行動するというと、何も準備せずに走り出してしまうという印象もあります。そのため欠点としてとらえられがちです。

しかし楽観的な人には、まず試してみようという考え方があります。「試してみないとわからないことは、一人でじっくり考えているだけではわからないよね」という心理があるのです。考えるだけで何も行動できずにいるタイプの人は多いです。そのことと比較すると「考える前に行動をしたい」という姿勢は長所とも言えるのではないでしょうか。

楽観的な人になるための方法

楽観的な人の心理を見てきました。楽観的な人は毎日がポジティブでイキイキした様子が見て取れます。そのように楽しく生きるためには、何か方法やコツのようなものは無いのでしょうか。調べてみると、楽観的な人になるための方法がいくつか見つかりました。ここでは3つの方法をご紹介します。

方法①深く考えない

楽観的な人になる方法の第1にあげられるのは、深く考えないということです。深く考えないというと思慮の浅いダメ人間のようにも聞こえます。

しかし楽観的でない人の多くは、小さなことに目が向くあまり、必要以上に自分を責めたり、意味もなくくよくよくしたりするものです。ですので「深く考えない」と意識付けをするだけでも気分は楽になれるのではないでしょうか。

「深く考えない」ということは、「すべてのことに無責任になれ」という意味ではありません。考えすぎて動けないのであれば、それを取っ払ってみようということであり、動ける自分になるために、考え過ぎはやめましょうという意味です。「深く考えない」「行動する」と意識付けをするだけでも、楽観的な人に近づいていけるはずです。

方法②常に笑顔を意識する

楽観的な人になる方法の2番目は、常に笑顔を意識するということです。心配性の人は、えてして笑顔を忘れがちです。仕事や生活など、自分のことで精一杯になるためです。しかし笑顔は人を引き寄せます。笑顔を意識するだけでも、手を差し伸べてくれる人が増えるものです。

笑顔を意識するというのは難しいことではありません。やろうと思えば簡単にできることです。「笑顔をつくったところで何の意味があるの?」と思う人もいるでしょう。しかし笑顔こそが幸運を呼び、人を寄せ付けるのです。楽観的になりたいと思うなら、ぜひ笑顔を意識しましょう。

方法③「何とかなる」と言い聞かせる

楽観的な人になる方法の3番目は、「何とかなる」と言い聞かせることです。「常にポジティブに」というマインドをもつことですですが、楽観的な人になる方法の大事なポイントだと言われています。楽観的な人は、簡単にあきらめません。

普通の人なら絶望的な状況に見える時であっても、楽観的な人は「何とかなるさ」と考えて、簡単にはあきらめません。楽観的な人になりたいと思うなら、無理だと思える状況にあっても「何とかなるさ」と言い聞かせることです。行動から真似ることで、自然と楽観的な人と似た考え方になっていくのではないでしょうか。

楽観的な人について理解して人生を充実させよう!

楽観的な人の特徴や心理、メリット、デメリットなどを整理してきました。長所に見える点もあれば、短所に見える点もあります。しかし楽観的な人は、その多くが人生を前向きに楽しんでいることが伝わってきます。本人も明るく幸せで、しかも周りの人にも幸せを分け与えてしまう存在だとも言えます。

また楽観的な人になるための方法もご紹介しました。楽観的であるとはどういう意味か、それをふまえてどうしたら楽観的な人生を謳歌できるのか、ぜひ追求していきましょう。身の回りにも楽観的な人はいるはずです。まずはそんな人たちとのコミュニケーションを増やすことから始めてみましょう。

関連する記事はこちら

Thumbくよくよしない方法9選!前向きな考え方のコツやポジティブな名言を紹介
くよくよしないで幸せに生きる方法はあるのでしょうか。前向きにポジティブに生きる方法について、...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
渡邉 裕晃
インドネシアと日本のハーフ。共著書に「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」(明日香出版社)がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ