もやもやする時の解消方法11選!心がモヤモヤする原因とは

心がもやもやする時、どのように気持ちをリセットさせていますか。人間関係、恋愛、仕事など原因は色々ありますが、スッキリと解消出来る方法を知っていれば心の負担も少なくなるかもしれません。この記事では、心がもやもやする意味や原因、解消方法など詳しく紹介していきます。

もやもやする時の解消方法11選!心がモヤモヤする原因とはのイメージ

目次

  1. 1もやもやするの意味とは
  2. 2もやもやする状態とは
  3. 3もやもやする時はこんな時
  4. 4もやもやの解消は原因探しがスタート
  5. 5もやもやする感情を生み出す原因とは
  6. 6気持ちをリセット!もやもやする時の解消法11選
  7. 7もやもやする人は自分に合った解消法を試そう!

もやもやするの意味とは

毎日の生活を送っていく中で、「心の中がスッキリしない」「考えがまとまらなくてもやもやする」などという経験をしたことはないでしょうか。このような気持ちになると、何故だか鬱々としてしまってやるべきことも手が回らなくなってしまいます。まずは、「もやもやする」というのはどういう意味なのかについて詳しく見ていきましょう。

「もやもやする」=「曖昧な感覚」

「もやもやする」というのは一体どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。もやもやするという気持ちは誰しも味わったことがある感情かもしれませんが、言葉や数値などでハッキリと定義することが出来ない曖昧な感覚だとされています。心に靄がかかったような状態に陥るために、「もやもやする」という言葉で言い表されているようです。

「もやもやする」の定義は十人十色

「もやもやする」というと、心が重苦しくなって気持ちがスッキリしない状況を指す人が一般的に多いとされています。気を紛らわそうとしても上手くいかず、心からの笑顔を浮かべることが出来ないという時によく使用されるかもしれません。

けれども、一言で「もやもやする」と言っても人によってその症状は異なっており、一概に定義することは難しいようです。十人十色と言うように、人によって悩みや感覚はそれぞれですので「もやもやする」という感情の捉え方も人それぞれなのです。

もやもやする状態とは

もやもやする状態とは一体どのような状態であるのかご存知でしょうか。悩んでいる際に陥ってしまうことが多いので、誰しも一度は経験したことがある状態だと言えるでしょう。しかしながら、中にはこれがもやもやする状態だと分からずにさんざん悩んだという人も多いかもしれません。

もやもやする状態を事前に知っておけば、もし自分がもやもやする状態になってしまった時に余計な悩みを増やさずに済みます。ここからは、もやもやする状態がどのようなものであるのかについて見ていきましょう。

何をしてもしっくりこない

何をしてもしっくりこない時には、もやもやする状態だと言えるでしょう。人間関係や恋愛事、仕事において自分の思う通りに事が進まない時によく感じる感覚かもしれません。周囲からすれば十分スムーズに行っているようなことでも、本人にとってはしっくりこないという場合も多いようです。

気持ちの切り替えができない

もやもやする状態の一つとして、気持ちの切り替えができないことも挙げられます。気持ちの切り替えができないために、常に何かしらの悩み事を胸の内に抱えている状態となっています。いつの間にか悩みのことを考えてしまっているので、心が晴れずにもやもやするという状態を維持し続けていると言えるでしょう。

ネガティブに考えてしまう

何事に対してもネガティブに考えてしまうということも、もやもやする状態となるようです。ネガティブというのは後ろ向きな思考であり、常に不安や憂虞に心が囚われています。不安は一度感じると大きなきっかけがない限りは心に居座り続けますので、もやもやする状態も続いてしまうと言えるでしょう。

嬉しくてもテンションが上がらない

普段ならば嬉しいことがあれば自然と笑顔が浮かび、テンションも踊り出したいくらいにルンルンになるはずなのに、心がもやもやする時には全くそのような感情は起らないようです。自分に関する出来事だとしても、どこか上の空だったり、他人事に思えたりと心から喜ぶことができません。

もやもやする状態の時にはテンションの起伏が常に一定になりがちなため、一本調子な感情で毎日を過ごしてしまうという特徴が見受けられるようです。退屈で心がしぼんでしまうため、嬉しくてもテンションが上がらないのでしょう。

もやもやする時はこんな時

人間はどのような時にもやもやするのでしょうか。もやもやする時の状況をしっかりと把握することができれば、今後はもやもやする前にしっかりと事前の策を取ることが可能になります。自分や周囲の人が頻繁にもやもやするという人は、これから紹介するもやもやする時の状況をよく読んで理解を深めておきましょう。

仕事で失敗した時

もやもやする状況として良く挙げられているのが、仕事で失敗した時ではないでしょうか。仕事は社会人の義務であり、生活していくためにはやらなければいけないものとなっています。学校の委員会などと違ってその責任は重大なものとなっていますので、仕事で失敗してしまうとそれだけで心は荒んでしまいます。

とは言え、仕事で失敗した原因が自分にあるとはっきり分かっているならば、落ち込むことはしてももやもやすることはないかもしれません。けれども仕事はチームで取り組む場合もあり、自分に責任はないのに失敗を責められたりしたらその理不尽さに、もやもやする可能性も否めないでしょう。

仕事の失敗は誰にでも起こりうる事態ですが、その時の状況によってはもやもやする原因となってしまうようです。

恋愛で悩んでいる時

恋愛で悩んでいる時も、もやもやする時だと言えるでしょう。片思いをしている時には、好きな人の事を考えてハッピーになったり落ち込んだりとジェットコースターのように心の起伏は激しくなっています。ただハッピーな状態が続けば良いのですが、恋愛事はなかなかそうもいきません。

好きな人が他の子と仲良くしていた場面を見てしまった時には、途端に気分は急降下してもやもやする状態となってしまうでしょう。例え好きな人と恋愛関係になったとしても、相手の挙動一つにもやもやすることとなったり、そんな自分を振り返ってもやもやしたりと常に心のもやもやは尽きることがないようです。

人間関係が面倒な時

生きていく上で人間関係を完璧に切り離すというのは難しいこととなっていますが、出来ることならば円滑な人間関係を築いていきたいと誰しも思うはずです。現在、自分を取り巻く人間関係が面倒だと感じることはないでしょうか。もしもそう感じているならば、気分はスッキリせずにもやもやする状態が続いているかもしれません。

考え方は人それぞれだと割り切れれば良いのですが、なかなかそうもいきません。ちょっとした意識の齟齬が心のもやもやを生み出してしまうのです。

自己嫌悪に陥っている時

自己嫌悪に陥っている時は後悔や反省の念が渦巻いていますので、心がもやもやする時だと判じて良いでしょう。普段は上昇志向の人でも自己嫌悪になることはあり、珍しいことではありません。

そして、自己嫌悪に陥っている時は「どうしてあんな事言ったんだろう」「こうすれば良かった」などという考えで頭の中が埋め尽くされるため、自分でもやもやする状態から抜け出せなくなってしまうのです。

仕事や恋愛、人間関係など自己嫌悪に陥る可能性があるものは日常生活のあちらこちらに潜んでおり、全てに無関心にならない限り回避するのは困難だと言えるかもしれません。

将来が不安な時

将来が不安な時も、もやもやする時だと言えるでしょう。将来と言ってもこれからの生活のビジョンだったり、就職のことだったりと人それぞれ捉え方は異なるのではないでしょうか。けれども、将来というのは不確定な要素が多いために、もやもやする原因となってしまうのかもしれません。

もやもやの解消は原因探しがスタート

もやもやする時の意味や状態などについて解説してきましたが、もやもやを解消するためにはその原因が何なのかを把握することが重要です。原因が分かれば、自ずともやもやも解消していけるでしょう。ここからは、もやもや解消のための原因探しの方法を紹介していきます。

もやもやする対象を明確にする

もやもやする対象を明確にすることは、もやもやの原因探しの方法として良いとされています。まずは、もやもやするのが誰に対してなのか、もしくは何に対してなのかを自分の中ではっきりとさせるようにしましょう。もやもやする対象が明確になることで心の中に渦巻いていた鬱蒼とした気持ちが緩和され、それからの対処の道筋も見えてくるかもしれません。

もやもやする理由を明確にする

どうして自分はもやもやしているのかという理由を明確にすることも、もやもやの原因を探る方法として最適です。もやもやする対象が自分の中である程度把握できたならば、次はその理由を探ってみましょう。手っ取り早い方法として、自分がもやもやする対象にどのような感情を持っているのかを考えるのが良いようです。

プラスの感情なのかマイナスの感情なのかが分かれば、自ずともやもやする理由も導き出されるはずです。そしてもやもやする理由が分かることによって、自分が抱えていた感情がもやもやではなく、ただの危惧だったということもあるかもしれません。

もやもやする状況を明確にする

もやもやする状態の原因究明方法として、どういう時にもやもやするのかという状況を明確にすることも良いとされています。どんな時にもやもやするのかが把握できれば、その状況を回避すれば今後もやもやすることはなくなるでしょう。また、状況によっては根本から解決しなければもやもやはなくならないというパターンもあるかもしれません。

いずれにせよ、もやもやする状況を明確にすることはもやもや解消のために必須だと言えるようです。

最近の出来事を振り返ってみる

何の前触れもなく突然もやもやするなんてことはあまりなく、もやもやする時は何かしらの原因があるはずです。そのため、もやもやする時には最近の出来事を振り返ってみるのも効果的だと言えるでしょう。不安を感じるような出来事や悲しい事、腑に落ちない事などもやもやしそうな出来事が身の回りで発生してはいないでしょうか。

起きた出来事によっては時間が解決するという事もあるかもしれませんが、その時間もどれ位かかるか分かりません。解消できるならば一刻でも早くもやもやから解き放たれたいはずです。思い当たる出来事を振り返る事で、さらにもやもやに嘖まれることもあるかもしれませんが、そうやって原因探しをすることはもやもや解消への近道でもあります。

少しの間だけ我慢して頑張りましょう。

もやもやする感情を生み出す原因とは

もやもやすると心が鬱々としてしまうので、誰しも避けたい症状の一つだと言えるでしょう。ここからは、もやもやする感情を生み出す原因としてメジャーなものをいくつか紹介していきます。全てのもやもやの感情がこの原因から来ているという訳ではありませんが、大体はこれらの原因によるものが多いとされています。

現在心がもやもやするという方は、これから紹介する原因に心当たりがないか自身の行いを振り返りながら読み進めていきましょう。

原因①蓄積された不安や悩み

もやもやする感情を生み出す原因として考えられているものに、蓄積された不安や悩みが挙げられます。日々の生活の中でさまざまな出来事を経験しますが、不安や悩みというものはなかなか尽きないものとなっています。塵も積もれば山となるという諺もあるように、普段は何でもないような些細な不安や悩みでも蓄積されると大きなものになります。

積み重なった不安や悩みが胸の内を埋め尽くし、そしてもやもやするという状態になってしまうのでしょう。

原因②身体的ストレス

身体的ストレスも、もやもやする感情を生み出す原因の一つとされています。仕事や家事などでの疲れが溜まってくると、腰痛や倦怠感、肩こりなどの症状を発症します。また、風邪や発熱、花粉症などでも身体的ストレスは蓄積されていると言えるでしょう。身体が健康な状態でない時にはどうしても本来の元気が湧いて来ずに、思考も後ろ向きになりがちです。

原因③精神的ストレス

仕事や恋愛で嫌なことがあったり、人間関係に悩んだりと精神的ストレスが蓄積されてしまうことも、もやもやする感情を生み出してしまう原因であるようです。精神的ストレスを受けている時は些細なことでもネガティブに考えがちです。

身体は何ともないのに思うように動けない自分を責めてしまい、その事が余計にもやもやする感情を生み出すことに拍車を掛けていると言えるでしょう。

原因④ホルモンバランス

もやもやする感情を生み出す原因は、ホルモンバランスが大きく作用していることも判明しています。女性特有の原因とも言えますが、もやもやするなと感じる時はホルモンバランスの乱れを疑ってみるのも良いかもしれません。

女性は月に一度の月経の影響でホルモンバランスが乱れますので、月経が近付くにつれてもやもやすることが増えるということも多いようです。また、更年期などの影響も考えられますので、あまりにひどい時には病院で薬を処方してもらうのも一つの手段です。

原因⑤天気や季節などの環境要因

身体的要因だけでなく、天気や季節などの環境要因ももやもやする感情を生み出す原因として考えられています。特に冬の季節に多いとされており、気温が低い日が続いたり、どんよりした天気が続いたりするともやもやする感情を抱きやすくなるようです。

もやもやする感情の原因が環境要因によるものだとはマイナーな知識かもしれませんが、気圧が低いと偏頭痛を感じたり、節々に痛みを感じたりする人も多いそうです。

気持ちをリセット!もやもやする時の解消法11選

心がもやもやする時、「原因は分かったけれども上手く解消することが出来なかった」なんてことになったら大変です。もやもやする時には気持ちをリセットすることが重要ですので、ここからはその解消法を紹介していきます。どれも難しいものではなく、気軽に実践可能な解消法ばかりとなっています。

全てを行えるならばそれに越したことはありませんが、まずは自分が出来そうな解消法から試していきましょう。そうやって解消法を実践していくことによって、いつの間にかもやもやする気持ちがスッキリとしているはずです。

①自分に自信を持つ

自分に自信を持つことは、もやもやする時の解消法として良いとされています。何事にも自信がないために不安な気持ちになり、それがもやもやすることに繋がっています。そのため、些細なことにでも自信を持つことで、もやもやする気持ちを減らしていくことが可能だと言えるでしょう。

②気持ちを文字に起こしてみる

仕事や恋愛、人間関係などでもやもやする気持ちを文字に起こしてみるというのも効果があるようです。文字に起こしてみると現在の自分の気持ちをより具体的に実感することができるはずです。曖昧でもやもやしていた感情がはっきりするだけで胸のつっかえが取れる場合もありますし、これからに向けて気持ちをリセットしていけるでしょう。

③体調管理に気をつける

もやもやする感情に支配されていたせいで睡眠が疎かになり、体調が優れないということはしばしばあります。そのため、体調管理に気をつけることも解消法の一つだと言えるでしょう。肌荒れや熱っぽさ、目の疲れや倦怠感といった症状は、身体が何かしらのストレスを溜め込んでいるという証拠です。

ゆっくり休息を取ることで身体も休まりますし、そのおかげでいつの間にかもやもやする感情も消え去っていたなんてこともあるかもしれません。

④スッキリする解消方法を探す

自分なりのスッキリする解消方法を探すというのも良いようです。例えば、声を挙げて快活に笑うという行為は心に溜め込んでいたもやもやを払い、スッキリさせる効果があると言われています。いきなり何もないところで笑うというのは難しいかもしれませんので、テレビのバラエティ番組やコメディ映画などを観るのはどうでしょうか。

余計なことを考えずに心から笑うことができるでしょう。そうして思いっきり笑った後には、スッキリと気持ちがリセットされているはずです。

⑤リラックスできることを試す

もやもやする時には、自分がリラックスできることを試すことでスッキリと解消することもあるとされています。お風呂にゆっくり浸かる、思い切り体を動かす、一人で静かに過ごす、無心で掃除をするなどリラックスできる方法は人それぞれあるでしょう。

自分がリラックスする方法を試すことで、もやもやしていた気持ちも知らず識らずのうちに発散させることができるようです。

⑥自分にご褒美を与える

もやもやする時には、特別なことが何もなくても自分にご褒美を与えてみてもいいかもしれません。普段はダイエットや節約をしているという人でも、自分へのご褒美だと思って好きなことをしてみましょう。

美味しいご飯やスイーツを食べたり、エステやサロンでキレイになったりすることでストレス発散と同時にもやもやする気持ちもスッキリさせることができるはずです。けれども、もやもやする気持ちの暴走による暴飲暴食や散財には注意が必要です。節度を守ってご褒美を与えることが大切だと言えるでしょう。

⑦愚痴を吐き出す

一人でもやもやする気持ちを溜め込んでしまうと、どんどん負のスパイラルに陥ってしまうことも十分にありえます。そのため、誰かに愚痴を吐き出すということはもやもやの解消方法として良いと言えるでしょう。

「愚痴を聞かせてしまうのは申し訳ない」と思ってしまうかもしれませんが、相手はそんなこと微塵も感じていませんので心配する必要はありません。むしろ、「頼ってくれて嬉しい」と思っているはずです。家族や親しい友達などに思い切って愚痴を吐き出してみてもいいかもしれません。

さらに、インターネット上の匿名掲示板など愚痴を吐き出す場所はたくさん存在しています。己の胸の内に溜め込んでいたものを吐き出すことで、スッキリと晴れやかな気持ちになることでしょう。

⑧大声で話す・歌う・泣く

大声で話す、歌う、泣くということも、もやもやする時の解消方法として有効的です。大声で自分の感情をさらけ出すことは、ストレスやイライラ、もやもやといった負の感情の発散にとても効果があると言われています。カラオケやワイワイ騒ぐことが好きだという人にはとても良い方法だと言えるかもしれません。

自宅の部屋やカラオケルームなどで思い切り大声を出すことによって、スッキリと気持ちをリセットさせることができるでしょう。

⑨環境を変える

もやもやする状態が続いてしまい、どうしようもなくなってしまった時には環境を変えることも大切です。思い切って引っ越しをすれば、また新しい気持ちで生活をスタートさせることができるでしょう。もっと手軽に環境を変えたいならば、旅行や当てもない旅、転職などが良いようです。

多少なりとも身の回りの環境を変えることで、もやもやする感情の解消に繋がっていくかもしれません。

⑩相手に伝えてみる

もやもやする対象が人であるならば、相手にその感情を伝えてみるのも良いと言えるでしょう。その後の関係性を気にして言いにくい部分はあるかもしれませんが、そのままでいてももやもやする感情は解消されるわけではありません。相手に正直に胸の内を話すことによって、意外にすんなりともやもやは解消される可能性もあります。

ただし、相手に伝える際の言葉は鋭利にならないように心掛けましょう。そうすることで、懸念していた今後の関係性もスムーズに構築していけるはずです。

⑪自分を理解してあげる

もやもやする時には、自分を理解してあげることも重要な解消方法だと言えます。自分が何をしたいのか、どう思っているのかを理解することで、もやもやする感情の原因究明や解決策へ素早く辿り着くことが可能となるでしょう。

当てずっぽうで解消方法を試しても何の効果もありませんので、もやもやする時には自分自身と向き合って理解を深めるということが何より大切だと言えるかもしれません。

もやもやする人は自分に合った解消法を試そう!

もやもやする時の意味や原因、解消方法など詳しく紹介してきましたが、参考になる部分はあったでしょうか。もやもやする時は何もかもが嫌になってしまうかもしれませんが、自分自身を理解することでどうやったら解消していけるのかが自ずと分かるはずです。

もやもやする感情の解消方法はたくさんありますので、己と向き合い、自分に合った解消方法を試してみてください。

関連する記事はこちら

Thumbマンネリの意味とは!マンネリカップルの特徴と解消法とは
マンネリという言葉の意味はご存知でしょうか。例えばデートで映画を見ている時、彼氏から自分たち...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayys

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ