沢田雅美の現在!夫・子供に若い頃や出演作は!がんや干された噂は?

橋田壽賀子作品に多数出演してきた女優・沢田雅美が芸能界から干された時期があったという噂を知っていますか。今回は噂の真相に迫るとともに、沢田雅美の若い頃の画像や、現在の夫や子供についても調べました。年齢を重ねた今、どんな活動をしているかも紹介しています。

沢田雅美の現在!夫・子供に若い頃や出演作は!がんや干された噂は?のイメージ

目次

  1. 1沢田雅美とは【画像】
  2. 2沢田雅美の若い頃や出演作品とは
  3. 3沢田雅美が芸能界から干された噂とは
  4. 4沢田雅美の夫・子供は?
  5. 5沢田雅美はがんだった?
  6. 6沢田雅美の現在は
  7. 7沢田雅美の今後の動向に注目したい

沢田雅美とは【画像】

沢田雅美は昭和を代表する実力派女優の一人です。名前を聞いてピンとこない人も、画像を見れば有名な女優であることがわかるでしょう。代表的な作品はやはり、橋田寿賀子脚本の長寿ドラマ、『渡る世間は鬼ばかり』です。性格の悪い小姑の役を、こんなにも上手に演じられる女優は他にいないかもしれません。

沢田雅美は昭和から平成へと時代を超えて駆け抜けてきたバイプレイヤーとして、なくてはならない存在となってきました。そんな沢田雅美の若い頃や現在の様子について、紹介していきます。

プロフィール

・本名:澤田 雅美(さわだ まさみ)
・生年月日:昭和24年7月11日
・現在年齢:69歳
・出身地:神奈川県横浜市
・血液型:O型
・身長:153cm
・特技:日本舞踊、華道、小唄、書道
・活動内容:女優
・所属事務所:アクトレインクラブ
・家族構成:夫(赤松秀樹)
 

沢田雅美の若い頃や出演作品とは

沢田雅美は、若い頃からどんな役でも器用に演じることができる女優という印象をお茶の間に与えてきました。主演こそ演じたことはありませんが、ドラマを盛り上げ主演を引き立てる名助演俳優と言えます。最近ではバイプレーヤーとして知られる存在の先駆けです。そんな名女優・沢田雅美の芸能人生はいかにして始まったのでしょうか。

若い頃の様子や出演作品について振り返っていきます。

14歳の時ドラマ『ただいま11人』でデビュー

沢田雅美のデビュー作は、1964年から1967年にかけて放送された、『ただいま11人』という大家族をテーマにしたホームドラマでした。当時中学生だった沢田雅美は、兄に勧められてオーディションに応募し、2000人の中から見事選ばれました。女優・沢田雅美は、14歳という年齢で突如としてデビューを果たしたシンデレラガールだったのです。

デビューしたあとはたちまちドラマに引っ張りだこになり、高校3年生まで休みがなかったと言います。しかし本人は当時を振り返り、とても楽しかったと語っています。沢田雅美は母子家庭で育ち、家では寂しい思いをすることもあったため、大家族が舞台のドラマの現場はそんな心の隙間を埋めてくれたようです。

沢田雅美の若い頃の画像はネット上でも見ることができます。14歳という年齢のあどけない表情ですがプロの女優としての表情もすでにのぞかせています。

 

沢田雅美のその他の主な出演作品を紹介します。1967年には、『渥美清の泣いてたまるか』で渥美清とのコミカルな絡みが話題になりました。1968年には『肝っ玉かあさん』、1970年には『ありがとう』、1979年には『女たちの忠臣蔵』など、次々とヒット作に出演しています。

さらに『太陽にほえろ!』『水戸黄門』などの有名なシリーズにも出演しています。沢田雅美は若い頃にデビューを果たし、あっという間に連続ドラマの常連バイプレーヤーになっていったのです。まさに女優として順風満帆な人生だったと言えるでしょう。

石井ふく子ファミリーの一員に

正統派美人ではないけれど、愛嬌たっぷりで親近感のある沢田雅美は、たちまちホームドラマになくてはならない存在となっていきました。デビュー作『ただいま11人』のプロデューサー・石井ふく子から高い評価を得て、その後も数多くの作品に出演します。実は石井ふく子は、沢田雅美がオーディションを受けた時の面接官の一人でもありました。

14歳の素人の子供だった沢田雅美の才能を見抜くとは、さすが名プロデューサーと言えます。こうして石井ふく子ファミリーの一員になったのでした。沢田雅美が芸能人という理由である高校に入学拒否された時にも、石井ふく子自らその高校に出向いて説得したという話もあります。

石井ふく子は沢田雅美を実の子供のように可愛がり、公私ともに支えていたようです。石井ふく子と沢田雅美はまさに母親と子供のような、深い関係だったと言えるでしょう。

ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズに出演

沢田雅美は一般公募をきっかけに、たちまち連続ドラマの常連の顔となり、女優としての実力を着実につけていきました。そして1990年にスタートした『渡る世間は鬼ばかり』で、主人公の泉ピン子演じる小島五月の小姑・山下久子役を好演します。沢田雅美の痛快な悪役振りは、このドラマに欠かせないものとして評判を呼びました。

その意地悪な演技があまりにも印象的だったため、ドラマがスタートした当時はかなり嫌われていると感じたようです。しかし同ドラマのプロデューサー・石井ふく子から、「敵役のつもりでやりなさい。」と激励され、嫌われ者になってもいいという気持ちで体当たりの演技をしていったのでした。

そんな沢田雅美を脚本家・橋田壽賀子もとても可愛がっていたようです。石井ふく子と橋田壽賀子の二人は若い頃からお世話になっていた恩師と呼べる存在だったに違いありません。

沢田雅美が芸能界から干された噂とは

若い頃から代表作にも恵まれ、順調な女優人生を送っていたかに見えた沢田雅美ですが、突如としてテレビから姿を消した時期がありました。芸能界から干されたという噂もささやかれていたようですが、いったいどのような事情があったのでしょうか。まずは沢田雅美が干された事の発端について見ていきましょう。

発端は沢田雅美の突然の降板劇

『渡る世間は鬼ばかり』は安定の人気を得て、順調に放送を続けていました。しかしそんな中、1994年に突然沢田雅美は石井ふく子に電話して、舞台を降板させてほしいと願い出たのです。説得する声にも耳を傾けず、「女優をやめてもいい。」とまで言って、結局半ば一方的に降板を決めてしまったようです。

これを機に、沢田雅美はしばらく公の場から姿を消します。その後11年間ほど、石井ふく子と橋田壽賀子の手掛ける作品に出演することはありませんでした。事実上芸能界を干された状態にあったと言えます。石井ふく子と橋田壽賀子は敬愛する恩人だったにもかかわらず、なぜ突然降板の申し出をしたのでしょうか。

若い頃から面倒を見てきた石井ふく子は、沢田雅美の突然の申し出に驚いたことでしょう。沢田雅美が降板を決意した原因について次に見ていきます。

原因は当時交際していた赤松秀樹?

女優として順風満帆だった沢田雅美が突然自ら降板を申し出たことにはこのような理由がありました。沢田雅美が当時交際していた、俳優の赤松秀樹が関係していたのです。赤松秀樹は舞台を中心に活動していた役者で、二人はその時すでに同棲していました。赤松秀樹は沢田雅美の借金を返済するうえでも良いアドバイスをするなどして支えていました。

二人はよほど強い信頼関係にあったのでしょう。沢田雅美が石井ふく子に降板申し出の電話をしたとき、説得する石井に対し赤松秀樹が電話口に出て荒い口調で言い返したのです。赤松秀樹が「あんたの仕事がなくてもオレが食わせる。バカヤロー。」などと悪態をついたため、怒った石井ふく子は電話を切ったそうです。

これをきっかけに沢田雅美は石井ふく子ファミリーとの関係を自ら断ち切り、事実上芸能界から干されたのでした。
 

若い頃から子供のように可愛がり公私ともに世話してきた沢田雅美が、このような形で自分の元から離れていくことになり、石井ふく子もショックだったことでしょう。

沢田雅美は記者会見で釈明

その後週刊誌などでも、沢田雅美と石井ふく子が揉めたことに交際相手が絡んでいたことが報道されました。沢田雅美は記者会見を開き、事の真相について次のように述べています。「石井さんが自分と彼を別れさせようとして、彼の仕事を干しているという噂を聞いた。そして自分も干そうとしていると聞いて、それならば自分から断ろうと思った。」

しかし、その後本人と直接会って話した際に、その噂が事実ではなかったことが判明したとも話しています。そして誤解が解けてお互いに確執はなくなったと話していました。ただの噂を本気にしてしまい大事に発展してしまったことで、芸能界を干されたというのは本人にとっても不覚だったことでしょう。

石井ふく子本人とは仲直りできたようですが、このことは沢田雅美の芸能活動に大きな陰りを残すことになってしまいます。

橋田壽賀子のコメントは…

沢田雅美と石井ふく子の間の確執について脚本家の橋田壽賀子はどのような反応をしていたのでしょうか。一部の報道によると橋田壽賀子は、「石井さんは人がいいから許すかもしれないけれど、私はあの子はもうごめんだ。」とコメントしていたということです。橋田壽賀子と石井ふく子は共に作品を手掛ける仲として切っても切れない関係にありました。

そのため石井ふく子に対する騒動は、橋田壽賀子の逆鱗に触れてしまったようです。橋田壽賀子は自分の気に入らない役者がいると、出演拒否することでも有名です。ドラマの中で、打ち切られた人が演じる役は、死んだことにされたり引っ越したことになったりします。沢田雅美が『渡る世間』で演じていた久子も、アメリカに行っていることになっていました。

芸能界でかなりの影響力を持つ橋田壽賀子を敵に回してしまったことは、その後長い間女優としての仕事を干された結果を招いてしまったのでした。

ちなみに橋田壽賀子に嫌われて干された俳優は他にもたくさんいます。『渡る世間は鬼ばかり』に出演していた役者だけでも、石野真子、木の実ナナ、香川照之、愛川欣也、原ひさ子などが干されたようです。それらの役はドラマの中で死んだことになったり、特に触れられないまま消えることもありました。

ただ沢田雅美ほど長い期間表舞台に出なくなった人はそうそういません。橋田壽賀子の沢田雅美に対する怒りは相当なものだったことがわかります。子供のように可愛がっていただけに、橋田壽賀子のショックも大きかったのかもしれません。

沢田雅美の夫・子供は?

若い頃から女優として活躍していた沢田雅美でしたが、一時は芸能界を干された時期もありました。そんな沢田雅美の現在の家族の様子はどうなのでしょう。現在沢田雅美に夫や子供はいるのでしょうか。

夫は俳優の赤松秀樹

沢田雅美の夫は俳優の赤松秀樹です。そう、前述にも出てきた、かつて石井ふく子との騒動に絡んだ交際相手が現在の沢田雅美の夫です。赤松秀樹についてはネットにもあまり情報がありませんが、以下にプロフィールをまとめました。

・名前:赤松秀樹(あかまつひでき)
・現在年齢:67歳
・出身地:大阪府
・活動内容:舞台を中心とした俳優

年齢は赤松秀樹の方が沢田雅美よりも2歳年下です。赤松秀樹は若い頃には勝新太郎と舞台で共演したこともあり、男気のある役者のようです。赤松秀樹と沢田雅美は夫婦で『徹子の部屋』に出演もしています。その際の二人の画像はネット上でも見ることができます。

二人が結婚したのは、沢田雅美が芸能界を干された後、表舞台から姿を消していた時だったと考えられます。沢田雅美と赤松秀樹は常に笑いの絶えない、とても仲の良い夫婦のようです。石井ふく子との一件についてだけ聞くと、赤松秀樹はとても気性の荒い人のように思えるかもしれません。

しかし二人の仲の良さについて聞くと、その時のことも、二人の絆が強かったゆえに起きたことだと言えるでしょう。芸能界を干された後辛い時期を過ごしたであろう沢田雅美を、赤松秀樹はずっと支えてきたことでしょう。後にも述べますが、赤松秀樹は沢田雅美ががんになった時にもよく支えていたことが伺えます。

そのことからも赤松秀樹は情に厚い、優しい人であることがわかります。

子供はいない

沢田雅美に子供がいるかははっきりわかっていません。しかし沢田雅美がトーク番組の中で、「身内は夫しかいない。」と話していたことから、子供はいないと見受けられます。子供がいなくても、夫・赤松秀樹とは会話が尽きることはなく、夫婦水入らず仲睦まじい関係のようです。子供がいない分、かえって夫婦の結びつきが強いのかもしれません。

沢田雅美も赤松秀樹も、結婚した時の年齢は40歳を過ぎていました。そのため子供を作ることは諦めたのかもしれません。40代という年齢は初婚にしては遅いようにも思えますが、二人ともその前の結婚や子供に関する情報はありません。

沢田雅美はがんだった?

若い頃から沢田雅美は元気で快活な印象を与える女優として知られてきましたが、意外にもがんを患った時期もありました。どのようにしてがんが見つかり、治療や闘病生活を送ってきたのか見ていきます。また沢田雅美ががんを克服するうえで何が助けになってきたのかについても紹介します。

2013年に胃がんがみつかる

沢田雅美のがんが見つかったのは2013年のことです。きっかけは夫の赤松秀樹ががん検診を受けて、妻の沢田雅美にも受けておくように勧めたことだったようです。二人とも60代になり、年齢的にも健康に気を遣うようになっていたのかもしれません。妻の身体も心配する夫・赤松秀樹の勧めに素直に従うことで、がんの早期発見に至りました。

はじめは軽い気持ちでがん検診にのぞんだようで、本当にがんが見つかり驚いたことでしょう。しかし、がん検診を勧めてくれた夫に感謝したに違いありません。このエピソードからも二人の夫婦の結びつきが強いものであったことが伺えます。その後夫婦としてどのようにがんの治療に取り組んでいったのでしょうか。

手術やリハビリで早期復帰をはたす

がん発見後、沢田雅美は2013年4月に手術を受けました。腹部切開術により、胃の3分の2を切除したようです。沢田雅美の手術前後にある番組が密着し、様子を伝えました。術後には食事制限があるため、手術する数日前に好きな物を食べる姿や、当日手術室まで歩いて向かう様子も伝えられました。

また、手術が無事に成功した後、初めて流動食を食べて涙を流す姿もありました。手術の翌日には集中治療室から病室へ移りリハビリの練習を始め、回復に意欲を燃やしました。手術後は10日ほどで退院し、その後は自宅でリハビリを続けたようです。その年の7月にはバラエティ番組に出演、また8月には舞台で復帰を果たしています。

それほど早く復帰できたことには、やはり夫・赤松秀樹の支えも大きかったのではないかと考えられます。

子供がいない二人にとって、お互いが唯一の支え手なので、病気にも二人三脚で取り組んだことでしょう。闘病生活が二人の絆をより強めたようです。

その後バセドウ病も…

がんを患い闘病生活を経験した沢田雅美ですが、他にもバセドウ病にもかかっていました。バセドウ病とは甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、疲れやすく体力低下を招きます。女優業を続けていくにはかなり障害となる病気と言えるでしょう。

またバセドウ病の症状のひとつに眼球突出という目の症状がありますが、沢田雅美は片目だけにこの症状が出たようです。一時は体重が減少して30キロ代にまでなったこともあるようですが、現在では体重も増え症状が軽減されたと語っています。

がんに加えてバセドウ病も患い、厳しい闘病を続けながらも女優業を諦めることなく前向きに生きている沢田雅美の姿に、同じ病気に苦しんでいる人の多くが励みを得たとの声もあります。

沢田雅美の現在は

がんやバセドウ病を患いながらも積極的に治療に取り組み、試練の時を乗り越えてきた沢田雅美ですが、現在の様子はどうなのでしょうか。沢田雅美の現在の健康状態や活動状況について紹介していきます。

ダンピング症候群を発症

現在の沢田雅美の病状については、ダンピング症候群を発症し、対処しながら生活していると本人が語っています。ダンピング症候群とは、胃切除手術を受けた患者の15~30%に起きる後遺症で、胃の機能障害が生じます。通常は、胃に運ばれた食べ物は時間をかけて消化され、少しずつ腸に送り出されます。

しかしダンピング症候群になると、食べ物が胃にとどまらず、いっきに腸に流れてしまいます。そのため腹痛や下痢、嘔吐、冷や汗やめまいなど、様々な全身症状が現れます。ダンピング症候群は一度発症すると一生付き合っていかなければなりません。対処法は食事の仕方を変えることです。一度に摂る量を減らし、一日の食事の回数を増やす必要があります。

食事内容も、高たんぱく・低脂肪・低炭水化物で消化に良い物にしなくてはなりません。外食やアルコールも制限することが求められます。

日々忙しく時間に追われる女優の仕事を続けていくには、こうした自己管理はとても難しいことでしょう。しかし現在でもそうした症状に対処しながら、仕事とのバランスを保っています。

年齢は69歳!精力的に活動している

一時は芸能界から干されたかに見られた沢田雅美ですが、その後無事に橋田壽賀子とも和解したようです。2005年には11年ぶりに『渡る世間は鬼ばかり』に出演し、復帰を果たしています。2018年9月に放送された、『渡る世間』の3時間スペシャルドラマにも出演しました。

ドラマの中では、沢田雅美演じる久子はアメリカに行ったことになっていましたが、復帰とともに日本に帰ってきたという設定になりました。その他にもここ数年では、舞台やバラエティなどにも出演しています。また夫婦でトーク番組や旅番組に出演したりもしています。現在69歳という年齢になっていますが、変わらず精力的に活動している様子が伺えます。

本人も年齢に伴う変化を意識しているようで、「年齢的にも足腰が一番大事。」と話しています。そのため毎日ストレッチをして筋力を鍛えているそうです。

沢田雅美はもともと、日本舞踊や華道、書道などで師範の腕前を持ち、幅広い才能を持つ人です。そのことは、女優としての演技の中でも生かされてきたことでしょう。そして現在ではさらに趣味の幅が広がってきているようです。日本の伝統的な芸術によって磨かれた手先の器用さで、様々な物づくりに挑戦しているといいます。

化粧バッグなどの小物から、食器棚や洋服ダンスなどの家具にいたるまで、自分で作ってしまうというのです。セメントを使って配水管を作ったという話もあります。女優業以外にも、多方面で自分の好きなことに挑戦し続けることが、年齢を重ねながらもいつまでも輝き続ける秘訣かもしれません。

病気後の健康管理もあってか、今のところがんの再発もなく精力的に活動できています。病気にも年齢にも負けない積極的な気持ちが、心身に良い影響にを及ぼしているのでしょう。

沢田雅美の今後の動向に注目したい

沢田雅美の人生は決して順調ではなかったと言えます。若い頃に手にした女優としての活躍を、トラブルによって一度は手放すことになりました。芸能界から干されたという苦い経験は、本人にとっても辛いものだったでしょう。しかしそうした問題を乗り越え、再び女優としての活動に戻ることができました。

そうした経験がかえって演技にも深みを加えるものとなったかもしれません。健康面でも、がんやバセドウ病などの難しい病気に悩まされてきました病気と闘いながらも常に明るくポジティブな姿に多くの人が励みを得ています。様々な人生経験の中で培ってきた考え方や物の見方は、引き続き多くの人の参考になることでしょう。

年を重ねた今、波乱万丈の人生経験から縁起にもますます磨きがかかっていくことでしょう。ベテラン女優・沢田雅美としての今後の活躍に期待です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ