胸を小さくする方法11選!簡単・短期間でできる方法などを解説

世間では女性の胸(おっぱい)は大きいほど良いというイメージがありますが、バストが大きいことで悩みを抱える人もいるのではないでしょうか。マッサージやダイエット、筋トレ、運動など、胸を小さくする方法は色々とあります。簡単かつ短期間で胸を小さくする方法を紹介します。

胸を小さくする方法11選!簡単・短期間でできる方法などを解説のイメージ

目次

  1. 1女性の胸(おっぱい)について
  2. 2胸が大きい人の悩み
  3. 3胸を小さくする方法【基本編】
  4. 4胸を小さくする方法【簡単編】
  5. 5短期間で胸を小さく!気を付けるポイントとは
  6. 6意外!胸が大きい女性に対する男性の本音
  7. 7自分に合った胸を小さくする方法を見つけよう

女性の胸(おっぱい)について

胸を小さくする方法はいくつかありますが、まずは入門編として胸そのものを考えてみます。胸が大きいことにコンプレックスを抱えている女性は、意外と多いです。世間では「女性の胸は大きい方が良い」という見方が浸透してしまっています。同じ女性からも「おっぱいが大きくて羨ましい」と理解してもらえず、辛い思いをした人もいることでしょう。

胸を小さくする方法を考えるなら、単純な方法だけでなく理屈の理解から始めるべきです。そもそも胸が何でできているのか、どうして大きくなるのかを理解しましょう。その上で方法を考えた方が、根本的な解決に繋がります。

胸の9割は脂肪

実は、胸の9割は脂肪でできています。つまり、胸が大きい人はそれだけ脂肪が胸にいっているとも言えるでしょう。大きければ大きいほど重量も増えます。もちろんそれだけが大きくなる原因ではありませんが、一因となっている場合も少なくありません。

とくにふくよかな人はそれだけ脂肪を抱えているため、必然的に胸が大きくなります。そのようなタイプの人はダイエットをすることで胸が小さくなるでしょう。やせ型なのに胸が大きい人は次に解説するような理由があります。

胸が大きくなる理由

胸が大きくなる理由は二つあります。一つ目は女性ホルモン、二つ目は遺伝です。それぞれ見ていきましょう。

まず一つ目は、思春期の頃に女性ホルモンがたくさん分泌されたからです。胸は思春期から成人する間にかけて成長します。その期間に大きなストレスを感じたり、部活やクラブなどで激しい運動をしたりした人は女性ホルモンの分泌が抑えられて胸が成長しづらくなります。つまり、胸が大きい人はストレスなく穏やかな生活をしたということかもしれません。

二つ目は親からの遺伝です。実際、人間のバストは遺伝することが判明しています。胸が大きい人は、母親も胸が大きくないでしょうか。それに当てはまるなら親の遺伝という可能性が高いでしょう。しかし、遺伝だからといって胸を小さくすることはできないというわけではありません。きちんと方法をつかめば、たとえ遺伝でも胸を小さくすることは可能です。

女性の理想のバストサイズとは

女性にとっての理想のバストサイズはCカップと答える人が多いようです。これは男性にとっての理想も同じようで、男性も女性も手に収まるサイズが丁度良いということなのでしょう。その次がDカップで、さらにBカップが続きます。これらの結果から、外からの見た目からしても大きければ良い、というわけではないということが分かります。

胸が大きい人の悩み

胸が大きい人には、それ相応の悩みがあります。男性や大きな胸を羨ましがる女性にはまず理解してもらえない悩みのため、故に嫌な経験をした人も多いことでしょう。これではコンプレックスになっても仕方ありません。また、胸が大きいということは脂肪の塊を抱えていることと同じであり、物理的に体に負担がかかります。

胸が大きいからこそ起こる悩みや苦痛を解説します。理解してくれない相手に分かってほしい時、これらを持ち出してみるのも良いでしょう。

悩み①男の人の視線

胸が大きいと、どうしても相手の目線もそちらに行ってしまいます。特に男性だと下心が見え見えな視線を送られることも当然あります。冷やかされるだけでなく、お酒の席でジロジロ見られたり、さりげなく触ろうとされたりすることもあるようです。それは、女性からすれば恐怖でしかありません。

また胸が大きいだけで、色気があるだとか貞操がなさそうだとか、先入観に基づいたイメージを勝手につけられてしまうこともあるようです。自分は全くそのつもりがないにもかかわらず、胸が大きいという理由だけで相手から性的な印象をつけられてしまうのは、大変な苦痛となるでしょう。

悩み②汗疹

胸が大きくなると、胸と胸の間やアンダーバスト(胸の下)が常に密着状態になります。それで動くと皮ふと皮ふがこすれ、夏の時期はそれが汗疹になってしまうのです。酷いと皮ふが破れて常にかさぶたができるという人までいます。常に肌と肌が密着している状態になるため、それ以上治らないのです。

自分でブラジャーにガーゼなどを挟むなど、何かしらの工夫している人もいるでしょう。しかし、それもなかなかうまくいかなくて、結局汗疹ができてしまう人も多いのではないでしょうか。これは胸が大きい人にとって非常に大きな悩みの一つと言えるでしょう。

悩み③頭痛・肩こり

胸が大きいということは、それだけ胸が重いです。常に重い荷物を抱えているような状態のため、慢性的な肩こりが起こります。さらに、その肩こりが原因で頭痛が起こる人や、首から肩が常に痛い上に常に体が重いため、猫背になってしまう人もいます。しかしながら、その姿勢の悪さからますます肩こりが酷くなってしまうのです。

胸は脂肪の塊です。あまりにも大きい場合、メロンやスイカといった果物と同じ重さになります。つまり、それらの果物を常に二つぶら下げているのと同じ状態なのです。分からない人は常にスイカやメロンを首から下げて生活するのを想像してみてください。胸が大きい人は、それと同じ状態で日々過ごしているのです。肩こりや頭痛に悩まされて当然でしょう。

悩み④動きにくい

先述で大きすぎる胸は大きくて重い果物や荷物を抱えているのと一緒と解説しましたが、そのせいで単純に動きにくいというのも悩みのようです。たしかに体が重ければ動きづらくもなるでしょう。動きにくいということは、運動するのも大変です。走れば胸が揺れ、ブラジャーとこすれて痛いという体験談はたくさんあります。

また、胸が大きいとヨガのポーズで胸が邪魔になったり、バレエで大変な思いをしたりすることも多いのです。特にバレエは背筋を伸ばす必要があり、動きや衣装からしても胸が大きい人には向きません。海外のバレリーナの中には、手術をしてまで胸を小さくした人も多いようです。

更には、胸が大きすぎると足元が見えないという側面もあります。地面や階段につまずくこともあるようで、これはかなり危険と言わざるを得ません。

悩み⑤似合う服が少ない

昔に比べたら大分どんなサイズでも可愛い服やブラジャーは増えましたが、本人からすれば十分ではないでしょう。特に日本人は小柄で、胸も小さい人に合わせた服が多いのが実情です。胸が大きい人は大きいサイズのものを選ばざるを得なくなりますが、大きいサイズの服はデザインがイマイチということが多いようです。

また、服の形も問題です。ゆったりした服だと着太りしてしまい、ぴっちりとした服だとそれこそ男性から下心のある目で見られてしまうリスクがあります。そのため、似合う服が限られてしまっておしゃれを楽しめないのです。また、サイズが大きいとそれだけ値段も高くなる、という深刻な問題もあります。

胸を小さくする方法【基本編】

胸が大きいことで出てくる悩みや実情が分かったところで、胸を小さくする方法を考えてみましょう。胸は脂肪でできているのであれば、脂肪を減らすようなことをすれば良いのです。

一番手っ取り早いのは運動ですが、やり方を間違えると逆に胸が大きくなってしまったり、胸が垂れて見栄えが悪くなってしまったりするという可能性があります。どういう方法が効果的なのか、きちんと確認しながら行いましょう。それができれば、誰もが胸を小さくすることは可能です。

胸を小さくする方法①ダイエット

脂肪を減らすといえば、単純にダイエットがすぐに思いつくでしょう。何度も説明しているように、痩せれば胸も自然と小さくなります。ダイエットをしていけば、脂肪でできている胸から痩せていくのです。ダイエットといえば食生活や生活スタイルなど色々ありますが、一番効果があるのは運動でしょう。

胸を大きくする運動もありますが、その逆の動きをすることで胸を小さくすることも可能です。詳しくは次以降の項目を見てみてください。

胸を小さくする方法②エクササイズ

エクササイズは、自分の体に合ったものを選ぶべきです。一言に胸が大きい人といっても、胴は痩せているのに胸だけが大きい人と、上半身全体に脂肪がついているから胸が大きくなっている人がいるからです。自分はどちらなのかを見極めてからやりましょう。

元々体はやせ型で胸のサイズだけを小さくしたいのであれば、大胸筋を鍛えましょう。筋肉が付けば脂肪がつきづらくなります。脂肪がつかなければ胸も大きくなりづらくなります。1kgくらいのダンベルを両手に持ち、呼吸しながら両腕を上下に真っ直ぐ上げ下げを繰り返します。鍛えすぎると、胸が大きくなってしまうので注意が必要です。

胸だけでなく、上半身全体に脂肪が多い人は脂肪を燃やすのが効果的です。正座の状態からうつぶせになり、猫の背伸びのようにお尻を突き出します。こちらの方は胸がすっきりするだけでなく、上半身自体も痩せられるでしょう。

胸を小さくする方法③有酸素運動

有酸素運動とは、酸素を取り入れた運動のことです。ランニングやウォーキング、水泳、縄跳びなどが挙げられます。

胸を小さくしたいのであれば、ウォーキングや水泳、縄跳びがオススメです。いずれも全身から痩せることができる方法となります。胸を小さくするだけでなく体重を減らすのにも効果があります。自分自身をきれいにするのと一緒に胸を小さくできるでしょう。

あまり激しい運動をすると、胸筋が発達しすぎて逆に胸が大きくなる可能性があります。胸筋を鍛えるのはエクササイズの項目でオススメしましたが、鍛えすぎるのは逆効果なのです。胸を小さくするなら、緩めの運動をする方が効果的です。

胸を小さくする方法④無酸素運動

無酸素運動は、逆に息を止めたりして酸素を取り入れない運動のことです。腕立て伏せなどの筋トレが挙げられます。これらの筋トレも胸を小さくし、筋肉をつけることで脂肪がつきにくい体にすることができるでしょう。短期間で効果が見込めるのも魅力です。

ただし筋トレもやり方次第では胸筋が鍛えられて、逆に胸が大きなってしまうリスクがあります。膝をついた状態で腕立て伏せをするなど、胸筋に負荷をかけない筋トレをするのがコツです。

胸を小さくする方法⑤整形手術

費用やリスクはかなりありますが、整形手術で胸を小さくする方法もあります。胸のサイズを変える手術といえば、逆に胸を大きくする豊胸手術が有名ですが、その逆もできるのです。胸を小さくする手術は、一般的に「乳房縮小手術」と呼ばれています。下の胸を切除してバストダウンを図る手術です。

最近は技術が向上しており、傷も目立たなくなってきています。どれだけ手を尽くしても小さくならない、胸が垂れてしまって見栄えが悪くて悩んでいる人は考えても良いのかもしれません。ただし、やはり手術は体に負担をかけるものでありリスクがつくので、よく考えてから行動しましょう。

胸を小さくする方法【簡単編】

胸を小さくしたいものの、運動や手術はなかなか敷居が高いという人もいるでしょう。特に運動が苦手な人はかなりきついかもしれません。または運動だけでなく、他の部分でも工夫して胸を小さくしたいという考えもあるかもしれません。

そのような人のために、もっと簡単に胸を小さくする方法を解説します。食生活の見直しやブラジャーを変えるだけでも、胸が小さくなる効果が期待できるかもしれません。これらを続けることで副次的にスタイルが良くなったり、健康状態が改善したりする可能性もあるでしょう。

胸を小さくする方法①食べ物

胸を小さくしたいなら、女性ホルモンの分泌を促すものは食べない方が良いでしょう。具体的に言うと、鶏肉、キャベツ、納豆や豆腐などが該当します。キャベツのような食物繊維が豊富なものや、納豆や豆腐のようなイソフラボン系の食べ物は、女性ホルモンの分泌を促します。また、乳製品のような高カロリーなものも控えた方が良さそうです。

では逆に何を食べれば良いのかというと、アブラナ系の野菜がオススメです。大根、ブロッコリー、白菜、チンゲン菜などがそれで、女性ホルモンの分泌を抑えてくれます。サラダや鍋など色々な料理で工夫して食べるようにすれば苦も無く続けやすいです。また単純にカロリーを抑えるという意味で、あっさり系のヘルシーな料理が良いでしょう。

胸を小さくする方法②飲み物

飲み物から胸を小さくするなら、毎日コーヒーを飲むという方法があります。そこからどうやって胸を小さくするのにつながるのかというと、コーヒーは体を冷やす効果があります。コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるという体質の人もいますが、これは体が冷えたことから起こる現象です。

体が冷えると、血流が悪くなって胸に栄養がいきづらくなります。そうすることで、胸を小さくする効果が期待できるのです。しかし、体を冷やすのはあまり良いことではありません。体の調子が悪い時にすると健康を害する可能性もあるため、無理はしないようにしましょう。

胸を小さくする方法③マッサージ

胸でマッサージと言われると胸を大きくするマッサージを思い浮かべる人も多いかもしれません。胸が大きくなるのではと心配する人もいるかもしれません。しかし胸を大きくするマッサージがあるなら、逆に胸を小さくするマッサージも存在するのです。これも短期間で効果が見込めます。

よく胸を大きくするマッサージでは、背中の脂肪を胸に寄せるのが有名でしょう。胸を小さくするなら、その逆をやれば良いのです。つまり、胸の脂肪を背中や脇に流しましょう。他にもリンパを胸の外側に流すやり方もあります。マッサージは即効性があり、簡単かつすぐに胸を小さくする方法としてはかなり効果的です。

胸を小さくする方法④ブラジャー

ブラジャーといえば胸の大きさを盛るイメージがあるかもしれませんが、実は胸を小さく見せるものも存在します。胸が大きくて悩んでいるのなら、それに合わせたブラジャーを付けるのは効果的でしょう。バストダウンというわけではないため、根本的な解決ではありませんが、胸が小さくなるまでつけているのも良いでしょう。

胸を小さく見せるブラジャーは、「4分の3カップブラ」や「フルカップブラ」と呼ばれるものがそれに該当します。特に後者は肩ひもが太く、しっかりと胸を支えてくれます。これは胸が大きい人の悩みである肩こり解消にも一役買ってくれるでしょう。

胸を小さくする方法⑤姿勢

胸が大きい人は、あまり胸を目立たせたくないからと猫背になりがちな人が多いです。もはや癖になってしまっている人もいるかもしれません。しかし、それは逆効果です。猫背になることで、逆に皮膚が下に垂れて余計に太っているように見えてしまいます。さらに姿勢も悪いので肩こりも一段とひどくなってしまうという悪循環に繋がりかねません。

むしろ、背筋をしっかり立てて胸を張る方が綺麗に見えます。まっすぐ体を起こした方が、意外と大きな胸も小さく見せることができるのです。恥ずかしくて抵抗があるかもしれませんが、姿勢は直すように心がけましょう。

胸を小さくする方法⑥隠す

胸を隠す、ということはつまり胸の目立たない服を選ぶということです。ワンピースやサロペットのような、体のラインが出ない服がオススメです。トップスはあまり胸の谷間が見えない、首を通す口が浅めなものを選びましょう。あまりにゆったりした服だと太って見えてしまうため、服の形状とシルエットには注意しましょう。

ちなみに、胸が大きい人向けの服を販売しているブランドも存在しています。洋服は胸で形がひきつったり、ボタンがとれてしまったりするというのも悩みの種ですが、胸が大きい人用の服ならそれもありません。服に悩んでいる人は一考の価値があるでしょう。

短期間で胸を小さく!気を付けるポイントとは

短期間で胸を小さくする方法を解説しましたが、注意すべき点ももちろんあります。胸を小さくするのに脂肪を燃やすのは前提条件ですが、それをあまりにも意識しすぎるのも良くありません。でなければ逆に胸が大きくなってしまったり、健康を害したりする危険性があります。胸を小さくし、美しく痩せるにはある程度の脂肪をつけることも必要なのです。

過度な食事制限

ダイエットでもよく言われるように、過度な食事制限は禁物です。これは胸を小さくするのにも大きく関係します。痩せたがる人の中には「食べる=太る」と考えている人もいますが、それは大きな間違いです。ダイエットで大切なのは、むしろしっかり食べることです。

食べなくなれば無論脂肪は落ちますが、脂肪がなくなると体は筋肉をエネルギーにし始めます。そうすると基礎代謝が下がり、飲食物からのカロリーを多く摂ってしまいます。つまり、食べないと逆に太りやすい体になってリバウンドしてしまうのです。よく「食べないで体重を落とすとリバウンドする」と言われるのはこれが理由です。

美しく痩せるなら、規則正しい生活をしてある程度食事をすることが必要です。食べないでいることは健康的にも良くないことであり、拒食症の原因になりかねません。しっかり食べましょう。

激しすぎる筋トレ

胸を小さくするのに必要なのは脂肪の燃焼ですが、激しすぎる筋トレは逆に胸を大きくしてしまいます。理由は先述で紹介した大胸筋が鍛えられてしまうからです。胸の一部は大胸筋ですが、筋肉は鍛えられれば大きくなります。ある程度であれば脂肪燃焼するだけで胸は小さくなりますが、やりすぎると大胸筋が鍛えられることで胸が大きくなってしまうのです。

毎日ストレッチ代わりに筋トレをすると、大胸筋が鍛えられてしまいます。ダイエットするにも胸を小さくするにも運動は大切ですが、やり過ぎないことが大切です。

意外!胸が大きい女性に対する男性の本音

女性からすると、男性は胸が大きい女性が好きというイメージがあるかもしれません。たしかに「大きいほど良い」というような人もいなくはありませんが、実は多数の男性はそうではないようです。胸が大きい女性が苦手な男性も多くいます。さらに、苦手ではないものの、彼女にしたらそれはそれで気になることがある人もいるようです。

胸が大きいのは本人のせいではありませんが、自分の好きな男性は胸が大きいのは苦手な人だったら辛いものです。胸が大きい女性が苦手な男性は、どんなことを思っているのでしょうか。

見た目があまりよくない

胸が大きすぎると、見た目が良くないと感じる人は多いようです。どうしても胸が強調されてしまうため、すっきりとした印象にならないでしょう。スマートな印象の女性が好きな男性は、逆な印象になりやすい胸が大きい女性が苦手な傾向にあります。年をとると胸が垂れてくるから苦手、という人もいます。垂れる前にケアをすれば改善できます。

また、胸が大きい人は洋服の着方で太って見えてしまうこともあります。着やせ効果のあるコーディネートである程度は解消できる筈です。また、胸が大きい女性は頭が悪いというイメージがある人もいます。女性からすれば完全なる偏見ですが、これも見た目からできてしまうイメージなのでしょう。

たくましく思える

胸が大きい女性は、生命力があってたくましさを感じる男性も少なくありません。たくましいことは良いことではないかと思う人もいるかもしれませんが、胸が大きい女性はがっしりとした人が多く、逆にか弱さが薄くなりがちです。全ての男性がそうというわけではありませんが、か弱くて守ってあげたくなる女性に魅力を感じる男性は多いのです。

たくましいを通り越して、威圧感を感じるという人もいます。大きすぎる胸は圧迫感を与え、相手からすれば脅威にすら感じてしまう側面もあるようです。

彼女にすると他人からの視線が気になる

胸が大きい女性と付き合ったことがある人は、他人からの視線が気になるという感覚がある人もいます。やはり大きい胸は人目を引きます。胸が大きい女性本人の悩みでもありますが、自分の恋人が他の男性から必要以上に注目されるのは、気分の良いものではないでしょう。他人からの視線は、胸が大きい女性を彼女に持つ男性にとっても悩みの種のようです。

自分に合った胸を小さくする方法を見つけよう

胸を小さくする方法について解説しました。身体もしんどく変に目立ってしまうのに、誰からもそのことを理解されないのは余計に孤独感を感じてしまうでしょう。しかし、胸が大きいことに悩んでいる人はたくさんいます。そして胸が大きいことは良いことずくめではないかと思っている人には、実は大変なことばかりだということが分かったでしょう。

胸を小さくすることは誰にだってできます。色々な方法があるため、自分に合った方法を見つけましょう。大切なのは続けることです。短期間で効果が出る方法もあるため、諦めずにいれば少しずつ胸は小さくすることができます。

また、もし小学生の頃からブラジャーをつけないといけないほどに胸が大きかったという人は、ホルモン異常の可能性もあるでしょう。ホルモン異常は乳がんなどの病気のリスクが上がります。心配な人は病院で診てもらうことをオススメします。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ