皆川おさむ(黒ネコのタンゴ)の今現在!逮捕や前科?移植手術?【画像】

黒ネコのタンゴで一躍有名になった子役歌手の皆川おさむは、現在一体何をしているのでしょうか。皆川おさむは『チャージマン研』などでも活躍するなど様々な活動を行っていました。気になる皆川おさむの現在の画像と逮捕や前科、移植手術など波乱万丈の人生を徹底的に追求します。

皆川おさむ(黒ネコのタンゴ)の今現在!逮捕や前科?移植手術?【画像】のイメージ

目次

  1. 1皆川おさむとは【画像】
  2. 2皆川おさむの逮捕や前科について
  3. 3皆川おさむの体調や病気について
  4. 4皆川おさむの現在
  5. 5皆川おさむの今後の動向に注目!

皆川おさむとは【画像】

皆川おさむとは一体どんな人物なのでしょうか。最新の画像を交えて皆川おさむについてご紹介します。気になる皆川おさむのプロフィールや有名になるきっかけの作品など見ていきましょう。

プロフィール

・本名:皆川おさむ
・生年月日:1963年1月22日
・現在年齢:56歳
・出身地:東京都
・活動内容:歌手、元子役、ひばり児童合唱団代表
・家族:皆川和子(伯母)

『黒ネコのタンゴ』で一躍有名に

皆川おさむは6歳で芸能界デビューを果たした元子役であり歌手として活動していました。6歳の時皆川おさむは歌手としてデビュー曲である『黒ネコのタンゴ』を披露しました。『黒ネコのタンゴ』は260万枚を超える異例の大ヒットを記録し世間の注目を集めました。

『黒ネコのタンゴ』は当時ひばり児童合唱団を設立した伯母である皆川和子が日本語版のリリースの際に皆川おさむに声をかけたそうです。皆川おさむのこの曲がきっかけで1970年に子供歌手ブームが起こりました。『黒ネコのタンゴ』で有名になった皆川おさむですが、2008年に皆川おさむはパロディソング『ケロ猫のタンゴ』を発売しています。

名義は皆川おさむとひばり合唱団になっています。『ケロ猫のタンゴ』は当時大人気だったテレビアニメ『ケロロ軍曹』のエンディングテーマに使用されていました。

『チャージマン研』の挿入歌も担当

皆川おさむは1970年に、テレビアニメ『チャージマン研』の挿入歌も担当しています。テレビアニメ『チャージマン研』は1974年からTBSテレビ放送などで放送されていた日本の大人気テレビアニメでした。

『チャージマン研』は2074年の近未来の日本を舞台にしたテレビアニメで、地球を侵略しに来たジュラル星人から地球の平和を守るために主人公がチャージマンに変装して戦うというストーリーの物語です。

また、知らない人はいない有名な童謡である『サッちゃん』などもカバーしてリリースしました。皆川おさむは『サッちゃん』の曲の間奏部分で語りなどを担当しています。この楽曲は皆川おさむ、ひばり合唱団の名義でリリースされました。

皆川おさむの逮捕や前科について

『黒ネコのタンゴ』で6歳にして子役歌手として一躍有名になった皆川おさむですが、実は逮捕された経験があり、前科があると言われています。皆川おさむが逮捕された経緯や、なぜ犯罪に手を伸ばしたのかなどまとめました。また、共犯者やどういう状況だったのかについても徹底的に追求します。

21歳の時に窃盗罪で逮捕

『黒ネコのタンゴ』で世間の注目を一気に集めた皆川おさむですが、一躍有名になった後逮捕されるという事件がありました。逮捕されたのは1984年4月14日で、皆川おさむが大学に入学したばかりの洗足学園短期大学に通う1年生でした。

皆川おさむは当時22歳だったの会社員と2人で共謀し、東京都の世田谷区にあるナミテツ商事に侵入したと言われています。皆川おさむと会社員の2人は世田谷区のナミテツ商事で、タイヤなどの車の部品118万円相当の盗みを働いたそうです。その後、皆川おさむと22歳の会社員の2人は窃盗の容疑で逮捕されることとなりました。

他にも5件の余罪が…

世田谷区のナミテツ商事で働いたの窃盗により逮捕された皆川おさむですが、皆川おさむは世田谷区のナミテツ商事以外にも侵入していることが判明しました。ナミテツ商事以外にも数々の窃盗を働いていたことが判明し、ナミテツ商事が初犯ではないことも世間を驚かせました。その皆川おさむの余罪の数は5件にも上ったと言われています。

また、余罪が発覚したことにより皆川おさむが盗んだ商品の額は合計で200万円相当と言われています。皆川おさむは逮捕後、警察の調べに対してカー用品のお店を開くために窃盗したと語っています。皆川おさむはカーマニアとして有名な人物でもありました。

有罪判決を受けている

数々の窃盗を行ってきた皆川おさむは余罪があったことなどを含め、執行猶予付きの有罪判決を受けています。皆川おさむが執行猶予付きの有罪判決を受けたのは、1984年6月22日のことでした。

皆川おさむの体調や病気について

皆川おさむには体調を気遣う声も聞かれています。皆川おさむは今現在病気をしており、長期間の治療が続いているようです。そんな皆川おさむの気になる現在の体調や病気の詳細などについてまとめました。

糖尿病を患っている

現在56歳になった皆川おさむは糖尿病を患っていることを世間に公表しています。皆川おさむ自身、50歳ごろから調子が良くなかったと語っており、現在は糖尿病の症状がさらに進行してしまっていることも公表しました。

また、糖尿病の悪化により腎臓の状態が悪いことも世間に公表しています。現在皆川おさむは人工透析を行って闘病生活を行っているようです。

姉から腎臓の提供を受け移植手術も

糖尿病の悪化でで腎臓を悪くした皆川おさむは、2012年には腎臓の移植手術を受けます。その手術で、皆川おさむの実の姉から片方の腎臓を提供してもらい、腎臓の移植手術を行ったことを公表しました。その際、糖尿病を患っているだけではなく首の調子もあまりよくないなど他にも不調であることを語りました。

皆川おさむの現在

6歳『黒ネコのタンゴ』を披露し、芸能界デビューした子役歌手の皆川おさむですが、一躍有名になった陰で窃盗で逮捕されたり、糖尿病を患ったりと波乱万丈の人生を歩んできました。そんな元子役歌手の皆川おさむの現在は一体どうなっているのでしょうか。気になる皆川おさむの現在の仕事や私生活などを徹底的に追求します。

ひばり児童合唱団の代表を務めている

現在、皆川おさむは『ひばり児童合唱団』という団体の代表を務めています。『ひばり児童合唱団』は伯母である皆川和子が創設者として活動していた団体です。ひばり児童合唱団には安田祥子や由紀さおり姉妹も所属していました。また、皆川和子の個人レッスンにはあの吉永小百合も通っていたと言われています。

ひばり児童合唱団の創設者である皆川和子は脳梗塞で倒れ、数年後に亡くなくなっています。現在、皆川おさむはひばり児童合唱団の代表を生きがいにしており、自分の子供のように見続けていきたいと語っています。現在、皆川おさむはブログなどSNSを行っておらず表舞台に出ることは少ないようです。

著書『太陽がくれた歌声』を出版

2015年には皆川おさむは本を出版しています。本のタイトルは『太陽がくれた歌声』でした。皆川おさむの著書『太陽がくれた歌声』には伯母である皆川和子との思い出が事細かに綴られています。また、この本を出版するあたって皆川おさむは数多くの人にインタビューしたことを明かしました。

その中にはひばり児童合唱団の卒団生なども含まれていたと語っています。その際に改めて、ひばり児童合唱団を立ち上げた伯母の皆川和子がいかに偉大だったかを知ったとコメントしました。

近年はテレビ番組への出演も

2017年3月に放送されたBSフジのクイズ番組『クイズ!脳ベルSHOW』に出演しました。さらに2018年には高田純次が出演している『じゅん散歩』という散歩番組で、皆川おさむが登場しています。高田純次が皆川おさむに遭遇していたのはちょうどひばり児童合唱団がある目黒区洗足を散歩していた際です。

高田純次が散歩の途中でひばり児童合唱団を発見し、皆川おさむが登場しました。今は、ひばり児童合唱団の代表として活動していますが、芸能界を完全に引退したわけではなく、たまにテレビやラジオなどのメディアに顔も出すことがあるようです。

今に至るまで結婚歴はなし

現在56歳の皆川おさむですが、今現在結婚はしておらず過去に結婚していたという話もないと言われています。皆川おさむの恋愛事情についても調べましたが、過去に交際していた人など現在、恋人もいるかどうなのかという情報も出てきませんでした。恋人や結婚と言ったうわさも無いので皆川おさむが今後、結婚する可能性は少なそうです。

また、皆川おさむは現在代表を務めているひばり児童合唱団の団員を子供のように思っているというコメントをしています。皆川おさむは自分の家庭を持つことよりもひばり児童合唱団の子供を大切に考えているようです。

皆川おさむの今後の動向に注目!

『黒ネコのタンゴ』で一躍有名になった皆川おさむですが、その後『チャージマン研』の挿入歌を担当したり活躍していました。大学1年生の時に逮捕されており前科を持っていたり、糖尿病になり移植手術をしたりなど波乱万丈の人生を歩んできました。現在、ひばり児童合唱団の代表を務めており、子供の成長のために力を注いでいるようです。

気になる皆川おさむの今後に注目が集まります。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
団子。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ