クールな人の特徴11選!クールな女性/男性の性格・心理やモテる理由は

男性女性ともに独特の雰囲気がありモテるクールな人には、どういった性格や特徴があるのでしょうか。冷たいと思われることもあるクールな人ですが、本当のところはどうなのでしょう。クールな人の心理や性格を知っていくと、彼らがモテる理由も見えてきます。

クールな人の特徴11選!クールな女性/男性の性格・心理やモテる理由はのイメージ

目次

  1. 1クールな人とはどんな人?
  2. 2クールな人の特徴
  3. 3クールな男性の性格や心理
  4. 4クールな女性の性格や心理
  5. 5クールな男性がモテる理由
  6. 6クールな女性がモテる理由
  7. 7クールな人は男性も女性もモテる!

クールな人とはどんな人?

クールな人という言葉を耳にしたことがある人は多いことでしょう。しかし実際にどういった人がクールな人なのか理解している人はどのくらい居るでしょうか。まずは、ご紹介する「クールな人」とはどういった人物のことを指すのかを理解していきましょう。

クールな人の定義

クールな人とは、いつも冷静沈着で落ち着いている人、チャラついていたり浮ついたりしていない人に対して使われる言葉です。流行り廃りに流されたり、人の噂話などに流されない人でもあります。また、自分をしっかり持っており、芯が通っている自立した人にも使われることが多いようです。

クールな人と暗い人の違い

一見似ているように見えることから誤解されがちな「クールな人=暗い人」という説ですが、実は全然違います。暗い人は自分の意思や意見をあまり人に伝えなかったり、ネガティブな思考や発言をする人が多いです。また、普段明るく努めていても人と自分を比べてしまったり、人を妬んで陰口が多くなってしまうなど性格面で暗い人もいるでしょう。

クールな人は自分の意思や意見はしっかり持っており、ちゃんと相手に伝えることができます。また、ネガティブなわけではないので後ろ向きな発言や人を妬んだり恨んだりという態度も見せません。自分は自分という確固とした意思があるので人とベタベタ付き合うことが苦手な人もいますが、基本的にはカラッとした性格の人が多いです。

クールな人と冷たい人の違い

いつも一人でいたり人と関わらないようにするクールな人もいることから、クールな人は冷たいのではと考える人もいるようです。「クール」という言葉には冷たいという意味合いがあるのも原因かもしれません。ですが、クールな人と冷たい人も実は全く違います。クールな人と冷たい人は根本的に考え方やスタンスが違うのです。

たとえばクールな人は、人付き合いは苦手という場合でも必要に応じて人付き合いができます。また、必要であれば人に手を差し伸べることもできる人です。一人でいる時間が多いというだけで、家族や友人、恋人のことは大切に思い敬う気持ちもあります。また自分をしっかり持ってはいますが、自分本位な考えで行動することも少ないです。

一方、冷たい人はときに自分本位になり他人のことは考えず、自分のやろうと決めたことを遂行する方に注力します。また、冷たい人は他人がどうなっても自分には関係ないという考えがあるので、困っている人がいても我関せずで関わろうとしません。

本人は「冷たい」という自覚すらない場合もあります。「自分のことを最優先して何が悪いの?」程度にしか考えていないこともしょっちゅうでしょう。そういった、人に親切にする暖かさがなく冷酷に見える一面が、他人に冷たいという印象を与えるのです。

こういった点からクールな人と冷たい人の大きな違いは、人に対して慈しむ気持ちや相手を尊重する気持ちの有無となります。

クールな人が苦手な人の理由

人には好みの違いがあるので、クールな人が苦手という人もいます。そういった人に理由を問うと、上記の暗い人や冷たい人と混合して見てしまっているということも多くあるようです。ほかには、クールな人は何を考えているか掴みにくいので怖いという理由もあります。

クールな人は実際に付き合ってみると、特に冷たい性格でもなく意外と普通な面が多いとわかります。ただ、先入観から取っつきにくい人だと考えてしまう人は多いようです。

クールな人にはギャップがある

クールな人は普段一人でいることが多かったり、あまり表情を変えないことも多いです。ただ、仲良くなると普通に会話を楽しみますし、時には破顔して大笑いすることもあります。普段の表情と楽しく会話しているときのギャップが大きく、仲良くなればなるほど魅力に気付けるのもクールな人の特筆すべきポイントでしょう。

クールな人の特徴

クールな人がどういった人か、また暗い人や冷たい人との違いなどがわかったところで、さらにクールな人について知っていきましょう。知れば知るほど魅力に気付けるクールな人の特徴とは、どういったものなのでしょうか。

特徴①自立している

クールな人は自立しており、自分一人で歩いて行けるような強さがあります。前述のとおり自分の考えや意見はしっかりと持っているので、人に流されることもありません。自立と聞くと大人という印象を受ける人もいるかもしれませんが、クールな人は比較的若い人でもしっかりと自分を律することができます。

特徴②感情的にならない

クールな人の特徴として、あまり感情を表情に出さないという点があります。感情的に声を荒らげることも少なく、常に冷静さを失いません。もし人と意見をぶつけ合う状況になったとしても、淡々と自分の意見を伝えることができるので建設的な意見交換になることも多いです。

感情的にならず冷静に物事を考えて決断することもできるので、自分の決断に後悔することも少ないです。また仮にその決断が上手くいかないものだったとしても、それをただ悔やむのではなく失敗を冷静に分析し、次に生かせるだけの力もあります。

特徴③客観視できる

クールな人は自分のことを客観視できるという特徴もあります。客観的に自分を見ることで、成功したことも失敗したことも冷静に振り返って分析できるのです。また、カッとして感情的になりそうなときも務めて自分を客観視することで、平静を取り戻すこともできます。自分を制御するための術として、冷静に自分を見る力があるのです。

さらに、クールな人はちゃんと反省することもできます。客観的に考えて自分が悪いことをしたと気付いたときは、何が悪かったかもしっかりと理解したうえで周囲に謝罪することもできます。

特徴④余計なことは言わない

クールな人は会話するときに必要なことかどうかを考えて言葉にします。人との会話は楽しみますが、本当にこの話題は必要かを考え、余計なことは言いません。たとえば会話の流れで話してもいいかもしれないと思った話題でも、少しでも迷ったときは話さない方を選びます。口の堅い人というのは、男性でも女性でも信用できるのではないでしょうか。

また余計なことを言わないだけでなく、たとえば複数人で会話しているときに誰かの陰口や噂話が始まったときは、聞かない態度をはっきりと取れるのも特徴でしょう。

特徴⑤1人の時間を楽しめる

クールな人はもちろん友人たちと遊ぶこともしますが、1人の時間も苦になりません。1人で出来る趣味を持っていることも多いですし、1人の時間を上手に活用して自分を成長させることもできます。さらに自分の時間をしっかりと取ることで、頭の中を整理し気持ちをリセットしているという面もあります。

クールな人は1人でいることが多い印象があるので以外に思えるかもしれませんが、クールな人は友人との時間と1人の時間のどちらが大事というものもないです。どちらかではなくどちらも大切に考えているので、友人付き合いを疎かにすることもありません。

特徴⑥頭の回転が速い

クールな人は寡黙な印象が強いですが、実は頭の回転が非常に速い人がほとんどです。普段は無口なのに、なにか困ったり行き詰まったときには的確な助言をくれたり、状況をちゃんと把握して自分の意見を述べることもあります。話ながらも次の展開や今後にまで頭を回せるので、理路整然としていて話がわかりやすいことも多いでしょう。

特徴⑦ファッションがシンプル

クールな人は流行りのファッションにはあまり興味が無いことも多いです。それよりも着やすくて、自分が楽に過ごせる服装を好むことが多いでしょう。

自分を客観的に見ることができるクールな人は、今流行っているファッションが自分に合うかどうかも冷静に考えられます。自分には似合わないと判断したら、どんなに周囲の人が勧めたとしても絶対に手を出しません。自分に合うファッションを把握しているので、シンプルでも自分にとって最適だと考えた服を着ることが多いのです。

特徴⑧悪口やグチを言わない

クールな人は他人の悪口や噂話は嫌いです。自分が言わないのはもちろん、人がしている話も聞こうとしません。ときには場の空気が凍ろうとも「もうやめたら?」と一言静止することもあります。また、周囲がクールな人に「ストレスとかないの?」と聞いても、「特に…」と答えることがほとんどでしょう。

理由としては、クールな人の心理に「人の悪口や愚痴を言っても何も解決しない」という考えがあることが挙げられます。ストレスは溜まりますし、愚痴も溜まりますが、それを人に言っても解決しないことを理解しているのです。また、クールな人はストレスや愚痴を上手に自分で消化する術も持っていることがほとんどです。

特徴⑨人との距離感を考えすぎる

この特徴は、どちらかといえばクールな人の悪い癖とも言える特徴です。人と接しているときに、「馴れ馴れしくしすぎていないか」「失礼な態度になっていないか」など距離感を考えすぎてしまうという性格があります。その結果、相手との距離感がわからなくなり一人で行動することが増えてしまうのです。

クールな人はいつも冷静で、自分のことは客観的に見れるのでしっかり把握もしています。ですが、対人となると自分の感覚だけでは掴めないことがわかっているので、少し臆病になってしまう心理もあるようです。この特徴はいつも器用に見えるクールな人の、意外なギャップでもあります。

特徴⑩声が低い

クールな人は男性女性問わず、声が低い人も多いようです。これは人と会話するときに相手と向き合って会話することが多いので、特に声を張らなくても話を聞いてもらうことができるからです。クールな人の中には「どうして声を大きくして話す必要があるの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

普段寡黙なクールな人は、口を開くとその場にいる人は耳を傾けてしまうという不思議な魅力もあります。あまり話さない人が話す内容に対しては「何を言うんだろう」という興味もあってか周囲が静かにしてくれます。そのため声を張らずに話せる環境になり、自然と低めな声の人が多くなるようです。

特徴⑪自分自身をコントロールできる

前述のとおり、クールな人は自分を客観的に判断することができます。その結果、感情的にならないだけでなく考え方や行動面でも自分をコントロールできるのです。感情的な行動や発言のリスクも理解しているので、感情的になりそうなときこそ自分をしっかりコントロールします。

またモチベーションが下がりそうな時でも、自分で自分のやる気を上げることもできます。自分をしっかり持つということは、こういった自分自身をコントロールする力が必要不可欠なのかもしれません。

クールな男性の性格や心理

ここまでは性別を問わないクールな人の特徴を見ていきましたが、同じクールな人でも男性や女性で違う部分はあるのでしょうか。まずはクールな男性の性格や心理を見ていきましょう。

性格や心理①常に冷静なのでピンチに強い

クールな男性は常に冷静さを忘れず、どうすれば状況を打開できるかも瞬時に考えることができます。ピンチになったときも、どう対処すればいいかを冷静に考えて行動に移せるので、上手に切り抜けることができるようです。

また性格的に慌てて取り乱すようなこともないので、「この人に任せれば大丈夫」という信頼にも繋がります。信頼や期待を寄せられても心理的に追い詰められることのない、プレッシャーに強いところもあるようです。

性格や心理②情緒が安定している

クールな男性は心理的にもブレることがほとんどなく、落ち着いて安定した精神を持っていることが多いです。情緒が安定しているので余裕があります。ただその安定した情緒が影響し、感情の起伏が乏しい面もあるようです。元々はしゃぐような性格ではないので、どこか冷めて見えることもあるでしょう。

みんなで遊んでいるときにもクールな男性は淡々としているので、「つまらない」のかなと不安に思うかもしれません。ですが、周囲にはわかりにくいだけで本人としては存分に楽しんでいるということもあるようです。

性格や心理③ミスを引きずらないので切り替えが早い

クールな男性の心理には、ミスをしたときに引きずらないという点も挙げられます。ミスをしたことを反省はしますが、引きずっていても何も進展しないことも理解しているのですぐに切り替えることができるようです。また、なぜミスをしたのかを冷静に考えることができる心理的な余裕もあるので、原因を把握して同じミスは繰り返しません。

こういった点から、クールな男性には仕事をきっちりとできる人が多いです。

クールな女性の性格や心理

続いて、クールな女性にはどういった心理や性格があるのかも見てみましょう。中には複雑な心理が働いている場合もあるようです。

性格や心理①自立しているので人に頼らない

困ったときに周囲に助けを求められる女性が可愛いと理解はしているものの、クールな女性はそういった可愛さを演じることが苦手です。困ったときも自分で対処しようと考えてしまう性格であり、さらに大抵のことは実践できるだけの力も持っているので、人に頼ることができません。

性格や心理②無駄な発言をしないので近寄りがたくみられる

クールな女性は複数人で会話しているときも口数が少なく、あまり表情も変わりません。そのため何を考えているかわからないと思われることも多いです。一緒にいる友人たちが楽しそうであればあるほど、傍から見ると温度差があるように映り、関わりにくい人だという印象を与えてしまいます。

実際に接してみるとそういったイメージは変わることがほとんどですが、会話の切っ掛けが掴めず誤ったイメージが解けないことも多いのです。

性格や心理③自分を偽るためにクールを演じている場合も

中には本来はクールな性格ではないものの、本当の自分を知られたくなくてクールな女性を演じているという人もいます。例えばあまり人には知られたくない趣味を持っている女性が、深く探られたくないという心理からクールな女性を演じて人と距離を保っているということもあるのです。

仲良くなったのになかなか連絡先を教えてくれないということがあったり、急に距離が開いてしまったと感じることもあるかもしれません。そこには彼女なりの葛藤や理由が必ずあるはずです。不思議に思ったとしても「どうして?」と無理に距離を詰めたり理由を聞き出そうとせず、その距離感を守るようにしましょう。

クールな男性がモテる理由

取っつきにくいと感じる人も多いクールな人ですが、意外と異性からモテるのをご存知でしょうか。どうしてクールな人は異性にモテるのか…それにはちゃんとした理由があります。まずはクールな男性のモテる理由から見ていきましょう。

モテる理由①大人な雰囲気が魅力的

クールな男性は気持ちに余裕があることで大人っぽい雰囲気があり、特に同世代の女性には非常に魅力的に映ります。頼りになりそうというイメージが強く、実際に困ったときには的確なサポートをしてくれるので頼り甲斐もあるからでしょう。また寡黙なところも、大人な雰囲気をより際立たせているようです。

モテる理由②清潔感があって爽やか

クールな男性は爽やかな雰囲気もあります。身だしなみに気を配ることができ、清潔感も保つことを忘れません。そういった点が女性には爽やかな人として映り、好感を与えるのです。また時に冷たい印象も与えるクールな男性ですが、実際に接してみると決して冷たい人ではないとわかるため、そのギャップから好印象に繋がることも多いようです。

モテる理由③皆平等に接するので信頼感がある

クールな男性は特に誰か一人をえこひいきするといった性格ではありません。みんなに対して平等に接するので、裏表もないのが相手にも伝わります。人によって態度を変えることがないクールな男性は、恋愛においても誠意をもって付き合ってくれそうという印象を与えるので、女性からの信頼を得ることもできるのです。

モテる理由④ポリシーがありブレない

クールな男性は自分の思考や行動に確固としたポリシーを持っています。客観的に見て「これは違うな」と感じたときは別ですが、基本的にはブレることもありません。そういったところが女性には堂々として見えて、かっこいい男性という印象になります。

特に仕事ではしっかりとした結果も残し、周囲からの信頼も厚いので、後輩の面倒を見る役目が与えられることもあります。これは厄介ごとを押し付けられているわけではなく、自分に与えられた仕事は真面目に打ち込み、仕事についての知識もあると評価されているからです。実際に仕事についてどんな質問をされても的確に教えることができるはずです。

こういった性格が、女性にとっては頼もしい男性として魅力的に映るのです。

クールな女性がモテる理由

クールな男性は寡黙ながらもしっかりと結果を出すなど、大人なところがモテるポイントだとわかりました。では、クールな女性はどういったところがモテる理由になっているのでしょうか。

モテる理由①サバサバしているので付き合いやすい

クールな女性は基本的に人と自分を比べることはなく、過剰に人とベタベタすることもありません。それは「距離感を測り損ねている」という可能性もあるのですが、周囲にはサバサバとした女性という印象を与えます。そのサバサバ感が冷たいという印象ではなく、変に気を揉まず付き合えるという好印象になっているのです。

男性は束縛されることを好まず、自分の行動はある程度信頼して見守ってほしいと考えているところがあります。その点クールな女性は自分だけで生きていけるほど自立心があり、相手を尊重することもできるので束縛されることがありません。

嫌なことは嫌とハッキリ伝えることもできるので、男性が自由すぎることで不満があれば訴えることもできます。そういったところも、付き合いやすい印象を与えているのではないでしょうか。

モテる理由②思慮深いので知的さを感じる

頭の回転が早く口数の少ないクールな女性は、知的な女性という印象を与えることも多いです。必要なときに必要なことは伝えることができますし、そのときも相手に伝わるよう言葉を選んで話したり、伝わらなければさらにかみ砕いて話すこともできます。

物事を話す時は相手に伝わるよう、その事象についての知識を広げ、より理解しやすい説明を心がけています。そういった思慮深さが知的で魅力的な女性というイメージになるのです。

モテる理由③自分の為に時間を費やす姿に魅力を感じる

クールな女性は自分を成長させるため、1人の時間も有効活用します。「この時間は自分のために使おう」と割り切った時間の使い方もでき、その時間を無駄にすることもありません。そういった自分のために時間を使い、物事に打ち込む姿も、クールな女性を魅力的に見せる理由の一つのようです。

モテる理由④人によって態度を変えないので同性からも好かれる

男女問わず、人としても好かれる理由はやはり「人を見て態度を変えない」「誰にでも同じように接する」という姿勢でしょう。女性の中には男性を目の前にすると態度がコロッと変わったり、女性同士でも表と裏で態度が全く違うということがあります。ですが、クールな女性にはそういった二面性はありません。

クールな女性は同性から「かっこいい」と評されることも少なくないでしょう。誰に対しても同じように接し、変に媚を売ることもなくサバサバとしているので、男性はもちろん女性からも好かれるのです。そんな同性による評価ほど信用できるものはありません。

同性が「本当に良い人!」という人こそ、どんな人から見てもいい人であるというのは男性、女性どちらにも言えることなのではないでしょうか。

クールな人は男性も女性もモテる!

一見取っつきにくそうで気難しそうな印象も与えることのあるクールな人ですが、実際のところは自立してしっかりと自分を持った成熟した人であることがわかりました。クールな人の魅力は知れば知るほど溢れてきます。深く付き合わなければ気付けないギャップもあり、「もっと知りたい」と思わせる不思議な魅力に魅了される人も少なくありません。

もし周囲にクールな人がいるという場合は、先入観は捨てて接してみてください。相手を尊重する気持ちを持って接していると、安心感と信頼感のあるいい関係が築けるかもしれません。

関連する記事はこちら

Thumbドライな人の特徴11選!ドライな人の心理・性格や恋愛傾向とは
ドライな人は感情表現に乏しいため、性格が冷たいと誤解されがちです。彼氏がドライな人だった場合...
Thumb怒らない人の心理や考え方の特徴11選!怒りをコントロールする方法は
怒りたくなるような場面でも怒りを表わさない「怒らない人」がいます。冷たくて無関心とも言われま...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kiyo

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ