和由布子(五木ひろし嫁)の現在!病気は難病?子供は?【画像】

和由布子は美人女優として活躍していましたが、五木ひろしとの結婚を機に引退しました。和由布子と五木ひろしの馴れ初めや、結婚生活についてまとめました。また、病気や難病との噂の真偽や、子供について、五木ひろしの嫁として現在どのような生活をしているかに迫ります。

 和由布子(五木ひろし嫁)の現在!病気は難病?子供は?【画像】のイメージ

目次

  1. 1和由布子(五木ひろし嫁)とは【画像】
  2. 2五木ひろしとの馴れ初めと結婚生活
  3. 3和由布子の気になる噂
  4. 4気になる!和由布子の現在
  5. 5和由布子は五木ひろしと幸せな生活を送っていた

和由布子(五木ひろし嫁)とは【画像】

和由布子(かずゆうこ)は歌手で作曲家でもある五木ひろしの嫁です。五木ひろしといえば、2018年の紅白歌合戦で48回目の出場を果たしている大物演歌歌手で、2007年11月には紫綬褒章も受賞しています。和由布子は五木ひろしとどのように出会い、結婚し、今現在はどのような生活をしているのか、などに迫ります。

和由布子のプロフィール


・本名:松山早知子(旧姓・富屋)
・生年月日:1959年4月29日
・現在年齢:60歳
・出身地:東京都豊島区
・血液型:O型
・活動内容:元女優、五木ひろしプロモーション代表取締役社長
・家族構成:夫は五木ひろし

和由布子は1959年に東京都で生まれました。黒柳徹子、小林旭の妻で元女優の青山京子、女優の片桐はいり、『守り人』シリーズで知られる作家の上橋菜穂子らを輩出した香蘭女学校の出身です。1981年には「ミス着物」に選出されています。
 

美人女優として活躍

和由布子は1983年NHKドラマ『松本清張シリーズ・波の塔』でデビューしました。『波の塔』は人妻と青年検事の恋愛を描いており、松本清張の代表的長編恋愛ロマンとされている作品です。1960年に映画化され、8度もテレビドラマ化されています。

1983年版の脚本はジェームス三木で、演出は和由布子に女優の道を勧めた和田勉でした。人妻を佐久間良子が、その夫を山崎努が、東京地方検察庁の青年検事を鹿賀丈史が演じています。和由布子は女子大卒業後の一人旅で鹿賀丈史演ずる青年検事に会い、彼に惹かれる田沢輪香子を演じました。
 

翌1984年には映画『化粧』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。『化粧』は京都の料亭「蔦乃家」の美人三姉妹の物語で、長女頼子を松坂慶子が、次女里子を池上季実子が、三女槙子を和由布子が演じました。

3姉妹の母で女将のつねを2019年5月に亡くなった京マチ子が演じています。その後和由布子は、テレビドラマ、映画、舞台などで、美人女優として活躍しました。

五木ひろしとの結婚を機に引退

その後和由布子は五木ひろしと出会って見初められ、1988年3月14日に、五木ひろし40歳の誕生日を選んで婚約を発表しています。和由布子は五木ひろしの約11歳年下でこの時28歳10カ月でした。翌1989年5月に和由布子と五木ひろしは結婚し、これを機に和由布子は女優を引退しました。

五木ひろしとの馴れ初めと結婚生活

美人女優の和由布子は、大物演歌歌手の五木ひろしとどのように出会って五木ひろしの嫁となり、どのような結婚生活を送っているのでしょうか。二人の馴れ初めと結婚生活に迫ります。

きっかけは舞台の共演

五木ひろしと和由布子の交際のきっかけは、舞台の共演でした。五木ひろしはお芝居の花道を一緒に歩きながら、「このまま人生を共に歩いていきたい」と思ったといいます。五木ひろしの猛アタックで交際が始まり、交際2か月で婚約を発表したそうです。

豪華披露宴が話題に

1989年に行われた五木ひろしと和由布子の結婚披露宴は5億円もかけた豪華なもので、当時大きな話題になりました。この金額は当時の芸能界史上最高額だったと言われています。全長11メートルのウエディングケーキが用意され、クレーン撮影が行われるなど、披露宴の様子はテレビで大々的に中継され、日本中の注目を集めました。

30年経っても夫婦円満な家庭

五木ひろしと和由布子は結婚後30年が経ちますが、夫婦円満な家庭だといいます。和由布子は五木ひろしと大阪ガスのCMで共演したこともありますし、五木ひろしの嫁としてイベントにも駆け付けるそうです。

子供は3人いる

五木ひろしと和由布子の間に子供は3人おり、息子2人と娘1人だということです。3人とも美形で賢く、しっかりした子供だという評判です。五木ひろしが語学留学と英語習得を夢見ながら果たせなかったということで、子供たちはみんな語学留学を経験しており、英語も堪能だといいます。

2019年に30歳を迎える長男は、名前は公にされていませんが、世界最大の音楽企業であるユニバーサルミュージックグループの香港支店で働いているということです。結婚して子供にも恵まれているそうですから、五木ひろしと和由布子もおじいちゃんとおばあちゃんということになります。
 

次男は松山和真(かずさ)といい、高校時代は読者モデルをしていました。2011年18歳の時に、飲酒や喫煙の疑いが持たれ、批判が殺到する事件がありました。きっかけは、友人で青山学院大学に在籍していた田中舜が、自身が飲酒や喫煙をしている写真をSNSに投稿したことでした。そこに松山和真が一緒に写っていたことで、同類と見られたのです。

松山和真は2015年にイギリスの芸術大学を卒業しています。留学中に「和」の魅力を再認識したといい、日本画を現代風にアレンジした作品を描いています。2017年12月16~17日には渋谷で初の個展を開き、プロの画家としてデビューしました。将来はネットやファッションのデザインも手掛け、世界に発信できるようになるのが夢だそうです。

末娘で長女の松山華奈子は、2011年の映画『ハリーポッター』の特別試写会に五木ひろしと一緒に現れてメディアに出演したり、2014年の五木ひろし50周年コンサートでは花束贈呈をしたりしています。将来は芸能界デビューするのではないかとの憶測を呼びました。2018年に青山学院大学を卒業しましたが、現在芸能界デビューの話はでていません。

和由布子の気になる噂

和由布子といえば、インターネット上で「病気」「難病」というキーワードが検索されてきますが、本当に病気なのでしょうか。名付け親は和田勉だという噂もあります。五木ひろしの嫁である和由布子の気になる噂の真相に迫ります。

病気で難病の噂はデマ

五木ひろしの嫁である和由布子が病気で、しかも難病だという噂がインターネット上に流れたことがありますが、そのような事実は全く確認できませんでした。おそらく、他の演歌歌手の妻や似た名前の女優と勘違いされたのだろうと思われます。

名付け親は和田勉?

和由布子が女優の道を歩くようになったきっかけは、1982年に知人の紹介で知り合った演出家で映画監督の和田勉に勧められたことです。その後一年間、永曽信夫に師事してお芝居の修行を積み、1983年に女優デビューしています。芸名の名付け親は和田勉で、「和田勉」から「和」の文字をとっているということです。

気になる!和由布子の現在

人気絶頂の中、五木ひろしとの結婚を機に女優を引退した和由布子は、五木ひろしの嫁として現在どのような生活を送っているのでしょうか。和由布子の現在と、五木ひろしとの夫婦仲に迫ります。

五木プロモーションの社長

現在、和由布子は五木プロモーションの代表取締役社長として活躍中です。その際、本名松山早知子の一部を平仮名表記した「松山さち子」の名を使っています。和由布子は縁の下の力持ちとして夫の五木ひろしを支えているのです。

夫婦でマラソン大会に出場

和由布子は、五木ひろしと夫婦そろってマラソン大会にも出場しています。五木ひろしは地元の福井県美浜町で『美浜・五木マラソン』というマラソン大会を毎年開催しています。この大会は結婚した1989年の6月に初開催し、後に『美浜・五木ひろしマラソン大会』と改称され、2018年には30周年を迎えました。そこに嫁の和由布子も姿を見せています。

2018年大会の際に和由布子はスポーツ紙の取材に応じ、以前は夫婦の部で一緒に走った思い出を語りました。そして、家族でまた一緒に走れたら楽しいだろうとコメントしています。五木ひろしと夫婦そろってランナーとして走る姿がまた見られるかもしれません。

夫婦仲を伺わせるインタビュー

2017年9月、『サワコの朝』に出演した五木ひろしが、MCを務める阿川佐和子からのインタビューを受け、「支えてくれるから頑張れる」と円満な夫婦仲を伺わせるコメントをしています。五木ひろしが和由布子を「妻」でなく「嫁さん」と呼ぶことにも、「家に入ってくれた」という感謝が込められているようです。

五木ひろしも和由布子も子供たちも、お互いに感謝を忘れず、その思いを照れずに伝え合っている様子が伺えるインタビューとなっています。思いやりのあふれる理想的な家族といえるでしょう。

和由布子は五木ひろしと幸せな生活を送っていた

和由布子は五木ひろしとの結婚を機に、女優からは完全に引退しました。しかし五木ひろしの嫁として、主婦として、五木プロモーションの社長として、そして3人の子供の母として活躍しています。3人の子供たちは社会人となり、将来が期待されるところです。

夫婦仲も円満で、お互いを思いやりながら、幸せな生活を送っています。今後も和由布子は五木ひろしの嫁として、五木ひろしを支えながら、共に手を取り合って人生を歩んでいくことでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ