相手の立場に立って考える方法!人の気持ちを理解するコツは

相手の立場に立って考える方法をご紹介します。相手の立場に立って考える事ができる人の特徴や実例、相手の立場で考えられない人の原因についても徹底解説していきます。人の気持ちを理解するコツにも伝授するので、人の立場に立てているか不安な人は早速チェックしてましょう。

相手の立場に立って考える方法!人の気持ちを理解するコツはのイメージ

目次

  1. 1「相手の立場に立って考える」ということ
  2. 2相手の立場に立って考える事ができる人の特徴
  3. 3相手の立場に立って考える事ができない人の原因
  4. 4相手の立場に立って考えるの実例
  5. 5相手の立場に立って考える方法
  6. 6人の気持ちを理解するコツ
  7. 7相手の立場に立って考える努力をしていこう

「相手の立場に立って考える」ということ

「相手の立場に立って考える」とは一見当たり前のように感じる人も多いことでしょう。しかしこの当たり前のことが、実は全くできていないということが現実にはあるものなのです。仕事でも家庭生活でも恋愛をしていても、あるいは車の運転や電車内のマナーにおいても言えることかもしれません。

相手の立場に立って考える事ができるとどのようなメリットがあり、それができないとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

良い人間関係を作るために必要

人は誰でも自分の言い分や立場を分かって欲しいと望むものです。もし自分を理解してくれる人がいれば、人はその人に好感を持ちますし信頼もするでしょう。しかし自分の立場を分かってもらえなければ、そこにはなかなか良好な人間関係は築けません。

相手の立場に立って考えるということは、人の社会で良い人間関係を育むためには不可欠な心掛けと言えるのです。

自分のことしか考えられない人が多発

相手の立場になって考えることは、対人関係を築く上で最も重要なことです。しかし、世の中は自分のことしか考えられない人で溢れているのが現実です。ルールやマナーは名ばかりで、まず自分を優先してしまい相手の迷惑や苦しみには目を向ける余裕がない人が増えています。

相手の立場に立って考える事ができる人の特徴

相手の立場に立って考える事ができる人には、どのような特徴があるのでしょうか。相手の立場に立って考えられる人になりたいと望む人は、まずこの特徴を自分に照らし合わせてみましょう。

特徴①相手の話をしっかり聞ける

相手の立場に立って考える事ができる人は、相手の話をしっかり聞けるという特徴を持ちます。「傾聴の心」とも言われますが、人が話すと自然とその話の耳を傾けて関心を寄せる習慣がそなわっていると言えるでしょう。人が考えていることはまずその話を聞かなければ分かりません。

そして、人は自分の話を真摯に真面目に聞いてくれる人には大変好感を抱き、信頼もするものです。自分の立場を理解してくれると感じるので心も開こうとするのです。

特徴②常に相手の事を考えている

相手の立場に立って考えることができる人は、常に相手の事を考えているという特徴があります。自分のことに固執するよりも、相手が何を考え何を欲しているのかに気を配ることができるのです。さらにただ相手の立場に立って考えるだけでなく、その望みや要求に対して柔軟に対応することもできます。

当たり前のことですが、この世に自分は一人でそれ以外は全員自分とは違う人間です。その自分とは違う人にアンテナを向けて、思い遣ることで人の中でとても生き易くなるのもまたまぎれもない事実なのです。つまり相手の立場に立って考えることができるひとは、多くの人から好かれて信頼もされるということが言えるでしょう。

特徴③頭の回転が人並みより早い

相手の立場に立って考える人は、頭の回転が人並みより早いのも特徴です。相手の立場に立って考える人は常に相手のことを考え、その要望に対して柔軟に対応できます。これは頭がいい証拠と言えます。相手の様子を見ながらその心の矛先がどこを向いているのか的確に捉えて対応しようと思えば、頭が鈍いとできるものではありません。

相手の立場に立って考える事ができない人の原因

今度は、相手の立場に立って考えることができない人の原因について解説していきます。相手の立場に立てないと、どうやっても良い人間関係が築けません。自分は大丈夫と思い込んでいても、知らず知らずに陥ってしまっているパターンがあるかもしれません。念のためしっかりチェックしておきましょう。

原因①自分勝手

相手の立場に立って考えることができない人は、自分勝手であることが多いと言えます。平たく言えば、自分を中心にして世界が回っていると思い込んでいる人です。それは決して国のトップについていたり大企業を率いる経営者というわけでもありません。

家庭の主婦や普通に会社に勤めている人でも自分中心に地球が回っていると思い込んでしまう恐れは十分にあります。自分がルールのようになってしまっているので相手の都合や欲求、不満や悲しみなどに心が及ばない傾向が強いわけです。

原因②損得勘定で動く

相手の立場に立って考えられない人は、損得勘定で動く特徴もあります。自分が得をするか損をするかが基準なので、得をしそうな場合は人の話を聞きますが、損をするとなると相手の都合は一切無視して立場を汲み取るということはしません。あくまで自分の立場が可愛くて保身に走るため、自己中心的で人のことは二の次になってしまうのです。

原因③鈍感

相手の立場に立って考えることができない人は、鈍感とも言えるでしょう。目の前で人がSOSを出していても気づかないことが多く、こうして欲しいと自分に対するリクエストや不満の意味で訴えられていることもまったく気づかなかったりします。

それは言い方を変えれば、自分にしか興味がなく状況の変化や周囲の人たちの心境の変化に気づけないとも言えるでしょう。いわゆる「鈍い人」というタイプです。

原因④何も考えず発言する

相手の立場に立って考えることができない人は、何も考えずに発言する特徴があります。人と会話をしていてもその場で思いついたことを口にしたり、自分の立場でしかモノを言わないタイプです。悪気はないのですが、その発言内容は横柄に聞こえたり、上から目線だったり、相手が傷つくことをずけずけと平気で言ってのけたりすることが少なくありません。

また周囲からはお呼びではない立場であるにも関わらず、人の会話に割り込んで言いたいことを言って去っていくというタイプもいます。そこに相手の都合や気持ちを慮るという気遣いはないのです。

原因⑤人とのコミュニケーション不足

相手の立場に立って考えることができない人は、人とのコミュニケーション不足であることも少なくありません。普段から多くの人の中に混じって会話をしたり人の話を耳にしたり仕事をしている場合は、自然と相手の立場に立つことができていたりします。またそうでなければ人間関係を円滑に維持することも難しいでしょう。

しかし極端に人との交流が少なく、どちらかと言えば人を避ける傾向が強い人の場合は相手の立場に立って考えることが苦手なケースがあります。そして自分が相手の立場に立って考えられない人ということにの気づかないでいるケースも少なくないのです。

相手の立場に立って考えるの実例

相手の立場に立って考えるということについて、具体的な例を見ていくとイメージしやすいでしょう。仕事上のメールや自己紹介を例にとって見ていきましょう。各自の立場に従ってこの実例を参考にして実践してみましょう。

実例①仕事中のメールのやりとり

相手の立場に立って考える、仕事中のメールの実例を紹介しましょう。「今朝は、大変丁寧な調査結果をご報告下さり誠に有難うございました。お蔭様で現状が良く把握できましたし、問題点もとても良く整理されていたので手に取るように理解することができました。ここまで調査するには相当の手間暇がかかったでしょうし、さぞかし神経も遣われたことでしょう。

この件を○○さんに依頼して本当に良かったと思います。この結果は是非とも有効活用させて頂きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。」このように相手をねぎらい、褒められるところをきちんと褒めます。相手の能力や今の立場を考え、想像をめぐらしてメッセージを送るように心がけましょう。

実例②自己紹介でのアピール

面接などの自己紹介でのアピールです。「私は人前でリーダーシップを取るというよりは蔭で支えていく方が得意なタイプです。しかしこれは自分の長所と確信しています。具体的には部活やサークルなどの組織でも人の話を良く聞くことを心掛けてきました。

メンバーによって考え方や立場は様々で、意見を言うより聞いてあげる側に回るとたとえ自分の想い通りにならない時でも積極的に協力してくれる人が多いことに気づいたのです。結果として全体がまとまって成果が出ることが何度もあり、達成感を心の底から味わいました。」

どのようにして相手の立場に立つかを具体的に示し、その結果としてどのような利点があったかを解りやすく述べるようにしましょう。

相手の立場に立って考える方法

相手に立場に立って考えることができれば、良い人間関係に恵まれるだけでなく、仕事も順調に運び思った以上のパフォーマンスが発揮できると期待できます。果たして相手の立場に立って考えるためにはどのようなことをしていけば良いのでしょうか。その具体的な方法を伝授していきましょう。

方法①たくさんの人と触れ合う

相手の立場に立って考えることができるためには、たくさんの人と触れ合うのが良いでしょう。先に述べたように、相手のたり場に立って考えることができない人は、そもそもコミュニケーション不足の傾向が強いと言えます。

それを解消するためにも老若男女関係なく、できれば職種、国籍も異なる様々なタイプの人たちと自分から交流していくことが有効と言えます。普段あまり接したことのない人たちと触れ合えば、自分の意見が真っ向から否定されることもあれば、思いつきもしなかった考え方を聞かされることもあるでしょう。

そして少なからずカルチャーショックを受けるかもしれません。しかしそのような経験を通じて、自分の立場に立ってもらえないことの苦しみや歯痒さが学べます。

また多面的なものの捉えたかを吸収できるので、自ずと人の立場に立って考えることが身につくと考えられるのです。

方法②当事者のつもりで考える

相手の立場に立って考えることができるためには、当事者になったつもりで考えることを習慣づけていく方法も良いでしょう。相手の立場に立てないのは、自分本位の考え方や自分の枠で相手の事を見ていることが原因していることが多いので、一度自分の立場や殻を思いきって捨ててみるのです。

厳密に言うと不可能なことですが、まるごと相手になりきってその方向から物事を見ていくことで相手の気持ちや言い分などが理解しやすくなるかもしれません。人は誰しも育った環境や生きてきた背景が違うので、その立場で他人を見たところで絶対に分かり合えないものです。

潔く自分の立場やこだわりを脱ぎ捨てて、相手の話にじっくり耳を傾ければ今まで見えなかった世界が見えてくるでしょう。

方法③自分が嫌なことを他人にしない

相手の立場に立って考えるためには、自分が嫌なことを他人にしないことを意識してみるのも良いでしょう。これは人間関係を構築するうえでは当たり前のことと思う人も多いかもしれません。しかし実際にはできていないことも珍しくないのです。

もちろんお世話になっている人や上司などには、気を付けていても付き合いの長い慣れきった友人や恋人、家族などには案外自分が嫌なことをしたり、言ったりしているかもしれません。これは余程注意しなければ気づけないので1週間くらい冷静に自分の言動をチェックしてみましょう。

方法④思いやりの心を持って接する

相手の立場に立って考えることができるためには、思いやりの心を持って接することも大切です。先ほど、自分が嫌なことは他人にしないということを述べましたが、さらに自分が嬉しいと思うことを他人にもしてあげることを意識すると良いでしょう。

その行為は思いやりのある行動と言えます。さらに相手が話していることを知っていたとしても知らないふりをして聞いてあげるかと、本当は見たけど見なかったふりをするという思いやりも持てると良いでしょう。そのような心掛けが、やがて相手の立場に立って考えることが自然とできるようにと自分を変えてくれることでしょう。

方法⑤相手の全てを客観視する

相手のすべてを客観視するのも、相手の立場に立って考えるための良い方法です。たとえば人を見るときに、その人の「良いところ」「悪いところ」「残念で惜しいところ」の3つを探して冷静に観察してみます。するときっとこのように褒めて欲しいのだろうとか、ここは同情して欲しいのだろう、ということが分かってきたりします。

その相手が倫理的に正しい主張をしているかどうかは別として、人は自分の立場を分かって欲しい気持ちが誰にでもあるので、上記の3つの観点から相手を客観視することで相手が望むような対応を示すことが可能になると言えるのです。

人の気持ちを理解するコツ

人の気持ちが理解できれば、自ずと相手の立場に立つことができるでしょう。それにはいくつかのコツがあります。相手の立場に立って考えることが習慣化している人なら当たり前にしていることだたりするのですが、そうでない人にとっては意識しないとなかなかできないものかもしれません。

相手に関心を持つ

人の気持ちを理解するには、相手に関心を持つことがコツになります。その人が何が好きで、何が苦手か、またどのような生活スタイルで生きているのかについて、興味を持つようにしてみるのです。それにより段々とその人の発想方法や考え方が理解できることがあります。

自分基準で考えない

人の気持ちを理解するには、「自分なら」「私だったら」という発想を捨てましょう。そこに自分を持ち込むと相手の想いや考え方が見えなくなってしまいます。あくまで主役は相手なので自分基準ではなく、相手基準を少しでも早くに見つけ出すことです。

立場を変える

立場を変えて相手の立場で何かをやってみる、というのも人の気持ちを理解するコツと言えるでしょう。たとえば普段車で送ってもらっている人が、運転して送ってあげるのです。するとこの道は案外走りにくいとか、この距離をいつも15分で走ってくれているのは早い方だと気づけるかもしれません。

その立場でないからこそ偉そうに言えたり簡単に批判したりするのですが、立場を逆転してみるととてつもなく難しくて、相手を尊敬できるということが良くあるものなのです。

相手の立場に立って考える努力をしていこう

相手の立場に立って考えることができるようになれば、人間関係がとても円滑に進むようになります。恋愛や家族の事、またビジネス上でも何かと物事がうまく運ばずに息詰まっていると感じたら、一度自分が相手の立場に立てているか見直してみましょう。

自分よりも相手の立場になりきって物事をとらえ、理解する努力をすれば面白いように問題が解決することがあります。自分勝手な自分を横において思いやりのある振舞いを心掛けてみましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ