「おかのした」の意味・由来や使い方とは?元ネタは野獣先輩?

インターネット用語のひとつに「おかのした」という言葉があります。その意味は「わかりました」で、由来はホモビデオの男優・野獣先輩の発言の聞き間違いとされています。そこで意味や元ネタ、語源や使い方など「おかのした」ついて詳しく解説していきます。

「おかのした」の意味・由来や使い方とは?元ネタは野獣先輩?のイメージ

目次

  1. 1「おかのした」の意味とは
  2. 2「おかのした」の元ネタや語源とは
  3. 3「おかのした」の使い方と例
  4. 4「おかのした」の類語
  5. 5言葉の意味を正しく理解して使おう!

「おかのした」の意味とは

「おかのした」とはインターネットで使われるネットスラングのひとつです。その由来には下ネタが関係していると言われています。よって「おかのした」について何の知識もないまま気軽に使うことはお勧めできません。何故ならば、使っていて聞かれたり指摘されたりした時に恥ずかしい気持ちになってしまうことが考えられるからです。

そこで「おかのした」の意味や由来、語源や元ネタについて解説していきます。これらを参考に正しいタイミングやシチュエーションで使っていくようにしてください。

「おかのした」=「わかりました」

「おかのした」とは、「わかりました」という意味であり、その文字や読み方通り「丘の下」という意味では決してありません。ネットの言葉だけあってわかりにくいですが、使う方は誤用にはくれぐれも注意してください。また、無理に使おうとしたり知ろうとする必要はありませんので、意味だけでも頭に入れる程度にするといいでしょう。

ネット掲示板で主に利用

最初のところでもふれたとおり「おかのした」はネット用語で、2ちゃんねるなどのネット掲示板で使われることが多いです。そして基本的に「わかりました」の意味で使われていますが、意味がわかったからといって簡単に軽々しく使ってはいけません。場の雰囲気やタイミングを掴んだ上で使わないと思わぬトラブルやハプニングを招いてしまうからです。

そのようなことにならないためにも、ネット掲示板を日頃から利用している方は「おかのした」の意味をしっかりと覚えましょう。その上で、正しいタイミングで使っていくよう心がけるのが使い方として大事なポイントです。

「おかのした」の元ネタや語源とは

「おかのした」という言葉はいったいどこで発生したもので、元ネタや語源となったものはどんなものなのでしょうか。そしてどのような形で「おかのした」は「わかりました」という意味のネットスラングとして誕生することになり、ネットで大勢の人々に使われるようになっていったのでしょうか。

「おかのした」の元ネタや語源は以下の通りとなります。その元ネタや語源は知らないまま使用すると恥ずかしいものとなっていますので、その点について留意するようにしてください。

野獣先輩の発言がきっかけ

「おかのした」の由来はホモビデオに出演する男優の発言の聞き間違いからきています。その男優が「野獣先輩」です。野獣先輩はAV男優として有名な男性で、有名な出演作である『真夏の夜の淫夢』の第4章のタイトル「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」がその名前の由来となっています。

ホモビデオでの誕生秘話

野獣先輩の出演作のひとつであるホモビデオ『空手部・性の裏技』において、「おかのした」の元ネタとなるシーンが生まれました。それは野獣先輩が男性同士の絡みを演じていた時に、相手役である男優の発言に対して口に物を咥えた状態で「わかりました」と答えました。

ところが野獣先輩が口に物を咥えていたため、さらに滑舌が少々悪かった影響もあり「おかのした」と聞こえてしまいました。そうした発言の聞き間違いが多くのファンの印象に残ることとなったのです。

ネットスラングとして広まる

そんなホモビデオの聞き間違いから生まれた「おかのした」は、多くのファンの心に残ったと共にネットスラングとして定着することになります。そして、多くの掲示板で活用されるなど瞬く間にインターネットに広まることとなりました。こうしたホモビデオの聞き間違いが大きな流行となったのは異例な出来事でしょう。

「おかのした」の使い方と例

「おかのした」はネットや現実の会話の中で日常的に使っていっても大丈夫なのでしょうか。ホモビデオの発言が語源となったネットスラングということもあり、意味を理解しても使い方に困ってしまうという人も少なくはないでしょう。

しかし既にネット用語として多くの人に使われているため、由来や語源については深く考えたり気にしたりする必要はありません。ここからは「おかのした」の「わかりました」としての使い方を紹介していきますので、使い方がわからない方は参考にしてみましょう。

例文①:頼まれ事をされた時

「おかのした」は「わかりました」という意味ですので、何かを頼まれたり相手の言葉を了解した時に使うのが定石です。具体的な使い方としては、「○○さん、お願いします」と相手から言われた時に「おかのした」と答える形です。普段「わかりました」と答えるタイミングで使うのが無難でしょう。

また、ネット上で上司が「○○を買ってこい!」と部下にメッセージを送った際、部下が「おかのした」というコメントを出す形で使われることが多いようです。

例文②:確認をする時

「おかのした」の使い方は、何かを確認する際にも当てはまります。例えば「○○が間違っている」などの報告を受た時「おかのした」と単体で返すといった形です。

しかし「おかのした」はネットスラングですので「わかりました」の意味でもむやみに使ってはいけません。理解のある人やある程度仲の良い人にだけ使うようにすれば、場の空気や人間関係をこじれさせずに済みます。

例文③:返事をする時

適当な会話での返事もまた「おかのした」が使えるタイミングになります。「おかのした」はホモビデオ内の発言が由来となったネットスラングですので、気軽に使いにくいものです。そのため、ネットや現実でも「おかのした」を使う時には使ってもいい相手や場面かを考えて返すようにしましょう。

「おかのした」の類語

「おかのした」にはさまざまな語源や元ネタのある類語が存在し、その類語は略語だったり造語だったりします。そこで「おかのした」に似たネット上の類語を紹介していきます。

「おかのした」は元ネタがAVのため、気軽に使用することが憚られてしまいます。しかし、これらの類語は覚えることでさまざまな場面で気軽に使うことができるものです。興味を持った方はぜひとも覚えて、生活に活かしてみましょう。

「りょ」

「おかのした」の類語としてはもちろん、ネットスラングの中でも知名度が高い部類に入るのが「了解」の意味で使われる「りょ」という言葉です。「了解」を省略した形であり、スピード感を求める場面で使用されています。「おかのした」と同じく了解の意味を持つ類語で、気軽にかつ手短に使いやすいので適当な返事として使っても問題はありません。

「了解道中膝栗毛」

「了解道中膝栗毛」は了解を長い言葉で表現したもので、元ネタは江戸時代後期の絵師である十返舎一九が手がけた「東海道中膝栗毛」です。生みの親は漫画家のずんだコロッケで、彼がTwitterで「流行ってほしい」という思いを込めてつぶやいたのが始まりとなっています。その結果、次々とリツイートされてあっという間に流行することになりました。

リツイートの理由として、使い勝手よりも見栄えや語感の面白さが若者層に注目されています。何より「りょ」とは逆に長い言葉にしているところが若者言葉の中で珍しいと感じられたのでしょう。

「おk」

OKをキーボード打ちして変換を省き、そのまま使われたことから省略語として生まれた言葉です。その言葉の通り意味は「OK」で、主に2ちゃんねるで使われ始めました。「りょ」と同じく、知名度の高い言葉です。手短であり、チャットなど会話を手早く進めたい場面で使いやすい言葉でしょう。

「おけまる水産」

24時間営業の格安居酒屋「磯丸水産」と、女子高生たちが「OK」の意味で生み出した「おけまる」という言葉がコラボする形で生み出された類語が、「おけまる水産」です。 磯丸水産とは大学生や20代の社会人が多く足を運ぶ、若者たちの人気の居酒屋です。その磯丸水産の「磯丸」と「おけまる」の響きが偶然にも似ていたことから誕生に繋がりました。

元ネタも非常に明るくフランクであることから、真剣な話をしている時を除き使いやすい言葉です。

言葉の意味を正しく理解して使おう!

「おかのした」はAVをきっかけにインターネット上で生まれたネットスラングのため、「わかりました」という意味でも気軽に使用することが憚られます。「おかのした」という言葉の意味を正しく理解し、使い方や使う場面もしっかりと把握して、使っていくようにしましょう。

また、「おかのした」以外にも「わかりました」の意味を持つネット用語はたくさんあります。それらの用語も覚えて会話している相手や会話の内容によって、適した言葉を使い分けていくようにしましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
シン
初めまして。2019年4月から登録、参加させて頂きました新規ライターです。参加して間もなく未熟な身ですが、得意なこ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ