旅に出たい人の心理は?旅に出たい衝動の原因と考えるべき事とは

旅に出たいという衝動を感じたことはありますか。しかし衝動で旅に出ると、メリットもありますがデメリットも当然気になるものです。旅に出たいと思うその心理や衝動の原因、さらにお金がない時にどう対応すべきかまで、徹底解説します。

旅に出たい人の心理は?旅に出たい衝動の原因と考えるべき事とはのイメージ

目次

  1. 1旅に出たい衝動をおさえられない!
  2. 2旅に出たい衝動にかられる心理・原因
  3. 3衝動で旅に出るメリット
  4. 4衝動で旅に出るデメリット
  5. 5旅に出たい衝動をおさえる方法
  6. 6旅に出たい衝動にかられるがお金がない場合は
  7. 7旅に出たい衝動にかられたら立ち止まって考えてみよう

旅に出たい衝動をおさえられない!

毎日同じような生活を繰り返している中で、人は急に落ち込んだり悩んだり、時にはイライラしたりするものです。そんな時に「どこかへ旅行に行きたい!」という衝動を感じたことはありませんか。人はなぜ、衝動的に旅に出たいと思うのでしょうか。そしてその衝動はなぜ起きるのでしょうか。
 

旅に出たい理由はさまざま

旅に出たいと思う理由は人それぞれです。仕事が忙しい社会人であれば、うまくいかない仕事を放り出して旅に出たいと思うこともあるでしょう。ワンオペ育児真っ最中の母親なら、なかなか言うことを聞いてくれない子供に疲れてしまった時、旅に出たいと思うかもしれません。

受験生や就職活動中の学生なら、勉強や準備で根詰めた時、パーっと旅に出てしまいたいと思うでしょう。その人の置かれた状況によって、旅に出たいと思う理由はそれぞれなのです。

旅に出たい衝動は遺伝子のせい?

「旅に出たい」という衝動が起きる原因が、実は遺伝子によるものだという話を聞いたことはありますか。冒険家の遺伝子とも呼ばれている「DRD4-7R」という遺伝子は、ドーパミン受容体の突然変異種と言われています。脳の中で過剰なドーパミンが分泌されることと、衝動的な行動をとることの間には関係があるということが分かったのです。

過剰なドーパミン分泌は、長らくギャンブル中毒との因果関係が取り上げられてきました。しかし実は「旅に出たい」という衝動の原因とも関係があるかもしれないのです。DRD4-7Rは全人口の20%が持っていると言われている遺伝子です。「旅に出たい」と頻繁に思うならば、この遺伝子が原因なのかもしれません。

旅に出たい衝動にかられる心理・原因

旅に出たいという衝動は、計画的に旅行へ行くのとは違います。衝動的に旅に出たくなってしまうのです。そこには様々な理由があります。旅に出たいという衝動が起きる心理や原因を詳しく探ってみましょう。

心理・原因①現実逃避をしたい

前述のとおり、置かれている状況によって旅に出たいという衝動が起きる理由は様々です。しかしそのほとんどに共通しているのは、自分の目の前に今ある現実から目を逸らして逃げてしまいたい、現実逃避をしたいという気持ちです。

職場の人間関係がうまくいかなくて逃げてしまいたい社会人や、受験勉強で煮詰まってしまった高校生、家事や育児で毎日がいっぱいいっぱいの母親など、共通しているのは今ある現実が自分にとって厳しいということです。そしてそこから逃げたいと思うことは、誰しも経験があるのではないでしょうか。

心理・原因②自由な時間を楽しみたい

普通に毎日の生活を送っていれば、誰でも何かしらに縛られています。学校や会社に行く時間は決まっていますし、毎朝の満員電車に乗らなくてはいけない人も多いでしょう。専業主婦であっても家族の予定に合わせて起床し、家族を家から送り出す用意をしなくてはいけません。毎日やらなくてはいけない仕事や勉強、家事もあります。

そういった決められたことから解き放たれて、自由な時間を満喫したいというのも、旅に出たいという衝動にかられる心理の1つと言えるでしょう。時計やスマホから解放されて好きなことをする時間が取れるのは、旅行ならではの楽しみです。

また、色々と縛られる社会人になる前の学生のうちに、自由を謳歌したいという思いから旅に出たい衝動にかられる大学生も多いかもしれません。

心理・原因③刺激が欲しい

毎朝同じ時間に起きて同じ電車に乗って通勤し、連日同じような仕事をして、まっすぐ家に帰って寝るだけという生活をしていると、時には普段と違うことがしたくなるという人は多いでしょう。まだ子供が小さい母親は、毎日夫と子供としか喋っていない日々が続くと、時には遠くへ行ってみたいという思いを抱いたりもするものです。

旅行は、いつもと違う景色を見て、いつもと違う人と出会い、いつもと違う食事をして、いつもと違う場所で眠ることができます。それは人に大きな刺激を与えてくれます。こういった刺激を求めて、旅に出たいという衝動をかり立てられることもあります。

心理・原因④ストレスから解放されたい

現代の日本は、会社でも学校でも、もしかすると家庭内でも、非常にストレスが溜まりやすいと言えます。日本人というのは、「忖度」という言葉が流行語になるほど、人の顔色を窺ったり相手に気を遣ったりする国民性を持っています。この国民性は物事を円滑に進める手助けはしてくれますが、自分の中にストレスが蓄積されやすくはならないでしょうか。

積もり積もったストレスが溢れ出そうになった時、人は旅に出たいという衝動にかられます。今、自分の前にあるすべての物事から解放されてリフレッシュしたいと思うのは、ストレス社会に生きる人にとっては必要なことなのかもしれません。

心理・原因⑤自分の視野を広げたい

自分の視野を広げるために、衝動的に旅に出たいと考える人もいます。ずっと同じ場所にいると、自分の周りの狭い世界だけがすべてになってしまいます。まさに「井の中の蛙」状態なのです。世界に出て視野を広げると、自分の存在なんてとてもとても小さいのだということに気付くことができるでしょう。

世界には様々な人種がいて、様々な考えや意見を持った人々がそれぞれの生き方で暮らしています。自分と違う人や物と触れ合って何かを感じることは、自分の未来にきっと役に立つと信じている人は、自分の視野を広げるために、旅に出たいという衝動にかられるのです。

心理・原因⑥自分の人生を見つめ直したい

毎日退屈な生活をしていたり、周りの友人はキラキラしているのに、なんだか自分だけ冴えない生活をしていると思っている人は、「このままでいいのか」と悩む時がやって来るものです。そんな時に、自分の人生が何か変わるのではないかと考えて旅に出たいと思う人もいます。自分の人生を見つめ直すために、旅に出たいという衝動が起きることもあるのです。

衝動で旅に出るメリット

旅に出たいという衝動で旅に出ることには、どんなメリットがあるのでしょうか。旅に出て自分が得ることのできるメリットを3つご紹介します。

メリット①行動力が身につく

衝動的に旅に出たいと思っても、それを実行することは簡単ではありません。それでも旅に出ることを実行できたら、それは思っていることを実際の行動に移すことができているのですから、自身の行動力が身に付いたということになります。

毎日の自分の生活がパッとせず、「自分なんて」とネガティブに考えがちな人にとっては、旅に出たいという衝動を実行することはメリットが大きいかもしれません。行動力が身に付くことに繋がり、自分のレベルアップになるかもしれないからです。

メリット②気分転換できる

いつもの生活と全く異なる環境に自分の身を置くことは、毎日の生活に疲れていたり飽き飽きしている人にとっては、いい気分転換になります。普段目にしない景色を見て、現地の美味しいものを食べ、そこに住む人々と触れ合うことは、自分にとっての新しい出会いの連続ですから、旅が終わるころにはすっかりリフレッシュできているでしょう。

メリット③冷静になれる

ストレスを抱えていたり、何かにイライラしていたりする時に、普段と変わらない場所で自分自身を冷静にしようとするのはなかなか難しいことです。少しでも早く冷静さを取り戻すために旅に出たいと思うのは、よくある話です。

旅に出ることでリフレッシュして気持ちが落ち着いたり、自分の悩みのちっぽけさに気付いて悩むのがばかばかしくなったりもします。衝動で旅に出ることは、自分の冷静さを早く取り戻すのに最適な手段とも言えるのです。

衝動で旅に出るデメリット

衝動で旅に出ることはメリットばかりではありません。当然、デメリットも存在しています。これらのデメリットを克服できるのなら、衝動で旅に出たいと考えるのも悪くはないですが、きちんとデメリットを解決して旅に出られるのか、いったん立ち止まって考える時間も必要です。衝動で旅に出るときのデメリットをしっかり理解しておきましょう。

デメリット①未来への不安が募る

衝動的に旅に出たいと考えた時に、その後のことを考えているでしょうか。例えば仕事を辞めて旅に出てしまった場合、旅を終えて帰ってきた後の生活はどうしていくつもりなのか計画を立てているでしょうか。衝動で旅に出た場合、きっとそんなことは考えていないでしょう。

現実問題として、生活していくにはお金を稼がなくてはいけません。そんな計画もないままで旅に出たら、自分の未来が不安になりませんか。

デメリット②周りに迷惑をかける

仕事を休んで急に旅に出た場合、本来は自分がやるべきだった仕事が、職場の同僚に回ってしまうことになります。また、衝動で旅に出た場合、家族や友人にも黙って旅に出てしまうことがありますが、家族や友人は、急に連絡が取れなくなって心配はしないでしょうか。

衝動的に旅に出たいと感じた時に、そういった周囲の人に掛ける迷惑について、自分の思いは巡っていますか。周囲の人との関係性がこじれてしまうかもしれないですから、これは衝動で旅に出ることの大きなデメリットと言えます。

デメリット③急な出費がかさむ

旅に出るには当然、お金が掛かります。計画的な旅行なら、旅に向けて貯金をするなどの準備ができますが、衝動で出る旅の場合には急な出費になるでしょう。ホテルでも交通機関でもたいていの場合、早く予約をすると料金が割引価格になったりします。しかし急な旅では、そういった割引もなかなか受けることができません。

つまり衝動的な旅に出るということは、計画的な旅行よりも高額な出費が急に発生してしまうということなのです。

旅に出たい衝動をおさえる方法

衝動で旅に出ることのデメリットを踏まえ、ではどうしたら旅に出たい衝動を抑えることができるかを知りたくはありませんか。もちろんその方法もしっかりとご紹介します。

旅に出たい理由を突き詰める

旅に出たいと衝動的に思った原因を考えましょう。仕事が嫌になったのか、家族との関係に疲れたのか、何が理由で旅に出たいと思ってしまったのかを思い出してください。

その理由をよく考えているうちに、旅に出るほどのことではないかもしれないと気付けるかもしれません。そうすれば旅に出たい衝動は抑えられるでしょう。どうしても旅に出なくてはならないのか、とことん突き詰めて考えてみてはいかがでしょうか。

自分の将来について考える

衝動的に旅に出たいと思ったら、自分の将来について真剣に考えてみてください。自分の将来のために、今旅に出た方がいいのか、それとも旅に出ることはデメリットが大きいから今は止めておいた方がいいのかを、冷静に考えてみましょう。

自分の将来に繋がる何かが旅によって得られるのなら、旅に出るのも悪くはないかもしれません。しかし今ではないと思ったら、その時には止めておく方が自分の将来にいい結果を期待できるのではないでしょうか。

今すべきことを考える

旅に出たいという衝動に駆られたら、自分が今すべきことは旅に出ることだけなのかを考えてみましょう。他に自分が今やらなくてはいけないことはありませんか。旅に出るのはそれらをこなしてからでは遅いのでしょうか。実は今すべきことをやっているうちに、旅に出たいという衝動はいつの間にか抑えられたりするものなのです。

とことん旅の計画を練る

衝動で旅に出たいと思ったら、どんな旅をしたいのかとことん計画を立ててみましょう。行先はもちろん、交通手段や泊まるところ、何を見て何を食べるのか、また何を着ていこうか、スーツケースはどれにしようか、徹底的に計画を立ててください。旅の計画を立てるだけで、旅に出たいという衝動は意外とおさまります。

しっかりとした計画を立てられたら、衝動的に旅に出るのではなく、旅行に行けるタイミングを見つけて計画的に旅に出ればいいのです。

貯金残高を確認する

現実問題として、旅に出るのにはお金が掛かります。衝動的に旅に出たいと思ったら、貯金残高を確認してみましょう。急な出費に耐えられるほどの貯金がありますか。今そのお金を使ってしまって大丈夫ですか。貯金残高を見ることは、現実を見ることですから、旅に出たいという衝動を抑えるのにはかなり効果的です。

旅に出たい衝動にかられるがお金がない場合は

衝動で旅に出るデメリットや、旅に出たい衝動を抑える方法をご紹介しましたが、それでも抑えられない場合は旅に出るしかありません。しかしお金がない時にはどうしたらいいのでしょうか。

格安航空券を活用する

旅行費用の中で、交通費は大きな割合を占めます。交通費を少しでも安く済ませるために、格安航空券を活用しましょう。最近ではLCCが各方面に飛んでいますし、便もどんどん増えています。上手に活用して、少しでも安く目的地へ行けるよう、希望の格安航空券を探してみましょう。

ゲストハウスを活用する

もう一つお金が掛かるのが宿泊代です。ホテルに宿泊するのはそれなりにお金が掛かりますから、ゲストハウスを利用してみるのはいかがでしょうか。宿泊料が安いだけではなく、様々な国の旅行者が宿泊しており、顔を合わせる機会も多くなるので彼らと自然と交流できます。

最近では国内にも外国人に人気のゲストハウスがたくさん誕生していますから、そこへ行くだけでも旅行気分が味わえるかもしれません。ぜひゲストハウスをうまく利用してみましょう。

空港や駅まで行って食事する

旅に出たいけれどお金も時間もないという場合は、空港や新幹線の発着駅に行ってみるのはどうでしょう。旅に出掛けたり帰ってきたりする人を眺めながら、自分が旅に行く想像をして、そこで食事をしてくるだけでも旅に出たい気持ちがある程度満たせることもあります。旅の荷物を用意してそれを持っていくのも、さらに旅行気分が高まってオススメです。

旅の動画で癒される

できるだけお金をかけずに旅を味わう方法をいくつか挙げましたが、本当にお金がない時にオススメなのは、旅の動画を見ることです。スマホではなく、PCやTVなどできるだけ大きな画面で見る方が満足感は高いでしょう。自分がその場所にいるのを想像しながら旅の動画を見ていたら、いつの間にか旅に出た気分になれるのです。

旅に出たい衝動にかられたら立ち止まって考えてみよう

旅に出ることは、リフレッシュにとてもいい方法です。しかし衝動で旅に出ることには様々なデメリットが発生します。急に旅に出たい衝動にかられた時には、すぐに行動に移すのではなく、まずは考える時間を作るために立ち止まってみましょう。冷静に考えてみると、意外と衝動は抑えられてしまうものです。

旅は計画を立てることもワクワクして楽しいものです。衝動で旅に出るのではなく、計画的な旅行でぜひ日々のストレスを発散して楽しい時間を過ごしてみませんか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ