ジャネット八田(八田有加)の若い頃から現在!田淵幸一との息子や離婚とは?

ジャネット八田こと八田有加は若い頃に活躍した女優で、映画『櫛の火』などに出演していました。また夫は田淵幸一で息子が田淵裕章、田淵帝次と家族も有名人揃いです。そんなジャネット八田の結婚、離婚についてや出演作品、現在の姿についてご紹介していきます。

ジャネット八田(八田有加)の若い頃から現在!田淵幸一との息子や離婚とは?のイメージ

目次

  1. 1ジャネット八田(八田有加)とは
  2. 2ジャネット八田(八田有加)の生い立ち
  3. 3ジャネット八田(八田有加)の出演作品
  4. 4ジャネット八田(八田有加)の結婚と息子
  5. 5ジャネット八田(八田有加)の現在
  6. 6ジャネット八田は田淵幸一との結婚で芸能界を引退

ジャネット八田(八田有加)とは

ジャネット八田は1970年代前半から1980年代前半まで活動していた元女優です。女優としての代表作には映画『櫛の火』やテレビドラマ『子連れ狼』などがあります。またそれ以外にも夫や子供が有名人であるとの情報もあります。そんなジャネット八田こと八田有加の生い立ち、若い頃の出演作品、そして現在の姿について迫っていきます。

ジャネット八田(八田有加)のプロフィール

本名:田淵有加
生年月日:1953年7月21日
現在年齢:65歳
出身地:アメリカ合衆国・バージニア州
血液型:B型
身長:169cm
活動内容:女優
家族構成:夫(田淵幸一)、長男(田淵裕章)、次男(田淵帝次)

夫は元プロ野球選手の田淵幸一

ジャネット八田こと八田有加の夫は元プロ野球選手の田淵幸一です。田淵幸一は1946年生まれで現在72歳であり、現役として活動していたのは1984年までであるため、かなり懐かしい選手となります。現役時代には『がんばれ!!タブチくん!!』という自身をモチーフにした漫画作品があったほどなので人気があった選手のようです。

ジャネット八田とは1981年に結婚しており、田淵幸一はプロ野球選手を引退後、野球解説者や野球評論家として活動しており、その活動は現在も継続中です。

ジャネット八田(八田有加)の生い立ち

元プロ野球選手の田淵幸一を旦那に持つジャネット八田こと八田有加ですが、どのような家庭で生まれ育ったのか、どのような経緯で女優としてデビューしたのかが気になるところです。そんなジャネット八田の経歴について詳しくご紹介していきます。

父親はアメリカ人

ジャネット八田の母親は日本人なのですが、父親は貿易商をしていたポーランド系アメリカ人です。ジャネット八田の出身地がアメリカ合衆国であるのはこのことが関与しています。父親の仕事の都合でアメリカに滞在していた頃にジャネット八田が生まれたようです。しかし3歳の頃からは日本で暮らしています。

若い頃はかなりの美人

ジャネット八田の若い頃はかなりの美人であったと言われています。父親がアメリカ人とハーフであるため、顔もスタイルもどこか日本人離れした雰囲気を持っており、色っぽいという表現が似合う風貌でした。若い頃はかなりの美人であったとのことなので、現在も綺麗な60代なのでしょう。

資生堂の専属モデルとしてスカウト

ジャネット八田は3歳の頃に日本で暮らすようになります。そして高校を卒業後の1972年には日本航空の客室乗務員として勤務していました。しかし勤務し始めてから3か月後に資生堂の専属モデルとしてスカウトをされます。そしてジャネット八田はそのスカウトを承諾し、モデルとしてデビューすることとなります。

ジャネット八田として芸能界で活動

顔やスタイルが良かったためかスカウトマンの目に止まり、スカウトされそのままデビューを果たしたジャネット八田はその時に「ジャネット八田」という芸名で芸能活動を始めます。モデルとしてデビューしましたが、ドラマや映画に出演するなど女優業の活動も行っていました。業績を見るとモデルよりも女優としての活動の方が目立っています。

また『11PM』という深夜番組にコーナーを持つなどタレントとしての活動も行っていました。そんなジャネット八田は現夫である田淵幸一と1981年に結婚し、それを機に芸能界を引退しています。そのため、正式に芸能人として活動していたのは若い頃の約9年とかなり短い芸能生活でした。

ジャネット八田(八田有加)の出演作品

モデルとしてスカウトされてデビューしたジャネット八田ですが、女優としての業績も多く、いくつか代表作品も存在します。そんなジャネット八田の数ある出演作品の中から特に有名な作品をご紹介します。

映画『櫛の火』

1975年に公開された神代辰巳監督の映画作品『櫛の火』にジャネット八田は征子役として出演していました。この作品の大まかな内容は恋人を病気で亡くし、喪失感に陥る青年が年上の女と出会ったことで再び性への執着を燃え上がらせるというもので、その青年を草刈正雄、年上の女をジャネット八田が演じました。

この映画作品、櫛の火のアピールポイントはジャネット八田のポルノ映画並みの濡れ場シーンを見ることができるという点です。ジャネット八田の豊満な肉体を見ることができます。『櫛の火』は官能的な恋愛映画が好きな人にはおすすめできる作品でしょう。

テレビドラマ『子連れ狼』

時代劇作品の中でも知名度の高い『子連れ狼』のテレビドラマ版にジャネット八田は出演していました。何回かドラマ化されている『子連れ狼』ですが、ジャネット八田は1973年から1976年まで放送された萬屋錦之介版に出演していました。

ジャネット八田が『子連れ狼』の中で演じたのは出渕鞘香という役で主人公たちの宿敵の娘であり、刺客として送り込まれるという役柄です。いつもは和服姿で過ごす一方で、戦闘シーンになると上半身はビキニ、下半身はスパッツと時代劇らしからぬセクシーな格好になるのが特徴です。ジャネット八田はセクシーな雰囲気があるため抜擢されたようです。

時代劇『破れ傘刀舟 悪人狩り』

ジャネット八田は時代劇によく出演していましたが、『子連れ狼』以外に有名なのが『破れ傘刀舟 悪人狩り』です。萬屋錦乃介演じる蘭学の医者が悪党を成敗するという内容であり、当時はとても人気がありました。この作品の中でジャネット八田は第1話から第83話まで出演していました。

そんなジャネット八田が演じたのは女賭博師「むっつりお竜」という役で、時に主人公のために密偵を請け負ったりするなど主人公の味方でした。この役柄は割と評判が良かったそうです。

ジャネット八田(八田有加)の結婚と息子

モデルとしてスカウトされデビューし、女優としても映画『櫛の火』などの代表作を持つジャネット八田ですが、元プロ野球選手の田淵幸一を夫に持つことは先ほど説明しました。では2人はどのように出会い親交を深めて結婚にまで至ったのでしょうか。

また夫の田淵幸一だけでなく息子の田淵裕章と田淵帝次も有名人ですが、その2人の息子はどのような人物なのでしょうか。ジャネット八田の結婚と息子について深く掘り下げていきます。

田淵幸一との不倫発覚で離婚へ

ジャネット八田は田淵幸一と出会う前から田淵幸一の存在は知っており、マンガ『がんばれ!!タブチくん!!』を読んでいました。そしてどういう経緯であったかは不明ですが、2人は対面することとなります。その際にジャネット八田の田淵幸一への第一印象がマンガと違ってかっこいいと好印象でした。

田淵幸一はその時に既に結婚しており、谷口博子という奥さんがいました。しかしジャネット八田と田淵幸一は互いに惹かれあい次第に恋愛関係へと発展していき、いわゆる不倫関係となります。そのことが奥さんにばれてしまい結果、田淵幸一は前嫁と離婚するという選択肢を選びました。

田淵幸一とできちゃった結婚

ジャネット八田と田淵幸一は不倫関係となり、田淵幸一が離婚する形で2人の愛は途絶えることなく恋愛関係は継続していくこととなります。そして2人は結婚することとなるのですが、その結婚はできちゃった結婚でした。人にもよりますが子供ができてしまえば結婚せざるを得ないということで2人も結婚に至ったのでしょう。

そして、できちゃった結婚ではあるものの、めでたく結婚した2人はその後無事に長男である田淵裕章を授かり、続いて次男である田淵帝次を授かっています。

長男は人気アナの田淵裕章

何度か紹介しましたが、ジャネット八田の長男はフジテレビの人気アナウンサーである田淵裕章です。田淵裕章は幼少期にcm出演をしており、中学・高校生の時には雑誌の学生モデルをしていたなど、人気モデルであった母を持つだけあって輝かしい経歴を持っています。

芸能面でなく、スポーツ面でも高校時代に野球部に所属しており、好成績を収めていたため父親の血もしっかり受け継いでいます。田淵裕章は高校卒業後、芸能人でもアスリートでもなくフジテレビにストレート入社します。そして現在ではスポーツ実況に定評のある人気アナウンサーとして活躍しています。

次男は俳優の田淵帝次

ジャネット八田の長男はアナウンサーですが、次男である田淵帝次は俳優業をしていると言われています。しかし田淵帝次の詳細な情報はかなり少なく、俳優としての出演作品は2000年に公開された伊藤淳史主演の映画『独立少年合唱団』のみで、この当時はまだ16歳でした。

それ以外に出演作品に関する情報が見当たっていないため、現在は既に俳優として活動していないのではないかという情報もありました。また別の情報では田淵帝次は電通に勤めているとの情報もありましたが、事実かどうかは不明です。

ジャネット八田(八田有加)の現在

不倫関係となり、夫の離婚を経て田淵幸一と結ばれたジャネット八田はその後息子が2人生まれるなど、一見順風満帆な人生を歩んでいるように見えます。そんなジャネット八田は1981年に結婚と共に引退してしまったため、それ以後は映画やドラマには出演していません。ジャネット八田は現在どのような活動をしているのでしょうか。

『徹子の部屋』に夫婦で出演

ジャネット八田は2017年5月に夫である田淵幸一と共に『徹子の部屋』に出演しました。その際はジャネット八田ではなく旧芸名の八田有加名義で出演しています。実は引退後も数回はテレビに出演しているジャネット八田ですが、このようにトーク番組に出演することは非常に珍しいことであり、レアなケースと言えるでしょう。

番組内ではジャネット八田と田淵幸一の出会いやお互いに関すること、日常的な夫婦生活についてのトークが中心であり、2人のプライベートの姿を少しですが見ることができたようです。

トールペインティングで優雅な日々

ジャネット八田の趣味はトールペインティングという情報があります。トールペインティングとは木製の家具に絵を描くというアートのことです。ジャネット八田はその自分でトールペインティングした皿に調理した料理を盛って出したりしているようです。

トールペインティングというおしゃれで芸術的な趣味を持っているジャネット八田は、現在も自宅でトールペインティングをしながら優雅な日々を送っていることでしょう。

ジャネット八田は田淵幸一との結婚で芸能界を引退

若い頃にスカウトされてすぐにモデルデビューし、以後は女優としても『櫛の火』、『子連れ狼』などの代表作を持つジャネット八田は数多くのドラマや映画に出演した人気女優であったことがわかりました。その反面、不倫関係にあった現夫である田淵幸一の離婚、できちゃった結婚を経て結ばれるなど私生活においても多少騒動はありました。

しかしそのような騒動を経て現在は2人の息子にも恵まれ、趣味に没頭しつつ毎日を過ごしているとのことなので、そのまま優雅な日々を送っていくことでしょう。また引退はしていますが今後もテレビ出演する可能性があるので、今後の活動にも期待しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ