すぐイライラする!イライラしやすい人の特徴・原因や対処法は?

世の中にはすぐイライラする人が案外多く存在しています。困り者のすぐイライラする人の特徴とその対処法を解明します。また、もし自分にすぐイライラする傾向がある場合、それが他人に与えるストレスや仕事への影響と共に、原因と治し方も探求します。

すぐイライラする!イライラしやすい人の特徴・原因や対処法は?のイメージ

目次

  1. 1すぐイライラする人の特徴
  2. 2すぐイライラする原因
  3. 3すぐできる!自分がすぐイライラする時の対処法
  4. 4すぐイライラする性格の治し方
  5. 5すぐイライラするようになった人へ~気を付けるべきこと~
  6. 6すぐイライラする人との上手な付き合い方
  7. 7すぐイライラすることとうまく付き合おう!

すぐイライラする人の特徴

それでは、まずすぐイライラする人の特徴を順を追って見ていきましょう。他人の誰かを思い浮かべながら、また、自分にも当てはまる要素はないか、1つずつ見比べてみて下さい。すぐイライラする人の意外な共通点があぶり出されるかもしれません。

なお、注意したいのは、これはあくまですぐイライラする人の特徴であって、その性質が欠点であるという話ではありません。逆にそれが長所や利点である場合すらあります。すぐイライラすることの難点は、まさにこの部分ともいえるでしょう。

特徴①プライドが高い

プライドを日本語訳すると誇り、自尊心といった言葉になります。誰でも自分に対して誇りや自尊心は持ち合わせているものです。しかし、その意識が過剰だった場合どうなるでしょう。よくあるケースとしては、何に対しても負けず嫌いで誰からも一目置かれたがる傾向の人がいます。

ところが万事思った通りにいかないのは世の常です。それどころか思い通りにいくことの方が少ないでしょう。そして、思い通りにいかなければイライラ状態になります。結果的にプライドが高い分イライラの頻度が増すこととなるのです。

特徴②ストレスを感じやすい

ストレスとは精神が圧迫されるようなプレッシャーを受けた時に、自分の心が感じる苦痛感のことをいいます。そして、ストレスの蓄積は、すぐイライラすることの大きな要因の1つです。ただし、ストレスの感じ方と耐性には個人差があります。同じ状況に陥った時に、強くストレスを感じる人もいれば、大して気にならないという人もいます。

すぐイライラする人の場合、残念ながらほとんどが前者でしょう。何かにつけてストレスに過敏なのが、すぐイライラする人なのです。

特徴③わがままで甘えが強い

わがままな性質もすぐイライラすることに関係します。わがままな人は、ほぼセットで甘え体質も持っています。わがままな人は我が強いので何でも自分が思った通りにしたいと基本的に思っています。そこに、自分が思った通りに他人が動いてくれるだろうという期待という名の甘え意識が存在します。

そして、この期待が裏切られ自分が思った通りに物事が進まなかった時、すぐイライラする現象が発動するのです。

特徴④完璧主義である

完璧主義もすぐイライラすることと大いに関連があります。人生や仕事において高い目標設定をすることは決して悪いことではありません。しかし、柔軟性が欠如した完璧主義はただの頭でっかちです。わがままな着想から派生した完璧主義は身の程知らずといいます。

いずれにしても無理が生じたのに目標修正できない完璧主義者は、思い通りにならないとすぐイライラすることに繋がっていくのです。

特徴⑤劣等感がある

劣等感は、それ自体が自己否定の負の感情です。しかし、別の捉え方もあります。

他人と自分を比べる優れた観察眼とその着想を持っているのは良いことです。劣等感をバネにして努力・精進してきたという人もいるでしょう。こう考えると劣等感も捨てたものではないのですが、それがいわゆるひがみ根性、ひねくれ根性止まりの場合、すぐイライラする現象に繋がるケースといえるでしょう。

特徴⑥こだわりが強い

「こだわり」という言葉には、肯定的意味合いと否定的意味合いの2種類があります。「こだわり」の肯定的な意味は「特別な思い入れ」になります。一方、「こだわり」の否定的な意味は「心が何かに囚われてしまい自由に考えられないこと」や「周囲は気にしなくてもいいと思うようなことを気にすること」になります。

すぐイライラするタイプの人の場合、こだわりの意味の後者である、何に対しても必要以上に固執してしまいがちな傾向があります。固執し過ぎる感情が、思った通りにならない不満感へと変化し、すぐイライラする結果を招くのです。

すぐイライラする原因

すぐイライラする人の特徴を6点挙げました。そのような特徴を持つすぐイライラする人たちも、何も原因無しにイライラしているわけではありません。この項では、すぐイライラする状態となる直接の引き金にはどんなものがあるのかを見ていきます。果たして意外な原因が秘められているでしょうか。

原因①睡眠不足

睡眠不足は百害あって一利なしといいます。百害の1つがすぐイライラすることだったわけです。睡眠は人間の三大欲求の1つとされています。寝ない、つまり休息を取らないで生きていられる生物はいません。特に人間の場合、休息を取らないでいると肉体的に疲労状態が続くことになり、やがては精神にも支障をきたす症例があるそうです。

これでは、睡眠不足がすぐイライラすることに直結するのも頷けます。

原因②期待しすぎている

人や物事など周囲に期待しすぎることも、すぐイライラする原因と考えられます。周囲への期待と聞いて思い出すのは、わがまま&甘え体質の特徴です。自分の周囲への期待しすぎに気付かず、結果として期待が叶わず憤ったり、落胆したりが繰り返されます。そして、イライラしてしまいます。自分勝手は危険です。

原因③ネガティブ思考

ネガティブを日本語で言い換えると、消極的といいます。また、否定的ともいいます。このことから連想するのは、すぐイライラする人の特徴の1つ、劣等感です。劣等感とネガティブ思考は双子のようなもので、成功や幸せを想像するよりも、失敗や不幸を心配する気持ちが先にきて不安になってしまう状態です。

いずれにしても負の感情に分類されるものは、全て最終的にはイライラに繋がっていってしまうといえるでしょう。

原因④食生活の偏り

イライラの原因が食生活にあるというのは意外に感じた方も多いのではないでしょうか。食欲は睡眠欲と同様に人間の三大欲求の1つです。食べて栄養を摂取しなければ生を維持することはできません。そして、栄養成分をまんべんなく摂取しなければ健康に障害をきたすことも広く知られているところです。

今、述べた健康とは少し前までは身体的健康のみを指して語られていました。しかし、近頃では医学的研究が進み、食生活の脳機能への影響から始まって、人の精神面に及ぼす影響も解明されつつあります。現在ピンポイントで何がいけないということまでは言及できませんが、すぐイライラすることも食生活の偏りの影響が大きいといわれています。

原因⑤ストレス過多

ストレスは精神が感じる苦痛感ですが、人間多かれ少なかれ誰もがストレスを抱えています。皆、ストレスを感じながらも何とか自分の心の内で折り合いをつけたり、何らかの方法でガス抜きしてストレスを発散させ溜め込まない工夫をしています。しかし、すぐイライラする人の場合、そのいずれの方法も不得手な傾向があります。

ストレスを心の中で抑え込むことが上手くできなければすぐイライラすることに繋がります。ストレスを溜めないように発散できていなければイライラはいつでも起こります。

また、ある程度ストレスのコントロールができたとしても、精神的に過敏でストレスを受けやすければ他の人よりもストレスを溜め込むことになります。その他、性格や社会的立場の都合上、人と接する機会が多い場合もストレスを得やすいでしょう。性格の一例としては八方美人タイプの人などがそれに該当します。

すぐできる!自分がすぐイライラする時の対処法

さて、すぐイライラする人の特徴付けと原因究明まで済みました。ここからは、自分にその兆候や症状があるという前提で話を進めます。まずは、イライラしてしまったその時その場所で、何とかイライラを鎮める対処法を考えてみましょう。

対処法①深呼吸をする

イライラがきてしまったその瞬間、その場所ですぐに行えるイライラ対処法は何といっても深呼吸です。イライラしている時というのは交感神経の働きが活発になっています。この交感神経は自律神経の1つなので自分の意思で働き具合をコントロールすることができません。また、もう1つの自律神経である副交感神経は身体をリラックスさせる働きをします。

深呼吸を行うと、間接的に自分の自律神経に働きかけができます。深呼吸によって副交感神経の働きを活発化させ、交感神経の働きを弱める効果が得られるのです。

我々は通常時、肺を使った胸式呼吸をしています。それとは別に腹式呼吸という呼吸法もあります。腹式呼吸は肺以外に横隔膜を用いて呼吸を行います。

腹式呼吸の簡単なやり方は、息を吸った時お腹は膨らみます。そして息を吐く時は反対にお腹が凹みます。もしかしたら少し慣れないと上手くできないかもしれません。その場合は仰向けに横になってみて下さい。それで要領をつかめば、次から立った状態でも腹式呼吸ができるようになるでしょう。

対処法②マッサージする

肉体の疲労や筋肉の緊張・こわ張りなどが身体的な負担となってストレスを引き起こすこともあります。これまで述べた通りストレスはイライラの最大の要因です。そこで、イライラ緊急対処法としてマッサージもおすすめです。自分が一番つらいと思っている部位を、その時その場でできる範囲のマッサージをして下さい。

マッサージをする時間やスペースの余裕が無い場合は、単に伸びをするだけでも十分です。その代わり仕事帰りや休日にマッサージを受けにいくことをおすすめします。

また、手の指の第一関節の上部で爪の生え際付近には、疲労回復に役立つツボがあるそうです。自分のもう一方の手でつまんで10秒程度、押してみて下さい。それを全部の指に1回ずつ行ってみましょう。手軽に自分でできるマッサージですので試してみて下さい。

対処法③休息を摂る

肉体的な疲労だけでなく精神的な疲労もイライラを誘発させる原因となります。マッサージだけでは充分な効果が得られないような時は、きちんと休息を摂ることが最も効果的です。もし、横になることができる環境なら10~15分程度、ゆっくり寝ていましょう。これは仮眠するというよりは、静かに横たわるというニュアンスで行って下さい。

普段は学校や仕事で睡眠時間が短い、昼寝の時間がとれないという人は休みの日にしっかり睡眠時間を確保し、まとめて睡眠不足を解消しましょう。子育て中のお母さんであれば、信頼できる他の人に子守を任せて睡眠時間を確保するのも非常に大切です。

睡眠不足はイライラといったメンタル面だけでなく、フィジカル面でも健康に害を及ぼします。自分が少しでも睡眠不足だと感じたら、時間を見つけて必ず睡眠不足を解消するようにしましょう。

対処法④好きなことをする

イライラの原因であるストレスを溜めない基本はリラックスしていることです。それには、趣味などの自分の好きな活動を日々、行うことです。音楽を聴いたり楽器を演奏するのもいいでしょう。読書やDVD鑑賞に没頭するのも構いません。友人とワイワイお酒を飲むこともOKです。カラオケが一番の発散なら思い切り歌いましょう。

もちろんスポーツをするのも良いことです。中には長風呂が一番という人もいるでしょう。いずれにしても自分なりのストレス発散法を確立させ、それを日々の生活の中で上手く実践することです。イライラは自分でも嫌なものです。少しでもイライラが発生しない環境を目指しましょう。

すぐイライラする性格の治し方

さらに踏み込んでイライラしてしまう性質そのものを何とかできないか考えてみましょう。いずれも一朝一夕には効果はないかもしれません。しかし、治そうという意志を持ち努力を続けていけば道は見えてくるはずです。自分に合った方法を探って下さい。

治し方①客観的に自分を見つめる

イライラを治す時だけに限らず人生の色々な局面で重要なのが自分を客観視することです。逆に言うと仕事でも何でも物事が上手く進まなかったり、ミスや失敗をしたり、人を怒らせたり傷つけたりといった状況の時、人は自分を客観視できていません。客観的に物事の判断をせず独りよがりで動けば誰でもそうなります。

自分を第三者的視点で観るというと何やら大げさですが、慣れれば誰でもできるようになります。自分を客観視する習慣をみにつけ、イライラする自分を消していくことを試しましょう。

治し方②生活習慣を改善する

イライラの原因である心のバランスの狂いを正すためには生活習慣を見直し改善するのが得策です。その改善方法ですが、改善したいと思う内容を全て紙に書き出して下さい。毎日のタイムスケジュールや食事の内容、その他、思いつくもの全部です。紙に書き出すことは、目的をより具現化させることに効力があります。

これによって目標設定もしやすくなりゴールが明確化するはずです。1つだけ注意したいのは、あまりにもストイック過ぎる目標設定にしないことです。ストイック過ぎることで逆にストレスを生じさせてしまいます。

治し方③感情をストレートに出してみる

自分の感情を抑制すれば当然そこにもストレスが生じます。そこで、時々はガス抜きとしてストレートな感情表現をする場を持ちましょう。感情といえば喜怒哀楽です。喜と楽は大体、誰もが表現できているでしょう。怒はイライラに繋がる負の感情なので取り上げません。そして残った哀の感情表現といえば泣くことです。一度、大泣きしてみましょう。

人目があろうとなかろうと泣きたい時には泣いてみて下さい。案外と気持ちがスッキリすることに気付くはずです。それがどんな感情であれ、我慢してイライラするぐらいなら思い切りストレートに出してみるのも有効な手段です。

治し方④ポジティブ思考に切り替える

イライラしてる楽天家というのを見かけたことをありません。ポジティブシンキングな人はストレス過多になったりせず、当然ながらイライラなどしないということです。つまりネガティブ思考でいることがNGなのです。今日からポジティブ思考に切り替えましょう。

ポジティブ思考のコツの1つは、過去を振り返ってウジウジ考えないことです。また、例え失敗したとしてもそれを重く受け止めず、前向きに建設的に解釈することです。

治し方⑤他人に期待しない!

度を越えた他人への期待というものがあります。それは別名、依存と呼びます。依存体質はすなわち、すぐイライラする人の特徴であるわがまま&甘え体質と同義語です。つまり、何事にも他人への期待は控えておくのが、根本的にイライラ体質から脱するための1つの有効な手段たり得ます。

すぐイライラするようになった人へ~気を付けるべきこと~

もしかしたらイライラ体質の人の中には、あまり積極的にそれを改善しようと思っていない人がいるかもしれません。イライラも個性のうちであるとか、イライラも自分の感情の1つなどと思っているのなら、それはのちのち大きな不幸を呼ぶ可能性もあります。この項では現在イライラ体質の人向けに、連鎖する傾向がある注意点をお伝えします。

病気になりやすい

人間の神経メカニズムはストレス、イライラなどで精神が緊張状態になると血圧を上昇させます。特に血圧の上昇が急激だった場合には脳や心臓・腎臓・網膜などの臓器に負担をかけ、何らかの障害を引き起こす可能性が充分にあります。また、激しいイライラを何度も頻発させることは、精神疾患を誘発するきっかけになり得ます。

このように健康を脅かす原因に繋がるイライラは注意が必要です。

孤独になりやすい

イライラする時の直接の原因は、何らかの出来事や他人の行動が主なものです。自分自身で無意識にそれを避けようとして結果的に周囲との交流に消極的になり、人との接触を避けるようになってしまう可能性があります。しかし、必ずしも孤独によって心の平穏が訪れるとは限りません。

人間社会は人との関わりによって成り立ち、人との交流で心も豊かになるものです。孤独を求める考えは改めましょう。

集中できない

イライラしている時は一種の興奮状態にあります。一般的によく言われる、頭に血が上った状態です。冷静とは正反対にかけ離れたイライラ状態では、物事に集中することなどできません。単に周囲に怒りを向けるだけでなく、自分自身も間違いや失敗を犯しがちです。

そうなってさらにまたイライラするという負の連鎖が繰り返されます。イライラは百害あって一利なしです。

周りの人もイライラさせてしまう

イライラは伝染します。主に考えられるのは2つのケースです。まず1つ目は、誰かがイライラしてそれを表面に出した時、それに呼応するように同じようにイライラし始めてしまう人がいます。もう1つは、誰かがイライラし出した時、場の雰囲気が壊されたことに不満を持ちイラッとするケースです。このようにイライラは外部に対しても負の連鎖を起こします。

すぐイライラする人との上手な付き合い方

自分がイライラするタイプでなかったとしても、周囲にすぐイライラする人がいる場合、どのように接したらいいものか悩ましいものです。この項では、状況別にイライラする人への対応方法を考えます。

仕事関係の人がすぐイライラする時

仕事関係ですぐイライラする人で最も厄介な存在は上司でしょう。毎日避けようがないので、対策を明確に立てることが必要です。まず、相手が冷静な時を除いて意見を言うことは控えましょう。下手に刺激すると火に油を注ぐだけです。そして常日頃から敬意を表する態度で臨みます。可能なら時々賛辞も述べましょう。

窮屈に感じるかもしれませんが、これも処世術です。おべっかやゴマすりではありません。そうしないと転職せざるを得なくなってしまうかもしれないのです。

彼氏や夫がすぐイライラする時

まず、相手のイライラの原因を一緒に解決してあげようという気持ちを持つことが大事です。また、イライラがピークと思える状態の時は下手に触らず放っておくのがよいでしょう。そして、タイミングを計って「どうしたの?」と一度だけ尋ね相手が話し始めるのを待ちます。それまでは再び放置でいいでしょう。

相手が話し始めたら途中で遮らず相づちをしながら最後まで聞いてあげて下さい。これだけでも相手は相当にリラックスできるはずです。

彼女や妻がすぐイライラする時

基本的には上述した彼氏・夫への対処法と同じです。ただし夫婦の場合、妻は夫への不満がイライラの原因となっている可能性もあるので、その場合はお互いの普段の関係性ややり取りに準じて個別の対応法を考える必要があります。概して言うと、妻が機嫌の良くなる行動を意識してやってみましょう。

そして妻の機嫌が直った時、静かにイライラした原因を尋ねて下さい。もちろん次からは、その原因を引き起こさないよう注意して下さい。

子供がすぐイライラする時

動物でさえストレスを感じるのですから人間の子供だってストレスがあります。そんな時は子供の立場になって考え何がストレスなのか解明しましょう。頭ごなしに怒るだけでは何も解決しません。むしろイライラが助長される危険性があります。注意して下さい。

他人がすぐイライラする時

まず自分と同じように、イライラされて困惑している共通の被害者を探しましょう。そして、相手の人が冷静な時に被害者複数でイライラに迷惑している実情を伝えましょう。この時、複数で話すのは相手を威圧するためではなく、こちらの言い分の説得性を高めるためです。ですから、あくまでも静かに穏やかに話をしましょう。

きちんと申し入れればそれなりの効果は発揮するはずです。

すぐイライラすることとうまく付き合おう!

イライラすることを必要以上に気にすると、それがまたストレスになってしまいます。基本的に人はイライラするものです。現代では聖人君子などおらず、誰でもイライラします。気に病んでしまう状態を避けるためにも、自分のイライラのメカニズムをよく知っておくことです。その上でイライラを解消したりコントロールするマインドセットを持ちましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ