心が弱い人の11の特徴と性格!強いメンタルを作る方法とは

社会に出て仕事を始めると、心が弱い人はメンタルが不安定になりがちです。そのため、心が強いということはそれだけで大きなアドバンテージになるのです。この記事では心が弱い人の特徴や性格を参考に、ストレス社会を乗り切れる強いメンタルを作る方法を考えていきます。

心が弱い人の11の特徴と性格!強いメンタルを作る方法とはのイメージ

目次

  1. 1心が弱い人の特徴5選
  2. 2心が弱い人の性格6選
  3. 3心が弱い人の仕事におけるデメリットとは?
  4. 4心が弱い人が知っておきたい考え方
  5. 5心が弱い人がすぐにできる改善策
  6. 6心が弱い人がメンタルを強くする方法
  7. 7心が強い人になれるように改善しよう!

心が弱い人の特徴5選

心が弱い人は仕事でも私生活でも、メンタルに不調を来しやすいものです。ひどい場合はうつ病などの精神疾患に罹ってしまうこともあります。うつ病と言えば日本社会における現代病のようなものとして、今や珍しいものではなくなってきており、精神科に通う人も少なくありません。

そんな心が弱い人は、そもそもどうして心が弱いのかを理解することで、現代のストレス社会を乗り切るヒントになるかもしれません。一体心が弱い人と心が強い人にはどんな違いがあるのでしょう。また、どんな人でも心が強い人になれるのでしょうか。

心が弱い人が持つ5つの特徴をご紹介します。ご紹介する特徴を元に、彼らのメンタルについて考察を深めていきましょう。

特徴①ネガティブな面ばかり見てしまう

心が弱い人の特徴として、物事のネガティブな面ばかりを見てしまうことが挙げられます。心が弱い人にも様々なタイプがいるので一括りに語ることは難しいです。しかし心が弱い人は一様に、ポジティブな面よりネガティブな面を注視する傾向があると言えます。

おそらく過去の失敗などがメンタルに影響しているのでしょう。そのため、心が弱い人はポジティブな面を見る勇気が持てない傾向にあるようです。言い換えれば、心が弱い人は心配性なのかもしれません。

特徴②よく泣いてしまう

心が弱い人は些細なことにもメンタルが揺れやすいので、よく泣いてしまうことがあります。人は加齢とともに涙もろくなるものですが、心が弱い人の涙は中々止まりません。それはメンタルの不調が原因である場合も少なくないからです。

周囲にいる人はそうした姿に心配になることもあるでしょう。もちろん泣くこと自体はストレス発散には効果的ですが、あまりに多い場合は何か原因があるかもしれません。一度心療内科で診てもらうことをおすすめします。

特徴③気持ちを上手くコントロールできない

心が弱い人というのは、よく泣いてしまう特徴からも分かるように、自分の気持ちを上手くコントロールできません。たとえば仕事でオフィスにいる時や、友人たちと遊んでいる時であっても同じです。一度気持ちが沈むと、しばらくはその気持ちに自分が支配されてしまうのです。

これは空気が読めないということではありません。本人も自覚しているのですが、メンタルコントロールが効かないのです。もし身近にこうした人がいたら、理詰めで励ますのではなく本人が落ち着くまで見守る方が良いでしょう。

特徴④精神的に不安定になりやすい

心が弱い人というのは心が強い人に比べ、精神的に不安定になりやすい特徴があります。また、本人にもその自覚はあるようです。気分の上下は、生きていれば誰でも起こることです。しかし自分の不安定なメンタルに自覚的な彼らは、そのことをとても気にしています。

そのため気持ちの切り替えが上手くできず、余計に不安定な気分に陥ってしまうことも珍しくありません。心が弱い人というのはある意味で真面目すぎるのでしょう。

特徴⑤何気ない一言にも過剰に反応する

自分の短所に自覚的である一方、周りの言葉にとても敏感なのも、心が弱い人に見られる特徴です。心が弱い人というのは、何でも自分と結び付けて考えてしまう癖があります。だから周囲の何気ない一言にも「自分のことを話しているのでは?」と疑いの目を向けてしまいがちです。

周囲から見るとやや自意識過剰とも思える態度でしょう。しかし心が弱い人はそのように周りを見張りながら、いつも自分のメンタルを守ろうとしているのです。

心が弱い人の性格6選

心が弱い人の特徴を見て、心が強い人から見たら「そんなこと気にしなければいいのに」と思うこともあるでしょう。しかしそれが本人の元々の性格から来るものだとしたら、なかなかすぐには変えられないこともあります。

心が弱い人をよく理解するためには、彼らのそうした性格を知ることが重要です。彼らの行動の裏には長いこと抱えてきた性格というものが影響しているのです。その性格を理解しないことには、心が弱い人の本当の姿は見えてきません。

彼らの表面的な行動だけで判断しては誤解が広がってしまいます。そうした誤解をしないためにも、心が弱い人の性格をあらかじめ少し知っておきましょう。

性格①感受性が強く繊細

心が弱い人は、その特徴として強い感受性を持っていることが挙げられます。彼らは自分のことは元より、他人の痛みにも敏感に反応する傾向があります。例えば大きな自然災害などが起こった時にも、そうした反応が見られることがあります。

TVのニュースで連日のように流れる凄惨な災害現場の状況を観て、心が弱い人の中にはメンタルに不調を来す人もいるのです。彼らは相手の気持ちを想像することに長け、優しい心を持っています。これはメリット言えるでしょう。

しかしその一方で、仕事で周囲の評価が異常に気になってしまい、メンタルが著しく疲弊するなどのデメリットも常に抱えています。

性格②マイナス思考

心が弱い人の特徴に、ネガティブな面ばかりを見てしまうということを挙げました。これは彼らが日常的に持つマイナス思考が原因と言っていいでしょう。心が弱い人というのは、その成長過程において成功体験より失敗体験の方が多い傾向があります。

そのため、何を始めるにも良いイメージを抱きにくいのです。彼らの脳裏には、おそらく過去の失敗体験が強く焼き付いているのでしょう。だからこそいざ何かに挑戦するという場面でも、「また失敗したらどうしよう…」という思いが湧いてきてしまうのです。

心が弱い人というのは、このようにいつも過去と葛藤しながら生きています。彼らがマイナス思考なのは、これ以上メンタルにダメージを負わないようにするための、ある種の自己防衛と言えるかもしれません。

性格③自分の意見や意思がない

心が弱い人は性格的に引っ込み思案と言えるような特徴があります。例えば集団の中で話し合いをする時、心が弱い人というのは自分の意見や意思を周囲に語ろうとしません。彼らは自分の意見や意思を伝えることで、相手から反対されたり嫌われたりすることを怖がっているのです。

これはマイナス思考な性格にも共通することですが、こうした臆病な態度も、心が弱い人にとっては一種の自己防衛なのです。

性格④自分のことばかり責める

心が弱い人は仕事で何か問題が起きた時、真っ先に自分を責める傾向があります。責任感が強いとも言えるかもしれません。しかし、目の前の出来事を冷静に判断する視点がやや欠けている態度とも考えられるでしょう。

心が強い人であれば、責任の所在がどうであれ問題を精査して次に活かすよう頭を切り替えらるものです。しかし心が弱い人というのは、ややもすればこじつけと言えるようなことまで自分の責任として背負い込んでしまいます。そしてそれを信じ込んでしまうがために、より自分への自信を失ってしまうのです。

性格⑤攻撃的

心が弱い人は基本的には優しい性格をしているものですが、他人の言動に対して時に攻撃的になることがあります。その部分だけを目撃した人は、彼らを気が強い人と誤解するかもしれません。しかし彼らは常に内省的で自分自身と葛藤し続けている人です。

そんな内情を知らない第三者の心無い一言に、思わず感情が爆発してしまうことがあっても不思議ではないでしょう。自分が自分を責めるならまだしも、赤の他人にまで攻撃されたくないという心理が働いているのです。これも彼らの自己防衛の一つと言えるでしょう。

性格⑥プライドが高い

心が弱い人はプライドが高いと言われがちです。性格的にもそうした一面が表れることは間々あります。ただ、その根底には強いコンプレックスがあることを忘れてはいけません。心が弱い人の胸のうちには、ちょっと触るだけで凹んだり傷がつくような柔らかい部分があります。彼らはここを他人に触れさせないよう、プライドを高く振りかざしているのです。

心が弱い人の大半に言えることですが、彼らには強いコンプレックスがあります。周囲の人は彼らを表面的な態度だけで判断せずに、裏にあるそうした事情にも目を向けましょう。そうすれば彼らの行動に対して戸惑うことは少なくなるでしょう。

心が弱い人の仕事におけるデメリットとは?

心が弱い人の特徴や性格を見ると、仕事でも苦労が絶えないということは容易に想像できるでしょう。彼らは心が強い人に比べ、通常業務においても強いストレスを抱えがちです。一体何が彼らを苦しめているのでしょうか。早速見ていきましょう。

悪い結果になることばかり想像してしまう

心が弱い人は仕事に対し憂鬱な気分で臨むことが多いようです。彼らは基本的にマイナス思考です。そのため、どんな業務を任されても悪い結果になることばかりを想像してしまいます。

例えば「もし失敗したら上司になんて報告しよう…」とか「この案件をやると、他の案件まで手がつけられないかも…。そうしたらまた残業だ…」など、ネガティブな想像ばかりが頭を過ってしまいます。

まだ事が始まってもいないのにこういう想像ばかりしていたら、上手くいくことも上手くいきません。現に、悪い結果ばかりを想像する人はミスを起こしやすいという情報もあります。心が弱い人はミスを誘発しないためにも、不安な気持ちを人に話すなどして、気持ちを一旦リセットしましょう。

ミスをしたときに自分を責め過ぎてしまう

心が弱い人は仕事でミスをしてしまった時に、必要以上に自分を責め過ぎてしまう傾向があります。それは時に、他の業務に影響を及ぼすことすらあるほどです。ミスはミスとして受け止める必要はもちろんあるでしょうし、改善する必要も当然あるでしょう。

しかし心が弱い人というのは、自分の犯したミスに人格的な問題を見出そうとする傾向があります。そのため、まるで自分という人間がまるごと否定されたかのように、深刻に受け止めてしまいがちです。心が弱い人は、物事を俯瞰して見る能力を鍛えるといいでしょう。

人と比べて自分が劣っているように感じてしまう

仕事の成績や周囲との関係を見比べながら、常に劣等感を持ってしまうのも心が弱い人の特徴です。何故なら心が弱い人は、自分に対する周囲からのポジティブな評価を信じることができないからです。

どんなに実力を認めているという言葉を掛けられても、心が弱い人の目に映る世界に自分を認めてくれる人は存在しないのです。だからこそ、誰にも認められない自分は人より劣っていると感じてしまうのです。

しかし誰しも、気づかないうちに自分を認めてくれる人と一緒に生き、時間を過ごしていることでしょう。心が弱い人は周囲を見渡し、まずは自分を認めてくれる人の存在に気づく努力をしましょう。

心が弱い人が知っておきたい考え方

心が強い人はストレスにも強いので、とても逞しい印象を持たれることがあります。しかし彼らの心が強いのは、何も肉体的な鍛錬を重ねたからではありません。また、たゆまぬ努力の結果、心が強い人になれたというわけでもないのです。

では心が弱い人は、どうしたら心が強い人のように振る舞うことができるのでしょうか。どうやら考え方にそのヒントがあるようです。ここからは心が弱い人にぜひ知ってもらいたい考え方をいくつかご紹介しましょう。

無理だと思ったら頑張り過ぎない

心が強い人になるためにまず必要なことは、頑張り過ぎないことです。日本人の多くが持つ悪い癖は、なんでも努力で解決しようとすることです。また、努力をしたという過程に異常なまでの価値を置くのもその一つではないでしょうか。しかし努力では解決できないことも、世の中には沢山あるものです。

そうしたことを前にして、時には諦めることも肝心です。また誰かの力が必要だと思ったら、近くの人に頼ることも大事です。心が弱い人は自分の無力さを嘆くことでメンタルを乱しがちです。気楽に考える習慣をつけて、楽に生きることを目指していきましょう。

物事の捉え方を変える事が大切

物事には元々良いも悪いもありません。そこに主観を持ち込んで判断しているのはその人自身なのです。まずは客観的な視点に立ってみましょう。そしていつも考えることとは逆のことを考えてみるのです。

心が弱い人も心が強い人も、考え方に癖があるという意味では同じです。ただ、ポジティブに考えるかネガティブに考えるかという違いがあるだけです。また、どちらの考え方を選ぶかも本人の自由なのです。心が弱い人は、そのように物事の捉え方を抜本的に変える勇気を持ってみましょう。

世の中には様々な人がいる

世の中には様々な人がいるものです。自分に対して否定的な印象を持つ人もいれば、好意的な印象を持つ人もいます。人の悩みに黙って耳を傾けられる人もいれば、無関心な人もいるでしょう。このように人はそれぞれ考えを持って生きているのです。

心が弱い人は、とにかく周囲の目や言葉にネガティブな反応をしてしまいがちです。しかしそれは本人のネガティブな考え方で悪い部分を切り取っているだけに過ぎません。世の中には本当にいろんなタイプの人がいます。

「他人は他人」と割り切る気持ちが大切です。そのことを念頭に置いて、周囲の言動にいちいち振り回されない鈍感さを身につけましょう。

心が弱い人がすぐにできる改善策

心が弱い人はそのままでは日々の生活で苦しむことばかりです。ではどうしたら今より苦しみを軽減することができるのでしょうか。ここからは心が弱い人がすぐにできる改善策をご紹介します。できることから実践し、少しずつでも楽に考えられるよう改善していきましょう。

現状を書き出してみる

心が弱い人は、仕事で何か悩むことがあれば、現状を紙に書き出してみましょう。考えを書きだすことで、様々なことを客観視できるようになります。また、紙に書くことで感情を抑えることができ、心に落ち着きを取り戻すことも期待できます。

もし仕事で悩んだら頭を整理する意味でも、こうして考えを外へ吐き出すにがおすすめです。そこから解決の糸口が見つかるかもしれません。

様々な行動のパターンを予想・対策する

心が弱い人は一つの考え方に拘る傾向があります。そのため、ちょっとした失敗から悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。こうした思考パターンに足を引っ張られないよう、様々な行動パターンを予想して、対策を講じるようにしましょう。

先ほどご紹介したように、紙に書き出すのも良いでしょう。紙にマインドマップのようなものを書いていき、色々なパターンを想像してみるのです。最悪なパターンであっても、予め予想できていれば対策できるので、パニックになることも少ないでしょう。

また、行動パターンを眺めていれば自分がどういう人間なのかが分かってきます。その視点が持つことができれば、それまでのただ落ち込むばかりの自分から脱却できるかもしれません。

周りの人に相談する

心が弱い人は、仕事で失敗しても誰にも相談せずに抱え込む傾向が強いです。そのため、周囲が気づいたころには手遅れになるような最悪の場合もあります。

迷惑を掛けるからと遠慮するのかもしれませんが、そこまで相談しないでいると、更なる問題に発展してしまう可能性もあります。また、相談をしないということは、周囲の人は本人が何に悩んでいるかわからないということでもあります。

そうなると誰もアドバイスできませんし、手を貸すこともできません。一人で一生懸命考え抜くことも時には必要ですが、人を頼る方がいい場合もあります。心が弱い人はもちろんのこと、自分一人で何でも抱え込む癖がある人も、悩んだら周りの人に相談することを意識しましょう。

心が弱い人がメンタルを強くする方法

心が弱い人がメンタルを強化するためには、一体何をどうしたら良いのでしょうか。最後に、心が弱い人がこれまでの苦しい日々から脱するための方法をいくつかご紹介します。心を強くすることは一朝一夕にはできません。しかし以下のことを意識して習慣化できれば、気づいたころには今とは比べ物にならない心の強さを手に入れていることでしょう。

新たな事に挑戦してみる

心が弱い人は積極的に新しい事に挑戦してみましょう。新しい事に挑戦すると、人の脳は活性化します。例えば普段通っているカフェを変えるといった些細なことであっても、人の発想には大きな変化が起こると言われています。

それは人の思考が周囲の環境から大きな影響を受けているからです。ネガティブな思考を変えるには、このように思考の元となる周囲の環境を変えることがとても効果的です。新しい事に挑戦するのはそれなりにストレスが感じるものですが、発想の転換には良いきっかけになるかもしれません。

また新しい挑戦というのは、新しい出会いをもたらしてくれる可能性も秘めています。そうなると総合的に考えてデメリットよりメリットの方が圧倒的に多いと言えます。もし迷っている人は、この機会に思い切って新しい事に挑戦してみましょう。

自分を受け入れる

心が強い人になるためには、時に自分を受け入れることが大切です。これは何も自分の短所ばかりを受け入れろということではありません。自分の長所もちゃんと認めて受け入れてあげるのです。心が弱い人は自分の短所ばかりを気にしてしまい、自分にも素敵な長所があるということに気づいていない場合が多いです。それでは心が弱る一方です。

一度自分の長所と短所を見つめ直し、そこから理想の姿に近づくためにはどうしたら良いのかを考えていきましょう。ネガティブなことばかりに注目していたら遠回りになってしまいます。出来ることは出来る、出来ないことは出来ない、と冷静に判断できれば今からやるべきことははっきりしてくることでしょう。

何事も前向きに捉える癖をつける

心が弱い人が考えることは基本的にネガティブですが、本人の勘違いや思い込みであることがほとんどです。彼らは後ろ向きに考えることが習慣になっているので、それ以外の考え方を知らないのでしょう。習慣になってしまうと、それが当たり前になってしまいます。

つまり、ネガティブに考えたことが本人にとっての真実になってしまうのです。これでは良い発想は生まれませんし、心を強く持つことも叶いません。心が弱い人はネガティブなことを考えそうになったら、ただの気のせいだと考えるようにしましょう。そして自分が楽しくなるように、何事も前向きに捉える癖をつけましょう。

心が強い人になれるように改善しよう!

心が弱い人の特徴や性格を参考に、メンタルを鍛えて心が強い人になるための方法を考えてきました。ストレス社会と言われて久しい現代の日本では、仕事で強いストレスに晒されることは当たり前になっています。そのため、心が弱い人はもはや他人ごとではありません。

少なからず身近にこうした人が存在していることでしょう。彼らは何も特別な人ではないのです。また、自分自身が彼らのようにひどく落胆することもあるかもしれません。そういう時はメンタルを強くする方法を実践してみましょう。

心の弱さ強さというものは、ちょっとしたボタンの掛け違いが原因になることもあります。真剣に考えることは大切かもしれませんが、深刻に考える必要はありません。

心が弱い人は真剣と深刻を混同してしまいがちですが、真剣に考えたらスパッと忘れることも大切です。仕事をしていて何かおかしいなと思ったら、周囲に相談するなどして、ストレスから上手く逃げることも考えましょう。

メンタルの疲弊を放置していると、知らず知らず体調にも悪い影響が表れてしまいます。そうなると、心を強く持つことは余計に難しくなってしまいます。

もし自分の心が弱いという自覚があるのなら、我慢せずに自分を甘やかす勇気を持ちましょう。今までと違う考え方に触れ、実践することは、強い心を作るためには必要不可欠です。ぜひ心身共に健康な毎日を送れる、心が強い人になりましょう。

関連する記事はこちら

Thumb克己心の意味とは!克己心が強い人・弱い人の特徴と克己心を養う方法
克己心という言葉を聞いたことがあるでしょうか。あまり使うことはない言葉ですが、とても力強い言...
Thumb精神力を鍛える10の方法!メンタルが強い人の特徴とは
精神力を鍛える方法を知りたいと思ったことはありませんか。精神力を鍛えるとメンタルが強くなり周...
Thumb豆腐メンタルな人の特徴23選!豆腐メンタルの言葉の意味とは
豆腐のように脆いメンタルを持つ人を、「豆腐メンタル」と表現することをご存知でしょうか。日常生...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ