誘い受けの意味とは?使われる場面や誘い受けする男女の特徴を解説

BL作品によく見られる「誘い受け」という言葉はご存知ですか。類義語には「襲い受け」対義語には「誘われ攻め」というのもあります。ボーイズラブに限らず男女の恋愛でも見るうざいかまってちゃんなどの特徴がある「誘い受け」の意味は一体なんなのでしょうか。

誘い受けの意味とは?使われる場面や誘い受けする男女の特徴を解説のイメージ

目次

  1. 1誘い受けとは
  2. 2誘い受けが使われる場面とは
  3. 3誘い受けする人の特徴【男性編】
  4. 4誘い受けする人の特徴【女性編】
  5. 5誘い受けを恋愛に活かす方法
  6. 6ボーイズラブの受けの種類
  7. 7誘い受けを上手に恋愛に活用しよう

誘い受けとは

「誘い受け」という言葉、どこかしらで耳にしたことはあるでしょう。特にBLが好きな人にとっては馴染みのある言葉かもしれません。反対に全く知らない人もいるはずです。この言葉には類語や対義語も存在しており、様々な場面で実際に使われています。この誘い受けは実際のところどんな意味を持っているのでしょうか。

語源から類語や対義語まで、詳しく解説していきます。

誘い受けの意味や語源

誘い受けの「誘い」とは性行為のことを指します。そして「受け」とは攻められる側のことです。つまり、性行為の時に女性側=受け入れる方を「受け」と呼びます。反対に男性側=入れる方は「攻め」と呼ばれます。そして性行為を受ける側が誘うことを、誘い受けと言うのです。

誘い受けは決して威圧的や強制的に誘うものではなく、優しくさりげなく誘うことになります。また、精神的には攻めでも肉体的には受けである場合にもこれに当てはまるのです。一般的に性行為に持ち込む場合、攻める側が誘うことの方が多いですが、受けが誘うことによってギャップが生じ、そこに萌えや愛しさを感じる人もいます。

そんな誘い受けの語源は、ボーイズラブからきているようです。ボーイズラブとはBLとも記載し、男性同士の恋愛を描いたものを指しています。このBLの世界で誘い受けという言葉が生まれ、今ではBLに興味のない人達の間にまで広まりました。BLでは、受ける側の男性が攻める側の男性を性行為に誘うことで誘い受けとなるようです。

対義語は「誘われ攻め」

誘い受けの対義語には「誘われ攻め」という言葉があります。誘われ攻めというのは、相手に誘われるように仕向けるという意味を持っています。相手から誘われるように仕向けるのは一見受けのように見えますが、相手が誘ってきたら攻めに転じるので、結果的に攻めになるのです。そもそも仕向けている時点で、受けではなく攻めでとなります。

例えば、分かりやすいのがMと見せかけておいて、いざ蓋を開けたらSだったというようなパターンです。そのため受け側が性行為などを誘ってくるよう、一切気づかれずに上手く誘導します。攻めが好きな人にとっても受けが好きな人にとっても、いつもとは違う魅力を感じることが出来るのです。

類語は「襲い受け」?

誘い受けの類語に、襲い受けがあります。襲い受けとは、受ける側が攻める側に積極的に性行為を及ぼうとすることです。一見誘い受けと同じように思われますが、性行為に及ぶ際に、攻め側を襲って性行為にいたるということが違う点になります。大胆にも襲うという行動により、一層ギャップが楽しめるのが襲い受けの魅力でもあるのです。

また強引な誘い方も襲い受けになり、この行動パターンを好む人も多くいます。普段は温厚で優しい受けが、ある時に強引に攻めを誘って性行為に持ち込むギャップに萌える人も多いでしょう。

誘い受けが使われる場面とは

誘い受けの意味や語源が分かったところで、実際どんな場面で使われているのか調べてみました。ボーイズラブが発端なので、ボーイズラブの作品にしか描かれていないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、それは違います。意外と身近なところに誘い受けは存在するのです。

恋愛小説や漫画

誘い受けという技はボーイズラブだけでなく、男性と女性の恋愛にとっても非常に有効なテクニックの一つです。そのため誘い受けは、恋愛を中心とした小説や漫画によく登場しています。さらに、ジャンルの一つとしても扱われており、誘い受け作品を好んで選び、同じジャンルばかりを読んでいるという人も多いです。

BLや百合作品

誘い受けはBL作品が多い印象ですが、実は百合と呼ばれる女性同士の恋愛作品や男女の恋愛作品でも多く使われているのです。女性が男性を性行為に誘うことでも誘い受けは成立するため、男性同士でないといけないなどといった性別は関係ありません。

BL作品を好きな人が誘い受けという言葉をよく使用し、言葉自体を知っていることが多いのもあり、誘い受けはBLの印象が強くなってしまったのでしょう。また恋愛作品につきものな誘い受けは、作品だけでなく日常生活にも見られることがあります。誘い受けであることを自覚せずに行動している人もいるでしょう。意外と身近な存在である言葉ということです。

Twitterや2chなどのSNS

恋愛面で使われていることが多い誘い受けは、TwitterなどのSNSや2ちゃんねるでも使用されているのです。ど「映画を見に行きたいけど、一人じゃいけない」や「お酒飲みに行きたいな」など、一見誰かを誘っているように見えて誘われることを待っている発言があるとします。

これらの発言を誘い受けと言うのです。この誘い受けは、遠回しに自分を構って欲しいとSNS上の不特定多数の人に伝えていることになります。しかし、あまりにも頻繁だったり度が過ぎるなど行為が悪化していくと、うざいかまってちゃんな人と認識されたり、病んでいるから面倒だと思われてしまうこともあるので注意が必要です。

適度な誘い受けを心掛けると良いでしょう。

誘い受けする人の特徴【男性編】

誘い受けの使われ方や意味が分かったところで、実際に誘い受けをする人にはどんな特徴があるのでしょうか。まずは男性の特徴について紹介します。BL作品でよく見かける誘い受け側の男性を思い浮かべるとより分かりやすく理解できるでしょう。全部で5つの特徴について詳しく説明していきます。

特徴①ノーマルタイプ

特徴の一つとしては、肉食系でもなく草食系でもない、いわゆるノーマルタイプと呼ばれる男性に多く見られます。自分からガンガン攻めるわけでもなければ、攻め方が足りないわけでもありません。ガツガツしすぎず、クールすぎず、ごく普通な人の方が攻めと受けどちらにも対応できる場合が多いです。

一見誘っておいて、相手が乗り気になったところで受けに転じるなど、スイッチの切り替えが上手いのでしょう。また肉食でも草食でもないというのは、どっちつかずな意味もあります。スイッチが入ったら攻めになったり、受けになったりとコロコロ変わるのもノーマルタイプに見られがちな特徴です。

特徴②パッと見は冷静沈着

誘い受けには異性に対しても同性に対しても、自分が主体となって動くことをしないクールな人が多い傾向にあります。またあまりにもガツガツと勢いよくこられると、一歩引いて自分のことを第三者の目線で見てしまうこともあるのです。そういったタイプの方が、突然スイッチが入ったように誘い受けという大胆な行動に走りだします。

また一見冷静沈着なようで実は子供らしい一面を隠していたりと、ギャップがある人もいます。こういったタイプも魅力的です。

特徴③ガツガツした人が苦手

誘い受けは、結局は受けなので当然攻められたいと思っているタイプです。ガツガツした肉食系が好きだと思われがちですが実は違います。むしろガツガツ系は苦手な人が多いようです。常にガツガツされると自分が誘う隙もなく、誘い受けになりません。

たまにガツガツこられるくらいなら良いようですが、常にというのは好まれないので誘い受け男性と接する時には注意が必要です。

特徴④思わせぶりな言動が多い

「○○がしたい」「○○に行きたい」など自分の願望を示す誘い受けタイプは、特に深く考えずに軽い気持ちで自分の願望を口出してしまう傾向が高いです。このように、受け側の思わせぶりな行動が多いと、攻め側は「私に言っているのかな」と勘違いしてしまいます。

そのため思わせぶりな発言が多いなど、自分が意図したものとは違うレッテルが貼られてしまう場合があるのです。さらに自分の願望を口に出しておきながら実際には実行しなかったり、気持ちが乗らなくなってしまったりする部分もあるので注意も必要でしょう。

特徴⑤ギャップがある

パッと見は冷静沈着な面があるというところでも記載しましたが、第三者に対してはいつもクールでいても、自分のことになるとそうではなくなってしまうという特徴があります。こういった面はどんな人にも見られるように思われますが、誘い受けの男性に特に多く見られる傾向です。

これをギャップ萌えと好む人もいれば、イメージが違うと思ってしまう人もいるでしょう。良い意味でも悪い意味でもギャップのある部分になります。

誘い受けする人の特徴【女性編】

男性の誘い受けの特徴が分かったところで、女性の場合はどうなのでしょうか。ボーイズラブ作品に多く見られることから男性の印象が強い誘い受けですが、女性にも当てはまる人は多いです。誘い受けする女性の特徴について紹介します。

特徴①私を見てタイプ

これは恋愛的な意味だけでなく、友人同士でも見られます。TwitterなどSNSにておいて自分の発言でより多くの人の注目を集めようとするのです。この手のタイプは相手の興味を引くために、意味深長な発言が多く、結論や内容は言わないで相手に聞いてもらおうという意図があります。

「やばい」「死んじゃう」など思わず「何が?」と聞いてしまいたくなるような発言をして、色々な人の気を引くのです。本当に大事なこともありますが、多くは大したことのないことを大げさに表現しているだけな場合があります。

特徴②うざいかまってちゃん

誘い受け女性の中で一番多く、そして特徴的なのが「かまってちゃん」です。このタイプは基本的に一人で過ごすのが嫌なため、とにかく常に誰かに傍にいて欲しい、構い続けて欲しいという気持ちがあります。ただ直接的に「構って欲しい」とは言わず、遠回しな言葉を使って結果的に構ってもらうようにするパターンが多いです。

構って欲しいと思っているのに、ストレートに言えなかったり素直になれなかったりする人が多いので、相手から来てくれるのを待っているということになります。程々ならば良いですが、あまりにも構って欲しいオーラ全開でガンガンと周りに発信しすぎると、飽きられてしまったり相手にされなくなってしまうので注意が必要です。

誘い受けは加減も大切なので、うざいと思われて嫌われることのない程度に済ませておくのが良いでしょう。

特徴③気を遣い過ぎる

誘い受け女性は、人を気遣いすぎてしまう傾向にあるようです。しかしこの気遣いがかえって良く、自分の主張をさりげなく伝えることで相手を乗せるパターンも多く、結果的に自分の願望を通してしまいます。気を遣って控え目な言動を取っていたつもりが、相手を自分の希望通りに動かしてしまうという計算高さを思わせてしまうこともあるでしょう。

このタイプは言い回しの上手さや、自分が思っていることを相手に嫌な思いをさせずに伝える術に長けているのです。

特徴④寂しがり屋

かまってちゃんが多いこともあり、誘い受け女性は寂しがり屋な人が多いです。一人でいるのが嫌なため、一人で行動するということ自体を嫌っています。誰かの傍にいないと不安になり、誰かがいることで安心して自分の持っている力を発揮できるのです。そのため誘い受けタイプの女性は、常に誰かしらと一緒に行動しているという目に見えて分かる特徴があります。

寂しがり屋で一人が嫌だから、相手から誘ってもらえるように動くのでしょう。それが誘い受け女性の特徴になります。

特徴⑤本当は積極的

誘い受け女性は内気なイメージがありますが、実は積極的な面を持つ女性が多いのです。見た目や普段の言動は大人しく控え目な印象を受けるのですが、肉体的な関係になると一転してとても積極になったりします。また普段からは想像もつかないほど、恋愛になると肉食的な部分を見ることが出来たりと特別な時とのギャップがあるようです。

男性と同様に誘い受け女性もギャップがあるということであり、このギャップを好む人も多いでしょう。また普段控えてる分、特別な時に見せる積極性のパワーはとても凄く、圧倒されてしまう人もいるかもしれません。

誘い受けを恋愛に活かす方法

誘い受けは良くも悪くも男女で多く見られるタイプであることが分かったことでしょう。この誘い受けは上手く使えば、良い恋愛のテクニックの一つにもなるのです。実際どのようにしたら恋愛に誘い受けを活かせるのか、5つのポイントにまとめてみました。

相手から誘われるのを待つ

第一ポイントは、誘い受けの醍醐味でもある「誘われる」ということを待つということです。しかし、ただ待つだけでは意味がありません。誘ってもらえるような雰囲気を出して、上手く相手に誘ってもらえるようにするのです。たとえば、行きたい場所やしたいことの意思表示をして誘って欲しい人にアピールをします。

そして相手が誘いやすいオーラを醸し出して、ひたすた待つのです。なかなか相手が誘ってこないからといって、痺れを切らしてこちらから誘ってしまっては作戦にならないので注意しましょう。諦めることなく、気長に待つのも誘い受けを恋愛に活かすためのポイントです。

目を合わせる回数を増やす

二つ目のポイントは、好きな人への視線です。相手と目を合わせることが結果的に重要なことになってきます。人は、よく目が合う人や自分の方を見てくる人のことを、知らず知らずのうちに意識してしまうものです。そしてその意識の中で自分の存在をしっかりと根付けると、自分を見ない日には「いないな」と意識を向けさせることができます。

相手の意識が自分に向けば、かなり優位なポジションに立ったことになりその後の恋愛活動も進めやすくなるでしょう。なるべく好きな人や狙っている人の視界に入り、目を合わせる回数を増やすのがポイントです。

また目が合ったあとにすぐそらしてしまうなど、アクションをつけることでより相手に印象付け、自分のことを考えさせるきっかけにもなるでしょう。

控え目に意思表示

3つ目のポイントは、さりげないアピールです。誘い受けはなかなか自分から話しかけたりすることがありません。そのため自分をアピールするのはとても難しく思われがちです。しかし会話の中で自分が好きなものを伝えたり、行きたいと思っていることを相手にアピールします。それにより相手に自分を誘ってもらうようにするのです。

ただ自ら積極的に誘ってしまってはいけないので、アピールの程度も大切になります。あくまでもさりげなく自分の気持ちや思っていることを相手に伝え、しっかりと意思表示を忘れないようにしましょう。

自分から話しかけない

4つ目のポイントは、自分からは意中の相手に話しかけないということです。恋愛で鉄板なのは自分から積極的に相手に話しかけて意識してもらうことですが、誘い受けの恋愛戦法は違います。あえて自分からは話しかけないのです。相手から話しかけられるのを待ち、そして話しかけられた時に素直にコミュニケーションに応じるようにしましょう。

ここで注意する点は、決してツンとした冷たい態度を取らないことです。せっかく話しかけてくれたのに相手に不快な気持ちや、自分が冷たいイメージを与えてしまっては意味がありません。上手く相手へ自分に話しかけるきっかけを託し、そして話しかけられたらこちらからも積極的に話題提供するなどして話しを盛り上げるのもテクニックの一つです。

とにかく相手からの行動を待つことがポイントになってきます。

すぐに諦めずに粘る

誘い受けを恋愛で活用するための5つ目のポイントは根気よく粘ることです。誘い受けというのは相手から来てくれる分、成功してしまえば簡単な恋愛戦略ではありますが、成功までがとても難しく、困難なテクニックを使っていることになります。なかなか好きな相手から誘われず、ヤキモキしてしまうこともしばしばあるでしょう。

そこで安易な行動に出ず、ぐっと堪えなければなりません。粘りに粘って相手からの誘いがあった時にはじめて誘い受けが成功になるのです。我慢強さも大切になるので、誘い受けで意中の人を落とそうと考える場合はその点に注意しましょう。

ボーイズラブの受けの種類

誘い受けが定番になりつつあるボーイズラブですが、実は他にも「受け」の種類があります。誘い受け以外にどのようなものがあるのか、全てを紹介するのはとても数が多いので、代表して4つの受けについて紹介します。4種類の受けを知ることで、受けが顕著に表れ、好む女性も多いBL作品で派生した「受け」をより理解することにも繋がるでしょう。

ボーイズラブ①オヤジ受け

一つ目はオヤジ受けです。これは文字通りに中年男性が受け側になることを指しています。オヤジ受けの類語にはおっさん受けというものもあり、お兄さんとおじいさんの間の年齢層の男性が当てはまるのでとても幅広いです。現在世の中には中年男性同士のBL作品だけでなく、若者と中年男性という歳の差BLの作品も多く出回っています。

類語のおっさん受けとの違いはあまりありませんが、キャラクター性の違いなどで使い分けるようです。

ボーイズラブ②俺様受け

二つ目の俺様受けというのは、攻めの人に対して尊大な態度を示す受けの人のことを言います。俺様受けがさらに高慢な態度になっていくと、女王様受けというものになります。どちらかと言えば攻めに対して弱いイメージがある受けですが、受けでありながら態度は大きい受けもいるのです。

そういう受けはギャップが良いと好まれることが多く、普段の言動はSっ気がある俺様タイプなのに攻められると弱かったり、肉体的には受け側だったりと普段との違いを楽しめます。

ボーイズラブ③乙女受け

三つ目の乙女受けとは、男でありながらも女子力などが高く、攻めに対して乙女のように接する受けの人のことを言います。男だけど可愛らしい人というのはBL作品でもとても多く、まるで本当に女の子のような男の子が数多く存在しています。

その男の子が攻めの攻撃によって本物の乙女のような言動や仕草をすることで、そんな乙女受けが可愛いと好む人が多いです。これは一見すると普通の男女の攻め受けに見えてしまうかもしれません。そのためボーイズラブにハマるきっかけにもなるのが乙女受けです。

ボーイズラブ④乗っかり受け

四つ目に乗っかり受けというのがあります。これは言葉通り、受けが攻めの上に乗ることを意味しています。これははじめの方で記載した襲い受けとは違い、襲うという意味での乗っかるというよりかは、受けが勇気を出して頑張って攻めの上に乗ってマウントを取った状態のことです。

このまま性行為に持ち込むこともあれば、受けが自分が乗ってしまった事実に恥ずかしくなってしまうという場合もあります。乗っかり受けは受けの可愛さも残しつつ、いつもとは違う描写を楽しめるという点で好む人も多いです。

またBL漫画の乗っかり受けのシーンは、受け側の男性が可愛らしい容姿をしているのと、男らしい容姿をしているのとでは視覚的な楽しさも違ってきます。

誘い受けを上手に恋愛に活用しよう

誘い受けの語源や意味、襲い受けなどの類語も踏まえて紹介しました。ボーイズラブがきっかけで生まれた言葉ではありますが、誘い受けはボーイズラブの世界に限らず、百合の世界や男女の恋愛でも広く用いられています。誘い受けのテクニックを上手く利用すれば、積極的になれない女性や男性も自分の恋愛を上手く運び込めるようになるでしょう。

紹介した5つのポイントを上手く活用することをお勧めします。そしてこの誘い受けは誰にでも簡単に出来るわけではなく、粘り強く待てる人が成功する可能性が高いです。このことを踏まえて自身の恋愛に活かしてください。また誘い受けは恋愛に限らず、自分の意思表示や寂しさを埋めるための手法の一つでもありました。

かまってちゃんは可愛い一面もありますが、度が過ぎるとうざい印象を与え、余計に構ってもらえなくなることもあります。何事も程度は大切ですので、やりすぎないことを念頭に置いておくのも良いでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
奥山ゆう

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ