青姦の意味とは?やり方・注意点や青姦スポット7選

青姦と呼ばれるセックスのやり方をご存知でしょうか。今まで青姦を知らなかった人も多いはずです。そのため、青姦のやり方について掘り下げていきます。また、青姦の意味だけでなく、どんなスポットが青姦に最適なのか、どんな注意点があるのかについてもご紹介していきましょう。

青姦の意味とは?やり方・注意点や青姦スポット7選のイメージ

目次

  1. 1青姦とは
  2. 2青姦のやり方
  3. 3青姦の注意点
  4. 4青姦のメリット
  5. 5青姦のスポット7選!
  6. 6青姦をする際は注意点を踏まえてスリルを楽しもう!

青姦とは

好きな人と愛を確認するために、一度はセックスをしたことがある人がほとんどなのではないでしょうか。もちろん普通のセックスでも、お互いの愛を確認し合うことはできます。しかし、中にはアブノーマルなセックスを恋人と楽しみたいと考えている人も多いはずです。そんな時に挙げられるのが「青姦」と呼ばれるセックスのやり方です。

「青姦」とは、いったいどのようなセックスの方法を意味しているのでしょうか。

「青姦」の意味

青姦とは、主に外でセックスをすることを意味しています。本来であれば、好きな人とのセックスは自宅やラブホテルなどで行うのですが、野外でセックスをすることによって、普段とは違った刺激を求めることができるようです。そのため、特に性に対して積極的なカップルは、青姦に挑戦してみてはどうでしょうか。

「青姦」の魅力

野外でセックスを行う青姦は、様々な魅力が隠されています。中には人に見られるのは恥ずかしいと考えてしまう人もいますが、それ以上に見られてしまうスリルに背徳感を感じる人がいるようです。青姦はいつ誰に見られてもおかしくない状況でセックスをするため、普段とは違ったドキドキ感を得ることもできるのではないでしょうか。

青姦のやり方

上記では、青姦について大まかにご紹介しました。普段のセックスに飽きてしまった人には青姦がおすすめなのですが、青姦を安全でスムーズに行うためには、ある程度青姦のやり方を知っておく必要があります。そのため、下記では青姦のやり方についていくつかポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

やり方①バレにくい暗い場所

青姦を行う際のポイントとして大事なのが、バレにくい暗い場所で行うことです。青姦の最大の魅力は「見つかりそうで見つからない」といったドキドキを得ることなので、明るい場所で明らかにバレるようなセックスはしないようにしましょう。特に昼間は周囲の人に見つかりやすくなってしまうので、なるべく夜に行うようにしてください。

やり方②セックスしやすい服装

青姦は外でセックスを行うので、部屋やラブホのようにベッドを使うことができません。また、服を全部脱いでしまうと人に見つかってしまった時に危険を伴うので、なるべくセックスしやすい服装をしていくようにしましょう。女性なら短いスカート、男性ならチャックの付いたズボンを履いておくことで、スムーズに青姦を行うことができます。

やり方③相手に承諾をとろう

青姦をする際には、必ず相手に承諾を得るようにしてください。普段のセックスでも相手の同意があることでする人がほとんどですが、青姦は危険度が増してしまうこともあり、青姦をしてもいいのか確認を取るようにしましょう。もしも、相手が青姦をしたくないと言ってしまうのであれば、無理強いはしないようにすることがマナーです。

青姦の注意点

上記では、青姦のやり方についてご紹介しました。そこで青姦は危険が伴ったり、普通のセックスよりも危険度が増してしまうと述べています。これには様々な理由があるのですが、下記では青姦の注意点についてご紹介していきましょう。もしも、青姦をしようと考えているのであれば、下記の注意点をしっかりと理解しておくようにしてください。

注意点①盗撮される恐れがある

青姦が行われている場面を目撃すると、面白半分で盗撮する人もいるようです。もしも、青姦をしているところが盗撮された場合、SNSなどでその画像や動画が拡散される可能性もあります。顔が鮮明に映っていると、知り合いや大切な人に知られる可能性も高まるでしょう。そのため、青姦では盗撮される恐れがあることを理解しておいてください。

注意点②公然わいせつ罪

野外でセックスをすることは、公然わいせつ罪に当てはまります。誰かが青姦をしているところを目撃して、通報してしまえば逮捕される可能性もあるでしょう。そのため、人に見つからないかというスリルを味わうことができる青姦ですが、絶対に人から見られないように注意してください。

注意点③性病にかかる危険性

青姦をする場合、その場の雰囲気に流されてする人が多くいます。そのため、事前に避妊具を購入せずにセックスをしてしまう人がいるようです。そうなると、初めて会った人や良く知らない人と青姦をする場合は、性病にかかってしまう可能性があるので注意してください。

また、外では砂や土と言ったものが性器に付着しやすいこともあり、最近が入ることで性病にかかってしまうこともあるので気を付けましょう。

注意点④他人に話さない

アブノーマルなセックスをした時、人に話したくなってしまう人もいるのではないでしょうか。特に、男性は青姦をしたことで女性に対して支配欲が沸いてしまうことがあります。そして、友達にそのことを話してしまうことでしょう。しかし、青姦は両者の同意がある上で行うものなので、他人に話すときも相手の同意を得るようにしてください。

注意点⑤声を出さないように

青姦は野外でセックスを行うので、周囲に人が来る可能性があります。バレないような暗い場所で青姦を行っていたとしても、声を出してしまうと気づかれてしまう可能性が高まるでしょう。そのため、青姦をする際に注意点として、声を出さないことが挙げられます。なるべく手で口を押さえるなど、声が漏れないように工夫してみてください。

青姦のメリット

上記では、青姦の注意点や危険性についてご紹介しました。しかし、それ以上に青姦には魅力的な部分があります。下記では青姦をするメリットについてご紹介していますので、これから青姦を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

刺激的でスリルを楽しめる

青姦はとにかく刺激を味わうことができます。普段感じることのできないような青姦での刺激は、普通のセックスでは満足できなくなってしまった人におすすめです。

マンネリの解消になる

刺激的なセックスができる青姦ですが、マンネリ解消にも役立つようです。マンネリの原因は同じようなセックスを何度も行っていることが原因なので、今まで青姦をしたことがないカップルの場合は、これだけでもマンネリを解消することができるかもしれません。

青姦のスポット7選!

上記では、青姦について様々なことをご紹介しました。しかし、具体的にどんな場所で青姦を行うといいのでしょうか。青姦におすすめだと言われているスポットを7選ご紹介しますので、青姦を考えている人は自分たちに合ったスポットを探してみてください。

今まで青姦を経験したことがある人におすすめなスポットは、海です。海は他の場所よりも開放的な気分を味わうことができるため、他の青姦スポットよりもスリルを感じることができます。季節外れの海の場合は人が来ることも少なく、多少大胆な行動をしても大丈夫です。

公園

青姦スポットとして有名なのは、公園なのではないでしょうか。公園は街灯があるので明るい場所では青姦しないように注意してください。逆に、木が生い茂っている場所ではセックスをしていてもバレない可能性が高いです。また、公園の奥の方で行うことで、刺激を味わいつつも安全性を確保することができます。

ただし、公園の場所によっては青姦スポットとして有名な場所もあり、盗撮しようと考える悪い人もいるので注意してください。

公衆トイレ

「青姦を楽しみたいけれど、あまり危険な行為はしたくない」という人におすすめなスポットが、家以外にある個別空間です。特に青姦スポットとして知られているのが、公衆トイレなのではないでしょうか。トイレなら鍵をかけることができるので、人にバレる可能性が下がります。特に、夜の障がい者用トイレがおすすめだと言われています。

駐車場

駐車場は、場所によってはひとがあまり寄り付かない場所となっています。そのため、青姦スポットとしてはとてもおすすめです。ただし、駐車場は隠れられる場所が少なく、人が車を取りに来てしまうと見つかる可能性があります。途中でセックスを中断せざるを得なくなってしまうことも頭に入れておきましょう。

カラオケ

青姦をする際におすすめなのが、カラオケです。カラオケは密室になっているため、セックスを楽しむことができる場所です。ただし、場所によっては部屋の外から見えてしまう可能性もあり、店員に注意されることも多数あります。そのため、人から見られない角度で青姦を楽しむようにしましょう。

屋上

青姦スポットの中で最も人に見つかりやすく、スリルを味わうことのできる場所が屋上です。夜になると屋上は見えずらくなるため、青姦をすることができる場所になります。しかし、少しでも声を出してしまうとバレる危険性があるため、絶対に声を出さないように工夫する必要があるでしょう。

また、施設によっては屋上に入れないこともあり、見つかると厳重注意を受けることもあるため注意してください。

夜になると飲食店や装飾店などは閉店します。お店が開いている時は人が集まってきてしまうため、青姦スポットとしてはおすすめできません。しかし、閉店した後のお店なら人が集まってくることはないため、従業員が帰っている時間帯なら、お店の近くで車を止めて青姦をすることができるでしょう。

ただし、場所によっては防犯カメラが設置されていることもあるので、事前にカメラがないか確認しておいてください。

青姦をする際は注意点を踏まえてスリルを楽しもう!

青姦はかなりスリルを味わうことのできるセックスのやり方です。しかし、それと同時に危険性が付いて回ってしまいます。中には盗撮されるだけでなく、襲われてしまう事件が起こる場合もあるでしょう。そのため、青姦をする際には注意点を守って危険なことに巻き込まれないように楽しんでください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ