顔面偏差値が高い&低い顔の特徴15選!男女別のブス・整った顔の基準は?

顔面偏差値が高い顔と低い顔の特徴を比べると、ブスと言われる顔はどこを直せば平均に近づけるのか基準がわかります。男性と違って女性は化粧で整った顔にすることも可能です。顔面偏差値70以上の芸能人のように顔面偏差値を上げるコツや、測定アプリもご紹介します。

顔面偏差値が高い&低い顔の特徴15選!男女別のブス・整った顔の基準は?のイメージ

目次

  1. 1顔面偏差値とは
  2. 2顔面偏差値が高い顔の特徴
  3. 3顔面偏差値が低い顔の特徴
  4. 4ブス・整った顔の基準とは【男性編】
  5. 5ブス・整った顔の基準とは【女性編】
  6. 6顔面偏差値が70以上の芸能人
  7. 7顔面偏差値がわかる測定アプリ
  8. 8顔面偏差値はあくまで目安!自分を磨いて顔面偏差値を上げよう

顔面偏差値とは

顔面偏差値とは具体的にどのような数値でしょう。誰が見ても美男子、美人の人は顔面偏差値が高そうです。また、見るからにブサイク、ブスの人は顔面偏差値が低いでしょう。しかし、現実には普通の顔の人が一番多く、一般的に普通と思われる顔でも数値化することで多少なりとも優劣がつきます。

普通の顔の人は、自分の顔が普通と思っていたら、顔面偏差値が普通よりも低くてショックを受ける人もいるでしょう。逆に自分の顔が普通と思っていたら、意外と顔面偏差値が良くて美男美女の仲間入り出来る人もいます。顔面偏差値はどういった基準で高い、低いと判定されるのかそれぞれの顔の特徴も踏まえて見ていきましょう。

イケメンか美人かを数値化

顔面偏差値とは、イケメンなのか美人なのかを数値化して顔の美しさを判断する基準です。平均値を50として、50より高いか低いかで自分の顔が客観的にどのくらいの位置にいるのか、数値で判断することができます。人には聞きにくい自分の顔のレベルを知ることは恐ろしいですが、気になるものです。

顔面偏差値が高い顔というのは女性なら美人や美女、男性なら美男子やイケメンと言われる誰が見ても外見が優れている人を言います。顔面偏差値が70以上の美しい男性や女性になると黄金比に当てはまる率も高く、各パーツだけみても魅力的です。

顔面偏差値が低い顔というのは、一般的に男性ならブサイク、女性ならブスと思われてしまう外見の人です。

顔面偏差値の平均は50

顔面偏差値の平均は50です。平均値なので日本人は一番50が多いようです。顔の美しさの判断基準は人によって違いますが、一般的には顔面偏差値が50よりも上の人は普通よりも上の部類に入ります。

顔面偏差値が高い顔の特徴

顔面偏差値が高い顔の特徴として、顔のそれぞれのパーツの配置が重要なポイントです。顔面偏差値はどうすれば高い数値になるのでしょうか。目や鼻や口、その他の部分において、美しくなるための条件を見てみましょう。もし、その条件に自分が当てはまらない場合は、メイクや生活習慣を変えることで少しは顔面偏差値が上がるかもしれません。

目が二重でパッチリ

顔面偏差値が高くなる特徴として、目が二重でパッチリしていることがあげられます。そして、パッチリしていても離れ目では美しい顔と言えません。二重のパッチリしている目で、尚且つ両目の距離も程良く離れていることがバランスの良い顔と言えるでしょう。

みんなが無条件に美しい顔と感じる比率を「黄金比率」と言います。目の黄金比率は、目と目の間が鼻の横幅と同じくらいの距離であることです。また、顔の横幅が目の幅の5倍であることも条件になります。目が大きく二重でも、タレ目だったり離れ目の場合は黄金比率とは言えないので、顔面偏差値は高くならないでしょう。

鼻筋が通っていて高い

鼻筋が通っていて高いと顔面偏差値が高くなります。鼻は顔の中央にありますので目が行きやすく、顔のパーツの中で一番重要です。外国人の鼻は高くてスッと通った高い鼻なので美しく見えます。美しい鼻は正面からだけではなく、横顔も美しい印象に見せることが出来ます。鼻が高く顔に凹凸があることで、美しく立体的な顔に見せてくれます。

黒目がちで大きな目

目がパッチリしているだけではなく、黒目の大きさも顔面偏差値には重要です。白目と黒目の比率が1:2:1が美しい目の理想です。黒目が大きいと可愛らしく見えます。目自体が小さくても黒目が大きい事で幼く見え愛らしくなるので、最近ではカラーコンタクトで黒目を大きく見せることも人気が出ています。

目がパッチリしていて黒目が大きいことも美しい顔には重要ですが、眉毛がはっきりしていることでも顔面偏差値はあがります。アイメイクを重点的に頑張るのであれば、眉毛もはっきりとメイクし、メリハリのあるきりっと顔にしましょう。

Eラインが揃っている

Eラインとは鼻先と顎先を直線で結んだラインのことです。このEラインが揃っていると顔面偏差値が高くなります。Eラインの中に唇が収まっていると横顔が美しくなります。唇が薄いと特にEラインがキレイになりやすいです。

そしてフェイスラインも美しい顔には重要です。フェイスラインとは耳の後ろから顎にかけてのラインのことです。フェイスラインの骨がキレイにはっきりしている人は小顔に見えて顔面偏差値が高くなるでしょう。

肌がキレイ

肌がキレイなことも美しい顔の条件です。いくらパーツが整っていても肌がボロボロでは美しい顔とは言えません。肌をキレイに保つことは頑張れば誰にでも出来ることです。美しくなるためには努力も必要です。美しい人に肌のお手入れ方法を聞いて参考にしてみましょう。

歯並びがキレイ

歯並びがキレイな人は笑った時に清潔感を感じます。アナウンサーや芸能人に歯並びが良い人が多いのは、美しく見せるために歯列矯正をしているのでしょう。顔面偏差値を高くするには歯並びの良さは必須条件となるでしょう。

顔のパーツが左右対称

顔のパーツが左右対称の人は顔面偏差値が高くなります。部分的なパーツがあまり良くなくても、左右対称になることで美しく見えるのです。骨格を歪ませないために、食事の時は両方の歯で均等に噛むようにするなどの努力が必要です。

顔が小さい

顔が小さいのは顔面偏差値が高い人の特徴です。小顔というのは頭蓋骨が小さいということで、生まれ持っている美しさと言えるでしょう。芸能人には小顔の人が多く、一般人との美しさの差が大きく表れています。顔が小さい事でスタイルも良く見え、顔が美しく見えるだけではなく全身のバランスも良く見えます。

顔面偏差値が低い顔の特徴

顔面偏差値が低い顔の特徴はどのようなところでしょうか。美しくなりたい人は、どのように改善すれば顔面偏差値が上がるのかのヒントもありそうです。女性ならメイクすることでカバーできることもあるでしょう。

顔面偏差値が思っていたよりも低くブサイクと判定されてしまった人も、決して美人になれないわけではありません。顔面偏差値は表情によっても変わりますので、明るい顔をしていれば顔面偏差値が上がる可能性もあります。

目が一重で小さい

目が一重で小さいと顔面偏差値が低くなります。一重で美しい顔の人も大勢いますが、一般的に一重の方が目つきも悪く見え、目が小さいと顔の余白が大きくなるので、二重でパッチリ目の方が顔面偏差値は高くなるようです。外国人から見れば、日本人の一重は美しいと思われています。

しかし、一重がコンプレックスになっている人も多いので、整形希望者が多い個所です。目が一重というところだけがコンプレックスなら、女性は一番メイクで直しやすい所です。整形しなくてもアイプチで二重にして、アイシャドウやアイラインなどで目を大きく見せるメイクをすることによって、顔面偏差値を高くすることが出来るでしょう。

口が前に出ている

口が前に出ている人は顔面偏差値が低くなります。Eラインが出来る人は顔面偏差値が高くなりますが、口が前に出ることでEラインが出来なくなり横顔も美しくありません。「口ゴボ」というEラインが崩れてしまって綺麗な横顔ではない人は顔面偏差値が低くなります。

これはアデノイド顔貌やゴリラ顔とも言われ日本人にはよく見られる顔面偏差値が低い特徴です。口ゴボは口呼吸することが原因でなることもあるので、口ゴボになっていると感じたら口呼吸を意識して止めてみましょう。そして顔面の筋肉を鍛えるトレーニング方法もあるので実践してみましょう。

鼻が高くても唇が厚くてEラインが出来ない場合もあります。ですので唇が厚い人も顔面偏差値が低くなります。

鼻筋が通っておらず低い

顔面偏差値が低い人、一般的にブサイクと言われている人の特徴には鼻筋が通っておらず低いということがあげられます。鼻は顔の真ん中にあり、一番目が行くところなので、鼻筋が通ってないと正面から見ても横から見ても、凹凸がなく美しい顔とは言えなくなります。

目がキレイな二重でパッチリしていたとしても、鼻が低かったり団子鼻で顔のバランスが悪くなると顔面偏差値は低くなります。女性の場合メイクでカバーできる個所もありますが、鼻に関してはメイクで直すことも難しい所です。

また、鼻の下が長くても顔面偏差値が低くなります。鼻の下の溝を人中と言いますが、人中:顎=1:2が黄金比となり、このバランスによって顔面偏差値も変わります。女性はメイクでごまかす方法もありますが、人中を短くするにのは整形手術しかありません。

肌が荒れている

肌が荒れている人は顔面偏差値が低くなります。顔のパーツが整っていても肌が荒れている人は美しい顔と言えません。近くで見ると肌が汚い人や、遠くから見てもすぐ肌が荒れているとわかる人もいますが、肌がキレイな人に比べると肌が荒れているだけで印象は変わってしまいます。

女性なら肌が荒れていると化粧も上手に出来ません。顔面偏差値が低くなる他の理由よりも、努力次第で肌はキレイになれるので肌が荒れてしまった理由を考えて改善するようにしましょう。

歯並びが整っていない

顔面偏差値が低い人は歯並びが整っていません。笑った時に見えた歯並びが良くないと、せっかくの笑顔が台無しです。歯並びは会話するうえでも印象を左右する大事なものなので、歯並びが良くないと顔面偏差値にも影響するでしょう。

顔のパーツが左右非対称

顔のパーツが左右非対称の場合、美しい顔とは言えません。しかし、左右非対称の顔でも希に他の部分がカバーして顔面偏差値が高くなる時もあるようです。顔のパーツが左右非対称の人は、他の部分を磨いて全体的にバランスが良くなるようにしてみましょう。

顔や頭が大きい

顔や頭が大きい人は顔面偏差値が低くなります。顔の骨格自体が大きい場合や肉付きの良い顔も美しくありません。日本人は身長が低いので、顔や頭が大きいだけで全身のバランスも悪くなり、スタイルも悪く見えてしまいます。

顔が大きくふくよかな人はフェイスラインも曖昧です。フェイスラインがわかりにくいと顔の凹凸がなくなり、顔面偏差値が低くなる原因となります。

ブス・整った顔の基準とは【男性編】

男性のブスや整った顔の基準はどれくらいの数値なのでしょう。顔面偏差値の基準別に芸能人並みに美しい顔なのか、普通よりもブサイクな顔なのか判断してみましょう。ブサイクな顔と判定されても、顔以外の部分を磨くことで魅力的な男性になることは出来ますので頑張りましょう。

顔面偏差値50は平均的な顔

平均的な顔の男性は顔面偏差値50です。顔面偏差値50の男性は特に特徴がなく普通の顔をしています。かっこいい男性やブサイクな男性はどこか顔に特徴があり記憶にも残ります。これといった特徴がない普通の印象の男性は顔面偏差値50なのでしょう。

顔面偏差値60以上でイケメン

顔面偏差値50は基準となる普通の男性の顔ですが、イケメンと言われる男性は顔面偏差値が60以上あります。それよりも高い顔面偏差値70や80の男性になると芸能人レベルでかっこよく、坊主でも髭をはやしてもイケメンを隠し切れないオーラがあります。

顔面偏差値40以下でブサイク

顔面偏差値40以下の男性になるとブサイクと呼ばれる顔になります。女性と違って男性はメイクでごまかすことが出来ないので、誰が見てもブサイク、ブサメンと思ってしまうでしょう。顔を変えることは出来ませんが、似合う髪形を研究したり洋服をおしゃれにして雰囲気を変えることは出来ます。好かれたい場合は好印象になるよう努力してみましょう。

ブス・整った顔の基準とは【女性編】

整った顔かブスかを顔面偏差値の数値で比べてみました。美人を数値で表すと、いくつ以上なのでしょう。誰もが振り返るような美人と、自他共に認めるブスの差は、数値で表せば一目でわかります。

もし、顔面偏差値が低いかなりのブス顔でも、化粧方法を研究し、自分の骨格に合う髪型でコンプレックスをカバーすることで見た目の印象は変わります。顔面偏差値とそれぞれの特徴、そして悪い所を知った上での解決法をご紹介します。

顔面偏差値50は平均的な顔

顔面偏差値50の人は平均的な顔の人です。日本人に一番多く存在する普通の顔が顔面偏差値50なので、特に特徴のない顔と思える人は顔面偏差値が50だと言われています。美人になりたい時は、メイクや髪型、洋服などで美人に変身出来るので、努力次第でモテることが出来るでしょう。

芸能人でも顔面偏差値が50くらいの人は多いでしょう。しかし、プロにメイクして貰ったり、コーディネーターが洋服を選ぶことで、芸能人は顔面偏差値が普通でも美人に見せることが出来ているのです。普通の人でも髪形やスタイルなど努力次第で見た目は変えれるでしょう。

顔面偏差値70以上で美人

顔面偏差値70以上の人は芸能人にいるような、誰が見ても美人だと感じる女優やモデルのような顔だと言われています。肌がキレイで清潔感もあり、顔のパーツ一つ一つが整っている顔は顔面偏差値が70以上の人が多いです。

顔面偏差値が70以上になると黄金比も外れることが少なくなります。人によって好みの顔は違いますが、異性だけではなく同性にも好かれるようなキレイな顔をしています。

顔面偏差値40以下でブス

顔面偏差値40以下になると誰が見てもブスと感じる顔になります。その理由として、口が出っ歯だったり鼻の下が長かったり、顎が短くてEラインが崩れてしまっていることがあげられます。そのような顔をゴリラ顔やアデノイド顔貌と呼びます。

顔の真ん中にある鼻に特徴がある人も、顔面偏差値が低くなりがちです。鼻ペチャ、小鼻が大きい、小鼻が広がっているなど鼻の形の悪さが目立っている顔立ちです。目がパッチリとした二重にもかかわらず、鼻のせいで顔のバランスが悪く顔面偏差値が低くなっている人もいます。その中には美人ではないけれど、親しみやすい愛嬌がある顔の人もいます。

日本人らしい目が一重や切れ長の人も顔面偏差値が低くなります。これは整形やプチ整形、アイプチなどの化粧でカバーしやすい所なのでコンプレックスに思っていても解消しやすいでしょう。

顔面偏差値が70以上の芸能人

顔面偏差値が70以上の顔はどれくらい美しいのでしょう。整った顔立ちと言われてもピンと来ないかもしれませんので、具体的に顔面偏差値が70以上の芸能人をご紹介します。有名な芸能人に例えると、顔面偏差値が高い人のイメージが分かりやすいでしょう。

美男美女がみんな同じ顔ではないのに、誰が見てもキレイと感じるのは各パーツが黄金比に当てはまった顔をしているからです。どのような顔立ちが黄金比に近いのでしょうか。

芸能人①北川景子

元モデルで俳優の北川景子は顔面偏差値が高いです。個性のある顔立ちですが、パッチリした目に、通った鼻筋は美しい顔立ちと言えます。オリコン調査の「女性が選ぶなりたい顔ランキング」では、2010年、2013年、2014年、2015年の4度にわたり首位を獲得しました。

テレビ朝日の『中居正広のミになる図書館』で「5万人が本気で選んだ最も美人だと思う女性芸能人ランキング」では、ほぼ全世代の人が1位に選出しており、男性だけではなく女性も憧れてしまうような美人顔です。

芸能人②新垣結衣

元モデルで俳優の新垣結衣は顔面偏差値が70以上と言われています。あまり濃いメイクをしなくても、美しく高感度のある顔立ちは男女共に人気があります。ナチュラルな雰囲気で肌もキレイな新垣結衣は、顔面偏差値が70以上と言われても納得できるでしょう。

芸能人③深田恭子

俳優の深田恭子は顔面偏差値が70以上あり、愛らしくパッチリとした目に、鼻と口のバランスも良いキレイな顔立ちをしています。女性からの好感度も高く、スタイルもいい深田恭子は、憧れの存在になっているでしょう。

芸能人④吉沢亮

吉沢亮は仮面ライダーを演じていた俳優です。NHK連続テレビ小説『なつぞら』や数々のドラマに出演しています。端正な顔立ちをしている吉沢亮は顔面偏差値が80以上と言われており、漫画の中の主人公のような雰囲気を醸し出しています。

顔の黄金比も良く各パーツも完璧でパーフェクトな顔立ちをしています。ここまでかっこいい顔は一般人が整形をしても真似することが出来ないレベルでしょう。

芸能人⑤新田真剣佑

新田真剣佑はアメリカ生まれの俳優です。千葉真一が父親で、高校を卒業するまでハリウッドで暮らしていました。スポーツ全般が得意で、空手はアメリカのロサンゼルス大会で優勝するほどの実力を持っています。

数々のドラマや舞台、CMに出演している新田真剣佑は、ハーフのようなメリハリのある整ったキレイな顔をしており、顔面偏差値が70以上あるのも納得できます。かっこよくて英語も堪能、スポーツ万能なのでこれからの活躍が期待できるでしょう。

顔面偏差値がわかる測定アプリ

自分の顔面偏差値が実際にどのくらいか気になるでしょう。スマートフォンの無料アプリを使って自分の顔が美人、普通、ブサイクのどれに当てはまっているのか測定することが出来ます。顔面偏差値がわかる測定アプリを5個ご紹介します。

測定アプリ①美男美女診断

顔面偏差値の測定アプリ「美男美女診断」はカメラで撮影した写真で顔認識し、芸能人の中で自分が誰に似ているのかを診断してくれるアプリです。評価はS、A、B、C、D5段階に分かれており、撮った時の表情でランクが変わってしまうこともあります。

同じ人でも撮るたびにランクが変わることがあるので安定性には欠けますが、このアプリを使って友達同士で遊ぶと盛り上がるでしょう。どの芸能人に似ているのか気になる人は試してみましょう。

測定アプリ②美顔診断カメラ

顔面偏差値の測定アプリ「美顔診断カメラ」は、顔のパーツのバランスを黄金比を使って診断します。バランスが良いか黄金比率に当てはめて美顔診断し、自分が世間的にどれくらいの美男美女なのか診断します。何年に一度、誕生する美しさなのかも教えてくれます。

測定アプリ③美人判定

測定アプリの「美人判定」は、スマートフォンのカメラで自分の顔を写真に撮り、顔の美しさを点数化して判定します。甘めの判定のようですので、友達と一緒に楽しんでみるのもおすすめです。眼鏡は目が認識されなくなりますので外して写真を撮りましょう。このアプリはiPhoneのみ対応している無料アプリです。

測定アプリ④有名人診断

顔面偏差値の測定アプリ「有名人診断」は正面から見た顔だけではなく、顔の向きを変えた横顔の診断もしてくれます。また、診断結果をLINEやFacebookやTwitterでシェアすることも出来て便利です。意外な人と自分の顔が似ていたなど、自分では気が付かない発見もありそうです。

測定アプリ⑤美顔診断+

顔面偏差値の測定アプリ「美顔診断+」はアンドロイドのスマートフォン向けアプリです。顔は偏差値で数値化され、それぞれのパーツが黄金比にどのくらい近いのか判定されます。

このアプリは美男美女、普通、もしくはブサイクなのかも判定してくれるので、現実を直視してみたい人にお勧めなアプリです。自分の顔のバランスと黄金比率を比べられるので、診断することで新鮮な発見もあるのではないでしょうか。

顔面偏差値はあくまで目安!自分を磨いて顔面偏差値を上げよう

顔面偏差値は数値で美男美女、ブサイクやブス、そして普通の顔と診断できるものです。自分の測定結果が想像と違った人もいるでしょう。思っていたよりも悪かった人は、どこのバランスが悪いから顔面偏差値が低いのかを分析することで、髪形や服装、女性ならメイクを工夫し顔を良く見せることは出来ます。

また、顔面偏差値が平均よりも低い人も、清潔感があったり愛嬌があるなどの理由でモテる人もいます。顔面偏差値が高いかっこよすぎる男性や美しい女性でも恋人が出来ない場合もあります。顔面偏差値は顔を客観的に黄金比率と比べて数値化するだけです。数値に振り回されることなく自分を磨いて努力することで好感度をあげましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ