四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは【未解決事件】

ハムスターおじさん事件とも呼ばれる四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件をご存知ですか。鍵を握る男性は死亡し、監視カメラに映っていた女性も警察は見つけられていない未解決事件です。ジャスコのATMで起きた四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の詳細とその後についてご紹介します。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは【未解決事件】のイメージ

目次

  1. 1四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは
  2. 2四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要
  3. 3問題となった警察の対応
  4. 4「泥棒」と叫んだ女性とは
  5. 5四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件のその後
  6. 6四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件で鍵を握る女性の所在は依然不明

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは

無実であるにも関わらず逮捕されたことを誤認逮捕といいます。実は法律用語ではなく、マスコミや世間一般から発生した俗語です。

誤認逮捕された人の人生は、その後大きく変わってしまいます。いまはSNSなどの影響が大きく、あっという間に近所に知れ渡ってしまうこともあるでしょう。そのため無実であるにもかかわらず、世間の目を気にして転居や転職などを余儀なくされてしまうことがあります。

2000年以降の誤認逮捕の例のひとつに、四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件があります。どのような事件であったのか、振り返ってみましょう。

四日市のジャスコで起きた事件

今はイオンという名前になっている大型ショッピングセンターがありますが、かつてはジャスコという名称で全国展開していたのをご存知でしょうか。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、三重県四日市市のジャスコ四日市尾平ショッピングセンターにあるATMコーナーで、2004年2月17日に起きました。

誤認逮捕された男性は死亡

誤認逮捕された方は、68歳の男性でした。ジャスコの警備員や買い物客ら3人に取り押さえられ、居合わせた四日市南警察署の警察官2人に押さえつけられました。このとき、年齢のためか過度のストレスがかかり、高血圧性心不全と不整脈を発症して取り押さえられている間に意識不明に陥ったのち心停止し、翌日搬送された病院で死亡が確認されます。

ネット上では「ハムスターおじさん事件」とも

死亡した68歳の男性は、孫が飼っているペットのハムスター用の餌やトイレ砂などを購入した帰り道に被害にあっています。68歳の男性のことをハムスターおじさんと書く記事があるのは、このためです。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件を調べると、別名にハムスターおじさん事件としてもまとめられていることもあります。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要

人が人を裁く法治国家において、権力側が単純な間違いを犯すことは許されません。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は誤認逮捕であることも問題ですが、他に事件後の警察の対応にも大きな問題がありました。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件について、時系列にまとめます。

ATMで男性が現金を引き出す

事件現場となったATM付近にある監視カメラには、事件が起こる5分ほど前から行方不明になっている子連れの女性の姿が捕らえられています。女性は何度もATMの方をきょろきょろと見ていました。そこへ、両手に買い物袋を持ったハムスターおじさんがATMコーナーに入ってきます。両手に荷物を持ったままATMを操作し、現金をおろしました。

ATM内に子連れの女性が侵入

68歳の男性がATMから出ようとしたとき、子供を抱いた女性が侵入し男性の肩に自分の肩をぶつけ体当たりします。その後、女性は男性の身体を触るような仕草をしました。音声も無く解像度の低い防犯カメラからの推測のため詳細は分かりませんが、続く映像では女性は男性の胸倉を掴み男性と揉み合いになっています。

女性が「泥棒」と叫ぶ

ここで子供を抱いた女性は「泥棒」と叫びます。この声に、ATMの近くにいたジャスコの警備員一人と買い物客三人が68歳の男性を取り抑えました。「泥棒」と女性に叫ばれてしまった段階で68歳の男性の方が被害者だと判断することは難しいでしょう。この状況からだけではどうしても、男性に対して嫌疑をかけざるを得ませんでした。

ジャスコの客3人は68歳の男性を取り押さえることが精一杯で、女性をその場に留めておくべきであったことまでは気が回りませんでした。この間に、子供連れの女性は現場から姿を消しています。

店内にいた警察官が男性を制圧

ジャスコ店内には、別の万引き事件の処理に居合わせた四日市南警察署の警察官2名がいました。二人はATMコーナーに到着すると、取り押さえた三人から軽く事情を聞くとすぐに68歳の男性の後ろ手に手錠をかけ床にうつぶせにします。そして27歳の体重100kgの警官が68歳の男性の上にまたがり、応援の警官が到着するまで制圧し続けます。

凶暴な容疑者を対象にするのであれば警察官の行動は正しいと思えますが、警察官自身が目撃確認した現行犯ではないことと、相手が68歳の無抵抗の老人であったことを考えると、この警官の対応はやり過ぎではないのかと後に問題になります。

男性の体調が急変

100kgの警官が上から押さえつけている間に、68歳の男性は意識を失って嘔吐もしています。それでも警官は制圧をやめず、20分後に四日市南警察署から応援の警官が駆けつけるまで、うつ伏せになった68歳の男性の上に乗り続けていました。

病院に搬送されるも死亡

応援に来た警官が68歳の男性を見ると意識を失っていたので拘束を解き、救急車を呼び病院に搬送します。ところが、このとき既に68歳の男性は過度の制圧のために脳に回復不能なレベルの損傷を受けてしまっていました。

68歳の男性は搬送の翌日、病院で死亡しています。死因は高度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈の併発で、制圧によるものと断定されています。

問題となった警察の対応

犯罪が多く発生している地域での警察官は、様々な事件に遭遇し、その対処に慣れています。その慣れが時に怠慢と化して、そのために不本意な結果になることがあります。この四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件についても、いくつかの警察の対応が問題になっています。

①過剰な制圧行為

世間が四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件に注目した点は、まず68歳の老人に対してうつ伏せにして上から乗るような制圧が本当に必要だったのかどうか、という点です。68歳の男性が肥満体型や異常な抵抗を示したとある情報は一つもありませんが、押さえつけた27歳の警官は100kgを越す巨漢であったという情報がありました。

逃亡の可能性がある容疑者に対しての制圧は必要ですが、客とジャスコの警備員が取り押さえたことで十分の対応だったということです。68歳の老人の眼鏡のレンズは片方が割れています。それほどまでに強い力で引き倒され、押さえつけられたのです。意識を失ってもなお押さえつけられた点は、警察官の行動としては行き過ぎだといわざるを得ません。

②女性を取り逃がす

そしてこの四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件での最も問題な点は、「泥棒」と叫んだ子連れの女性がいまだに発見できていない点です。当初は子連れの女性を被害者としていますが、被害者であればこそ状況を説明させるためにも現場から離れないようにしておくべきでした。

さらに監視カメラに映っていた女性の画像を公開したのは一年後という対応の遅さも問題です。本気で女性を探す気があったのか疑問を覚える人も少なくはなく、警察の怠慢な捜査や死亡した男性の遺族に対しての対応の不誠実さにあきれる声も多々ありました。

③不十分な事実確認

始めに現場に到着した四日市南署の二人の警官は、68歳男性を取り押さえたジャスコの客三人から簡単に状況を聞いただけで、男性を窃盗犯として拘束します。このとき、警官は68歳の男性に警察手帳を見せることさえしていません。子連れの女性はこのとき既に姿を消していたので、二人の警官のうちの一人があたりを探しに行きます。

この間、100kgを越す27歳の警官は68歳の男性から話を聞くことなど一切せず、男性を制圧したのです。窃盗の事実確認を十分に行わないまま、68歳の男性を犯人扱いしてしまったことは、四日市南署の初動捜査ミスといわざるを得ません。

「泥棒」と叫んだ女性とは

泥棒と叫んだ女性は、どこに消えてしまったのでしょうか。現在までに分かっていることをまとめれば、この女性が窃盗目的でATMから現金を下ろす人をターゲットにしていた窃盗罪などの犯罪者であることが明らかではありますが、肝心の女性の居所が警察の力を持ってしても全く掴めていません。

子連れの女性の特徴

68歳の男性に襲い掛かる5分前から、この女性はATM周辺をうろうろしていることが監視カメラの映像から確認できています。女性は2歳くらいの子供を抱いていました。黒っぽい上下の服装で、ショルダーバッグを提げていました。監視カメラからの映像は鮮明ではないので推定ですが、年齢は25歳から30歳であり身長は160cmくらいとされています。

公開された監視カメラの映像

三重県警察は女性を虚偽告訴罪の被疑者として捜査を続け、事件から一年も経ったところで漸く監視カメラに映っている画像を公開しました。この画像がもともと画質が悪く不鮮明であり、さらにそれを引き伸ばしたことから女性の顔が不気味な様子になってしまったことで、女性の顔が悪魔や妖怪のようだとネットで話題になりました。

女性を虚偽告訴罪の被疑者として捜査

監視カメラに映っていた女性は68歳の男性のクレジットカードを奪おうとした窃盗罪ではなく、泥棒と叫んだことに対する虚偽告訴罪の被疑者として捜査をされていました。三重県警察は虚偽告訴罪の被疑者として捜査員50人をあてて監視カメラに映っていた女性の捜査を続けますが、有力な証言などは得られませんでした。

警察は「立場上、監視カメラに映っている女性は被害者や参考人ということなので、公開手配はできません」としていたので、取り押さえた三人が女性を見ていたにも関わらず、監視カメラの映像を公開したこと以外は女性の似顔絵もモンタージュ写真の作成もしていません。何にしても、警察の対応が遅すぎました。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件のその後

68歳の男性は病院で死亡してしまい、泥棒と叫んだ監視カメラに映っている女性は現在も行方が分からないという四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件ですが、今現在この事件はどうなっているのでしょう。監視カメラの画像が公開されてから、捜査に進展はあったのでしょうか。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件のその後を調べてみました。

男性遺族が損害賠償訴訟を起こす

事件から3年が経った2007年、死亡した68歳の男性の遺族が警察官の制圧が行き過ぎた為に死亡に至ったとして、三重県を相手取り約5700万円の損害賠償訴訟を起こしました。この訴訟に対して三重県は適切な対処であったと全面対決になります。2010年11月18日、津地方裁判所は原告の訴えを一部認めました。

堀江照美裁判長は制圧行為の違法性を認めはしましたが、死亡との因果関係は認めず県側に880万円の支払いを命じる判決を出します。11月27日に遺族側は、判決を不服として控訴しました。2011年9月、名古屋高等裁判所の控訴審判決で警察の対応が行き過ぎだったとし、三重県に対して3640万円を遺族側に支払うよう命じました。

男性の無実が認定された

2011年2月18日、三重県警察は被疑者死亡のまま68歳の男性を書類送検します。ところが、翌月に地方検察庁が調べたところ、揉み合っている時の物的証拠であった財布は男性のものであると特定されました。死亡した男性の手には半分に折られた男性のキャッシュカードが握られており、これらの状況証拠から男性は被害者であることが証明されました。

三重県警察が7年間も捜査し、大きな手がかりが全くつかめていなかったにもかかわらず検察は僅か一ヶ月で男性の無実を証明したことになります。無実にも関わらず逮捕されてしまったことに対しての被害者保証として、津地方検察庁は2011年5月、一日につき12500円を遺族に支払うと通知しました。補償額としては、最高額の保証金です。

2011年時効が成立し未解決事件に

2011年2月17日午前0時、窃盗未遂事件における公訴時効が成立します。これにより、四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は未解決事件となります。今後、子連れの女性が現れたとしても犯人としては逮捕されません。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件で鍵を握る女性の所在は依然不明

この事件では警察の初動捜査ミスが誤認逮捕と冤罪と未解決事件を生んでしまった原因と考えられます。事件発生から一年後には常駐捜査担当者が一人も居なくなってしまったという、三重県警察の対応の悪さを示す事件でした。容疑事実を特定できないまま監視カメラの映像を公開することは、グリコ・森永事件以来の異例のことでした。

男性が死亡し、女性も行方不明という被害者と被疑者の両方を失った事実は、捜査を究極に難しくしたといわざるを得ません。ただし、その原因を作ったのは行き過ぎた制圧行為をした警察官であることは間違いありません。

民事裁判を起こせる時効は、20年です。男性側の遺族は犯罪者の家族というレッテルを貼られるなど、社会的被害に晒され続けたのです。このことに対して、今現在も警察は謝罪はしていません。この後、遺族側が民事裁判を起こすことはできます。しかし遺族側にその意向があるかは分かりません。

女性の画像公開の半年後に四日市南署長は「警察が事件で反省点をいちいち公表しません」という言葉を遺族に言い放っています。警察のミスは警察によって隠されるといわれますが、この四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件も同じです。警察に対してどうしてと思うことが多すぎる事件でした。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、監視カメラに映っている女性に対して強い怒りを感じるのはもちろんのこと、警察に対して不信感を高めてしまった事件といえるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumbスーパーナンペイ事件の真相!犯人の動機や被害者は
スーパーナンペイ事件は八王子のナンペイ大和田店で発生した強盗殺人事件です。犯行には銃が使用さ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ