Cカップの大きさや見た目はどのくらい?男性からの印象や有名人も紹介

Cカップは女性から見ても男性から見ても、一番良い大きさとされるバストサイズです。この記事では、Cカップの実際の大きさや重さ、見た目の印象を解説していきます。あわせて、バストアップの方法とCカップの有名人・芸能人にも触れていくので、男女問わず要チェックです

Cカップの大きさや見た目はどのくらい?男性からの印象や有名人も紹介のイメージ

目次

  1. 1Cカップは平均的なサイズ
  2. 2Cカップ女性のメリット
  3. 3Cカップ女性のデメリット
  4. 4Cカップに対する男性の印象
  5. 5Cカップからバストアップする方法
  6. 6Cカップの女性有名人・芸能人
  7. 7Cカップは日本人にとってちょうどよいサイズ

Cカップは平均的なサイズ

Cカップの大きさや見た目という点に注目をして、男性から見た印象や女性の印象をご紹介していきます。Cカップは日本人女性の平均的なバストサイズと言われることも少なくありません。その中で、具体的なカップサイズの測り方、大きさや重さなども確認していきましょう。

カップサイズの測り方

まずは、カップサイズの測り方から確認を進めていきます。女性のカップサイズを測るためには、最初にトップバストのサイズを測って、その後アンダーバストのサイズを測っていきます。トップバストとアンダーバストのサイズの差がカップサイズとなるのです。

例えば、Aカップの場合はトップバストとアンダーバストの差が約10cmほどと言われています。Bカップの場合は12.5cm程度の差となります。そして、Cカップではトップバストとアンダーバストの差が約15cmほどとなります。

2.5cm差がアップしていくと次のカップに移行すると考えておけば問題ありません。17.5cmの差があればDカップ、20cmの差があればEカップという形で、2.5cmごとに1カップ上がっていきます。

Cカップの大きさと重さはどのくらい?

Cカップの大きさと重さにも注目していきます。Cカップの大きさについては、手のひらにすっぽりと収まる程度の大きさと言われています。わかりやすく例えるのであれば、コンビニで販売されている肉まんとCカップのサイズ感が同じくらいだという意見もあります。

大きすぎることなく、小さすぎるわけでもないちょうど良いサイズです。Cカップの重さについては、500mlのペットボトル1本分程度と言われています。男性からはなかなか理解しにくい部分ですが、毎日500mlのペットボトルをつけて生活しているという感覚です。意外と重いと感じる人も少なくありません。

Cカップの見た目

Cカップの大きさや重さについて確認できたら、見た目についてもご紹介します。Cカップの見た目としては、コンビニの肉まんくらいの印象があります。また、動物で例えるのであれば、ハリネズミくらいの大きさや見た目になると考えておけば問題ありません。

ブラジャーをした時に小さく谷間ができる程度であり、巨乳好きな男性からすると物足りなさを感じる部分でもあります。また、バンザイをすると胸のふくらみがなくなってしまうという点もあります。大きくバストが揺れるということが少ないのもCカップの特徴です。

Cカップ女性の本音

Cカップの女性については、自身でも思うところがいろいろあると考えるのが自然です。女性の本音として中には「意外と小さい」という意見もあります。日本人の平均サイズがCカップと聞くことが多い女性にとっては、それほど大きくないというのが本音の部分です。

また、「Cカップは貧乳」だという意見もあります。コンプレックスを抱きやすいバストサイズとして認識している女性もいるのが実際のところです。将来を見据えたときに「垂れないのが安心」という意見もあります。Cカップ女性にはさまざまな本音があることを理解しておきたいです。

Cカップを貧乳だと感じている女性の中には、バストアップのための努力をしているという方もいます。バストは日頃の生活次第で大きくなることもありますし、小さくなることもあります。ちょっとした習慣を大切にすることでコンプレックスの解消にもつながります。

Cカップにおすすめのブラジャー

Cカップ女性にはおすすめのブラジャーも複数あります。例えば、トリンプのワンダーメイクブラをおすすめすることができます。トリンプのブラは型崩れしないところに定評があり、長く使い続けられることが評判になっています。

その他、アモスタイルの夢見るブラジャーもおすすめすることができます。アモスタイルの夢見るブラジャーはとにかくかわいらしい見た目とデザインが印象的な商品で、女性としてもうっとりしてしまうような洗練されたブラジャーとなっています。付け心地も抜群に良いと評判になっており、特に若い世代の女性に人気のブラジャーです。

自分のお気に入りのブラジャーをすることで、その日の気分も盛り上がっていきます。その点において、いろいろなブラジャーを試してみるのもおすすめです。

Cカップ女性のメリット

ここからはCカップ女性のメリットに注目をしていきます。Cカップは日本人女性の平均的なバストサイズと言われていますが、Cカップならではのメリットがあることも間違いありません。そうしたメリットを活かしつつ、日々の生活を楽しんでみることもおすすめです。

ブラジャーの種類が多い

Cカップ女性のメリットとしては、ブラジャーの種類が多いことが挙げられます。日本人女性の平均的なサイズということもあり、ブラジャーの種類も豊富になっています。下着コーナーに行った際も、ブラジャーのサイズが合わなくて困るということは多くありません。これは、まさに大きすぎず小さすぎないバストだからこそのメリットと言えます。

男性からの受けが良い

Cカップ女性のメリットとして、男性からの受けが良いことも挙げられます。巨乳好きな男性もいますが、平均的に見てCカップくらいの大きさがちょうど良いと感じる男性が多いのも事実です。大きすぎず小さすぎないバストで、視覚的にも安心感を得られるという男性も少なくありません。

男性から見た女性の理想的なバストサイズとしてCカップを挙げる人も多いのです。バストは女性の特徴として女性らしさを強調できる部分でもあり、Cカップくらいあると男性との恋愛を楽しむ際にも有利に働きます。

谷間を作るのにちょうど良い

Cカップ女性のメリットとして、谷間を作るのにちょうど良いという点も挙げることができます。AカップやBカップの女性では難しいというケースでも、Cカップくらいあれば、ブラジャーをした時にしっかりとした谷間を作りやすいです。

女性にとって谷間を作れるかどうかは重要な問題でもあります。女性としてのセクシーさをアピールするという点においても、プラスに働くことが多いです。男性受けを良くするという意味でも、谷間を作れるサイズであることは大きなメリットです。

大きすぎず小さすぎない安心感がある

Cカップ女性にはさまざまなメリットがあるわけですが、大きすぎず小さすぎない安心感があるところもメリットとして挙げることができます。日本人女性のバストとして平均的なサイズでもあり、周囲の女性と同じくらいの大きさであることが、女性にとっての安心感につながる部分もあります。

巨乳になりすぎると普段の生活で大変な部分も出てきますし、ブラジャー選びに苦戦することも出てきます。そうした私生活における生活のしやすさなどを考慮しても、Cカップであることのメリットは大きいのです。

Cカップ女性のデメリット

Cカップ女性にはさまざまなメリットもある一方で、デメリットも存在します。何事もそうですが、物事にはメリットもあればデメリットもあるのが世の常です。Cカップというバストサイズについても、デメリットを理解しておくことが大切です。ここからはデメリットに焦点を当てて、具体的に解説を進めていきます。

左右の胸の差が目立つ

Cカップ女性のデメリットとして、左右の胸の差が目立つという点を挙げることができます。Cカップ女性の悩みとして捉えることもできますが、左右のバストサイズが異なるということも少なくありません。

Cカップは大きすぎるわけでも小さすぎるわけでもありませんが、一定の胸のふくらみがあることは事実です。そのふくらみの中で左右の違いが出てしまうと、ブラジャーをしていても違和感を覚えることがあります。彼氏に見られたときに恥ずかしいと感じることがあることもデメリットと言えます。

服選びが大変

Cカップ女性のデメリットとして、服選びが大変という点も挙げることができます。特に、ワンピースやニットなど、締め付けがきついタイプの服を着てしまうと、意識していなくても自然と胸が強調されてしまいます。セクシーさといやらしさは表裏一体の関係であり、いやらしい部分が強調されることになると、周囲に与える印象も良くありません。

ぴったりとした服を着たいのに着られないという部分でストレスを感じることがデメリットです。自身の胸とも上手く付き合いながら、最適なファッションを見極めていく必要があります。

胸が垂れやすい

胸が垂れやすいことも、Cカップ女性のデメリットとして挙げることができます。Cカップともなると、大きすぎるわけではありませんが、一定の胸のふくらみが強調されやすくなります。その中で、年齢の上昇と共に、徐々に胸が垂れてくるという経験をする女性も出てきます。

同じカップ数でもアンダーバストによってサイズ感やふくらみが異なってくる部分があります。同じCカップでも、ふくらみが大きくDカップに近い女性にとっては注意しておきたいデメリットです。

Cカップに対する男性の印象

Cカップ女性には女性自身が抱く印象やメリット、デメリットもあるのが実際のところです。その中で、Cカップに対する男性の印象もあります。実際に、Cカップの女性に対して男性としてはどういった印象を持っているのかについて、具体的にご紹介していきます。

印象①意外と小さい

Cカップ女性に対する男性の印象としては、意外と小さいという意見が少なくありません。Cカップと聞くとある程度の胸のふくらみがあるのではないかと想像する男性も多いですが、実際に見てみるとそこまで大きくないと感じるのも男性心理です。

特にブラジャーなどで谷間を作っていたり盛っていたりする女性のバストを見たときに、服を着ているときとのギャップで想像以上に小さかったと感じる男性もいます。女性としては、無理に盛らずにありのままを見せておくのも良いかもしれません。

女性のバストの大きさを気にする男性にとって大きい方が良い、小さい方が良いといった意見があることは間違いありません。その中でも平均的なサイズであるCカップに好意的な意見を持つ男性もいます。意外と小さいと思われることがあっても、それが致命傷になるというわけではありません。

印象②手に収まりちょうどいい

Cカップに対する男性の印象として、手に収まってちょうど良いという意見も多く寄せられています。見た目や大きさといった視点で見たときに、Cカップはコンビニで売られている肉まんくらいの大きさであることをご紹介しました。

それぐらいの大きさであれば片手にすっぽりと収まるので、ちょうど良いと感じる男性も多いのです。変に胸が強調されすぎているわけではないところも、男性受けを良くしているポイントと言えます。彼女とのスキンシップを楽しむ際にも、ちょうど良いサイズ感として受け入れやすいと考える男性も多いです。

Cカップであることにコンプレックスを感じている女性は、彼氏や好きな人の意見を聞いてみるのも悪くありません。その中で徐々に自分の体型やバストに自信を持つことができるようになっていくこともあります。

印象③美乳で好き

Cカップに対する男性の印象として、美乳で好きという声も少なくありません。巨乳好きな男性にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、そうでなければCカップくらいのバストがちょうど良いと感じる男性も多いのです。

特にCカップは形も良く、総合的に美乳が強調されやすいサイズでもあります。若いうちであればそう簡単に垂れてくることはなく、ハリのあるバストを維持することができます。サイズが大きくなればなるほどバストの維持が大変になってくるので、その点でCカップを気に入っている男性も多いと言えます。

印象④そもそも大きさは気にしていない

Cカップに対する男性の印象として、そもそも大きさは気にしていないという意見もあります。女性を選ぶ際の基準として、そもそもバストのサイズで決めているわけではないという男性は少なくありません。女性らしい体つきであることが魅力的に思う男性もいる一方で、それほどこだわりはないという男性も多いのです。

中にはバストの大きさよりもルックスの方が重要だという意見もあります。女性としてはCカップであることがプラスにもマイナスにもならない現状があることも、理解しておきたいところです。

Cカップからバストアップする方法

Cカップ女性に対する男性からの印象や、女性自身の印象について詳しく理解しておきたいところです。その上で、少しでもバストアップをしたいと考えている女性におすすめの方法をご紹介していきます。Cカップからバストアップをして、少しでも魅力的なボディにしたいと考えている女性は必見の内容です。

バストアップ①マッサージ・エクササイズをする

Cカップからのバストアップを目指す方法としては、マッサージやエクササイズをすることが挙げられます。例えば、背中の後ろで両手を組んでから、肩を後方に回すといった簡単なエクササイズでもバストアップを目指すことができます。

また、リンパマッサージもバストアップには効果的です。脇の下や首回り、鎖骨周辺などにはリンパが通っており、その辺を中心に揉みほぐしてあげることでバストアップにつながることがあります。マッサージもエクササイズも継続的に行っていくことがポイントです。

自分でマッサージをするのが大変という場合は、バストアップを売りにしているマッサージ店やエステ店に行ってみるのもおすすめです。店舗に行けば専門の知識やスキルを持った美容部員の方が対応してくれます。多少お金と時間はかかりますが、即効性のある方法として効果的です。

バストアップ②合掌運動をする

Cカップからのバストアップを目指す方法として、合掌運動をすることもおすすめです。安産体操と呼ばれることもありますが、手のひらと足の裏をつけて伸ばしていき、その後引き寄せていくような運動のことです。

最初は慣れない部分も出てきますが繰り返し行っていくことで、体内の血流を良くすることができます。血流が良くなることで筋肉も動きやすくなり、全体的に健康的で魅力的な肉付きになっていくことに期待できます。合掌運動も毎日繰り返し行っていくことがベターです。そうすることで、徐々にバストアップ効果を実感することができます。

バストアップ③体重・筋肉を増やす

Cカップ女性がバストアップを目指す方法としては、体重や筋肉を増やすことも挙げられます。体重に関しては単純に増やすというよりも、筋肉をつけるための脂肪をつけていくという考え方が重要です。胸は脂肪でできている部分が大きく、ある程度ふくよかな体型の人の方がバストもつきやすくなっていきます。

ある程度体重を増やすことができたら、筋肉をつけるためのシェイプアップや器具を使った運動なども効果的です。自宅であれば腕立て伏せや腹筋をすることもおすすめです。特にお腹に意識的に筋肉をつけていくことで、バストアップと共にスタイリッシュな身体作りを進めていくことができます。

バストアップ④食事・サプリを摂る

Cカップからのバストアップを目指す方法としては、食事やサプリを摂ることも効果的です。体重を増やすという意味でも、1日3食の食事をしっかりと摂ることは大切です。その中でサプリを摂ることによって、よりスムーズなバストアップにつなげることができます。

バストアップに関するサプリはさまざまなものが販売されています。その中で副作用がないものをチョイスすることがポイントです。毎日飲んでいく中で、違和感を覚えることがあればすぐに使用を中止することが大切です。バストアップすることも良いですが、まずは自身の身体を第一に考えることがポイントです。

バストアップ⑤ブラジャーを変える

Cカップからのバストアップを目指す方法として、ブラジャーを変えることも挙げられます。もともとサイズが合っていないブラジャーをつけていると、思うようにバストアップを目指すことができません。特に締め付けがきついブラジャーをしている女性は注意が必要です。

また、ナイトアップブラをつけて睡眠をとるのもおすすめです。ナイトアップブラは就寝中のバストの型崩れを防ぐだけでなく、バストアップにも期待することができます。寝ている際にブラをしていないと、バストの型崩れや緩みにつながってしまうことがあるので、ナイトアップブラの装着がおすすめです。

Cカップの女性有名人・芸能人

日本人女性のバストの平均的なサイズであるCカップに注目をして、さまざまな点をご紹介してきました。その上で、ここからはCカップ女性有名人・芸能人について取り上げていきます。日本を代表するような有名人・芸能人もCカップの方がいるので、認識しておくことがおすすめです。

有名人・芸能人①桐谷美玲

まず、Cカップの女性有名人・芸能人として桐谷美玲を挙げることができます。ドラマで共演した三浦翔平との結婚は日本中を幸せな雰囲気に包んでくれました。男性からも女性からも人気抜群の桐谷美鈴もCカップの女性有名人・芸能人として活躍を続けています。彼女のようなスレンダーな体型に憧れを抱く女性も少なくありません。

有名人・芸能人②朝比奈彩

Cカップの女性有名人・芸能人として朝比奈彩も挙げることができます。モデルとして活躍を続けている朝比奈彩も、バストサイズはCカップと言われています。スラッとした体型が印象的な女性で、男性からも女性からも支持を集めています。理想的な体型として女性の注目の的になっています。

有名人・芸能人③加藤夏希

加藤夏希もCカップの女性有名人・芸能人としてご紹介することができます。加藤夏希もモデルとして活躍している有名人女性です。お子さんを出産してもなおかわらない美貌と美しい体型に称賛の声が上がっています。日本人女性の平均的なバストサイズであるCカップの女性として、憧れを抱く人も少なくありません。

有名人・芸能人④秋元才加

Cカップの女性有名人・芸能人として秋元才加も挙げることができます。元AKB48のメンバーで女優として活躍を続けている秋元才加ですが、スレンダーな体型で女性からの支持も多く集めています。AKB48時代はいじられキャラとして人気を獲得していた部分もありますが、女性らしい体型という意味では魅力的な部分が多くある女性です。

有名人・芸能人⑤小倉優子

グラビアアイドルや女優など、マルチに活躍を続けている小倉優子もCカップの女性有名人・芸能人として挙げることができます。「こりん星」などの発言が話題になることも多い小倉優子ですが、Cカップというバストを武器にグラビアアイドルとしても活躍してきました。

多くの男性を魅了してきたという意味では、女性からも羨望の目で見られていた女性の1人と言えます。ママタレントしても活躍を続けており、今後も美しいスタイルをテレビやインターネットなどのメディアを通して目にする機会が多い女性です。

Cカップは日本人にとってちょうどよいサイズ

日本人女性の平均的なバストサイズであるCカップに焦点を当てて、どのくらいの大きさなのか、メリットやデメリット、男性や女性から見たときの印象などを具体的にご紹介してきました。総じて、Cカップは日本人にとってちょうど良いサイズだと言うことができます。

大きすぎることもなく小さすぎることもないという部分が、男性受けを良くしているのも特徴的です。女性としても理想のバストサイズはあることでしょうが、まずはCカップであることに感謝してみるのも悪くありません。さまざまなバストアップ方法を通して理想の身体を手に入れてみるのもおすすめです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ