セフレの作り方・探し方とは!セフレをつくる心理や本命との違いは?

セフレについて徹底解説します。セフレを作りたいと思う心理やセフレにしやすい人の特徴はどのようなものか、またセフレの作り方や探し方のノウハウもしっかり伝授します。さらにセフレと本命の違いについても解説しますので、セフレが気になる人、セフレが欲しい人必見です。

セフレの作り方・探し方とは!セフレをつくる心理や本命との違いは?のイメージ

目次

  1. 1セフレとは
  2. 2セフレをつくる心理
  3. 3セフレにしやすい人の特徴
  4. 4セフレと本命との違い
  5. 5セフレの作り方・探し方
  6. 6セフレと本命には大きな違いがあった

セフレとは

現実の社会では今やセフレは決して珍しい存在ではなく、ごく普通に周囲に存在していると言っても過言ではありません。まず最初に、そのセフレについての基本的な意味やどのような状態のことを指すのか、について解説していきましょう。

セックスフレンドの略称

セフレとは「セックスフレンド」の略です。セックスは「性交渉」、フレンドは「友達」を意味します。つまりセフレとは、恋愛という形で正式に付き合っている相手ではなく、セックスを目的とした友人を指すのです。

恋愛感情より体の関係が先行している

セフレは、一番の目的がセックスをすることです。会話を楽しんだりどこかに出かけて遊ぶことはせず、セックスをするために会い、それが終われば別れて帰る、というのが基本です。つまり恋愛感情よりは体の関係が先行している状態と言えるでしょう。

セフレをつくる心理

そもそもなぜセフレが必要なのでしょうか。なかにはセフレと聞いただけで拒否反応を示す人や理解に苦しむ人もいるかもしれません。しかしセフレを作る人には、その人なりの理由があるようです。そこでセフレを作る心理について分析していきましょう。

心理①性欲を処理したい

セフレを作る心理としてもっとも多いと考えられるのが、性欲を処理したいという心理です。セックスをしたいのに目の前にその相手がいない、そして性欲はつのるばかりというときに気楽に後腐れなくセックスができれば嬉しいという心理からセフレを作りたいと思うわけです。

お腹が空いたらどこかの食堂やレストランに立ち寄ってその空腹を満たす、でもそこは自分の家のキッチンでもリビングでもないという感じです。あるいは疲れたときにカフェにでも立ち寄り好きなスイーツを口にして悦に入る、という感覚に似ているかもしれません。そしてとりあえずは性欲がおさまればそれで良し、ということです。

心理②寂しい気持ちを埋めたい

人は常に寂しい気持ちがあれば何かで埋めようとします。寂しいと言っても四六時中泣いているような寂しさとも限りません。友達が少なくて何となく寂しい、仕事で認めてもらえなくて虚しい、なかには自分に自信が持てなくて先のことを考えると不安で寂しいという場合もあるでしょう。

そしてその寂しさは、なかなか口に出せず、誰かに相談もできないことも多いのです。また心理と体は密接につながっていますから、その寂しさを埋めるべく人肌恋しくなったり、その寂しさを忘れさせてくれる肉体的な刺激を欲することもあるのです。

たとえ彼氏や彼女、友人でなくても、短時間でもセフレがいることで自分の心の居場所を見つけることができます。一瞬であってもセフレから自分が必要とされている、と感じることで満たされる心理もあるのです。

心理③お金や余計な気を遣いたくない

性欲を処理したければ風俗に行くという方法もあります。また特定の恋人を作れば、それで気持ちが満たされることもあるでしょう。しかし風俗はお金がかかりますし、恋愛となると気を遣ってしまう、という恋愛に不向きな体質の人もいるものです。そこでお金も気も遣わなくて済む方法がセフレを作るということです。

セフレであれば、基本的にはホテル代以外はタダですし、自宅を使えば経費は0です。またその後の余計なフォローも何もいりません。経済的にも精神的にもストレスフリーなセフレライフは、人によっては言うことなしというくらいの理想形とも言えるでしょう。

セフレにしやすい人の特徴

セフレを作りたいと思って、すぐにできるかと言えば、必ずしもそうではありません。やみくもにセフレになって欲しいなどとお願いすると、大きく信頼を失墜することもあります。それよりは相手を良く見て、セフレになってくれそうな人を選ぶことが大切です。そのためにもセフレにしやすい人の特徴を見ていきましょう。

押しに弱く断れない人

押しに弱くて断れないタイプの人はセフレにしやすい特徴と考えられます。言い方を変えれば、お人よしということです。メンタルが強くて毅然とした人であれば、セフレになることを要求されてもきっぱりと断ります。ところが押しに弱い人は、強めに言われると断れず、その要求に応じてしまうことが少なくありません。

そして一度許してしまえば、その次もその次もとさらなる要求に応えようとします。セフレの作り方・探し方の章で後述しますが、友人の紹介でセフレと出会うケースは、すでにその友人とセフレ関係にあるかまたは、セフレ関係だった相手の場合があります。

一度セフレとしての自分の立ち位置を許すことで、その後もズルズルとその立場を維持しようとして断れないまま複数の人とセフレ関係になることがあるのです。

人当たりの良い人

人当たりの良い人もセフレにしやすい特徴と考えられます。人当たりの良い人は人の気分を害することを心から嫌うので、人を受け入れる気持ちが強いのです。受け入れられた人は、気分が良いですからその人の前でどんどん気楽になり、自分を無理なく開放することができるようになってきます。

そのフランクな雰囲気のまま二人の距離が急激に縮まり、本命の相手ではないけれどもセフレも悪くないと思い始めることがあるのです。このタイプの人は常に機嫌が良く明るくてさっぱりしていることが多いので、精神的には気楽にセフレ関係を続けられるでしょう。

失恋したばかりの人

失恋したばかりの人はセフレにしやすいと言えるでしょう。好きな人に振られた喪失感は人間にとっては何より寂しく、虚しくて精神的には大きな負担を抱える状態と言えます。その場合には、苦しい精神状態から一日でも早く逃れたい、楽になりたいと強く望むのが心情というものです。

そこですぐに次の恋に夢中にはなれないけれど、寂しい思いは他の誰かに埋めて欲しいと望むことも多いことから、セフレを作るという選択肢が現実のものとして浮かんでくるのです。具体的なシチュエーションとしては失恋の相談をされたときに、親身になって相談に乗りつつ宿り木のように自分の体をもってその相手を満たしてあげるという形です。

自分に自信がない人

自分に自信がない人もセフレにしやすい人の特徴と言えるでしょう。自信がないと言っても色々なケースが考えられます。たとえば今まで彼氏ができたことがなく、心理的に強い劣等感を抱いているケースです。また自分の体に自信がなくて、そんな自分とのセックスを望む人などいないだろうと決めつけているタイプもいるでしょう。

もちろん自分の才能や目の前の仕事などに自信が持てなくて気弱になっている人もいるかもしれません。自分に自信のない人は裏を返せば承認欲求が非常に強くなっていると言えます。つまり誰かに自分を認めて欲しくてしかたがないのです。その一つがセフレを作るという行為につながることがあります。

たとえ刹那的であっても自分の体が必要とされることで自身が他人から認められている、という安堵感を得たいのです。

仕事が忙しい人

仕事が忙しい人もセフレにしやすい人の特徴と言えるでしょう。仕事が忙しい人は、いちいち恋愛に時間を割いてはいられません。休みでも仕事が入っていたり、遊ぶ暇もないほどに飛び回ってる人もいます。そのような人は、往々にしてストレスがたまっていて、性欲も強くなりがちです。

そこで余分な時間もお金もかける必要がないセフレがとても都合が良いわけです。仕事からくる欲求不満をセフレとのその場かぎりの情事でリセットできれば、そこからまた仕事にも集中ができるので互いにとって好都合な相手となりえるのです。

過去の恋愛にトラウマがある人

過去の恋愛にトラウマがある人も、セフレにしやすいと言えるでしょう。過去の恋愛で深い傷を負っている人は、改めて恋愛をすることに二の足を踏みます。また似たようなことが起きたら、と考えるだけで大きな恐怖心に襲われるのです。だからと言って性欲がないわけではありません。

そして寂しくないわけでもありません。そのためセフレに対する需要が十分にあるのです。むしろ恋や愛やと余分な計算をしなくて良いだけとても気楽で都合が良い相手と言えるでしょう。そこで後腐れない関係としてほどよく気もまぎれ、性欲も満たしてくれるセフレは、格好のパートナーになり得るのです。

家庭環境が複雑な人

家庭環境が複雑な人も、セフレにしやすいと言えるでしょう。家庭環境が複雑な人は身近な家族との間でなかなか心が満たされず、深い闇を抱えていることが多いです。家庭が複雑だと安心感も持ちにくく、常にその寂しさや不安をどこかで満たそうとするのです。

そこで人肌恋しくもなり、誰か自分を温かく包み込んでくれる人はいないかと鵜の目鷹の目で探していることがあります。そこに手を差し伸べてくれる人がいれば、たとえセフレであっても構わないと思えるのです。

セフレと本命との違い

セフレと本命の彼氏や彼女とはまったく対象が違います。相手がセフレであれば絶対にしないことを本命が相手ならする、ということがあるのです。またその逆もあります。相手がセフレ化本命かで、どのような行動の変化があらわれるのか詳しく見ていきましょう。

本命はスキンシップが多い

スフレとはスキンシップは最小限ですが、本命とはスキンシップが多くなり傾向があります。本命の場合は、体のみの関係でなく、そこに好きとか愛おしいという気持ちが加わりますから自ずと相手抜触れたくなりスキンシップが多くなるのです。手をつないだり、肩や腰に手をまわしたり、キスをしたりと自然なスキンシップが増えるのです。

しかしセフレの場合は、目的はほぼセックスだけですから、本命とが違ってイチャイチャしたりしません基本的にセックス以外のことは最小限で済ませるという傾向が強いのです。

本命はデートの時間が長い

本命が相手の場合は、デートの時間が長い傾向があります。本命との付き合いはセックスだけが目的ではありません。映画や食事、ドライブや旅行などその楽しみは実に多岐にわたります。それだけ本命と過ごす時間はセフレのそれとは比べものにならないくらい長くなるのです。

セフレとはたとえ外で一緒に歩くとしても、それはデートと言うよりもホテルまで移動している行為に過ぎないと言えるでしょう。

セフレは必要最低限の連絡しかしない

セフレは、会ってセックスができれば良いわけですから、必要最低限の連絡しかしないケースがほとんどです。それこそ電話と言うよりメールやLINEさえあればことが足りると言えるでしょう。どこで、いつ、かという場所と時間さえ共有できればそれで良いのです。

セフレの作り方・探し方

いざセフレを作りたい、と思ってもなかなかその環境が整わない人の方が多いでしょう。そしてどのようにしてセフレを作るか、また探すのかその方法も良く分からないというのが正直な思いかもしれません。顔に「セフレになります」と書いているわけではないですし、堂々と「セフレを探しています」と公言もできません。

そこでこの章では、セフレの作り方、探し方について具体的に紹介しましょう。

作り方・探し方①ナンパで出会う

セフレを探す手っ取り早い方法は、ナンパすることです。これは昔からある、ある意味で古典的な方法ですが、もっともダイレクトに相手の反応が見えて駆け引きもできるセフレの見つけ方と言えるかもしれません。ただしそう簡単に上手くいかないので、断られても気にせずに根気よく続けられるかどうかに明暗がかかっていると言えるでしょう。

作り方・探し方②友達の紹介で出会う

セフレには友だちの紹介で出会う方法もあります。これは紹介されさえすれば、もっとも上手く行く確率が高いと言えるかもしれません。前述しましたが、友達紹介の場合は、すでにその友達がセフレとして付き合いがあった可能性があります。お互いに良く事情を把握していてそれなりの心づもりで紹介を受けることが多いので、「話が早い」のです。

ただし知り合いが関われば関わるほど、セフレ関係にあることが周囲にバレてしまう可能性も高くなるので、その点の注意は必要になるでしょう。

作り方・探し方③出会い系サイトで出会う

出会い系サイトで出会うというのは、もっとも今どきのセフレの作り方と言えるかもしれません。しかしナンパ以上に出たとこ勝負な面があり、その後ろにどのような人間が隠れているかも分かりませんから警戒は必要かもしれません。

作り方・探し方④遊び友達をキープする

遊び友達をキープするのもセフレを作る有効な方法です。軽いノリで遊べる相手で、性格も堅くなく、異性の扱いにも慣れているようなタイプの友達を複数キープしていれば、ことの成り行きによってはあっさりとセフレになれることがあります。

セフレと本命には大きな違いがあった

セフレというのは、男女間でもかなり割り切った間柄と言えます。そこに特別な愛情や過度の思い遣りなどは存在しません。もしあるようならそれはセフレにはなり得ないのです。もちろんなかにはセフレから本当の恋愛関係に発展するケースもあります。しかし、基本的にセフレと本命には大きな違いがあるのです。

それは、割り切った関係と割り切れない関係と言えるでしょうか。ただ、セフレを必要とする心理やセフレにしやすい人の特徴を知ると、ときにセフレという関係に救われる思いをする人もたくさんいるということも分かりました。

セフレが欲しい人は、記事を参考にしてつくってみましょう。

関連する記事はこちら

Thumbキスフレとは?キスフレを持つ男性心理・本音は?本当にキスだけの関係?
キスをする友達関係「キスフレ」が増えています。気になっている人もいるのではないでしょうか。実...
Thumbソフレの意味とは?作り方・作る心理やメリットを解説!一緒に寝るだけ?
ソフレの意味を知っていますか。セフレとは違って、ただ一緒に寝るだけ、添い寝するだけの男女の関...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ