パトロンの意味とは!パトロンの作り方・見つけ方や付き合いの注意点は

パトロンの意味や語源、パパやスポンサーとの違いについて詳しくお伝えしていきます。またパトロンの作り方や見つけ方、さらにパトロンが男性と女性の場合の、それぞれの付き合い方についても紹介します。今からパトロンが欲しいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

パトロンの意味とは!パトロンの作り方・見つけ方や付き合いの注意点はのイメージ

目次

  1. 1パトロンの意味などについて詳しくご紹介!
  2. 2パトロンの作り方・見つけ方
  3. 3パトロンがいることのメリット
  4. 4パトロンがいることのデメリット
  5. 5男性のパトロンに気に入られる方法
  6. 6気を付けるべきパトロンとの付き合い方
  7. 7自分の魅力を磨いて良いパトロンを見つけよう

パトロンの意味などについて詳しくご紹介!

「とても頼りになる味方」と思われがちなパトロンですが、そもそも基本的にはどの様な意味があるのでしょう。まずはその語源やスポンサーとの違いについても見ていきましょう。またパトロンと言えば男性のイメージが強いですが女性のパトロンは存在するのか、するとすればどの様に付き合えば上手く行くのか、についても探っていきましょう。

パトロンの意味

パトロンとは、特に経済面での後援者とか後ろ盾になる人物のこと意味します。もともとは、中世ヨーロッパにおいて画家や彫刻家などの芸術家を支援している人を指して使用された言葉です。当時は才能がありながらもなかなか脚光を浴びることができず、世の中の隅に埋もれていた芸術家の卵がたくさん存在しました。

パトロンと呼ばれる人々は、そのような逸材をいち早く発掘し、世の中の表舞台に送り出すことに多大な生きがいを感じていたのです。そして援助した相手が世の中で名声を得ると、それがまたパトロンたちのステータスにもなりました。

現在では生活の資金援助までするようなパトロンは少なく、食事をご馳走してくれたり、少し遊ぶお小遣いをくれるような人もパトロンと呼ばれています。そして、そのパトロンを探す活動を「パパ活」と言う人もいるようです。

パトロンの語源

パトロンは、英語の「patron(パトロン)」のことです。もともとは、ラテン語「Pater(パテル)」が語源で、意味は父親のことです。ここからパトロンは父親のような後援者、保護者を意味するようになりました。

パパとの違い

パパとパトロンはまったく意味が異なります。パパは言うまでもなく父親のことを意味します。子どもを育てる男親のことで、もちろん保護者であり後援者とも言えますが、基本的には身内を指して言います。一方のパトロンに血のつながりは無く、後援者となって生活の一部を支えてくれる人のことを指します。

そこに養育権や親権などといった、法律的な義務や権利は一切存在しません。

スポンサーとの違い

パトロンはお金を出すという意味ではスポンサーと似たような意味があると言えます。しかし決定的に違う点は、スポンサーはお金を出すかわりに、自身の名前を世間に広く知らしめるためのPR効果を狙っているということです。たとえば、テレビやネットのCM、スポーツ選手のユニフォームに社名を入れたりするのが典型的な例です。

一方パトロンはどちらかと言うと自身の利益ではなく、対象となる相手の価値の向上や利益を目的に援助をするのです。そしてニュアンスとしては、あくまで父親のようにその相手の保護者的な役割を行うという意味合いをより強く持つと言えるでしょう。つまり、パトロンは表には出ることはなく、陰から目立たぬ形で後援しているイメージが強いと言えます。

そして、その分だけ対象となる相手との距離感も密接になる傾向があります。

女性のパトロンも

パトロンは、語源から考えても男性のイメージが圧倒的に強いと言えます。しかし、歴史を見てみると必ずしも男性というわけではありません。ヨーロッパでは、上流階級の女性が才能ある芸術家のパトロンになっていたケースも多く存在します。そして、女性の社会進出と社会的地位が向上してきた昨今では、女性のパトロンも決して少なくはありません。

しかし、女性パトロンと付き合おうと思えばある程度の条件が必要になります。女性から見て魅力ある容姿や可愛げのあるキャラクターをしていること、さらに愛嬌があることも大切でしょう。そして何よりも、磨けば光りそうな才能を持ち合わせていることです。

そしてその力を開花させるための努力を怠らず、将来に向けての確固たるビジョンを持ち合わせていることも不可欠でしょう。その背中にロマンを感じさせ、何とかしてあげたいと思わせるだけの力がなければ、より現実的である女性のパトロンはついてはくれないのです。

パトロンの作り方・見つけ方

実際にパトロンが欲しいと思った時、パトロンの探し方というものはあるのでしょうか。具体的なパトロンの探し方について紹介していきましょう。ただし、どのような方法を選択するかによって、パトロンのランクにも違いが出てくるようです。そこは自分のニーズに合わせて考えてみましょう。

作り方・見つけ方①マッチングアプリ・サイト

誰でも比較的簡単にパトロンに近づける方法が、パパ活専用のマッチングアプリ・サイトを使用することです。女性なら基本的に登録無料ですが、男性側は有料である場合が多く、職業や年収などの詳しいプロフィールも記載されています。そんな有料サイトを利用している段階で、ある程度の経済力は保証されることでしょう。

また、自分のニーズにあった相手にアプローチしやすいので非常に便利です。パトロン前提のアプリなので話が早いのが利点ですが、記載されている情報が真実かどうかは定かではないため、それ相応のリスク管理は必要になるでしょう。

作り方・見つけ方②掲示板・SNS

インターネットの掲示板やSNSを使用する方法もあります。パトロンを募集できる掲示板があるので、これを使えばより目的に叶った人との出会いの可能性が広がります。SNSなら自分のプロフィールは隠したり、小出しにしつつ相手からのアプローチを待つことも可能です。

作り方・見つけ方③キャバクラ

キャバクラに勤めるのもパトロン探しの方法です。特に高級キャバクラであれば、会社経営者などの富裕層とより密な関係を結べる可能性も高いでしょう。複数の客との交流の中で、リアルなパトロンの人たちとの会話に慣れるというメリットも期待できそうです。

作り方・見つけ方④パーティ

会社経営者や富裕層が集まるパーティーに参加するのもパトロンを見つける良い方法と言えます。たとえそこで具体的な話にならなくても、もし名刺がもらえれば次に向けての可能性が広がります。高級キャバクラ同様、そのような場に足を踏み入れることで場慣れして免疫ができますし、会話を重ねることで知識もつくので実践力が身につくことも期待できます。

作り方・見つけ方⑤取引先や職場の上司

いざパトロンになってもらおうとすれば少々勇気がいりますが、取引先や職場の上司の中から探すという方法もあります。素性がはっきりしている分、危険性が少なくて安心感があります。ただし、一つ間違えれば不倫騒動になりかねませんし、ことによっては取引先からの信用失墜や会社内で立場も失いかねませんので、細心の注意が必要です。

作り方・見つけ方⑥友人知人の紹介

友人や知人の紹介でパトロンを探すのもひとつの方法です。友人や知人の場合は、こちらの環境や生活背景などの諸事情を良く分かってくれているので、無茶な相手は紹介されない安心感があります。紹介してもらうタイミングやシチュエーションもある程度選べそうですし、とても現実味があると言えるでしょう。

しかし、もし話がうまく進まなかったり、パトロンになってもらったものの、その後のやり取りがうまく行かずに決裂してしまった場合などは、紹介してくれた友人知人に迷惑をかけることにもなりかねません。いい加減な対応はせず、責任ある行動を心がけましょう。

作り方・見つけ方⑦知人の男性から探す

さらに知人の男性の中からパトロンを探す方法もあります。知人であれば、互いのプロフィールや生活環境が把握しやすいですし、ことによっては単刀直入にパトロンになって欲しい旨を伝えやすいかもしれません。ただし大事な知り合いですから、パトロンになってもらう際の約束事ははっきりと確認し合うことがより大切になるでしょう。

パトロンがいることのメリット

パトロンの意味や作り方、見つけ方まで紹介しましたが、そもそもパトロンがいることのメリットはどのようなところにあるのでしょうか。具体的に掘り下げていきましょう。つい自分にとって都合の良いことだけを考えてしまいがちですが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。それも後述しますので、あわせてしっかり確認しておきましょう。

①欲しいものが手に入る

パトロンがいると、好きなものをたくさん買ってもらえます。以前から欲しくても高くて手が出なかった服やバッグ、靴やアクセサリーなどが一気に手にできるチャンスがくるのです。憧れのアイテムを身につけたり、手にモテる幸せは尋常ではないことでしょう。それこそがパトロンを持つ喜びの真骨頂とも言えるでしょう。

自分の力だけでは出せない輝きをパトロンの力を借りて引き出すことができるのです。このように物質面と精神面の両面から満たされ、さらに外見までも変化させることができることがパトロンがいる大きなメリットなのです。

②豪華な食事が食べられる

パトロンができれば、普段の生活では食べられないような豪華な食事が食べられるようになります。いつもなら高級すぎて素通りしていたり、食べたくても手が出なかった料理が思う存分味わえるわけです。勘定のことを何も心配せずに食べられるので、精神衛生的にもとても良好と言えるでしょう。

③経済的なサポートが得られる

パトロンがいることで、自分ではとても工面できない法外な金額のお金が手に入ることが期待できます。目指す夢があってもそこにはまとまったお金が必要となったり、その夢が叶うまでは爪に火をともすような慎ましい生活を強いられることもあるでしょう。そしてその生活がいつまで続くのか、と考えるだけでも精神的には大きな負担になります。

しかし、パトロンがいることで生活の心配が少なくなりますし、経済的な面だけでなく精神的に安定することでしょう。この点が何よりのメリットと言えるかもしれません。

パトロンがいることのデメリット

続いては、パトロンがいることでのデメリットについて見ていきましょう。パトロンというとどこか足長おじさん的で、優しくて何でも願いを叶えてくれる人と夢のような想像を膨らませてしまいそうですが、そのようなケースは極めてまれです。

むしろ甘い話には落とし穴が付きものですから、しっかりデメリットについても認識を深めて危機管理をしておきましょう。

①支配と過干渉

パトロン側の経済力や目的にもよりますが、パトロンに援助してもらうことが増えれば、それだけ相手側の枠の中で生きていかなければならないことが増えてきます。たとえば、このような服は着ないようにとか、彼氏は作ってはいけないとか、毎週土曜日の夜は一緒に過ごすように、など細かなルールで縛られることが増えてくるかもしれません。

経済力がさほど高くないパトロンであれば、自身でそのことを認識していてあまり無理な要求をしてこないかもしれません。しかし高額を支払い、自信が助けてあげているという認識の強いパトロンであれば、その分だけ支配欲求が高まり、過干渉になることも珍しくありません。

なかにはストーカーと化すことも考えられるので十分に注意が必要でしょう。その点では窮屈な思いをしなければならないというデメリットが出てくるのです。

②パトロン側の家族とのトラブル

もしパトロン側の家族に関係がバレてしまった場合には、大きなトラブルに発展しかねません。ことによっては厳しく追及されるかもしれません。いつから関係が始まったのか、今まで何回くらい会ったことがあるのか、何を買ってもらい、どれだけお小遣いをもらったのか、などです。

ことによっては弁護士まで立てて訴訟を起こされることも考えられます。こうなるとプロによる追及になるので、容易には逃げられません。そして非が認められえれば、賠償請求に応じる必要も出てきます。このデメリットはあまりに大きいと言わざるを得ないでしょう。

③性交渉を求められる場合も

パトロンとの関係が高じてくると、やはり性交渉を求められるリスクが出てきます。これは男性によくありがちな見返りの求め方と言えるでしょう。自身がそれもいとわないという覚悟でパトロンになってもらったのであれば、あまり気にする必要はないかもしれません。相手のことが好きであればなおさらです。

しかし、こちらが買い物や食事までの関係と考えていたにもかかわらず、相手側が肉体関係を求めてきた場合には、そこが一つのターニングポイントになるでしょう。その要求に応じないのならば関係解消も視野に入れなければなりません。どうしても関係を続けたいのであれば、その要求に応える必要があります。

この辺りの駆け引きは少なからず必要になるため、その心づもりはきちんと持っておく必要があるでしょう。

男性のパトロンに気に入られる方法

パトロンについて色々と分かってきたところで、今度は自身がパトロンに気に入られる方法を考えていきましょう。いくら目の前に素晴らしいパトロンが見つかっても、その相手に興味を示してもらえなければ、話は前に進みません。自分に当てはめながら読んでいき、足りない点があれば補っていきましょう。

容姿を磨く

男性のパトロンに気にいられようと思えば、容姿を磨くことは必須条件と言えるでしょう。男性は視覚から入る生き物とよく言われます。そのパトロン男性の視覚に良い印象を与えられるだけの美貌やスタイルを持っているということは大きな強みと言えるでしょう。

もちろん美人でなくても可愛い顔や仕草、さらには可愛げのある動きも含めて見た目の印象が良くなるために磨きをかけていくことが肝要ということです。同じことを頼まれるにしても見た目が好みや自分のタイプである場合には、そうでない場合に比べて男性の心の動き方が相当変わることでしょう。

当然そこには、少なからず下心が隠されている場合もあります。

甘え上手になる

男性のパトロンに気にいられるためには甘え上手になることです。甘えることが得意とか苦手という次元の問題ではありません。男性は女性に甘えられるのが大好きで、上手に甘えてくる女性には自分の良いとところや得意な面を見せたくなるものなのです。その男性の性質をよく理解してそこを攻めるのです。

パトロン男性には、より大きな力で自分を支えてもらいたいと思うでしょう。つまりどれだけ大きな金額のお金を出してもらえるか、がすべてと言っても過言ではないはずです。甘え上手になって、パトロンの気持ちを大きくプラス方向へ動かすことができれば、それだけいい格好をしようと張りきって奮発してくれるはずなのです。

愛嬌をふりまく

男性のパトロンには、愛嬌をふりまくことがとても有効的です。しかも、できるだけ大げさにすることです。男性は愛嬌のある女性が可愛くて愛おしくて仕方なくなるものなのです。もし何かを買ってもらったら、小躍りして大喜びすることです。その品を抱きしめたり、頬にくっつけたりして嬉しさを思いっきり強調するのです。

食事をご馳走してもらったなら、「美味しい」とか「こんなに美味しいもの食べたことない」という言葉を連発することです。さらに愛嬌をふりまくというのは、ただニコニコして喜んでいれば良いだけではありません。パトロン男性が、何か話をしてきたら、その話を知っていても知らないふりをして聞くのも効果的です。

大きくうなずいて「そうなんですか!」とリアクションを大げさにすれば、それだけ相手の自尊心が満たされます。男性は、自分の知識やうんちくを披露して感心されたいという性質を強く持つので、そこをくすぐることができる人も愛嬌ある女性になるのです。

知識を得る

男性は上記のように、自分の話を興味を持って聞いてくれる女性が大好きです。しかしこれには段階があります。うなずきながら、感心して聞いてくれるのも嬉しいのですが、それだけでは物足りず飽きられてしまうこともあるのです。

もし女性にある程度の知識があって、たとえば目の前のワインについて話が出たときに、「ドイツの白ワインは甘くて美味しいですよね」と一言口に出そうものなら「わかるの?」という感じでさらに話に花が咲くことでしょう。

一方通行ではなくある程度会話のキャッチボールができるくらいに勉強し、知識を得ておくことはパトロン男性の力を引き出す大きな武器ともなり得るのです。

夢を追い求める

男性のパトロンは、相手女性の追いかける夢に自身の夢も重ねて投資したいという気持ちを強く持ちます。その姿勢が真剣であればあるほど、そして成長ぶりが目に見えて分かれば分かるほど、その夢を真剣に応援してあげたいと思うものなのです。

気を付けるべきパトロンとの付き合い方

パトロンになる人たちも、100パーセント善意のみでパトロンになってくれる人ばかりではありません。それなりのもくろみもあるでしょうし、何らかの期待もしてくるはずです。まず相手から気に入られなければ話にならないのですが、かと言って何でも言いなりになっていては後で後悔することにもなりかねません。

そこで現実問題としては可愛がってもらいつつも、抜け目ない付き合い方を考えることが大切になります。その具体的な注意点について紹介していきましょう。

付き合い方①相手側の条件を認識する

パトロンと付き合う場合にまず第一に心得るべきことは、相手側の条件を認識するということです。恋愛にもありがちですが、何となく自然発生的に始まった関係の場合、なあなあのままでことが進むので両者の間柄が曖昧なケースもありえます。

その場合、自分は時々欲しい物を買ってもらって食事をご馳走してもらうだけの関係、と考えていても相手はそうではないと場合があるのです。この場合、突然肉体関係を求められた時にはかなり動揺するでしょうし、トラブルの原因にもなります。

そのようなことを回避するためにも相手側が自分にどこまでのことをしてくれようと考え、またどこまでの行為を求めているのか、きちんと確認し合いましょう。自分はその気がなくとも相手に気を持たせてしまって、その時になっていこんなはずではなかった、というのは契約違反のように思われかねません。

社会的立場では相手の方が上でしょうから、いざとなればこちら側が不利な状態に追いやられる可能性もあります。この点は十分に気を付けましょう。

付き合い方②なるべく人気のある場所で会う

パトロンとは、なるべく人目のつく場所を選んで会うように心がけましょう。もし相手の家やホテルの密室、車の中など人気のない場所や逃げられない場所に身をおくと、そのまま肉体関係を迫られるなど危険にさらされる可能性があるからです。暴行を受けて傷ついてしまえば、取り返しのつかないことにもなりかねません。

お金に目がくらんで、少しくらい大丈夫と油断することが、大きな落とし穴につながることにもなりかねません。十分に気を付けましょう。

付き合い方③カモにされないよう気を付ける

パトロンには、足元を見られてカモにされないように気を付ける必要があります。本当に善意で自分を応援し、援助してくれる人もいますが、世の中そんなに甘くはない、というのもまた現実です。特にこちらのために使った金額が高くなればなるほど、人間の心情としてはそこに見返りを求めたくなるものです。

突然その金額を全額返還するように迫られたり、しかるべきところに実はこんなことをしてきた、とバラされることがあっては大変です。おんぶに抱っことあまりに相手に依存しすぎると、そこを逆手にとって足元を見られかねないのでくれぐれも気を付けましょう。

付き合い方④相手の目的の変化に注意する

さらにパトロンと付き合ううえで気を付けなければならないのは、相手の目的が変化していく恐れがあるということです。最初は気楽な関係で良いと思っていても、成り行き次第ではだんだん相手が心変わりしていくことは十分に起こりえることなのです。

たとえば目的に向かって努力する自分を支えてくれているとして、その目標に大きく近づくくらい実力がついて結果もともなってきたとします。こうなるとますます思い入れが強くなり、援助も増やしてくれるかもしれません。しかし、その一方で今までになかったこちらへの恋愛感情を抱くようになることがあります。

そしてこれだけしてあげるかわりに、自分の彼女になるように、と迫ってくるかもしれません。自分の夢は諦めたくない、しかしそのためには資金が必要となれば、相手の要求に応じる必要も出てくるでしょう。

答えを曖昧にしつつ、その関係をズルズルと続けた場合は、先で認識の違いが生じて面倒なトラブルにもなりかねません。この辺りの思惑の変化に敏感に気づける嗅覚が大切になるということです。そしてこれ以上は危ないと感じたとき、情に流されず、毅然とした態度を取ることができるかが、自身の身を守る意味でとても重要になるのです。

自分の魅力を磨いて良いパトロンを見つけよう

パトロンを見つけようと思うと、つい相手に対して自分の都合の良い条件ばかりを望んでしまいがちです。しかし当然ですが、相手にも思惑はありますし、援助してあげたいと思う好みの相手でなければそう易々とはパトロンになってもらえません。

そのためにもまず、相手に望む前に自分自身の足元を見つめ直し、この人ならと思ってもらえる人物像になれるように魅力を磨くことに勤しむ必要があるでしょう。そして願ってもない良いパトロンとの出会いがあったとき、うまくマッチングできるレベルに到達できるよう、今日からでも準備を始めていきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ