ゆとり世代の年齢や特徴とは!恋愛・仕事の傾向や扱い方のコツは?

ゆとり世代の年齢や特徴について詳しく紹介していきます。ゆとり世代とはいつからいつまでに生まれた人を指すのか、またさとり世代についても解説します。さらに、ゆとり世代の恋愛傾向や結婚観、仕事への考え方、扱い方を探ります。仕事や子育てに活かしたい人必見です。

ゆとり世代の年齢や特徴とは!恋愛・仕事の傾向や扱い方のコツは?のイメージ

目次

  1. 1ゆとり世代とは
  2. 2ゆとり世代とさとり世代の違い
  3. 3ゆとり世代の特徴【性格編】
  4. 4ゆとり世代の特徴【仕事編】
  5. 5ゆとり世代の特徴【恋愛編】
  6. 6ゆとり世代の扱い方
  7. 7ゆとり世代とうまく付き合っていく術をみつけよう

ゆとり世代とは

まず最初に、ゆとり世代とは具体的にどのような人たちのことを指すのかについて、明確にしていきましょう。いつからいつまでに生まれたのか、そしてどのような時代背景からゆとり世代が生まれたかについて見ていきます。

「つめこみ型」教育の批判から誕生

戦後の復興が波に乗り、世界と伍していくためにも特に1960年代~80年くらいにかけては国を挙げて子どもの教育に力を入れた出しました。その形式はひたすら色々な知識を覚えさせて学力を向上させようとする「つめこみ型」でした。

ところがこのやり方では、子どもの自主性や個性が薄れたり、応用も利かず社会でも個人の良さが発揮できないとの批判が各方面から集まり、「ゆとり教育」が導入されました。

「ゆとり教育」を1年でも受けた人

「つめこみ型」教育への反省から生まれた「ゆとり教育」を1年でも受けた人のことを「ゆとり世代」と呼びます。具体的には、2002年度〜2014年度の教育を受けた人を指します。

ゆとり世代の年齢は?いつからいつまでか

ゆとり世代についてさらに詳しく述べると、1987年4月2日生まれ〜2008年4月1日生まれで、2018年度の時点で10歳~31歳までの人を指します。2002年度に文部科学省が学習指導要領を大幅に改訂することで、小中学校の学習内容を3割削減したうえ、「完全学校週5日制」がしかれた「ゆとり教育」が正式に始まったのです。

ゆとり世代の時代背景

上記のように「つめこみ型」教育によって日本の教育界には色々な弊害が出現しました。具体的には学力偏重型の加熱した受験戦争であったり、いじめや不登校など多くの未曽有な問題に直面したのです。さらにバブル景気が崩壊して向かうところ敵なしで、アメリカをも凌駕する勢いで成長していた日本経済が大失速をしました。

失われた10年、20年の始まりです。日本社会全体が意気消沈し、今まで信じていた生き方や教育そのものを根本から見直す機運が大きく高まったのもこの時期なのです。そこで「ゆとり教育」論が現実味を帯びながら浮上してきました。

ゆとり世代とさとり世代の違い

さとり世代と呼ばれる人たちもいます。具体的には、まるで僧侶が世の中を悟りきったがごとくに、物欲がない冷めた様子を指して言われます。インターネットの「2ちゃんねる」から生まれて広まった言葉です。

①年齢の違い

さとり世代は、前述のように「2ちゃんねる」から生まれた言葉で、ゆとり世代との明確な違いは定義されていません。しかし現実には、「ゆとり教育」が終了した後に、義務教育を受けた2005年4月2日以降に生まれた世代を指して言うことが多いようです。

②教育方針の違い

「ゆとり教育」で余裕のありすぎる教育を受けることで、若者の成長に弊害があるとの疑問や批判が強くなり、「脱ゆとり教育」の方針が執られるようになりました。具体的には、削られていた授業時間が各学年ごとに見直されて追加されることになったのです。

「ゆとり教育」が正しかったのか、「脱ゆとり教育」が功を奏するのかは、先になってみないと誰にも分からないことで、その意味では日本の教育方針はいまだ迷走中と言えるでしょう。

ゆとり世代の特徴【性格編】

ここからは、ゆとり世代がどのような特徴や傾向を持つのか、具体的に見ていきましょう。まずは、性格編からです。ゆとり世代の性格の特徴や傾向を知っていくと、不可解な態度が理解できたり、余分な神経を遣わず楽になることも考えられます。早速、具体的に見ていきましょう。

特徴①忍耐力がなく諦めが早い

ゆとり世代は、忍耐力がなくあきらめが早いという特徴があります。差し迫った状況のなかで強いプレッシャーをかけられる経験が少なかったゆとり世代は、とりたてて競争心や闘争本能を持たずに生きている傾向が強いと言えます。

ゆとり世代の親やそれ以上の年代の人間からすると、もっと頑張ればいいのにとか、ライバルに負けないように努力すればいいのに、と思うような場面でも驚くほど執着がなく、あっさり諦めたりします。それがとりたてて悔しい、恥ずかしいということもないのです。

そして我慢するくらいなら他の選択肢や方法を選ぶ、というタイプも当たり前のように存在します。

特徴②上昇志向がない

ゆとり世代は上昇志向がありません。もちろん全くの0というわけではありません。しかし、ある程度のレベルに達したら、それ以上むやみに努力をして這い上がろうとは思わないのです。

ひと世代前位までなら、上には上があるからもっと頑張ろうとやる気に燃えるところが、上には上があってきりがないし、どうせ頑張っても到達できるレベルはたかが知れているから、と冷めてしまって挑戦すら放棄することもあります。

特徴③ステータスに縛られない

ゆとり世代は、地位や名誉などのステイタスに縛られない特徴があります。これは上記の上昇志向にかけるという面と相通ずるところがあると言えるでしょう。さしたる肩書が欲しいわけでもなく、企業に勤めても「社長」や「CEO」にまでのぼりつめようとか、名刺にそれなりの肩書きを記載して持ち歩きたい、などとは望まないのです。

しかし、まったく欲がないわけではありません。何らかの形で社会貢献はしたいと思っていますし、独立心が旺盛で学生のうちに起業してやりたいことを大胆に手掛けるという行動は、むしろゆとり世代の方が強いかもしれません。ただ企業に就職して出世しようとは思わないと言うだけです。

特徴④立ち直りが遅い

ゆとり世代は、立ち直りが遅いという特徴もあります。ゆとり教育が始まったころから特に父兄のモンスター化が見られるようになり、学校側も生徒に対してスパルタ教育を手控える傾向が強くなりました。そのため強く叱られたり、厳しくされるというよりは甘やかされる機会が増えたと考えられます。

結果として打たれ弱い人間になったとの見方があります。挫折やトラブルに対する免疫が弱く、大きくショックを受ける出来事があった場合には、そこからなかなか立ち直れなかったり、立ち直る術が分からなかったりするのです。

特徴⑤物への執着心がない

ゆとり世代は、物への執着がないという特徴もあります。若者であれば車や腕時計、高級なアクセサリーが欲しいとか、将来は立派な家に住みたい、と思うのが普通という考えが主流だった時代がありました。

しかしゆとり世代は、物に恵まれ特別な苦労もなく必要なものを入手できる時代に育ってきたためにどうしてもこれが欲しい、という物欲に薄い傾向があるのです。趣味に関しては、驚くほど高価なものでも平気で買ってしまう点もありますが、それ以外の物には特別に固執しないのです。

特徴⑥団体プレーは苦手

ゆとり世代は、個人主義の傾向が色濃くあるため団体プレーは苦手な場合が多いと言えます。少子化の影響もあり、兄弟姉妹が少ないケースも多く、自宅でも自分の部屋があって何をするにしても自分一人で独占できることも少なくありませんでした。

そのためみんなで力を合わせて何かを成し遂げるという経験も気質もなく、どちらかと言うと周囲に余計な気を遣わずに自分一人で自由にできることに興味が向くのです。

特徴⑦コミュ力がない

上記のように、ゆとり世代は個人主義の人が多い特徴があります。ゲーム文化やインターネットの発達により外に出るよりは一人でネット上に広がる無限とも思える世界を楽しむ方が何倍も何十倍も価値がある、と考える人も多いと言えます。そのためコミュ力に欠ける人が多いのがゆとり世代の性格の特徴と言えるのです。

メールやLINEなどSNSを通じてフェース・トゥ・フェースでない交流なら大胆になれるのに、いざ面と向かってとなるとたちまち貝のように口を閉じて自分を表に出せなくなるタイプが少なくありません。

特徴⑧情報収集能力に長けている

ゆとり世代は、面と向かってのコミュ力には欠けますが、情報収集能力には長けていると言えます。小さなころからパソコンやインターネットを利用することに抵抗がなく、巧みに情報機器を使いこなせる人が多いので、それらを駆使してあらゆるところから情報を集めることができるのです。

この能力については、他の世代よりも群を抜いていると言えるかもしれません。しかしその反面、あらかじめ答えがある問いに答えることは得意でも、解答がない問題は非常に不得意とも言えるのです。

ゆとり世代の特徴【仕事編】

続いては、ゆとり世代の仕事面での特徴について掘り下げていきます。ゆとり世代は、人生の中で仕事をどのように位置づけているのでしょうか。また仕事をするにあたって、どのような考えや態度を取る傾向があるのでしょうか。特にゆとり世代を教育する立場にある人はこの点を知っておくと有効活用できるかもしれません。

特徴①自発性がない

ゆとり世代は、仕事となると自発性がない、という特徴があります。言われたことしかしないとか、自ら仕事を探すことができないとか、会社からの電話をとらないということも珍しくありません。

前述のように答えがある問題に対して挑んで行くことは得意でも、自分で問題を見つけたり、解答が見えない答えを探し出していくという発想や思考回路が希薄なのです。さらに自分の都合を優先するあまり、電話に出ないとか報告をしないなど対会社や上司とのコミュ力に欠ける人も少なくありません。

特徴②効率的が第一

ゆとり世代は、効率的なことが第一と考える傾向があります。仕事の段取りや進め方、手順などについて、いかに短時間で最大の成果を出すかということにフォーカスし、そこに注力するのです。少しでも効率が悪い場合はあからさまに不服な態度を取り、何故こうしないのかと理詰めで問いかけてくることもあります。

目先だけを見て、いま特別に必要と思えない仕事をすることに自分なりの意義を見出せず、放棄する場合もあるのです。一見意味の無いように見える地道な仕事にこそ、先で大きな勝機が待っていたりイノベーションを起こせることも世の中にはたくさんあるのですが、体質的にそのようなことは理解しがたいと言えるでしょう。

そのため世代が違う上司とは齟齬が生まれてしまうことが避けられない場合が多いのです。

特徴③失敗を糧にできない

ゆとり世代は、失敗を糧に出来ない特徴もあります。人間ですから誰でもミスはあります。そしてミスをおかせば上司から叱られることもつきものです。そして次にはミス防止策を立てて万全を期すことが社会人としての常識と思われます。

しかし、ゆとり世代は次に向かって対策を講じたり、次こそは大きな成果を出して叱った上司を驚かせてやろう、という発想にはなりません。それより叱られたことを気にしたり、凹んでしまってメンタルが不安定になってしまうのです。それゆえ失敗を糧にして成長したり、飛躍するという現象がなかなか見受けられないのです。

特徴④仕事を軽んじている

ゆとり世代には、仕事第一主義で仕事を何より重視し、仕事を通じて人間的成長をはかり、人生を幸せなものにしていこう、という発想がありません。仕事にそこまで懸命になれないのです。言い方を変えれば、仕事を軽んじていると言えるでしょう。そのため仕事よりもプライベートを重視して定時でさっさと帰ってしまうこともあるのです。

さらに飲み会など会社の交流会の類も不参加を望み、後ろ向きな態度をあらわにしすることも珍しくありません。手に職を付けて社会で必要とされたいとか、ある仕事を究めてのし上がっていきたい、という考えが持てずに、ある程度のところで満足してしまい、それ以上は情熱を持てず冷めてしまうのです。

特徴⑤業務報告もLINE

先ほどゆとり世代は会社からの電話に出ないこともあると述べました。そして報告がなかったり、遅れるケースも珍しくはないのですが、その業務報告をするにしてもLINEを使うケースもあるのです。

電話で直接話して伝える方がより正確に伝えられることでも、LINEでさらりと済ましてしまうこともあり、これも会社側や上司との軋轢の原因となることがあります。

特徴⑥一生の仕事とは無縁

ゆとり世代は、飽きっぽい性格の人が多いのも特徴です。極端な場合は、入社3日目で辞職したり、配属が決まって数週間で出社拒否という場合もあります。そして転職につぐ転職で、なかなか色が定まらないケースも珍しくありません。どのような仕事でも苦労はつきもので、忍耐の連続の時期もあるものです。

ところがゆとり世代は、我慢が苦手なので、それに耐えるくらいなら別の仕事を探した方が良いと考えて辞めてしまうのです。そのため一生の仕事とは無縁というケースも少なからずあるわけです。

ゆとり世代の特徴【恋愛編】

続いては、ゆとり世代の恋愛について詳しく見ていきます。これは世代的に考えて、いわゆる「今どきの恋愛事情」と言っても良いかもしれません。ゆとり世代はどのような恋愛を望むのでしょうか。また、そもそも恋愛や結婚に対してどのような考え方を持つのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

特徴①男女共に草食系

2009年に「草食男子」という言葉が流行語に選ばれました。これとは対照的に言われたのが「肉食女子」という言葉です。恋愛に対して興味がなく奥手で淡泊なゆとり世代の男性を指して言う「草食男子」ですが、逆に女性の方が恋愛に積極的でガツガツしていることを指して「肉食」と表現されました。

しかし、それからさらに約10年が経ち、現在では女性も草食系が増えていると言われます。バレンタインと言っても好きな男性にプレゼントするのではなく、自分自身へのご褒美でスイーツを購入するというのが典型例です。また男性を抜きにして女子会は勢いを増す一方です。

いわゆるお年頃になっても、恋愛以上に優先したいことがたくさんあり、恋愛で満たされなくても生きていけるという人が増えていると言えるでしょう。

特徴②デートでも割り勘が常識

デート費用は基本的に男性が持つ、というのは昔の話です。ゆとり世代は、デートでも割り勘というケースが多いのです。男性が経済面で女性に良いところを見せる、という理屈が成立しない世の中になってきたと言えるかもしれません。

女性の社会進出が目覚ましく、男性並みに稼ぐ人も珍しくないので、経済面で自立した意識を持つ女性が増加してきているとも言えるでしょう。それより年下が好みの女性も多く、その場合は女性がデート費用を賄うことも珍しくありません。

特徴③恋愛や結婚に興味がない

ゆとり世代は、そもそも恋愛や結婚に興味が持てない人も少なくありません。近年、未婚者の数は増加の一途をたどっています。それに伴い当然出産数も減少する傾向が強いと言えます。人口も減る一方ですが、その原因をたどればゆとり世代が恋愛や結婚に対して冷めているということに行きつきます。

これは前述のように恋愛よりも楽しくて優先したいことがあること、またコミュ力不足から異性に対して奥手になってしまうことからくる現象と言えるでしょう。愛への欲は、食欲や睡眠欲と並んで人間が生きていくうえで大切な欲求の一つですが、それが枯渇する方向に向かっている心配な現象とも考えられるのです。

特徴④聞き上手だが口下手

ゆとり世代は、聞き上手だが口下手という人も少なくありません。コミュ力に欠けけることはすでに述べましたが、特に自分の意見や考えを言葉にして相手に伝えることが苦手なのです。ましてや愛情表現となるとさらにハードルが上がります。直接は言えなくて、LINEで告白するパターンもあるくらいです。

ゆとり世代には、癒し系が多いとも言われるのですが、それは自分から我先にと言いたいことを言うのではなくて、話を聞いてくれることに対して好感が持てるという意味で指摘されている事実でもあります。

ゆとり世代の扱い方

ゆとり世代について客観的に見ている分には問題もないのですが、いざ接するとなると随分戸惑い、また感情的になってしまうケースも少なくありません。特に仕事でゆとり世代が部下となった場合に苦労する場面が多く出てくるとも考えられます。そこで具体的なゆとり世代の扱い方について詳しく見ていきましょう。

これを知っているのと知らないのとでは、大きな開きが出てくると思われます。

扱い方①感情的にならない

ゆとり世代の行動や態度に対して感情的になってしまうと、まず関係は上手く行かなくなります。ゆとり世代には、独自の考え方や理屈がきちんとあって、その価値観に従って仕事も行っているので、ただ腹を立てて叱りつけても心から納得はできないのです。

上司が感情的になっている、と悟った時点でさらに相手は態度を頑なにしたり言うことを聞かなくなります。それよりも心穏やかにして、なぜこちらの意図と違う仕事の仕方をするのか、どこに考え方の違いがあるのかを冷静に見抜いて行く必要があるのです

扱い方②失敗の大切さを教えてあげる

ゆとり世代は、失敗を異常に恐れる傾向も強いです。ミスや失敗をして上司から叱られたり、責任をとることも面倒と感じるので、できるだけ避けようとするのです。もちろん失敗することを望む人などいないでしょう。しかし現実の世の中で失敗せずに生きていける人はまず存在しません。

むしろそれを糧にしてさらに飛躍できたり、人間的な魅力も付いてくるものなのです。その大切さを知って、ときには失敗を恐れず果敢に挑戦することの大切さをじっくりと言って聞かせてあげることも必要なのです。

扱い方③仕事の意義を教えてあげる

仕事を軽んじる傾向が強いゆとり世代には、仕事の意義を分かり易く教えて上げることも重要になります。自分にとって意義あることと認識できれば、仕事を優先しる意識も芽生えると考えられるからです。自分の仕事が会社の利益のどの部分を占めるのかや社会にどのように貢献できているのか、などをかみ砕いて分かり易く説明するのです。

また仕事はチームワークも大切です。その理解を促すためにも個人主義の傾向が強いゆとり世代には、人と協力し合うことの大切さや、それで大きな成果が出たときの喜びを具体例もあげながら示唆してあげることも不可欠と言えるでしょう。

扱い方④自分の意見を押し付けない

ゆとり世代には、一方的に自分の意見を押し付けないように気を付けることも大切です。ゆとり世代は、自分の価値観や考え方の枠をしっかり持っているので、それを無視して一方的な意見を上から言われてもそれに素直に応じることは難しいのです。まずこちらが耳を傾けて意見や都合を聞いてあげることが大切です。

その上でこちらの言い分もそれなりの理由をつけたうえで丁寧に説明していくことが重要なのです。これくらいは分かっているだろうと思って細かな説明を省いてしまうと、思わぬ勘違いが生じて上手く行かなくなることがあります。その様な事態に陥っても、ゆとり世代は簡単に自分の責任を認めようとはしない面があるので注意が必要です。

ゆとり世代とうまく付き合っていく術をみつけよう

「今どきの若いものは…」この言葉は古代エジプトの遺跡にも刻まれている言葉です。そして間違いなく現代まで年長者が言い続けてきたセリフでもあります。どのような時代にもジェネレーションギャップは存在し、その違いが新たな時代を生み出す力になってきたことも否定できません。

現代であれば、このゆとり世代とその親世代のギャップこそがその典型例でしょう。相手を批判して叱りつけるのは、最も容易な方法かもしれません。しかしそれではいずれ人間関係も破綻し、有意義な結果が出るどころかマイナスの結果につながり苦しむことになりかねません。

ゆとり世代を熟知してうまく付き合うことは自分たちを助けることに他ならないことも意識して、気持ちよく交流していく術を身につけていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ