ハンドルネームの決め方11選!オススメの付け方・作り方や注意点は

ハンドルネームのオススメの決め方について、11選にわたって具体的にご紹介していきます。HNと略されることもあるハンドルネームですが、その決め方に迷う方も少なくありません。ネットで使うHNや、なかなか決まらない場合の付け方・作り方に関する例を取り上げていきます。

ハンドルネームの決め方11選!オススメの付け方・作り方や注意点はのイメージ

目次

  1. 1ハンドルネーム(HN)の決め方の手順
  2. 2ハンドルネーム(HN)の決め方11選
  3. 3ハンドルネーム(HN)が決まらない!オススメの付け方・作り方【ネット編】
  4. 4ハンドルネーム(HN)の決め方の注意点
  5. 5ハンドルネーム(HN)の決め方の参考例
  6. 6ハンドルネームの決め方のコツを知って活用しよう

ハンドルネーム(HN)の決め方の手順

まずは、ハンドルネーム(HN)の決め方の手順から確認していきます。インターネットの世界で使われることも多いハンドルネームですが、手順を意識しておくことで、自分にぴったりのハンドルネームを作り上げることができます。

①ハンドルネームの方向性を決める

最初にハンドルネームの方向性を決めることがポイントです。多くの方がつける際に利用する考え方として、自分に関連のあるものや自分の名前を発展させるといったパターンが挙げられます。もちろん、自分に全く関係ないものやこれまで興味がなかったものから考えても問題ありません。

いずれにしても、個人としてどういったハンドルネームをつけたいのか、その理想や方向性を検討していくことが最初に行うことです。そこから徐々に発展させて理想的なハンドルネームを作り上げていきます。

②関連するキーワードを集める

ハンドルネームの決め方の手順として、関連するキーワードを集めることも重要です。最初に方向性を決めることができたら、関連するキーワードを集めることで徐々にハンドルネーム作成への道筋をつけていきます。

例えば、旅行が好きな方であれば思い出に残っている旅行先や地名、国名などに関連するキーワードを集めてみるのも効果的です。自分の趣味であれば、そこから派生するキーワードも見つけ出しやすくなります。よく行く場所や施設からキーワードを集めてみるのも効果的です。

③キーワードを組み合わせる

キーワードを集めることができたら、最終的に集めたキーワードを組み合わせてハンドルネームを決定していきます。ハンドルネームの決め方に正解や不正解があるわけではありません。それでもこれらの手順を守ることで、より短時間でハンドルネームを決定できるようになります。

ハンドルネームの方向性として自分の趣味や興味を持っているものから挙げていくと、スムーズなキーワード選定につながります。複数のキーワードから最もしっくりくる組み合わせを考えることで、最適なハンドルネーム作成をすることができます。

ハンドルネーム(HN)の決め方11選

それでは、具体的にハンドルネーム(HN)の決め方を11選にわたってご紹介していきます。ハンドルネームを決めようと思ってもなかなか決まらないという人も少なくありません。その場合は、一定の決め方の中から選ぶことがオススメです。そうすることで、無駄に迷うことなくスムーズなハンドルネーム作成につなげることができます。

決め方①ペットの名前からつける

まず、ハンドルネームの決め方としてオススメなのがペットの名前からつけることです。最近では犬やネコをはじめとして、ペットとの生活を楽しむ人も増えてきています。ペットにつけた名前をそのままハンドルネームとして利用するか、それを多少もじって利用するのも効果的です。

悩んでいる時間がもったいないと感じる場合は、ペットの名前をそのままハンドルネームに利用しても問題ありません。そうすることで、自分自身としても愛着のあるハンドルネームにすることができます。

決め方②好きなマンガ・アニメからつける

ハンドルネームの決め方として、好きなマンガ・アニメからつけるのもオススメです。子供時代に見ていたマンガやアニメでも構いません。少女マンガや少年マンガなど、かつて熱中していたマンガやアニメに登場するキャラクターの名前をそのままハンドルネームとして利用する方法もあります。多少名前をもじって、自分なりの名前にしていくのも有効です。

決め方③好きな音楽からつける

ハンドルネームの決め方にはさまざまなものがありますが、好きな音楽からつける方法もあります。国内外問わず、多様なアーティストが活躍している中で、好きな歌手やグループ、あるいは曲名を参考にしながらハンドルネームとして利用するのがオススメです。

ハンドルネームに対する愛着という点でも、高い効果を期待することができます。自分が好きなもの、興味があるものからハンドルネームを考えることで覚えやすくなりますし、親しみを持つことができます。

決め方④神話からつける

神話からハンドルネームをつける決め方もオススメです。神話も国内外問わず多くのものがあり、普段の生活とは全く関係ないハンドルネームをつけたい場合にも最適です。海外の神話では、ゼウスやポセイドン、アルテミスなどの神様からヒントを得るのもオススメです。

日本にも、ヤマトタケルやアマテラスオオミカミ、イザナギなどの神様が登場してきます。そうした神様の名前をそのまま使っても良いですし、アレンジを加えてオリジナリティを出すのも効果的です。

決め方⑤食べ物からつける

ハンドルネームを食べ物からつけるという決め方も挙げることができます。イチゴやパイナップル、オレンジなどのフルーツの名前もかわいらしくてオススメです。うどんやそば、ラーメンなど、麺類の食べ物からヒントを得てハンドルネームを決定していくのも有効です。普段からよく食べるものがあれば、そこからヒントを得て考えていくことがオススメです。

決め方⑥外人風の名前をつける

ハンドルネームの決め方として、外人風の名前をつけるという選択肢も挙げることができます。そもそも日本人の名前と外国人の名前の雰囲気やテイストは異なりますが、ハンドルネームであれば気楽に利用することができます。アントニオやセバスチャン、ロナウドやクリスティアーノなど、かっこいいと感じる名前をそのまま利用するのも効果的です。

芸能人やスポーツ選手として活躍する外国人の方も少なくありません。そうした人物名からヒントを得てハンドルネームを決定していくこともオススメです。

決め方⑦回文化してみる

回文化してハンドルネームを考えていくこともオススメです。回文とは、反対から呼んでも同じような形になるようにすることです。例えば、ほしのという名前であれば、「ほしのしほ」という形で回文にすることができます。

どの名前も回文化してスムーズに行くわけではありませんが、ハンドルネームを決める際のヒントとして役立つことがあります。あまりスムーズではなくても、ハンドルネームであれば気楽な形で利用することができます。

決め方⑧よく行く店からつける

決め方として、普段よく行くお店からハンドルネームをつけるのもオススメです。好きなラーメン店やファミリーレストラン、飲み屋さんやイタリアン、フレンチなど、自分が好きで通っている店であれば、ハンドルネームに対する愛着もわきやすくなります。

お店側としてもお客様に覚えてもらうために、独特な名前や覚えやすい名前をつけていることが少なくありません。そこからインスピレーションを受けてハンドルネームに変えていくのも効果的です。

決め方⑨行きたい場所・地名からつける

ハンドルネームの決め方として、行きたい場所や地名からつけるのもオススメです。決め方に関する手順でも触れましたが、自分が興味のあるものや好きなものの方が、キーワードの抽出もスムーズに行うことができます。

その点において、行きたい場所や地名を連想するのは難しくありません。国内外問わず、興味がある場所を数多く挙げて、そこから組み合わせてみるのも有効です。

決め方⑩誕生日からつける

誕生日からハンドルネームをつけるという考え方も挙げることができます。誕生日が夏であれば、夏をイメージしたハンドルネーム、冬であれば冬を連想したハンドルネームをつけるのもオススメです。誕生日をそのままひらがな読みしてハンドルネームにするのも悪くありません。自分自身に関係する決め方として最適です。

決め方⑪干支からつける

誕生日と関連するものではありますが、干支からヒントを得てハンドルネームをつけるのもオススメです。全部で12の干支がありますが、生まれた年によってそれぞれの干支は変わっていきます。広く一般に知られている名前という点でも効果的ですので、その他の手法で決まらない場合は、干支からインスピレーションを受けるのもオススメです。

ハンドルネーム(HN)が決まらない!オススメの付け方・作り方【ネット編】

ハンドルネームの決め方についてご紹介してきましたが、それでもなかなかハンドルネームが決まらないという状況も出てきます。その際に利用できるオススメの付け方・作り方についてご紹介していきます。ハンドルネームについてはインターネットの活用もオススメなので、ネットを中心に解説を進めていきます。

付け方・作り方①お名前辞典

ハンドルネームの付け方・作り方としておすすめのサイトが「お名前辞典」です。お名前辞典には日本人の名前が多数登録されているので、検索すれば簡単にいろいろな名前を確認することができます。読み方や漢字で指定することができるので、迷っている際のヒントを得たい場合には最適なサイトです。

付け方・作り方②常緑の大樹

ハンドルネームの付け方作り方としては、「常緑の大樹」もおすすめすることができます。常緑の大樹は外国人の名前を数多く登録しているサイトで、ランダム生成に対応しているところが魅力的です。特にハンドルネームに対するこだわりが強くなく、何でも良いという方にはオススメのサイトです。

付け方・作り方③創作支援名前倉庫

ハンドルネームの付け方・作り方としては、「創作支援名前倉庫」もオススメです。創作支援名前倉庫は名前がカテゴリー分けして登録されているところが特徴的なサイトです。創作をする人に最適な名前をつけることを目的として作られたサイトでもあります。そのため、ハンドルネームの考案にも役立つ部分が多いと言えます。

付け方・作り方④欧羅巴人名録

「欧羅巴人名録」もハンドルネームを作成する際のサイトとしてオススメすることができます。ハンドルネームでは、常緑の大樹と同様に外国人の名前が数多く登録されています。外国人風の名前にしたいという方は、常緑の大樹と合わせて欧羅巴人名録を使ってみるのが有効です。こちらもランダム生成することができるので、そこから選ぶのも賢明です。

付け方・作り方⑤すごい名前生成器

ネットでできるハンドルネームの付け方・作り方として、「すごい名前生成器」もオススメすることができます。すごい名前生成器は国内外に関わらず、ランダムでいろいろな名前を生成してくれるところに価値があります。

性別や国名、姓や名を指定するとランダムに名前を生成してもらうことができます。自分ではなかなかハンドルネームが決まらない場合のヒントとして最適なサイトです。

付け方・作り方⑥外国人名読み方字典

ハンドルネームの付け方・作り方として、「外国人名読み方字典」もオススメすることができます。外国人名読み方字典は外国人の名前が登録されたサイトとなっており、索引から好きな名前を見つけることができます。外国人風のハンドルネームに憧れを持つ方にとっては魅力的なサイトです。

ハンドルネーム(HN)の決め方の注意点

ハンドルネーム(HN)を決める際には覚えておきたい注意点もあります。何でもかんでも適当につければ良いというわけではないので、注意点も意識しつつ自身の安全性を高めることもポイントです。

本名やニックネームは使わない

ハンドルネームの付け方として、本名やニックネームを使わないことは頭に入れておきたい注意点です。身ばれを防ぐという意味でも、確実に守っておきたいところです。インターネット上の空間は不特定多数の人が閲覧する場所でもあり、いつどういったことに利用されるかわかりません。

犯罪に巻き込まれるリスクを避けるためにも、本名やニックネームは使わないことが重要です。

差別用語は使わない

ハンドルネームをつける際は、差別用語を使わないことも注意点として覚えておきたいポイントです。特に誹謗中傷につながるようなハンドルネームは厳禁です。

外国人風の名前にする場合は、意図せず海外の方を誹謗中傷するニュアンスになってしまっている可能性もあります。一度、ハンドルネームに利用する名前の意味をネットで検索してから利用することが賢明です。

隠語は使わない

隠語は使わないようにすることも、ハンドルネームを作る際に意識しておきたい注意点です。特に下品な意味やニュアンスを持つハンドルネームは、見ている人たちを不快にする可能性もあります。ネット上の空間は不特定多数の人がいることを意識することが求められます。

発音しにくいものは使わない

覚えておきたい注意点として、発音しにくいものは使わないという部分も挙げることができます。ハンドルネームは自分が呼びやすいことはもちろん、相手からも呼びやすいことが重要です。親しみを持ってもらうという意味でも、発音のしやすさを意識することがポイントです。

ハンドルネーム(HN)の決め方の参考例

ここからはハンドルネーム(HN)の決め方の参考例について取り上げていきます。どうしてもハンドルネームが決まらないという方は参考例を見ることもオススメです。そこからヒントを得たり、そのまま利用したりするのも効果的です。

参考例①新世界

ハンドルネームの参考例としては、「新世界」などもオススメです。新世界はかっこ良くてクールな印象を与えるハンドルネームです。その他「破壊者」や「紫炎」など、かっこ良くて印象的なハンドルネームもあります。そうした名前をつけてみるのも効果的です。

参考例②まかろん

かわいらしいハンドルネームの参考例としては、「まかろん」を挙げることもできます。女性であればかわいらしい名前をつけたいと考えることも少なくありません。その他にも、「シフォン」や「イチゴ」、「ミルク」などもかわいらしいハンドルネームとしてオススメすることができます。

参考例③ラルド

ハンドルネームの参考例としては、「ラルド」もオススメです。これは、キーワードを選定して、そこから一部を切り抜くというハンドルネームの付け方となります。「エメラルド」というキーワードを連想することで、「ラルド」という切り取りネームが完成します。こうした形でハンドルネームを決めていくのも効果的です。

ハンドルネームの決め方のコツを知って活用しよう

ハンドルネームの決め方にはさまざまなものがあり、何か特定の正解があるわけではありません。守るべき注意点はありますが、基本的には自由に選択できるのがハンドルネームの考え方です。自分なりのこだわりや好きなものを見つけて、ハンドルネーム選びを楽しんでいきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ